終いにできると思ったんだけど

昨日のブログ、午前めっちゃ早い時間に書いたので、あの、「やさしそうな」ツイッターの前に書いているのがわからない状態になっているんですが。

教祖さんが、前のブログ、確認してスルーしたのか、知らないで書いているのかわからないんですが、

若干、もう、この10年そこそこの話を、もし今までタゲったり、そんなに悪くないのに悪く言った人に謝れるなら、終いにしてもいいぐらいのつもりで書いていたのですが。(まあ、私自身は、散々カウンターパンチ入れてるから、謝りたくないだろうけど)

やっぱり、きのうのツイッターも、簡単に言える優しい言葉にすぎないんですよね。

まあ、去年度の卒業者とか、せっかく大学とか専門学校とか出たのに、就職おじゃんになって奨学金返せなくなって、将来どうなるか解らない人とか、たくさん出たじゃないですか。

不安を軽減する言葉とか、必要なものだと思いますが、(まあね、たぶん、トイレットトレーニングとか、英語習得とか、その類いのことを限定して話をしているんだろうと思うんですが)無責任感はめっちゃある発言ですよね。

自分や、一握りの、たぶんある程度余裕のある周囲の人間が大丈夫だったから、他人に大丈夫だと言うやりかたって、

あなたが、他の、まだ経験の浅いおうち英語の引率者に言っていることと同じで、自分の子、少数の経験しかないのにこんなことを言う、っていうのと、そんなに変わらない気がします。

この発言、けっこう何度も言っていたし、でも、自分だって経験ないところから始めて、賛同されて長くやってきてるんじゃん?みたいに思って

この新人、あるいは中堅は、経験数がまだ少ないけど、メソッドがしっかりしている、とかいうのが全然ないらしく、自分より経験数少ないところは漏れなく潰そう、みたいな勢いで書かれていること多いですよね。

言うて、まあ、あなたのところは英語が優先じゃなくて、人との「つながり」が売り物であって、英語はオマケでついてくるものらしいんですが、

まあね、一つのメソッドとして、いいと思います、言語習得ってそういうものでしょうし、

ただね、悪くない人を悪く言う、とか、それ指摘されてるのに認めることも謝ることもできない人との「つながり」って、人的教育的にどうかな、みたいなのは、同時に思いますね。

まあ、世の中、イキオイある人、パワーある人に付くのが人間の本能的な正解なのかもしれないけど。

実際こんなに残念な人がリーダーじゃなきゃ、とてもいいメソッドでやっているところなのに、みたいなのはずっと思って見ています。

まあ、あなたが、お父さんの資本とかの中で作ることができた人とのつながり、って、食べることができる仕事につながるものだったかもしれないし、今売り物にしている「つながり」で、まあ、そんなに努力しなくても、そこの会員さんたちがまたお互いに就職先を紹介できたりするものだから言っているのかどうかわからないけど、

昨日箕輪さんのYouTubeとか見て、ふつう何ともできないような天災が起きても、それを何とかするぐらいの気概でなければこの世の中生きていけない、みたいな話してたの見てて、見てて、ソレはソレでキビシーな、とか思いながら見てたんだけど、

まあ、底辺っぽいところに生まれて、平均的な生活手に入れるのって、かなりそれに近い心構え必要だったところはあるんですが、

たぶん、温室の中でお育ちになったお嬢様がお母様になって、また他の温室にいらっしゃる若いママに語りかけているのだろう、

まあね、前みたいに、ちょっとうまく行かなくなっている人を例にだして、こんな人よりマシ、とか、言うことなくなってきたからね、よくなってはいるんだろうけど、

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です