模擬してきた

まあ、自分から何か出力するより、自分の中に何か取り込む方がいい時期だし、運動もしたいから、ブログ更新怠りがちなんだけど。

ちょっといろいろやりすぎて、バラバラ感はあるけど、自分の中で、手探りで役に立ちそうなものを探している状況で。

まあ、今日、自分がいた日本語教師養成学校で、修了してるのに模擬やってきて。

って、今日の先生は、私の模擬、見たことなかったと思うけど。(同期がその先生の授業で模擬をして、指導を受けているのを見た覚えはあるけど)

まあ、もう修了してるし、職業として日本語教師やっているから当然なのかもしれないけど、

なんか、他の生徒さんより、厳しくないっすか?

みたいな感じがして。

受けたコメントは、理屈にあっているし、用意した教材にあった問題点の指摘とか、その課の、部分によってどういう視点で教えるべきかとか、聞けてよかったんだけど、

パンダ新出語彙の課なので、和歌山のパンダの赤ちゃん誕生の話とか、未習語を、理解できるように混ぜて、授業を楽しくしようとか、努力はしたつもりなのに、あと、けっこう養成所でよく言われている、生徒自身の話題をする、というところも、気をつけて、生徒の持ち物とか、家にあるものとか聞いたりしていたのに、なんか、その辺の努力はスルーみたいな感じで、私には大部分が辛口コメントだったような気がして、

他の生徒さんはもっと褒められているのに、自分にそれがないように思うの、スキルを伸ばすようにと思って言ってくれていると前向きにとらえていいのか、かなりビミョーに思って。

カラーの印刷物が多くなりそうだったので、タブレットでやったのも、いろいろあるのかな、とかは思った。(まあ、パターンプラクティス用に用意していた画像はあるていど良く作ったと言ってくれたのですが)

やはり、長年日本語教師をされている方には、昔は高価だった絵教材とか、パワポなどで作れることとか、複雑に受け止めていらっしゃるだろうのは想像がつくし、理解もできる。

Noneが幼児のときにNetflixやオンライン英語教室がもっと普及していたらとか、それ以前に、自分の小中高、短大、大学の時に。インターネットだったり、タブレットアプリだったり、音声教材が今ほどあったら、みたいなことを思うのと同じで。で、それを、若い時代とか、子ども時代に当然のように享受している人が、英語が上手なのを当たり前のようにしているのを見るのは、心穏やかでいられないところは確かにあって。

って、それとはちょっと別な話になるけど、今養成学校にいる、帰国子女(って言っていいのだろうか、まあ、英語圏に住む日本語が母語の日本人で)やたら人のこと上から見てくるな、みたいなのは感じていて。

いや、一応私、養成講座修了してますし、一応職業として1年以上は日本語教師させていただいてるんですが、なんでそんなに私に勝とうとするんだろう?みたいな。

まあ、英語圏、言うても、日本人の移住者が多い地域なので、ほぼ日本語教師の需要はないでしょうと聞いたら、なんか、日本文化を教える仕事をしているので、日本語の音声を習うために来られている、ということなので、まあ、目指しているところ全然違うから、争う必用ないんだけど、

私、あなたの模擬、コメント求められたとき、けっこうオブラート包んで話してたのに、私の模擬についてコメント聞かれたとき、かなりキツいことおっしゃってましたよね。

まあ、パターンプラクティスとか、人によって、リズミカルと言ってくれる時もあるし、単調と言われるときもあるし、みたいなのはわかっていて、どちらを言うかとか、人の好き嫌いなんだろうなと思う。

まあ、この辺も、もう考えたくなくて。

養成講座のあるとこの学校で働くのとか、無理かなー。

帰って、今週の自分が働いているところ用の授業の資料を用意して、

ちょっと、バイトがなくなった生徒とかいるので、N3のテストのための補助教材を配っていて、今週は聴解のための補助教材を渡すつもりなのだけど、音声ダウンロードの方法が、たぶん彼らにはわからない教材だったので、

キクタンの日本語なんかもそうなんだけど、教科書にアドレスだけ書いてあって、そのリンク開いたら、日本語で登録したり、該当のテキストの音声探さなければいけなかったり、どこを押せばダウンロードできるのかもわからないものが多くて、今回私が用意したものは、日本人が見ても、わかりにくいもので、ダウンロードの各作業をスマホで画面ごとにスクショ取って、自作でマニュアルみたいなのを作ってたんだけど、機種によって違う画面とか出たら、使えない生徒いるんだろうな、とか思っています。

そのへん、中国の語学のテキストで、音声無料ダウンロードのものとか、QRコードかざすだけでいいものとかが多くて、日本語のもそうしてくれないかな、は、思う。

って、明日早いので寝ます。明日とか、聴解の授業ちゃんとできる準備しておかないといけないんだ。学校にCDあるけど、USBに音源入れてもらったので、iTunesに入れて、手持ちのスピーカーで任意のところから再生できる準備とかしておいたほうがいいんだ。

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です