ついでだけど

人を覚えられないエピソードについて、続きがあるんだけど、

高校生のときだったか短大のときだったか忘れたけど、お笑いの人が何人か出てる番組を見せられたことがあったのね、

番組を見せた人が言うには、

「じょあんなが最後まで名前とか覚えてた人が、売れる芸人だから」

とか言うのね、

ワシは新宿の母か何かか、みたいな話なんだけど、

自分が思うには、

たぶん、最後まで覚えられた人は、私にとって、「敵じゃない、味方だ」って認識できた人だったんだろうな、って、思って、たぶんそれがそのまま、普通の人の好感度と同じだっただけなんじゃないかと思ってる。

ってね、数十年ごしなので、急に仲良くできそうな人が増えても、脳の容量とか、スペックがそのままなので、実際昔より親しくできる人増えてるのに、その人とどんな会話したとか、ちゃんと覚えているのに、名前は出てこない、みたいなの、たくさんあるから。覚えられない方には申し訳ないんだけど。

仕事とかも、マニュアルだから覚えましょう、みたいなのは苦手で、そこに基本になる考え方があって、それわかってたら、覚えなくても、そのとき考えたらどうすればいいかわかる、みたいな仕事だったらちゃんとできる、みたいなのがあって

その人どんな人、っていうのは覚えていても、名前とか、その人の性格とかと関係なくついているものを覚えるのは苦手で

まあ、なんかよくわかんなくなってきたけど、ちょっと宿題あるのでします。

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ

にほんブログ村

人を覚えられない理由について

まあ、動画リンク載せないけど、前回の動画、2回目見て、

そんな、みんなに天才、天才、とか言えねー、とか思って見てて。

まあ、数百円の洗剤、数千円とかそれ以上で売りたいっていうならともかく、

できる人にできますね、って、それはけっこう素直に言うほうだけど、

基本、この世の中で、大多数の人が平均点取るような人たちで、その人たちが、昔の共産国みたいにみんな同じ、みたいなのではなく、それぞれに個性を活かした形で標準的に生きていける社会がいいんだと思ってるから、平凡、っていうのが、そんな悪いことだと思ってなくて、

ただねー、自分は、生い立ち上、普通の人のこと、覚えてないこと多いんだ。

小さいときから、周囲に、ごく少数、数人、すごい攻撃してくる人がいて、

ごく少数、守ってくれたり仲間になってくれたりした人たちがいて、

あとみんな、大多数は、巻き添えになりたくねー、みたいに、遠巻きに見てるのね。

それは、ヘタに近づいたら、敵側に回る可能性のほうが高い人たちだってずっとわかっていて、

遠巻きの人に、興味もったりしても、近づいたりしたら裏目に出るだけだから、考えるのやめとこう、ってなわけで、

本当に小さいときから、目の前の敵数人と、味方数人のことしか考えて生きてこなかったから

基本、今までいた学校とか、職場とか、その他いろいろ、ほとんどの人覚えてない。

っていうか、それがもうひどすぎて、

中学の時だったかな、技術の先生が、書道も教えてたのよ、

それ、気付いてなくて、同級生に、

J「技術の先生と、書道の先生、似すぎてて、区別つかへんわ。」

とか言って、

同「同じ人や。」

とかツッコまれてて

で、当時、基礎英語とか、独学で英語勉強してて、中途半端に勉強してるから、普段の会話、ルー語になってて、で、まだ当時ルー大柴さんとか、まだテレビ出てなくて、

どっちかっていうと、英語混じりっていうと、長島さん(お父さんのほう)で、しかもあの人もちゃんと人の名前覚えてない人だったから、ぶっちゃけ中学のとき、「長島か!」ってツッコまれていたこと多くて

長島元監督とか、今でこそ「栄光の男」なんだけど、ちょっと当時、もう監督だったのかまだだったのか覚えていないけど、大阪だから、リスペクトしてるのは基本的に阪神の選手か監督なので、当時の恐れを知らない大阪の中学生にとっては、長島元監督は、「英語混じりの人の名前ちゃんと覚えていない面白いおじさん」でした。

というわけで、恐れ多くも私は「長島」と呼ばれたことがあります。

正直、つい最近まで働いていた教育機関の人も、教室を開いていた先生、人事をあたっていた先生、いじめられっ子笑いながらいじめられる人、ジェラート、が、記憶のほとんどで、あと、英語を教えるほうで丁寧に説明してくださった先生、若干世間話などをしていただいた先生、を、少し覚えているぐらいで、申し訳ないですが、他の先生方ほぼ覚えていません。

子どものときから、人に助けてもらえるとかおもったらアカン、っていうブレーキを全開で踏み続けているので、助けを求めたら去って行く、もしくは、立場が悪くなったときに攻撃を受けるかもしれない、って、反射的に峻別してしまった人は、意識に入れないようにしてしまっているんですね、

ちょっと、そういう状態でほぼ50年生きていますので。

で、実際、私、このゲームわかってないんですよ、

なんか、ホームラン打てって、言われてるみたいなので、球らしいものが来たら、「こうか?」みたいな感じで当てずっぽうに打ち続けていますから、受けられない方、けていただいててけっこうです、みたいな感じなのですが。

生きるのって難しいよね。

追記:これ、文章なので、冷たい印象に読まれている可能性があるなと思って追記してますが、で、基本、私は実際に知ってる人が、明らかに攻撃してくる人でなければ、そのひとに打撃がこないように配慮して動いているつもりですが、ときどき、自分、なんかヤバい敵相手にしてるのかな、普通の人、近寄れないのかな、って、思うときあるので、そうだったら、離れていていただいていいですよ、みたいな意味で言っています。

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ

にほんブログ村

なんかまだ被害者ぶってるけど

うちもね、昔、お勉強、とくに、公立高校受験を目指した形で子どもに勉強させてて、かつ子どもが高等教育受けたときに対応できる英語力を目指したブログ、書いてたときあるけど、アンチが虐待虐待、言うて、辛かったわー。

実際ね、どんなイヤな人が、たとえ過去に高等教育前提にした教育否定してたくせに、自分も始めます、言うたとしても、それができそうなら、そちらを選択して、高等教育を前提とした英語教育(ってあそこ、教育として英語するの否定してるけど)を、選べてもいいようにするタイプなんだけど、

今までの、言動とか、読解力とか見て、できそうだと思ってないところあるのね。

まあ、自分、あちらの前のブログで、理屈おかしいこと書いてたときに、ずっと理論で、「そこおかしくないですか?」って書き返してたの、全部読み取らずに「嫉妬」ですませてたところあるし、

っていうか、うちにとか高等教育前提の英語やってた家に「虐待」言い続けてきたこととか、よその英語教室に「一般レベル」とか言ったり、まあ、これから教祖のところがなんで学術的な英語に繋げられないかの理由話すのにあっちゃんの「いい夫やめます」発言を批判してたときの話出すけど、あれだって、完全に読み違えて人のこと悪者にしてたのに、「子どもにバレて恥ずかしいことはしない」とか、「子どもに見せたい優しい世界」とか、よく言うよな、って、びっくりするわ。

で、また、それを「いいね」してるやつ、けっこういるし、

アレ、もう、一匹見つけたら一〇匹いると思わなアカン団体だから。

当時の「いい夫やめます」発言の時、完全に「悪い夫になります」と、思い違えて読んでいるのわかる内容で、本文のどこにもそんなこと書いてないですやん、みたいな状態だったのね、

自分が育児を直接手伝わなくても、働いて稼ぐことでシッターさん雇ったりすることで、奥さんの育児の負担を軽減する、とか、ちゃんと書いてあるのに、なんか、稼ぎ全部遊びに使ってしまって家庭顧みない人になるような話でとらえているように書いてあったと覚えているし

あの人、「ないものは作れ」って、自慢げによく語ってるけど、本当に、そのへん、ないもの作りますからね。

(ってね、自分も貧乏人だから、ずっとないもの作って生きてきたんですよ、っていうか、大阪はそれがデフォルトね、その様子を見て、番組『土曜はダメよ!』が、企画、ナニワコレクション「ナニコレ」で、そのキャッチコピー使い出したの、それパクって「ないものは作っちゃえ」言い出してますからね、あの人)

まあ、なにか、言語学とか教育学とか、言語習得論とか、読んだとして、たぶんあの人、「自分がこうしたいな」とか、「こうだったらいいな」みたいなの、思いながら読んだとしたら、その文献、そんなこと一切書いてないのに、「自分と同じこと書いてた」とか言い出して、自分の考え、なにかの文献に書いてました、とか、言い出しかねない人なのね。

そりゃね、本当はその文献に書いてなくても、それで楽しく英語が学べたらいいじゃない、みたいな考えの人もいると思うし、確かに、悪いことではないんですけどね、

ナポリにナポリタンなくても、天津に天津飯なくても、まあ、うまかったらいいじゃないか、みたいな。

でもね、なんか、有名な研究者の文献に沿ってます、とか、いかにもに言い出しそうな人なのよ。

それって、イタリア人にナポリタン食べたとか、中国人に天津飯食べたとか、いかにも本場のその国の料理食べましたとか言ってしまいそうな話で

まあ、まず、そんな教育受けた人が、ちゃんと何かの文献、論旨掴んで読めるようになるのか、みたいな不安はあるし、仮に地頭とかすごくよくて、自分は有名な誰かの教育論に沿って教育と受けたんだ、とか信じてて、大きくなって高い教育受けられるようになったときに、その教育者、全然そんなこと言ってなかった、とか、知ることになったら可哀想だなあ、とかいうのがあるのね。(まあ、そこ行くまでに躓いていそうな気はしてるけど)

まあ、あの人が、自分がされてイヤなことは人にしない、みたいに言ってるの見て、めっちゃびっくり。

自分、すげえ長い間、されてイヤなことされたと思ってますし、他の人にも、イヤなことしてるよな、みたいなの、めっちゃ見てきたと思ったんですけどね。

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ

にほんブログ村