教祖とかその信者とかな~

いや、なんか、じょあんな、一度他人否定したら、もう絶対意見変えない人間だと思われてるところあるんだけど、

けっこう、そこに至るまでに、けっこう相手に確認いれてるところあるんだけど、

教祖にだってな、ブログにちょっと誤りがあるんじゃないかと思ったとき、そうじゃないかと問うような内容で自分の間違いとか認めないかなと書いてたときあったんだけど、全部、「うらやましがられてひがまれている」扱いで終わってたみたいで、

あっちゃんが「いい夫やめます」発言の時にめちゃくちゃ叩いてたのも、読解力に問題ないですかと問うてても、結局認めて訂正するようなことはなかったし、でもその後、あちゃんがYouTubeでうまくいった後、なんかまずいと思ったのかどうかわからないけど、「西野もいいと思ってた」とか言って、仲間ちょっと褒めたらチャラにできたようなノリでいたの覚えてるんだけど。

それで認めてくれる友だちたくさんいるのって、「やっぱり人よね」みたいに思ったけど。

なんか、今回、あっちゃんが相方から反感表にだした動画とかあげられたの知ってかどうかしらないけど、あっちゃんに反感持つ人私の心的統計で9割、とか言ってた教祖の言ってたこと、やっぱり正解だったって信者が喜んでるのかツイッターの「いいね」が急にめっちゃ伸びてるな、みたいに思ったりしたんだけど、教祖最強、みたいな感じなのかな、とか思ったりして

この文脈で言えば、「いい夫やめます」発言とか、今回はむしろ、いい夫とか、いい父親になろうとしたんだろうと思うよ。相方とか、周囲の仲間の反感を買うほどに。

今日、学校、まだオンラインじゃないから(今日が対面授業の最後の日)通学する間、まあ、アバターだし、画面そんな見なくていいから、バックグラウンド再生で動画聞きながら学校に行ったんだけど、

まあ、こんな動画挙げながら、自分だけ金持ちに、(それも、弱者の所得を踏み台にしたような金持ちに)なるとか言ったら視聴者とかからフルボッコになるのとか、当然解ってると思うので、さすがにないかな、とかは思った。

まあ、吉本とか、大御所とか、間違ってても普通身を守るために逆らわなかったりするところを、自分が正しいと思ったところを言ってしまう人だし、

仕事だから、さして特別うまいわけでもないラーメンを、めっちゃうまそうに食べたりする仕事とかも、いやだからやめてしまう人だし、

そんな知識も教養も無い、たぶんそんなに金持ちでもない人たちが視聴することで得た動画の収入で、やっていいことと悪いことは、わかっていると思いたいんだよね。

ある程度、人間ってどうしても弱いから、芸能人で登録者数トップユーチューバーになるとか、YouTube見ない人でも、本屋に行けば本に帯で顔が出ている、そんな本屋に行く人でなくても、通勤通学で、駅に本の売店あったり、電車の中にも広告とか出てたりして、知っている人は多いだろう、

それが、YouTubeに新しい流れが来たとか、他のメディアがまたバズったとか、単にネタにすることがなくなってきたとか、転げ落ちる可能性とか、常にあって、

一度バズった人間が転げ落ちたとき、容赦なく叩く嗜虐生の高い人とか、この世の中たくさんいるし、もう、転げ落ちる可能性のない選択肢、っていうのが、光明に見えるのは仕方がないと思う。

それが、人として選ぶべき選択肢かどうかとは別として

ただね、『お金の大学』の人、どこのリゾートだったか、もう覚えてないんだけど、その人よりまだハイクラスのビレッジにいて卓球していた人の話、あれ聞いててさ

聞いた感じ、その高級ヴィレッジに、他の金持ちの友だちと遊びに来てて、そこにプロの卓球の人呼んで、みんなで卓球楽しんでいたような話には聞こえなかったのね、

解釈力の問題かもしれないけど、超金持ちがひとり、普通人が泊まれない宿で、プロの卓球選手雇って、マンツーマンで卓球やってたような話だったと記憶してるんだけど、

ちょい今記憶してるとこ動画確認してたけど、やっぱ独身男性がたぶんお金で雇った中国人卓球コーチかなにかと卓球やってた、みたいな話で、『お金の大学』の人、それでそこに憧れてどうしたらそうなれるか聞いたって話だったけど、

なんでそんなもんに憧れられるンかわからん。

うちのアタマがおかしいんかしらんけど、めっちゃ寂しいぼっちの金持ちの話にしか聞こえないんだけど。

まあ、うち、今卓球やれるほど体自由に動かないけど、まあ、そのへん、できるってことにして、もし、その、高級リゾート地で3ヶ月プロの卓球選手呼んで卓球の練習できるのと、家族とか友だちとか同僚とかと、2拍3日ぐらいで近場の温泉地旅行して、そこに卓球台とかも置いてあって、仲間と小一時間ヘッタくそな卓球を楽しむことができるのと、どちらが羨ましいですかって聞かれたら、迷わず後者の庶民派なもんで。

まあね、『お金の大学』の人も、親父さんムチャ言う人やったみたいやし、うちも高校の時は当時まだ「でんでんタウン」やった日本橋で、電化製品値切りながら歩く青春を送った人間だから、金銭的な価値を、人生の中で重点置きすぎてしまうこととか理解できないわけではないけど、

まあ、あっちゃんが今まで挙げてた動画で言ってたこととか、しくじり先生以降、メディアとかで発言してたこととか総括して考えると、

たぶん、社会的立場のそんなに高くない人に、よりよい生活ができるかも、というような内容の動画で稼ぎ続けていたお金で、社会的立場の高くない人には絶対つけない特権階級みたいな地位を手に入れるようなことがあるとしたら、その矛盾を一番痛感するであろうのは、間違いなくあっちゃん本人だろうと思っています。

そんなことをするのだったら、前にいた企業のパワハラとか、考え方違う大物芸人とかに、長いものに巻かれるようにして生活していたほうが、いくらか幸せだろうと思うよ。そんなうまくないラーメン「めっちゃうまい!」って言いながら生活していたほうがよかっただろうと思うことだろうと思うよ。

まあ、今回の動画とか、ずっと前に「しくじり先生」の偉人伝のところでマルクス扱ったところとか、ベースにある思想とか、たぶん理想としているところはなんとなくわかるので、そこから離れたりしないだろうと思いたい。

まあ、転げ落ちて社会的にボコになりたくないとか、人間どうしても弱いから、必ずならないとか、限らないけど。

動画を見てた人が期待してるのが、『約束のネバーランド』的な展開であることは、絶対わかってると思うから。

今回の動画は、ちょっと今受けてる授業でSDGsめっちゃ推しの先生とかいたりするし、まずそこが具体的に学べてないのに批判の方先に受け入れるとか今できないんだけど(って、この流れを利用して、形だけ環境によさそうなことする営利企業とか、絶対出てくるのは予測できるし、資本論そのものの限界を訴える人が出るのもある程度予測できていたことなんだけど)

全体に、自分の勉強不足を感じるから、最初からこの本があっているとかまちがっているとか決めつけずに、余力があれば内容をチェックしたいなあ(って、学校と仕事と、自分がやりたい外国語で、いまいっぱいいっぱいなんだけど。あと、体調を改善するためかなにかしらないけど、異様に睡眠時間最近長いし)

まあ、相方さんについては、今まで不満とか全部押し殺して笑顔で本音隠されていたんだったとしたら、むしろ腹わって話せる機会にしていければいいんじゃない?みたいに思っているけど。

ぶっちゃけ、デビューしたときは、断然相方さんのほうが芸人として力あると私は思って見ていましたし。本当に、しくじり先生以降ぐらいからしか、あっちゃんのことは実力あるなあって見てなかったし。(まあ、子育てで忙しかったので、そもそもそんなテレビも見てなかったせいもあるけど)

前より、本音で話し合える仲になるといいね。

って、明日また仕事あるんでこのへんで寝ます。

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です