良心について

ホンマちょっと、今、自分がよくわからない状態にあって、うまく書けるかどうかわからないんだけど(って、いつもうまく書けていたのかもわからないんだけど)

安達祐実さん主演の『家なき子』が、わたしは苦手で(記憶では、高校ぐらいの時に放送されていたドラマだったと思ったのに、今wiki見たら、もっと後だったことがわかって、いや、高校の時の知り合いとこのドラマのことで会話した覚えがあって、ちょっと記憶自信なくなってるんだけど)

有名なセリフ、「同情するなら金をくれ」なんですが、

まあ、私自身は全然ドラマ見てなくて、ただ、その話題になっているシーンだけを、テレビが取り上げて流しているのを見てただけなんですが、

イヤ、その人たち、同情して見てるんとちゃうから、(当時私大阪弁使えないけど)

思て見てて

この世の中が、そない優しいと思って発言していること、それがウケてることに、ちょっとキレてたんですね。

言うてね、世の中を、みんな悪い人や、みたいに、グレてしまったら、底なし沼みたいなのにハマるのもわかってて、(本当に親切で手を差し伸べられた時に、それ撥ね付けてしまったりするから)

全員じゃないけど、多くの人は、同じ結果を得られるときに、「いい人」として行動することと、「ふつう」とか「悪い人」として行動することができるとしたら、「いい人」になれる方を選ぶことが多い、

みたいには思っていて

目の前にある困難を、いい人として解決することと、普通の人として避けることと、悪い人として追い詰めることが、ほぼ同じ労力でできるとしたら、「いい人」を選ぶことが多い、それも、周囲に観客となる人がいる場合は特に、と、思っていて

自分が困ったとき、もしくは、困った状況にある人を助けたいとき、

その人に労力にならない方法で「いい人」になれる提案をすると、解決できるときがある

みたいには思っていて

まあ、私が行っていた教育機関みたいに、そんなに生徒を威圧しなくても大丈夫なんじゃないですかと提案しても、いじめっ子笑いながらいじめられる人とかジェラートみたいに、なんか根が嗜虐的なんだろうな、みたいな人には効かないときあるし、(たぶん、負け組っぽいヤツが提案した「親切」に乗ったら、負け組側に回ると思ったんだろうと思うけど)

ちょっとホンマに自分ようわからんようになってて

ちょっと怒られるかもしれないけど

まあ、私が読み方を変えた名前について、前の牧師さんが、その言葉(名前の文言)は、自分を神だと思い上がるような言葉だって言われましたけど

別に今も、自分を神だとは思わないけど、十字架を担がされたような人生なんじゃないかと思ったことはあるし、今またちょっと、自分なんか似たようなもの担いでない?みたいな感じはしていて

言うて、自分キリスト教はもう信じないことにしたんだけど、(って、信仰持ってる方が人間関係築きやすい場所もあるんだろうけど、ちょっとあの牧師に洗礼されたことを認めないといけないんだったら、ちょっとこの信仰マジで辞めたいな、っていうのがあって)

今、タリバンの問題も見てて

宗教っている?みたいな気持ちになることが多くて

ハラリの『サピエンス全史』だったと思うけど(オーディブルで三部作聞いてるから、引用できないし、どれがどれかわからなくなってるところあるんだけど)

イスラム教で偶像崇拝禁止とか言って、歴史的遺産を破壊までしたのに、

100ドルって文字と数字と絵がかいてある紙に、100ドルの価値があることは、ほぼどのタリバンの人でも(本ではタリバンではなく、偶像崇拝禁止のイスラム教徒全部を指していたと思うけど)信じる、いうようなことが書いてあって

ウケる、思てたんですが。

まあ、今地動説信じるキリスト教の方も、ほぼいないと思いますし(一部狂信的な方が残っている可能性はあるけど)

ダーウィンは、私が教会通っていた時点で、まだ認めてなかったけど

科学的に証明されたものを、聖書と違う、ということで、否定することは、キリスト教の上の人でももうないと思うんですよ(教会にとって、まだダーウィンの進化論は科学的に証明されたものだと認めてないらしくて)

新興宗教は別として、多くの宗教は、その当時の人々の生活のなかで、こうしたら人間関係がうまくおさまるとか、食べられるものとそうでないものが分けられるとか、生活がうまくいくよね、みたいなものを広めるために作られたものがほとんどだと思っていて

今、もっと科学的に安全な食べ物とか、健康にいい食事とか、心理学とか、脳神経科学とか発達してるし、

少しずつ、宗教から抜けて、本当に人間を快適に生活させる生活様式を選べるようにしたほうがいいんじゃないか、があって

その人の宗教を守らせてあげるのが人道的、みたいな主張をする人がけっこういて、

まあ、食べたらバチがあたると思っている食べ物を、無理矢理食べさせるとか、よくないと思うし、そう信じている人がいるなら、食べないで済むようにしたほうがいいけど、

かつて安全に食べにくいから宗教で禁止したのであろう、みたいな食べ物で、今、安全に食べられるようになっているのであったら、宗教にしばられないで食べられる人が増えたほうがいいと私は思っていて

最初にもどるけど、良心って何だろう、みたいに思うことがあって

欧米の人とか、宗教を持たない人が良心を持っていると思えない人がけっこういるらしいとか聞くことがあって

私は、人間はもともと良心を持っているけど、それは条件がそろったときに発動されるものだと思っていて

まあ、人間、ズルして自分が得をすることができて、ズルをしたことがバレなければズルをすることが多いと思っていて

めっちゃ親に厳しくしつけられた、とか、何かで辛酸な経験をした、とかでなければ、ほぼズルをすると思っていて、それは生存本能みたいなものだから仕方ないと思っていて

ズルをしたほうが得をする社会みたいなので生きた人とか、たぶんいじめられっ子笑いながらいじめられる人とか、そんな環境で育ったんじゃないかなと思うけど、いい人になる方が選べてもズルするほうが得をするという思い込みで行動する人もいるし、

まあ、宗教の歴史とか聞いてたら、宗教のトップが、良心的に生きようとする人をズルく利用していた記録とかあるぐらいなんだけど

よくわかんないけど、人間が良心を発動できる条件とか調べたり、それができる環境とか組織の作り方を考えたら、

もっと世の中がよくなったり、困ったひとが助けられたりするんじゃないかな、って(まあ、それを、ズルをしたらバレるっていうしくみもいるんじゃないかなと思うけど。じょあんな、ズル考えてる人、目とか口調聞いただけでわかること多くて、で、子どもの時とか若い時とか、みんなも同じようにわかっていると思って、ズルい人に怒りだしたら、キレてるの自分だけで、他の人、何じょあんな突然キレてるの?みたいになったこと多いんですね。ズルい人とか、これ誤魔化せるって判断するから、「ナニあの人、怖~い。」みたいに、攻撃される対象私にしてくるから、追い詰められたことが何度もあります。今、もう場数踏んだので、ズル考えてる人のズルは、みんなに晒せる状態になるまでちょっと工夫いるって、わかってますけど)

ってね、昨日「遺伝」の話も聞いて、それもめっちゃ考えてることあるんだけど、すでにかなり長いんで、この辺にしておきます。

今回、なんとか纏めたつもりやけど、どうなんかな。

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です