本当にもうなんだかわからないんだけど

たぶん、明後日の授業に用意した方がいい印刷物はたいがい完成していて、プリントアウトすればいい状態になっていると思う。

まあ、前にやった課の復習の授業をすることになっていて、テストとその答え合わせをしたら、その該当の課の文章を読ませるだけでいいそうなんだけど、

一応、その課の文型の辞書、先日のようにプリント作って、自分としたら、その作業をどれだけ時短で作れるかの挑戦みたいになって、

どういう手順でOCRかけてワードにするとか、それ該当部分だけ見やすく編集するとか、どの順序でベンガル語とネパール語に翻訳するとか、誤訳でるやつどうするとか、あと、若干でもベトナム語勉強しようとしてたことが、こんなベトナム語の読取りミス見つけるの速くなるんだとか自分でびっくりしたり、最後に見栄え揃えたのを、一太郎で一気に振り仮名つけるとか、両面印刷できるようにPDFにするとか(って、一太郎のままでも両面印刷ってできるのかもしれないけど、その印刷方法探すより、PDF化するほうが手っ取り早くて)

まあ、数日かけて教える課の、課全部の復習なので、資料多めだったんだけど、なんとか形にできて。

って、じぶんが漢字と語彙を教えているクラスで、本1冊全部教えるのだと思っていたら、今やってる中級のテキストが終わったら、いろんな先生と分けてその漢字と語彙の本を教えることになることがわかり、私がいままで用意していた資料とかをアテにしていた生徒にどうフォローしようかなと思って、一応案はあるんだけど、このクラスでやっていたことを、もうひとつのクラスで教えることになって、

いやー、真面目な生徒が多いクラスで、ミニホワイトボードどか渡して漢字書く練習とかしてもらってたの、もう一つのクラスで渡しても、反応悪いかもしれんとか嫌な予感が・・・

技能実習生のほうの仕事で、新しい仕事頼まれたのがあって、11月の出勤表をメールでもらったら、けっこう働くことになっていて、まあ、日本語学校のほうの仕事がJLPT対策になっていて、漢字や語彙を教えたり、対策問題解かせたりする月になっているから、今もう形になっている、語彙と漢字の授業は、今のままの資料の用意で授業できるようにしたいんだけど。

ちょい、英語で用意している漢字のなりたちのプリントを、ベンガル語とネパール語で用意するのは時間的にきつくて、今ちょっと思いついたのは、まあ、英語で書いてあるところがスマホのカメラでひろえる形なので、各自Google翻訳してもらいたいなと。(まあ、今のクラスでも、最初英語じゃなくて、生徒の言語で作ろうとしたけど、翻訳がおかしくなる言語の生徒がいるから、ベトナム語以外の言語の生徒には、英語で我慢してもらうことでOKにしてもらっているし)

まあ、実際毎週配っている感じでは、その単元の説明文の部分をしっかり読んでいる生徒は少なくて、漢字のもとになった象形文字っぽいところをざっと見るのと、下の方に書いてある書き順のほうを見ているほうが多いみたいだし。

カードは、自分がそのクラスで漢字を担当しなくなるから、100均で単語カードが販売されていること、もしくは無地の名詞カードなども売られていることを言って、自分で語彙カードを作ることを勧めてみてもいいかな、みたいには思っていて。

中国語の単語を名刺カードに書いて単語帳にしているのがたくさんあるから、見本みたいに見せてもいいかなとか思うし。

昨日寝る前にecho show(ブログに書いてなかったけど、プライムの時半額になっていたecho showを買っていた)にイヤホン挿して、寝ながらベトナム語講座のYouTube聞き流していて。

たぶん朝方5時ぐらいうっすら起きたときに、まだベトナム語講座(寝るときに聞いてたのは動画が終わっているんだけど、連続して別の講座が流れていて)が流れていて、まあ、一度習ったことがあるやつだったら、繰り返し聞いていたら覚えている単語とか文法とか増えてきたな、とか思って。

これもね、日本語わかるベトナム人が間接法で教えてくれているから、「トイレどこ?」とか、「どこの国の人ですか?」ぐらいのベトナム語聞いてわかる状態になってるけど、これ全部ベトナム語での直説法で、画面にところどころ単語の意味が日本語で書いてある、ぐらいの状態だったら絶対そんな状態にはなってないと思う。

たぶん、綴り見て発音が推測できる状態にすらなってない。

って、今日あらためて児童に英語を教える通信教育のDVD見てたんだけど、

まあ、英語だけで授業を成立させる必要性っていうのは理解できるんだけど、

で、自分None生まれてから英語やりなおして、今の技術使って外国語習えるコンテンツとか見て思うのは、

確かに、語彙とか文法を、アプリとかで、それも生徒に楽しいと思える方法で教えることはできて、それで話すほうを授業でするようにすることはできるかな、と、思う。

ってね、自分が習ってきた学校文法が、それ使って自分の言いたいことを英語にしようとしたら、そんな言い回し英語で普通しない、っていうことになることが多いので、それも考えてしまうんだけど。

自分がやった失敗としたら、日本語で考えた文を、関係代名詞とか使って英訳するんだけど、実際英語を話す人は、ネイティブも非ネイティブも、前置詞とか使ってもっと短く簡潔な文で話していたとか、

あ、タイムケトルのWT2、届きました。ブルートゥースのバージョンが私のスマホではダメなみたいで、iPadで使えるようにしています。実際海外旅行とかで使いたいなら、iPadはデカいわ、みたいな感じなんだけど、当分そんな予定ないし、自分が話したいことを英語に翻訳してみる道具にする予定です。

ためしに今日少し独り言言ってみたら、主語省略したぶんが、自分のことをはなしているつもりなのに、翻訳が全部youになっていました。ある程度独り言を、翻訳しやすい言葉にする必用がありそうです。

で、そのあとずっとケン・ロビンソンの本を読んでいて。

産業革命から始まった、大量生産の社会に合わせた、画一的な教育への批判と、ひとつの物差しに合わせて教育し、そこにうまく合わせられない児童を劣等生として、可能性を閉ざしてしまう事への批判などを読んで、子どもの可能性をいろんな角度で見る、多様性のある教育の話などを読んでいて。

まあ、まだ全然、本の最初の方しか読んでないんだけど。

基本的な学力とかは、一定量あったほうがいいと思っているけど、たとえそれが苦手であっても、可能性を閉ざすこととかはないと思っていて。

日本語教師養成講座の先生が、ディスレクシアのトムクルーズの話するの好きだったな。

別に、そんなトムクルーズ並の成功者にならなくてもいいんだけど。

もう本当にわからなくなっていて、自分がどうしたらいいか、世の中がどうなればいいのかとか、

って、日付かわって1時間ぐらいになろうとしているから寝ます。

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ

にほんブログ村