目ぇ疲れた

本当は、日本語教師の仕事の準備したほうがいいんだけど、朝から目を使う仕事を連続でしているので、ちょっとその気力がわかない。

 ブログ書くのは、ほぼブラインドタッチで画面見てないから、書けるけど、誤字脱字満載かもしれません。

 弟のヨメが、実は出産して数か月たってて、保育所に預けて働こうとしているんだけど、同居している私まで、働いていて保育できない証明をしなければならない。

 もし、これが、私が夫からの送金が十分あって、働く気のない専業主婦だったら、同居の弟のヨメが保育所に子どもを通わせられない、というのだから、ちょっと理不尽な気持ちになったりもする。っていうか、もり自分が小姑と同居していて、その小姑が働いてなければ、子どもを保育所に預けて働きに出ることができないとか、働きに出るなら、別の家に住むとかしなきゃいけないとか、困っていただろうなと思う。

 実際、所得に関係なく保育料無料とかも、矛盾を感じていて、働きに出ないといけない所得の低い家庭が優先的に子どもを預けて働きに出られるようにするべきで、所得の高い層には、多少の出費をして、それなりの金額の保育所に行ってもらうとかのほうが、預かる側の保育士さんの所得が上がりそうに思うし、保育士も保育園も足りてないのに全員無料とか、政治家アホちゃうん?みたに、庶民の私は思う。

 朝の技能実習生の仕事で、忙しい時期だけ働きにきてくれる人がきて、今日私は教える側だったんだけど、仕事の教え方にはけっこう自信がある。

 マニュアルでやるような仕事についたとき、質問とかすると怒られるんやね。聞いたことをそのまま覚えなさい、みたいになって、イヤ、なんでその操作をするのか、理屈で教えてもらった方が記憶に残るし、考え方わかったら、他の作業もすぐに覚えられるようになるのに、みたいにいつも思ってて。

 まあ、来てくれた人も、理屈で言ったら、喜んで聞いてくれるタイプみたいで、一緒に働いて楽しいタイプだと思ったんだけど。

 仕事の量がけっこうある中で、仕事教えたり、採点のチェックとかしなければならなかったから、個人的なことはほとんど話さなかったけど、ある程度の教育は受けていそうなタイプだと思う。

 で、昼休み、27課、可能形の教案のサイト、iPadで見てて、これけっこう説明するの難しそうやなあ、と思った。これだって、もとの時間割、1、2限で新出単語とちょっとしたテストで終わって、3、4限で可能形の説明なんだけど、分かってもらうために授業するんだったら、新出単語はそんなに時間をとらずに、可能形の説明をはじめて、時間があまったら、新出単語を使う会話とかして補ったらいいんじゃないかと思ったりする。

 まあ、ワシ、被雇用者だから、許される範囲のことしかでけんのだけど。

 教案サイトのN1Net見てたら、横にツイッター出てて、読んだら、

「フェイスブック」も「シフト」も「彼氏」もみん日では教えない。だけど私が教えるほとんどの留学生は、初級からその言葉を知っている。留学生は教科書の中だけで生きているわけじゃないということをもっと日本語教師には知ってほしい。
それは未習語これも未習だからとがんじがらめの授業ではつまらない。

 これ共感するわー、未習語使わない、みたいにしてたら、授業おもしろくできる気がぜんぜんしないんだな。

 朝の仕事で、ベトナム人の社員さんと、ミャンマー人の社員さんに、ICOCAとcashlessのパンフあげたんだけど、そんな大事に思ってくれてないみたいで、留学生に出しても同じかなと、若干気落ちしてるんだけど。

 午後の教育機関の仕事では、少しだけだけど英語の発音の仕事ができて、ちょっと気を良くしています。基本、音声教材あるから、そっち聞いてもらうつもりで、全然違う発音してる単語だけ注意したりしたんだけど。

 って、私も、「中学から英語を勉強しはじめた日本人にしてはマシ」レベルだから、幼児期から発音練習してる子とか、じぶんよりめっちゃウマイみたいな子それなりに教室の中にいるの知ってるんだけど。

 そういう意味では、幼児期からやってる子しかできないんだ、的なコンプレックスを持っている子の役にたちたいんだが。

 って、ここで話つながるから、中国語の教室の話になるんだけど、4月から習ってた先生がするんだと思っていたら、別の先生で、日本人。でも、発音は、アナウンサーか、劇団の人かと思うぐらいキレイ。で、留学経験なし。大阪外大の中国語科を出た後、現在いろんな大学で発音の先生をしているらしい。

 中国語は、ネイティブかと思う発音(ただ、あんまり訛がなさすぎて、音声教材みたいな発音をする、という意味では、ある意味外国人っぽい)なんだけど、それなりに話すことができるらしい韓国語は、発音に関しては学習者っぽい感じがやっぱりする。

 時間がないのもあるけど、半年、中国語に関しては発音に特化して習うし、(気に入って、定員が維持されたら続けるかもしれないけど)中国のアマゾンで、ピンイン付きの電子書籍を買えるし、文法については独学できるので、発音をちゃんと直してもらおうと思う。

 先生のほうも、それなりに私が日本人が苦手な発音をしているのがわかって、ミッチリ教えますから、と、約束してくれた。

 単語一個、それなりにキレイに発音するのと、会話文などを流暢に聞こえるように発音するのでは、またハードルが違うんだけど、英語も中国語も文レベルでキレイに発音できるように頑張ろうと思う。

 って、昨日出しておいた、24課の教案なんだけど、そんなキビシーチェックは来なかったんだけど、練習量足りないとか書いてあって、市販の教材本の練習使うのを、練習ぜんぶ書かずに、以下同様の練習を8題、とか書いてたから、気づいてもらえなかったのか、それを含めて少ないと言われたのか謎。

 その分を含めた教案作り直して、今日中にメールしたかったんだけど、目が疲れた。

 Androidスマホ、コンビニ受け取りが到着してた。

 電源つけたら、真っ黒の画面に白抜きの中国語文字が書かれていて、なにかのテスト表示になっていて、どこ触っても初期画面にならないので焦った。

 困ったら、強制終了。

 パソコンで、Androidの強制終了の方法ググって、強制終了したら、次電源入れたら初期画面出た。

 いま充電してて、いっぱいになったら、設定しようと思う。

 Androidの使い方の本を買おうかなと思ったら、キンドルアンリミテッドでいっぱい出てたから、アンリミテッド登録した。

 たぶん、アンドロイドの設定の仕方とか、便利な使い方とかわかるんだと思う。

 って、iPadの使い方の本も出てたから、1冊ダウンロードしてて、朝の仕事から、午後の仕事に移動する電車の中で見てたんだけど。

富士通 スキャナー ScanSnap SV600 (A3/片面)



 コイツの広告が冒頭に載ってて、欲しいな、と。

 まあ、本を裁断せずに自炊するためのスキャナなんだけど、実際今、日本語教師の教材も、中国語の教材も、コピーしてプリンタでスキャンして、が面倒くさい。

 スマホでできるスキャナでもいいんだけど、けっこう細かい字ボケる。

 Noneとか大学生になるし、大学の勉強するのにも使えそうなので、Noneが大学受かったら(自分に)買おうかなと思ったりしています。

 って、アップルウオッチが使えなくなったので、スマホと別にスマートウォッチ買ったのでお金ないんだけどね。

 ガーミンとかいうやつを買った。

GARMIN(ガーミン) ForeAthlete 45 Lava Red 心拍 歩数 防水 軽量【日本正規品】

 これの色違いだと思う。ちょっと同じ型番か自信ないけど、確かめる気力ない。

 アップルウオッチで、困ってたことが、手をくるっと回せば、時間が表示されるんだけど(普段は電池を消費しないために画面が黒い)腕骨折したから、画面出せるように腕を回すことができなくて、時間見たかったらボタン押さないといけなくて、自転車で移動しているときに、乗りながら時間確かめることが難しくて、何のための腕時計やねん、状態で、携帯の着信に気づくための専用機だったんだけど。(ユーチューバーで、これのこと、アップルペイ専用機、って言ってた人いるけど)

 アンドロイドのスマートウォッチは、全部かどうか知らないけど、普段は白黒の電池消費が少ない画面で、常時時間を表示していて、ボタン操作でカラー画面とか、操作画面が出ると言う。

 今の新しいアップルウオッチより、こっちのほうが安いし、これでいいや、的な。

 って、ここでつかれたので、っていうか、けっこうな時間やん、というわけで寝ます。

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ

にほんブログ村

Factfulnessとか読んでた

 今日は朝から太極拳行って、家帰って、午後から数週間後の授業の教案考えようと思っていたのに、

 パソコン、充電忘れとったorz

 iPadとファイヤタブレットと、N5の問題集と持って、家の近くのスーパーのイートインに行って。とりあえず自分のしたい勉強して、教案はまた今度にしようと思って

 先日

 これ流れているの見て、ああ、この本読んでみたいな、とか思って。

 で、Noneに動画のポイント話したりして、本いる?とか聞いてたんだけど、

 よーく思い出したら、このもともとの英語のやつ、キンドルでめっちゃ安かったから、特に欲しないけど買うてたで、思い出して。

Factfulness: Ten Reasons We’re Wrong About The World – And Why Things Are Better Than You Think

これ今日の現時点でキンドル版603円なんだけど、9月7日のときに117円だったんだな。

The Art of Thinking Clearly (English Edition)


 これは、私が買ったときに205円だったし、今現在も205円。

 で、Factfulnessのほうをスーパーでめっちゃ音読してて。

 スーパーのイートインとか、自分的にはファーストフードより快適で。今日だってハーゲンダッツのずんだを食べながら、ちょっとしたカフェよりおいしいもの安く食べてると思ったし。

 まあ、周囲で塾に行く前に友達とスマホのゲームをめっちゃ大声でしゃべりながら遊んでるのがまわりにいたけど、で、スーパーの流してる音楽とかもそこそこ賑やかだったけど、ガン無視で音読してて

 動画見て、だいたいのポイント理解しながら読んでいるから、最初じっくり時間かけて読んでたけど、そのうち、自分が音読できる最善の速さで読んでも理解できるぐらいになって、
アジアの現状とか、わかってるつもりだったけど、私が思っているより今はいい暮らしをしているのかもしれないとか思って。 でも、本の統計では、日本人は比較的アジアの現状わかっているほうだと書かれていたけど。

 けっこう英語改善できる気がして嬉しかった。

 って、Noneの話だけど、英語の成績よくなったの、とりあえずGTECとか、TEAPの対策とかしたけど、春には留学とかも行ったけど、None的にはNETFLIXで、『斉木楠雄のΨ難』を英語字幕英語音声で見てたからじゃないかとか思っているらしくて。

 なんか、ソレ本当だったら、ガッツリ受験勉強とかでもなく、母国語方式の英語活動でもなく、自分達らしいことを、日本語能力大事にしながら、ある程度の英語力身につけると言う、自分達が目指したことができてよかったな、なんだけど。

 小学校とかでペラペラになって、中学・高校と英語力を年相応に上げていくの、経済的に大変だと思っていたから、そのために使う時間も、受験勉強とかしながらとか無理だと思ってたから、誰も真似したいとか思わないだろうけど、自分達の納得のいく形にはなっていて。

 って、充電して夕食後、また教案書くつもりだったんだけど、Noneから読みたい本のこと聞かれて、ちょっと検索とか、ジュンク堂で見るとかあって、

 っていうか、キンドル本のキャンペーンでエントリーした後2500円分以上の本買ったら、500ポイントもらえるって言うから、Noneに欲しい本聞いたからなんだけど、たっかい学術書言われて、

 明日、教会休んで、府立図書館荒本行ってきます。

 市立図書館に比べて、府立図書館蔵書よくないと思ってたんだけど、学術書とか府立の方がしっかりしているのかもしれない。

 キャンペーンは23日までらしいから、日本語教育能力検定の用語集が2500円以上だったので買って。(赤本は前に買って持っている)

 ちょい、検定受けないけど、ちょっと予定あって勉強したかったりしたから。

 って、明日図書館行って、ついでに教案とか書けたら書くつもりなので、寝ます。

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ

にほんブログ村

仕事について考える

 正直、幼児期に親が母国語方式で英語を教えようとしているところに、ここいいなっていうのが見当たらない。

 老舗のところなんか、よその家がバイリンガルに育ててると謳っているのが、そこの子幼稚園とか皮肉ってるけど、自分とこ小学校から高校まで3人バイリンガルに育てたとか言うけど、親父日本人ちゃうやん、って、でも英語ネイティブでもなさそうだし、あそこの子ら見た目ペラペラしゃべりそうだけど、中身のある会話ができる英語なのか甚だ疑問だし、っていうか、教祖さんの母国語の日本語のレベルがそもそもひどいから、それが自慢してる英語もそんなたいしたことなさそう。

 なんか、両方に両方のアンチがINポイント入れててポイントがバブル状態なんだけど。

 今日は祝日だけど、仕事の方は午前午後あって、間の休み時間に日本語教師の動向の本読んでた。

 図書館で借りてる方から先に読んでて、iPadでノートをとりながら、(OneNoteに、日本語手描きキーボード(有料アプリのもの)でApplePencilで書くんだけど、キーボードで打つとしたら、両手がいるけど、ApplePencilだと、本当に紙のノートに書くような作業ができる。iPadを立てて書くと、なんかホワイトボードに書く練習してるみたいになる。)

 日本語の文型積み上げ型の授業を、新しく違うものにする提案がすごく興味を持って見ているんだけど、

 前のブログに書いたように、文型積み上げ型の授業って、学習意欲がすごく高い人のためのもので、今日本語を学ぼうとする留学生のほとんどに対応してない、というのに共感して。

 共感したはいいんだけど、今回就職した日本語学校はめっちゃ文法積み上げ型やし、面接の時に、学校の方針と自分のやりたいことが違う時は、学校に合わせますか、みたいな質問に、合わせます、って書いてしまってるし、技能実習生の方は、私は向いてないって言われたし、今回この本で読んだような、日本語で人生みたいなものについて考えられるような日本語は教えるところじゃなくて、雇用者に認められる日本語を身につけるところだし、そもそも私が教育についてつねに学習者を肯定するような態度でいるように考えているんだけど、技能実習生の方は、学習者の人格をとにかく疑わないといけないらしくて、できそうにもない。

 基本な、自分の生徒がちょっと性格悪そうだな、って思っても、その人がとった、ええ人ぶってるところから身動きできなくなるぐらい、肯定していくタイプの人間だから。

 まあ、今日も仕事で、人騙すの平気な技能実習生がいくらでもいる話を聞いたけど、正直、それを疑いながらする仕事なら、しなくていいほうを選びたいと思った。

 留学生だって、全員が学習意欲がある生徒ばかりじゃないし、宿題とか他の生徒の写したりする生徒もいるんだけど、疑ってかかって、ペナルティをつけるとかで力づくで宿題をするようにさせるんじゃなくて、学習意欲を沸かせるように努力したいと思う方で。

 正直、授業中に、問題の答えをホワイトボードに生徒に書かせたとき、できる生徒が一人、テキストを持たずに答えを暗記して前に出て、答えを書いたのを少し褒めたら、それ聞いてた、同じぐらいできる生徒が、次から真似して暗記しようとしたりするの見て嬉しかったり、生徒にとって認められたい先生になりたいなと思っている。

 まあ、本にも書いてあったんだけど、外国人労働者を受け入れる側の日本の一般人が共通語としてのやさしい日本語を身につけようとしていないところのほうが、朝の仕事をみている点では問題だと思うんだけど。(本ではね、その一般の日本人を変えていくことも日本語教師の仕事だと書いていたような気が・・・・)

 って、でも、仕事の技術が高い技能実習生って、日本語がイマイチでも、職場では歓迎されたりするらしんだけど。

 まあ、養成学校でも、洋裁の技術がものすごいんだけど、それに自信あるから日本で働くのに日本語学習する気がほとんどない人とかいたとか聞いたけど。

 って、まだ書きたいことあったけど、日付かわって時間だいぶたってるやん、寝ます。

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ

にほんブログ村

いろんなこと考えた

 ってな、4技能、言うて、昨日の今日で小学校の英語がよくなるとは思ってないねん。

 4技能が決まって、それを前提にした教員がこれから小学校の教員免許のとれる大学行って、そのあと採用されて、教えるのに慣れて、みたいな道を行くんだろうから。

 自分の子に間に合わなかったら意味ないねん、みたいな声も聞こえそうだけど、そんなん言うたらNoneの幼児期とか、iPadもないし、タブレットで英語の絵本とかアプリとかないし、ネットフリックスもないし、ユーチューブも存在はしてたかもしれないけど、日本で普通に見なかったし、オンライン英語も幼児期にはなかったし、少し大きくなってからやったら、正直、言いたいことも言えないし、正直私の使ってた安いオンライン教室とか、先生のドタキャンも多かったし、25分ごまかせばお金が入る、みたいな先生しか見つからなかったし、Noneも楽しんでなかった。

 今の子がよりよいサービスが受けられることを肯定したうえで、今のNoneにできる最善のことを考えないといけない。で、17になって、幼児期にとてもいい英語環境を得た子に引けをとらない方法を考えないといけないのだから。

 それは、今英語環境をよくしなくていい、という意味にはならないけど、今の子が、数年後、ふつうに学校に行っているだけで、4技能高得点が取れるようになる時代が来ても、焦ったり後悔したりしないようにする必要があるというだけで。

 っていうかねー、今の学校の先生の学校内での英語の語りかけがめっちゃ日本語訛りやったとしても、それは、いわゆるおうち英語で英語の話せないママが、日本語訛りの英語で我が子に語り掛けるのとどちらがいいかというと、じょあんな的レフェリーとしては

「ドロー!」

 正直、今行っている教育機関でも、音声教材が聞き取れない子に、カタカナ発音を少し聞かせるのはOKになっている。(ちょとこの間、発音の悪い生徒を、それはダメよ、みたいな調子で見本の発音みたいにカタカナ発音してる人がいたのは、どうだかな~、とは思ったけど、見本として、ではなく、ネイティブ発音との中間地点みたいなカタカナ発音で、ネイティブの発音を聞く補助をするのははアリだと思っています。)

 小学校で英語をしようとすると、英語に特化した先生を補強するほうがいいと思っているけど、それは、都会の学校だとか、所得の高い地域の公立小学校とかが先に改善されるんだろうな、は思う。

 Noneから話を聞いていたら、某高ぐらいの高校になると、(某高だからじゃなくて、単に最近新しい英語の先生が採用されただけかもしれないけど)新しい英語の教育法を取り入れる先生とかが現在すでにいるらしい。

 まあ、私と同じぐらいの時代の、ガリガリ勉強する英語でも、会話できる英語を身につけた先生とかは、古いやりかたでも、頑張れば英語はできるんです、的な教え方を今でもするらしいですが。(それはそれで、その方法が合った生徒もいるだろうから、否定はしないけど、正直、Noneが英語ができない子だとハッキリ言われた覚えがあるので、ちょっと根に持っています。)

 私としては、親が英語に興味を持っていて、いくらかの出費ができて、つきそって英語の活動ができる、という環境が、それがない子より有利になる、という状態自体がイヤで。

 子ども本来の力とか言う割には、結局親がかりの子が有利になっていることに矛盾とか感じてないみたいだし。

 親がどんな親でも、その子自体が英語に興味を持って、義務教育を受けられたら、(このへん、日本国籍がなくて義務教育を受けない子がいるのがまた問題だけど)英語が一定以上身につけられるようになるほうを応援したい。

 アフリカとかの、国も豊かでなく、正直教育水準も高いと言えない国でも英語を話せる子がたくさんいる国もあるんだから、環境を整えられるかどうかだと思うのね。

 ビルクリーニングとか、介護要員だけでなく、教育分野で働く外国人も、もっと呼べばいいのにと思う。

 中学1年生が、3年生になって卒業するまでの3年間、とかで、フィリピンからとか呼べんのか、とか思う。

 あと、関係ないけど、古文とか漢文とか、いらない子は現代中国語を選べないかとかも思う。

 実際、自分が高校とか中学とかで英語勉強していて感じたのは、通じる英語を書いているかもしれないのに、綴りが間違っているとか、前置詞が間違っているとかで、×になって、教師が英語を話せないから、どこをどう直せば、通じる英語になるか教えてもらえなくて、教科書に載っていた英語にしなさい、といわれるところだったと思う。

 今だって、自分がもし明日から、日本語を自分の話し方ではなく、NHKのアナウンサーの話したのを例にして、一字一句間違えずに話して生活しなさい、と言われたら、明日から日本語話せなくなると思うもの。

 文法は習った方がいいと思うけど、自分が通じると思って作った文をネイティブチェックいれて、通じる範囲をふやしていくのが、一番ストレスフリーなんじゃないかと思う。

 義務教育の英語、この国で普通に受けられる教育の範囲で、日常会話程度の英語(それ以外の外国語でもいいけど)が身につけられ、高等教育でさらに高いレベルの英語を身につけられるようにできたらいいなと思います。

 現状の学校現場を見て、無理だよね、って見捨てるのではなく。

 って、今、自分の再来週以降の授業を考えなイカンのだけど、ぜんぜんネタが思い浮かばねえ。

 ~たことがあります。のところのまとめとか、実際に生徒が日本でしたことがあることとか、自分の国で話題になるような経験とか聞けばいいと思ってるから、詰めようとする気がおきないのかもしれないけど。

 まあ、~したことがありますか?って聞いて、生徒が嫌がらないような話題とか、けっこう選ぶとなったら選ばないといけないし、それぞれの生徒の国で話題になりそうなこととか、調べた方がいいんだろうけど。

 あと、普通体とか、なんか、普通体で話している会話の例とか、できたら話題の漫画とかから選べたらいいなとか思いつつ、体動かしてないんだけど。

 って、上司、19課だから19課、20課だから20課じゃなくても、用意してたけど、それまでの課で使わなかったアクティビティとか、復習を兼ねてやっていいですよとか言われてるから、無理に19課、20課で考えるのではなく、それまでに習った課でできそうなことで、ウケそうなこと探した方がいいのかもしれないけど。

 前も書いたかもしれないけど、私の受けた英語教育の悪いところは、to不定詞習ったと思ったら、ワケわかってなくてもtoのあと原型つければ正解になって、次-ingになったら、またワケもわからず-ingにして、to不定詞は忘れる、みたいなところだったと思う。

 正直、技能実習生のプリントを見ていて、とりあえずプリントで正解することだけを考えているんだろうな、という生徒(これは留学生にもいるけど)で、将来日本で流れ作業とか、単純労働をするつもりの生徒とかで、彼らは生活するための日本語をもともと身につけようとしていないし、場合によっては必要ではないのかもしれない、と、思う時がある。

 彼らのような労働者が、一定以上集まって暮らす、日本語が通じないエリア、というのが、日本国内にできるかもしれないな、は思うし、そういうところから、日本人のほうが、そういう人たちの話す言語を身につける必要ができるのかもしれない、は思う。

 自分の中国語の先生、法廷通訳でめっちゃ忙しいみたいだけど、数年後ベトナム語とか、その他アジアのマイナー言語で、いわゆるコミュニティ通訳みたいなのが、所得はどうなるかわからないけど、需要は高まると思う。

 って、Noneの全統模試の話書こうと思ったのに、また前置きが長くて(え、この上の、全部前置き?みたいな)

 Noneの関関同立の判定がAとかBが多かったって書いたけど、

 昨日、ちゃんと見てなかったけど、立命の理工学部もAだったんだよね。

 立命とか、ちょっと、あの人がいるらしいので、ちょっと避けたかったんだけど。ぼん母さんのブログとかブログ村から登録消そうといろいろ書いてたらしいのは、ぼん母さんブログ書いてたし、あの人はあの人で問題ある人だけど、やってること陰湿だなって思って、あの人がいるなら、立命で陰湿な目に合うかもしれないと思って避けたかったんだけど。

 って、私も、そういうわけで候補にしてなかったから、Noneが模試の判定に1つ枠空いてるっていうから、急遽思いついて書けって言ったのが立命の理工で。

 判定Aもらってから学校のサイト見たら、Noneが行きたいとしたら生命科学だったかもしれん、と思って、偏差値的には同じぐらいだから、AかBかあるだろう、と思って。

 オープンキャンパスも何も行ってないからどうしようと思って、

 偏差値的には立命のほうが上だけど、Noneのやりたいことがどこにあるか、ですね。

 立命にパンフレット取り寄せの電話しました。

 ちょっとNoneの担任に懇談の時に近大の話しすぎましたよ。その時点で、関関同立Eばっかりだったので、正直鉄板の私立を押さえておきたかったんです。

 って、今、Noneに立命生命科学のデジタルパンフレット印刷したら、悪くはないなあ、みたいな。(でもそんな、めっちゃイイとかでもなかったけど。)

 パンフレットでは近大との違いがピンと来てないみたい。

 それこそ、近大より立命のほうが、中高一貫に行ったのと変わらないって言われそうだけど。

 一応偏差値だけでなく大学の世界ランキングまでチェックいたしましたがな。

 まあ、センター利用しか受けないし、最後の年だから、判定通りに受かるかどうかもわからないけど、とりあえず候補に考えようかなあと思ったりします。

 口コミでは、近江バスがひどいらしいが・・・

 って、あの人がなんか嫌がらせするんじゃないかと気が気じゃないけど。入る前も入った後も。

 し、前に働いとった貿易会社の社長の子が立命宇治で、アメフトとかやってて、卒業とかしてなかったら、なんかまた話聞くかもしれないけど。

 社長がアメフトの子に奢ったりするのを経費で落としまくっているのを経理処理しつづけるのが嫌になったのと、あと、社長がロータリーの会員なって、自分のステイタス上げるのに必死で、従業員の給料は上げそうにないなあ、というのと、書類とか持ち物一切捨てないのに、書類棚とかパンパンなのに、あれもこれも仕舞ってくれ、っていわれ、無ー理ーっつう感じでやめたんだけど。もうこの棚、今年の書類仕舞ったらもう次の年置く場所ない、っていう年末に辞めました。まあ、あと、ロータリーに受かれる社長を見るのがイヤになった、もう一人のお爺ちゃん社員が、同じ時に辞めていて、お爺ちゃんの机が開いたから、次に引き継いだ中国人社員のひと、数年は置く場所できたと思う。っていうか、社員その中国人社員の人だけになって、でも一応本国の中国ではエリートだった人が、近所だからって来てくれてたから、遠慮するぐらいになっていて、私の時とは態度が全然違うから、もしかしたら、書類の片づけとか、社長本人がするようになってるかもしれない。

 (あれ、絶対お母さんとか奥さんとか、コッソリいろんなもの捨てて新しいもの収納してるのに、気づいてないタイプで、頑張れば物理的に不可能な収納ができると思っているタイプだと思う。)

 まあ、会社辞めて、そのあとレジの仕事とか漂流したけど、自分らしい生き方ができるようになったと思うし、その姿を見て、Noneも働くということを考えてくれてるようになってくれたと思う。

 Noneの学年が大きくなったこともあるけど、教育を受けた人のつく職業について意識を持ってくれるようになったと思う。

 まあさっき、一貫校から上に上がったのと同じって言われそうだって書いたけど、社長が息子さん立命宇治に行かせてた時、大阪の学費支援が出ないって言ってたから、(あと、うちはダンナが兵庫県在住で所得も制限にひっかかるから出ないんだけど)立命の一貫校から大学に行くのは、学費が全然違うと思う。

 って、まあ、近大にしても立命にしても、本当は前期か後期で国公立に行って、抑えのまま入学金もったいなかったね、が言いたいんだけど。

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ

にほんブログ村

]

英語を我が子に身につけさせたい人の本音って

 まあ、今親子英語のカテゴリで争っている人ら見て、(っていうか、他の人たちは前のままなんだけど、一つだけアツくなってるやつがあって)思うけど

 本当に、我が子に英語を身につけさせたい人の本音で多数派ってどうなんだろう、と思って。

 親子で英語をやるのは育児の一環にすぎないんです、親子で向き合えば結果の方は「ついで」なんです、っていうの、幼児期の発達段階に合わせて教育とか、なにかを鍛えるのとかは親の作品にしているんです、おこがましいんです、とか言うの、そんなに需要ある?

 正直、うちはNoneを育てるとき、それなりの高等教育を受けさせたいし、そのときに使える英語力を準備したかったのだけど、

 実際に、自分はそれなりの高等教育を前提とした英語力を身につけさせたかったし、そういう人は多いはず。

 あの矛盾だらけのボスママだから、カリスマママがあれだけ小学生から数学オリンピックだ、青チャだとつめこんでいたのも、あれは親の作品にしていたわけでもでも芽を摘んでいたのでもないらしく、ある程度幅聞かせている人が言うとOKらしいが。

 っていうか、教育に重点を置きたい人を批判している時点で、いろんな考え方の人を認め合う、って言ってるのと矛盾するんだけど

 もちろん、あのサークルの中には、本当は国公立大学に受かって、入学後学問で通用するぐらいの英語力とか考えていても、口には出さずに、っていうか活動には参加せずに洋書絵本だけ借りてる人とかもいそうだけど。

 英語コンテンツも、今日びいろんなの自分で探したらあると思うけどな。

 正直、自分がもうちょっと富裕層が住んでいる地域に住んでいたら、高い教育を受けた人の割合が高くなって、どの大学ではどんなことをしていて、そこに行くためには、何を用意したほうがいいか、もっと会話できる人がいたのではと思うし、(同い年の子を持つ親からは、有利な情報とかは期待できないけど、もう卒業した先輩ぐらいの年齢のひとから)正直、某国立大学のすぐそばにある児童英語教室で、色画用紙とかをかわいい形に切り抜いて窓に貼ったり、ポスターとか見てて、あ、一見普通の英会話教室だけど、きっとここは将来某大レベルの学力考えて英語教えようとしている、というのがわかったりします。なんか、口コミだけでやっていけそうな感じなんですが。

 まあ、淀川区の貧乏人なのが悪いけど、高い教育を前提とした幼児向け英語を相談できる相手が、Noneの幼児期にもっといればよかったなと思うし、実際、幼児期の我が子に、英語を身につけさせるのをそういう全tネイで考える人の方が多いと私は思っているんだけど

 高い教育はいらないけど、英語は高いレベルを期待する、普通の中学で役割練習とかしてるのとはレベルが違うことをやらせたい、みたいなのとか、不労所得でずっと食べて行ける富裕層の方ですか?みたいな。

 まあ、高い英語力を、高い教育や、専門性が高い職業とか、単純に収入の高いとか、安定しているとかの職業を前提として身につけさせたい、を、ぶっちゃけで相談できるような、煩悩まるだしの人間でも参加できる、そして、新しくて楽しくて効果的なレッスン(っていうと、うちは教育じゃないですから、とか言いそう)がある幼児向け英語のサークルができてくれることを望みます。

 実際、いまの日本語教師の業界見てると、普通に日本で待遇のいい職業につけるように考えたり、日本での生活で困ることのない情報を手に入れられる日本語を教えようとしたり、学習者がよりよい生活ができたり、人間関係が築けたりすることを考慮しているのね、

 発達心理学とかをやっていて、多くの3歳の子が身につけることを、3歳ぐらいの、その子によってそれは3歳に限らなくてもいいけど、順番として、それまでに身につけたものを段階的に考慮してできると思われる時に、できるように促す、それは別に親の作品じゃない。

 そういうことを普通に話せる幼児に英語を身につけさせるサークルがあるといいなと思います。

 

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ

にほんブログ村

]

これから子どもに英語を身につけさせるのが、新時代になるといいな

例の老舗おうち英語のサークルが、いまさらブログ村で上位ランキングされようと必死みたいだけど、ホンママジつまんねえなとか思う。

 まあ、以前他のおうち英語サークルけなしてたのとか、あそこのことかなとかあるんだけど、まあ、すげえ呆れる。

 英語を子どもに身につけさせるために、いっしょに英語をやってくれる親子とか探すの、今だって大変なんだね。

 正味、そういう年齢を過ぎて、その後の情報とか集めたら、英語を身につける、言う意味やったら、中受とかで難関校行けるようにして、中学入ってから、そのガッツで英語に取り組めば、けっこう高い英語力身につくって聞いてるし、そうじゃなくて、コミュニティみたいなの探していて、高い英語能力より、楽しい思い出がみにつけたいとかなら、そういうサークルで、ノリが自分ちに合っているところなんだろうけど。

 正直、カリスマパパとかのブログとか読んでたら、幼児期から英語のコンテンツのためにかけたお金とか、英語圏にも数年住んでるし、で、たぶん国際バカロレアとれるR大附則宇治なんだろうけど、それで用意している授業で足りないから、対策これから考えるとか、その年でもまだ父子の会話が英語とか、まあ、そんなの自由なんだけど、コスパ悪すぎない?みたいな。まあ、特待生とかで他人のお金使って我が子に英才教育より、聞いててかわいらしいんだけど。

 まあ、うちが、何か就職に有利とかそんなの考えて哲学とか心理学とか教えてないのと同じで、つけた高い英語力で、なにか見返りになるものとか考えてないのかもしれないけど。

 ただ、うちんとこは、変わったことやってるけど、それを模範に思ってもらおうとしたことはないし、前のブログから、「よい子はマネしないでね。」つってるんだけど、」カリスマパパとか、自分のところのマネをしていても、公立高校進学コースでやれますとか、ウソばっかりついてたけど、その言うこと真に受けたひととかに謝ってるとかいうの聞いたことないし。カリスマパパの味方とか、そんなの信じたのは自己責任だとか言い放つし。

 それなのに、未だに業界の指導者ぶった文章書いてるしな。

 正直な、英語4技能の受験とか始まったら、学校の授業も、とくに高校は上位校行けば行くほど4技能対応になるだろうし、親同士そうやってつながりたい人は、ボスママみたいなのが勝手なこと言っててもさすがとか言ってたらいいんだけど、もっと大手どころが、ふつうか、普通よりやや所得がいい家族を対象にした、4技能伸ばすサービス始まると思うし、その中には、いかにもお勉強、といったものではなくて、ちゃんと幼児とかを楽しませるコンテンツのものが出てくると思うねん。

 自宅でやりたいとか言っても、まあ、中国語だって、絵本にQRコードついてて、スマホでスキャンしたら絵本をプロが読んでいるものとかあるし、私が知っているものは中国のだけど、中国人が自分たちの子どもに英語を教えるために同じようにQRコードで英語で読んでくれる英語の絵本がある。めっちゃ安いし、タオバオで代行輸入が簡単にできる。

 アプリだって、すごく増えている。今は、日本製のものとかは高かったり、使いにくかったりするけど、たぶん、海外の安い人件費で、若い機械ものに強いスタッフが作った、安くて使いやすい英語教材が、日本人ユーザーでも和訳されてて使えるようになったものが出てくるだろう。

 実際、ちょっと調べたら、私が教えている、めっちゃマイナーな中央アジアの言語も、英語で説明されるものだけど、学べるものがある.

初級までしか学べないみたいだけど、132か国の言語が(今iPadで見たらiPadアプリは90ちょっとの言語だけど)学べて、ハイチ語とかもあったりする。月額の金額はちょっと高いと思う。1言語だけ5,000円でアプリ内購入できますが、見たところ、挨拶の一つも載ってなくて、単語の学習ばっかり、みたいな。

 日本で作らなくても、海外で作られた、日本人の英語学習者をマーケットにした教材なんて、これからいくらでも出て来ると思うんです。

 って、上のアプリで会話が習えないみたいだから、挨拶習えるの調べたら、ユーチューブで動画授業あって、その動画出しているところを調べたら、けっこういいサイトあった。

17 minute language

母国語を日本語のページをリンクしてるけど、英語やフランス語など、16の言語で78~80言語が学べます。

 たぶんね、高い英語力を身につけることを保障しているわけでもなくて、その家庭に合った、その家庭で決めたレベルの英語力でいいんです、っていうんなら、変なおうち英語サークルに上納金渡さなくても、自分達で情報を得られるようにしたら、自分の満足できる英語なんていくらでも身につけられるようになると思うんです。

 もちろん英語力は全然違うんだろうけど、自分の納得するレベルの英語力なんて言うんだったら、親が自分の子の性格に合ったことを好きなようにやっていればそれでいいし、下手なサークルに入ってお金をたくさん使うんなら、ただ普通に英語に興味を持たせるぐらいで、あとはレベルの高い英語教育を用意している中学とか高校に行って(公立でも私立でも。公立なら箕面グローバルとかアイビーリーグも狙えるし、まあ、私立とか知らないけど、4技能に対応したところに行って、TOEFL取れるようにして、大学に入って提携校に留学とか、幼児期に煩わしい人間関係持って、できた英語力を維持するためにチマチマとお金出し続けて、みたいなのに比べたら、子どもも親から精神的に自立して、自分の英語を身につけられると思うねん。英語を使って親子で密着したがるタイプの人たちもいるけど、子どもが自分で自分に合った友達とか作れると思うねん。

 あ、今思い出したけど、大阪市立中央図書館でアメリカ留学の説明会ある。

【中央】講演会「ゼロからわかるアメリカ大学留学」および大学説明会

 9月14日の12時から13時まで(お昼休みの時間帯やね)

 まあ、うちはアメリカとか治安悪そうだからNoneとかめっちゃ拒否るんやけど。

 うちとしたら、そりゃ、大した進路に勧めないかもしれないけど、英語に比重を置きすぎていたら壊れていたと思うNone自身の興味とか大事にできたし、英語とか、片手間で中学の時に英検2級で、現在GTECとかTEAPとかB1なんだけど(それでも、GTEC1140ある)、ふつうに、学校の図書館で、誰のチョイスでもなく自分で手に取った本を読んできたほうが、「芽を潰して」ないと思う。

 まあ、へんな派閥争いとかしてて、まあ、他人を自分の下に見ないと自分の優越感を保てない人たちの典型的な行為やな、とか思う。

 って、そろそろ寝ます。

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ

にほんブログ村

]

近大オープンキャンパス行ってきた

 朝、起きて、近大オープンキャンパス、ちょうどいい時間に着くように家をでるのはどのぐらいかな、とか、路線考えながら朝を過ごして、

 今朝になって、近大一番楽に行けるのは、鶴橋から近鉄ルートじゃなくて、新大阪からおおさか東線ルートなのに気づく。

 これだと、うちからはかなり近大の通学は楽になるはずだ。

 八戸ノ里からバスかと思ったけど、神大のオープンキャンパスのときに、バスとか絶対ムリ、みたいに行列になっていたのを思い出したから、長瀬から徒歩。

 長瀬駅前、商店街の入り口に近大のウエルカムの垂れ幕とか下がってて、商店街ずっと蛍光灯数メートル置きにも小さな垂れ幕かかってて、町ぐるみのちょっとしたお祭り騒ぎみたいになっていた。

 入口で、学校のパンフレットが入った紙バックとかもらって、一緒に近大のオリジナルのミネラルウオーターのペットボトルを全員に配っていて、Noneと、「1970年の万博で、帽子を配っていた松下幸之助もかくあらん。」とか言ってて。

 受験の説明会の会場に入ろうとしたけど、満員で、別の会場に行ったら、オープニングセレモニーの、チアのひととか合唱団とかの演技を見ることになって、Noneと、「学園祭?」とか言ってて。

 その後、なにか司会をする学生が出て、出身校を私の出た平凡高校だと言ってて、平凡高校からでも入れる大学に、某高行ってるNoneを進学させるのは、チョイ心理的ダメージとかは感じたけど。(まあ、でも、その「後輩」は文系学部で、Noneには近大ならば理系で行って欲しいと思っていて)

 まあ、併願とかで、いくつかの学部を申し込めるけれど、理系と文系の両方を一度の試験で受験することはできないらしい。

 受験の日程とか、受験科目の話を聞いて、この日のコレなら受かりやすいかもしれないね、とか言ってて

 正直、私立になるなら関関同立より、近大の理系に行きたいね、とか言ってて。

 外出たら、会場とか、オープンキャンパスとか、以前に関学とか同志社とか言ったのとは全然様子が違って、めっちゃ世俗の欲望が渦巻いてますなー、みたいな様子で

 まるっきりUSJのパクリみたいになってて、キャンパス内、どこ行ってもユニバみたいにバックトゥザフューチャーの曲流れてるし、

 無料で食べれる、という近大マグロの整理券をもらいに行ったら、ちょっとしたアトラクションか、言うぐらいの行列になって

 並びましたよ(そんな、何時間待ちとかじゃないけど、そこそこ長い行列で)

 回転ずしとかスーパーのお寿司とは違う、そこそこのお値段のするお寿司(ネタは美味しかったけど、シャリはなんか機械で握ったやつでしたが)でした。お醤油もちょっとイイヤツがテーブルに置かれていました。

 生協でガリガリ君もらって

 で、写真撮るの失敗してたけど、食堂で「近の炙りブリ丼」を食べて

におわないブリ丼 近大農学部学食で初提供

 どうして写真消えちゃったんだろう。レアな感じの残ったあぶったブリに、ちょっとポンズか柚子かわかりにくかったけど、柑橘系の味付けをした大根おろしが乗っていて、よこにお出汁がついていたのが、おすましなのか、かけてお茶漬けにするのかわからなかったけど(私は先日の和牛丼のように、半分食べて、残りお茶漬けにしました)なかなか美味しかったです。(近大のオリジナルのオムライスもありました。そっちのほうが売れているみたいだったんですが、私としてはブリ丼で正解だったと思います)

 Noneと、ランチ食べながら

 J「ピノキオが騙されて行ったプレジャーアイランドみたいなとこなんじゃないかと思うんだが。」

 N「ありうる。」

 とか言って笑ってて。

 近大のオープンキャンパスが楽しいからと言って入学してしまったら、ロバになってしまうかもしれない。

 って、理工学部も確認したけど、近大の中では、None的には農学部の方が魅力的で、奈良の方は、大学らしかったと言うし、でも理工になったからと言って、やりたいことがやれないわけではないらしくて。

 うち、Noneの話聞いててわけわからんねんけど、有機化学、というのが面白いらしく、Noneの用意できる受験科目でそれが勉強できるのが近大なら、応援するから、という話で。

 こういうのもなー、うちがもっと情報通やったり、勉強できる人やったら、国公立大学で有機化学できるようにサポートできたんやけどな。

 でもな、全部子どもに任せて放置、みたいなのも一つの方法なんかもしれへんけど、何も知らないで生まれてくる子供に、親が話しかけるのって、ただ単に日本語とか、母国語の語彙とか文法を教えるかけ流しのコンテンツではなくて、その親が生きてきたうえでの思想とかが当然入ってくると思うねん。親が心理学好きやったりして、それの影響を受けた子が、行きたくなりそうな教育機関とか仕事に行けるようにすることって、決して子どもの芽をつぶしているわけでも親の作品にしているわけでもないと思うねん。

 心理学好きで、話してたら子どもも心理学興味持って、そっちで進学したいのかなとか思ったら、ギリギリで受験科目も用意できてないのに、農学部とか行きたい、言うんかーい、みたいな。ある程度の影響は出るけど、子どもは自分のもっとやりたいこととか見つけられるよ。(って、それでも第一志望国公立は、理系で用意できないし、やっぱり心理学は心理学で好きだからそっち方面で受験するんだけどね。でも、これは親が押し付けて心理学進むのではないし、心理学は好きだし、理工学部受けられないのもNoneの勉強不足だし)

 Noneが、高校では倫政とってないんだけど、自分で倫政勉強して、センター倫政にすることになって、私が手伝おうか、って言ったら、「オカンはセンターの出題範囲より濃い話するだろうからいい」とか言われて。

 昨日、でも、Noneのほうから、自分がヘーゲルのアウフヘーベンの理解があってるか聞いてきて、

 残念ながら、学部の時、もヘーゲルはあんまり調べてなかったから、Noneに説明させて、それ合ってるか、私がネットとか見て調べることにしたんだけど、

 大学受験生と、20年前に学部で哲学を専攻(って言っても学部生ってゼミで2年ぐらい哲学やるぐらいだから、腰据えて見れる哲学者って1人だけの場合が多いし、新書並みの知識でいいっていったって、そんなに何人も見れないから)ぐらいの親のヘーゲルのアウフヘーベンの理解なんだけど、

 要は、過去に、アカン自分がいて、自分をよくしようとするのとか、それでもアカンとかを繰り返して、今納得いく自分がいるんやけど、過去のアカンかった自分も、今の自分のコヤシになってる、みたいな解釈で私はいるんだけど

 だからね、親が勝手に子どもになにか教えたり、何かさせてアカンことがあったとしても、それすらもコヤシにできるように最終形を目指すとしたら、子ども壊すとか潰すとかないんちゃうかな、それがアウフヘーベンじゃないかなって思って。

 アウフヘーベンの理解が正しいかどうかは別として、

 親が、よかれと思ってやったけど、うまくいかないこととか、なにかひとつ乗り越えたところに行く機会にすればいいんだと思う。

 実際、小学校の時だったと思うけど、確か哲学者の言ってることの要約みたいなのを集めたのを一緒に読もうとしたけど、そのときは、もとが要約だから、キチンとした理解とかも求めてなくて、ただ、こういう世界がある、っていう紹介にすぎなかったのだけど、で、幼児の時の漢字ドリルと同じで、途中で投げ出してるんだけど

 今、倫政でセンター受けたいからやと思うけど、この哲学者の言っていることはこうやろ?を大学受験の時に聞いてくれる関係になっていることが、どこかの有名大学に行くよりも嬉しい

 もちろんね、国公立大学で、心理学やってくれるほうがうれしいし、それとは別に、近大で自分のぜんぜんしらない有機化学をやるでもいいんだけど。

 親の、いいこともわるいことも、できることもできないことも、子ども本人のいいこともわるいことも、できることもできないことも、全部踏まえて新しい良いものをめざしていく

 親が子どもを持つとき、父親だって母親だって、自分がこうして欲しかった、あれがやりたかった、ああすればよかった、があるし、正直、よその子を見て、あれはうちの子にも合うかもしれない、は思うはず

 子どもを何人か産んだような時点で、完璧な子育てができる必要はないし、暴力を奮うとか、食事を与えないとか、それは親としてイカンやろ、みたいなケースは考えられるけど、(このへんが、どこからアウトかっていう線引きをするために、親は、ちゃんとした本一冊読むぐらいの心理学とか教育学はあったほうがいいと思ってて)基本、自分完璧やないんやろうな、と思いながら、完璧じゃない子育てをしていていいんだと思う。

 料理とか作るときに、科学の実験か、言うぐらい、温度や分量にこだわるタイプの人って、家庭の料理作るの苦手な人多いと思うんだけど、

 子育てだって、キラキラしたのを壊しちゃいけない、とか、あんたの子、核融合物質(これは光らないらしいが)かなんかですか、みたいな気がして。逆にうまく子育てできなくなると思って。

 英語のことならともかく、子育てのこととかに関しては、あのひと、ただの思い込みでモノ言うだけのひとですから。そんな人の言うことを聞くのは、普通に生活してて、羨ましいなと思う人のマネを少ししてみるのと本質的には何も変わりませんから。

 まあ、おうち英語のピラミッドみたいなのの中に入って英語とかを気にしてない大勢の普通の人に対して、実際優れているわけでもないのに優越感感じたいひととかは、しかたないのかもしれないけど。

 まあ、Noneに、今日取り忘れた近大の過去問もらいに明日の近大のオープンキャンパスにもう一度行ってきてとか、パシリ扱いだったんだけど、(Noneは模試)ネットみたらPDFでダウンロードできるので、明日は教会に行って、午後受験説明会に行ってきます。

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ

にほんブログ村

]

例のブログ見た

 って、もうブログ村からも出たみたいなんだけど。(まあ別に、もうブログ村の順位気にしてブログ書いてるひとも少なくなってるだろうけど、ってカリスマパパ気にしてそうな気もする)

 まあ、朝一番に見て、何コレ、とか思ったんだけど、朝弁当つくらにゃならんだったし、昼から授業で、いろいろ準備せにゃならんかったので、ツッコむ前に家を出た。

 何をもって成功とするか失敗とするかは人によって違う、というわりには、広告動画に出てる子、高額教材のCMに出てきそうな、世間一般で成功している、という感じの子ばっかりだよね。なんかね、英語力は普通だけど楽しそうだな、とか、見てて、いろんな価値観あるよね、って感じのする子が全然いないんだけど。なんか、そういう子も中にいるけど、顔出しOKでたのがたまたまそういう子だけだったからとか言いそうだけど、サークルの中で幅聞かせてるのは、そういう英語のいわゆる上手な子どもだけなんじゃない?みたいには見えるよ。

 まあ、そこよりちょっとキレたのは、また、教育に熱心な人をディスってるところですよね。

 幼児期に身につけた方がいいこと、というよりは、幼児期にしか身につかないことってあるし、それを子どもに身につけさせようとすることが、大人の物差しで子どもを計ること、とか言いきっていて。

 大人の思いつかないことをすることっていいことだけど、けっして、幼児期に音楽をさせることとか、水泳を習うこととかで、大人の思いつかないことができなくなるわけではない。

 以前、プリントをさせる親をひどく言っていたことがあるけど、そりゃ、間違った方法で、間違った量のプリントをさせる親とかもいるだろう、でも、あるていど発達心理学とかをちゃんと学んでいたら、標準的にこのぐらいの年でこのぐらいができます、とかいうのが、あくまでも標準でしかすぎなくて、その子の段階がある、というのはわかっている人の方が多いと思う。(そういう、ちゃんと調べもせずに、販売されているプリントの「何歳」とかいうのだけ見ている人でなければ)

 まっすぐな線を引く、とか、まがった線を引く、っていうことを、その子にちょうどの時期に練習させる、たいていイラストかなにかが書いてあって、橋を渡ったり、迷路を抜けたりするような気持になるようになるものが多いけど、実際、線が引けて当たり前の時期に、線を一本うまく引けただけで、子どもは大喜びするさ、褒め方がうまければね。見た感じでは、子どもの方は冒険でもしたような気分でそれをやっているように見えるし。

 ほんの、ちょっとの時間、線を引いて、褒めて、ハナマルでもしてやったら、ものすごいご褒美もらったような顔するさ。

 でも、それで、決まった線しか書けない子とかにならないし、母親がご飯を作っている間、自由な時間に、自分でいろんなものを真似して書いたり、自分の好きなものを書いたりするようになる。実際、うちがそうだったし、遠足で動物園に行って動物の絵を描きましょう、とかいう場面で、よその子より楽しそうだったし、よその子よりちょっとうまかった。

 音楽でも、水泳でも、そりゃ習いに行けば、音楽一家とかだったら、スパルタもあるし、水泳とかでも、親がどうやらミキハウスの社員で、なんか選手みたいだな、とかいう家とか、キビシイ家とかあったけど、他のものだって負担の多いレッスンとかさせようとかいう家とかあるんだろうけど、普通の家とか、そんな、枠にはめ込んで芽を摘むとかいうものにはならないと思う。

 実際、私は、母がピアノ教師だからピアノは習ったけど、その他の習い事は一切なかった。お金がないから。

 神戸線の比較的お金を持っている人の住む地域だったから、自分と、習い事のできるよその子とかの違いをヒシヒシと感じながら育ったよ。

 子どもだけの素質で、天才と言われるほどの能力を開くことができるのは、よほど生まれつきの才能に恵まれた人だけだ。

 習い事をせずに、自分の時間を持ちたいか、楽しいものとか、自分に合ったものであれば、習い事をしたい、というのも、実際ならいごとに連れて行って、その子の反応を見て決めることだと思う。

 ふつうに行く習い事が枠にはめ込んで芽を摘むことであるとしたら、親が英語の歌を歌って聞かせたり、絵本を見せたりするのも、枠にはめ込んで芽を摘む行為の中にはいる。

 別に、音楽スクールへ行って歌を歌うのだって、べつにインコを調教するように歌わせるわけじゃない。音楽スクールにもよるけど、基本、幼児向けの音楽スクールなら、子どもの好きになる歌を、楽しく歌うはずで、たいていそういうスクールに行かす親は、親も音楽が好きで、一緒に歌ったりして育児の一環にしていることが多くて、おうち英語やっている親が、子どもの気に入りそうな英語の歌をかけ流したり歌ったりするのと、どこが違うんだ、みたいなものだろう。

 それを、他の習い事だって、子どものことを考えて、子どもに合う方法で取り入れている家なんていくらでもあるだろうのに、子どもを親の作品にしている、とか、よそを悪者にして、自分達がイイモノだと思わせて、優越感感じるようにしている。

 批判されるべきは、よその子に勝るようになにかを習わせたり、その子には無理なハードルを掲げる親で、習い事をさせるとか、その子がちょうど習得しそうななにかを、その子に挑戦させる親ではないと思う。

 みんな天才なんだ、は、聞いた方は聞き心地がいいさ。

 でも、実際、習い事に行かせてもらえなかった子が、天才、って呼ばれるほど、なにかに秀でることは難しい。

 私自身、子どもの時から絵が好きで、いつもみんなに褒められてて、頑張れば漫画家になれるかもしれない、みたいに思った時期もあった。

 高校で、芸術大学の教授の娘が先輩にいて、基礎からなにから、全然ちがったさ。

 親が好きだった芸術を、当たり前のように毎日続けていたその先輩は、別にその両親の作品のように扱われていたわけではなかったし、親が自分が好きなことを、子どもも好きになるようになることってあるんだと思う。

 うちの母みたいに、辛いぐらいピアノの練習をしなければ、「食べれる」音楽家にはなられへんねんでー、みたいに、練習も楽しくなければ、目標もそんなに魅力的ではないものを掲げる家とかもあるけど、親が楽しいと思うことを、子どもにも楽しませて、親が魅力的だと思う将来像を、子どもが自然に目標にするようになる場合もあると思う。それは、決して、親が子どもを作品にしているのではない。

 私自身は、その子の幼児期の素質とか性格とかを考えて、いける子だと判断できる場合は、オリンピック選手になれるべく水泳をスパルタ、とかいう状態になっても、親がその子の素質とか性格をきちんと判断している、と解釈できる場合は、やっぱり枠にはめ込んだ、とか、親の作品にしている、とは言えないと思う。

 子どもはみんな天才なんだ、という文句が、すごい偽善的に聞こえて、むしろ、人間らしささえあれば、人より優れている必要はないんだ、みたいな理屈だったら、納得いっただろう。(でもあのひと、いつも最強とか自画自賛とかばっかり言って、他人もけなしまくりだし)

 っていうか、うちから見たら、英語コンテンツに偏りすぎた趣味娯楽を与えることのほうが、よっぽど枠にはめ込んでるねん。

 それに、ボスママが「さすが」と言ったカリスマママとかのほうが、よっぽど自分の子作品扱いしとった、言うねん。

 そりゃ、ボスママ自身が大人の価値観で子ども育てへんとかいうのは勝手やねん。好きにしたらいいし、その育ってる結果もそんなに魅力的ではない。あの家族を見て、ああすればよかった、みたいには見えてない。

 逆もそうやろうけど、うちが自分の子を枠にはめ込んだとか、芽を摘み取ったとか、作品扱いしたとかは言われたくないねん。

 幼児期に英語で流行ってる英語コンテンツ、見せたけど、拒否られて無理に見せたりしてへんし、実際、ダンナに追い出されて大阪に来たばっかりの頃って、うち自身が睡眠障害でちゃんと起きれている時間少なかったし、Noneにかまってやれる時間は少なかってん。Noneは、ホンマに最初に公園連れて行ったときも、何もせずただ、砂場に座っているだけで、親が一生懸命プリン作って見せたり、何かに興味持つように頑張ったけど、ちょっと障碍あるの心配したぐらい、なんにも反応しない子やってん。大阪来た後、1年ぐらい構ってやれなかったら、また何にも無関心状態になったから、公立で進学せんとアカンもあって、公立コース受験路線に踏み出すことになったんだけど。

大阪来る以前は、発達心理学で、どの順番にどの能力が上がっていくっていうのを順番として、この子にはこのぐらい、みたいな感じでいろんなことをしていた。興味とか示したものは、できるだけやらせてみたし。(お金もあったから、ちょっと馬乗ってみたいとか言ったら、馬乗れるとこ探して、幼児だから乗馬とか無理だけど、馬触れるところに連れていったり、馬車乗せたり。)

 まあ、自分のオリジナルで、幼稚園やったNoneに、漢字には音と訓があって、へんつくりがあるって説明して、少し練習した後、あんまり漢字のことやらずにごく普通に生活してたら、「歳末感謝祭」とか、一度も説明したことない漢字の読みとか読めるようになってたよ。看板とか、生活で目にする漢字で、読めないものはほぼなくなってた。

 それは、決して私の作品じゃない、だって、私もそこまで計算してなかったから。ただ、一個一個漢字がどう読んで、意味は何で、って説明するの、しんどそうだな、とか思って、音と訓、偏と旁で漢字ができてるって言うのを、偏とか旁の意味がイラストで書いてあって見やすい500円ぐらいの漢字練習帳があって、そのときのNoneにもできそうだから持って行って、ちょっとやってみたけど、あんまり面白くなさそうだから、けっこうすぐやめた、っていうだけの話だったし。

 まあ、ソレ、英語でやってたら、英語での爆発があったのかもしれないけど、親が得意じゃないことより、親が自分でできそうだと思ったことをやっただけの話だし。

 親が、自分もろくに話せない英語で語りかけをするより、よっぽど枠にはめてないと思うで。

 人のところは、親の押し付けで芽を摘んでて、親の作品扱いで、自分ところは育児のツールなんです、みたいな自分たちに都合のいい理屈を言い張ってるのが、めちゃくちゃ腹が立ちましたね。

 まあたぶん、批判を避けるためにブログ村離脱したんだろうけど、自分達が自分たちでいい人と言う判断がしたいがために、言われもない人を批判したり、(間違った幼児教育をしているひともいるだろう、けど、自分達以外の幼児教育をする人を、全部芽を摘んでる扱いをやはりあそこではしている)悪者扱いしたりしているのを見逃すつもりはない。(って、身内のSNSでいろんなひとディスってるだろう、は想像つくんだけど。)

 教育の仕方が間違っている人はいると思う。子どものできることを増やしてあげないといけないのに、親が自分はこれだけ知ってるで、とか、こんなんできるで、とか、親のできる自慢になってる人とか、ちゃうやん、とか思うし、自分が勉強つらかったから、つらいことさせたら勉強になっていると思ってさせてる親とかいるときある。それは、やりかたが間違っているのであって、教育すること自体が間違っているわけではない。

 私としては、親が適切な援助をしないで、子どもがもともと持っている「光るもの」を期待する親とかのほうがキライでね。

 日本語教師の養成講座で習った、スキャフォールディングの考え方が一番好きでね。まあ、wikiとかでまとめたものがないので、自分のことばで簡潔に言う自信がないし、あのボスママ、あっちゃんのいい夫やめます=悪い夫になります、の人だから、ちゃんと聞く気ないだろうなとか思うと考えるの面倒くさいので、それなりに説明してくれてるサイトのリンクだけ貼ってる。私はこのページをそんなにガッツリ読んでないけど、間接的なスキャフォールディングのほうが好きだ。

スキャフォールディングという支援の恩恵

 まあ、今日は、授業行ってて、それなりに生徒たちとうまくやれてるんじゃないかなと思ったけど、授業聞きながらも、それなりに私語があるので、(でも、みんなが黙っているときのほうが、寝てるやつとか、うつぶせたりするやつがいる状況のことが多くて、少し私語あるぐらいのほうが、ホワイトボードに貼ったイラスト見て、ベトナム語でなんか言ってるよ、状態で、まだ授業聞いてくれてるように思うのだが)

 会話練習とか、アドリブ入れてくれる生徒とか出て、それを他の姓とも楽しそうにしたりして、私としてはうまく授業できてるつもりだけど、私語があるのを苦い顔して見てる常勤の先生とかチラッと見えて、難しいなと思った。

 私が相談する相手になっている常勤の先生は、私が出したアイデアとか賛成してくれるし、見学の時に、つまらない授業をする先生だなあと思った常勤の先生も、今日授業のことで相談したら、けっこうおもしろい規格を授業でしている話をしてくれて、あのときは模範的な授業をしないといけないから、あんまり遊びみたいなことはしなかったのかな、と思ったり、25課ぐらいになると、生徒が教科書だけでついていくのいっぱいいっぱいで、そんな余興のあることがやれなかったのかもしれない、とも思う。

 来週は学校の行事で授業がお休みで、その次とその次の週、学校から言われてるテストとかだけですむ授業かと思ったら、けっこうテストあっという間におわるらしくて、テストで使われた教材とかを材料に、話ふくらまさんといかんかったり、ひとつの課の新出単語と、15分ぐらいで終わるテストだけで2コマつぶしてください、とかになるらしくて、新出単語なんか、生徒みんな予習してくるし、授業すぐ終わらない?とかいうことで相談したら、その前までの課の復習してください。と言われ、とくに推されたのがて形の復習とかなんだけど、1コマ半つぶせる企画をなんか考えんといけません。

 って、明日、近大のオープンキャンパス行きます。

 うちにしたら、子どもがある程度の年齢になったときに、進学とか就職とかの選択肢が、すでに今から努力しても間に合わないと思えるような状況にさせることのほうが、(自分がそうだったように)親のやったことに不満もつんじゃないかなあと思うんだけど。(って、それすら思えないように、自分の子洗脳してるように見えるもの。あのサークル)うちは反抗期が来たら、親に文句好きなだけ言えるようにしてるけど、なんか、あのひとたち、私はいい親よねー、を自分の子に強制してるように見えるねん。

 ある程度の選択肢が選べるところまでは、必死で押し上げた。経済的に国公立しか選べなかったときは、第一志望でなくても、受かりそうな国公立を受験してもらう予定だったけど、今は私立もOKだから、好きなところで受かったところに行ってもらうつもりだ。

 だいたいこんなことがしたい、という話を聞いたら、それでつけそうな仕事とか進路とか、親の私がめっちゃググったけど、選ぶのはNoneだし、それが気に食わなくて自分でググるのを禁じてるわけじゃないから、(そのへん、今でも砂場でボーっとしてるのと変わらない状態なんだけど)決して、どんな進路とっても、私の作品じゃない。

 まあ、受験だし、運がわるければ全滅もあるんだけど、受験うまくいかなかったら、子ども潰したとか好き放題言うんだろうな。身内じゃないひとんちのことは。

 自分で行きたい学校選んで、受からなかったら、受験勉強とか、一応予備校とか行かせてるけど、それもかなり親子で一緒に相談してだし、(って、自習室に使えるからって東進に変えたんだけど、ほぼ行ってないの、別に無理に行けとか言ってないし)志望校とか、その他の受験大学も、受かっても受からなくても、私のせいでもおかげでもないんだが。

 進学できる大学が、所属している高校の指定校推薦とか聞くと、私なんかは指定校推薦で行ける大学がたまたま自分の勉強したいことができる大学の学部だっていうのが、かなり稀なケースの気がして、そりゃ、うちが志望校のなか混ぜている産近甲龍より、うちの指定校推薦で行ける大学・学部の方が偏差値が上、とかいうこともあると思うけど、正直、指定校推薦と言う狭い選択肢で、人生の一番ノリのいい教育を受ける機会に、本当にその子の一番したい学問を学ぶチャンスを作りましたか?は問いたい。

 ってねー、うちも全滅かもしれないし、どこやそれ、みたいな、某高行ったのに、みたいな大学に行かないといけない可能性もあるから、強くは言えないんだけど、

 別にね、子どもの時からゲームが好きで、ゲームを中心にしたいから高校受験とか大学受験とかあんまり頑張りたくなくて、でもある程度の偏差値の大学には行きたいから指定校推薦を狙ってて、その大学出たらゲーム関係の仕事目指します、とか言ってた、「高い偏差値の高校行ったのに、推薦と同じ大学に行った」発言の人、

 前も言ったけど、その関係の就職希望なら、大学じゃなくて、専門学校に行って欲しい、があるし、受験頑張らないで高偏差値大学狙うのも、その数値を出した、まともな受験生をバカにするのもやめて欲しい、だし

 まあ、なんか、そういう人の方が、長く強くつきあえるんやね、は不思議。あの人のコンサルを1時間×3回一万円とか、ブログはツッコむために見てるけど、参考になったことはないわー、みたいな。

 って、遅くなったし寝ます。

 って追加だけど、UPしてから他の教育熱心なひとのブログ見てても思ったんだけど、自分の人生で、このときにこれができていたらよかった、っていう経験って、ひとつの文化資本だと思うのね。(ブルデューの言う意味での文化資本ね)これ何度も言ってるけど。何年生までに何ができていたらいい、を自分の子や、他の子に教えて、それができるように教育することは、決してその子を作品にしているわけでも、芽を潰しているわけでもない。普通に、子どものことを思って教育する人を悪し様に言う人が、私最強とか言ってふんぞり返っているのを、どうしても許せない。

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ

にほんブログ村

]

例の動画見た

まあ、某おやこ英語サークルの広告動画、見たけど、

 要するに、やりなおし英語レベルの親でも、ふだんオンラインで雑談しながら、コンサル受けて絵本とか読ませたりしていると、あの動画に出ているレベルの発音が良くて自分の意見英語で言える子に標準的になれるという認識でいいのかな?すごいですね。

 まあ、それでも、あそこが、自分とこの魅力のその1とか言ってる「つながり」っていうのが、なんかな~

 あそこのボスのブログで言ってることとか、自分の主観でものごとの善悪言ってることが多くて、聞いてスグ、「それちゃうやろ」みたいにツッコミたくなること多いんだけど、それ疑問に思ったりしないひとじゃないと、快適に参加できないとか、あるよな~

 まあ、昨日もツッコんだあっちゃんの話だって、もとはあのサークルのメンバーがあっちゃん批判してて、ボスが「これ一緒になってタゲったら私人気者♡」とかいう形で記事に挙げてた感じだから、同レベルの人集まってる感じだけど。

 なんか、言ってることおかしいこと多いのに、誰もツッコんでない、むしろ賛同みたいだから宗教臭く見えるんだけど。

 なんか、ボスが、私他の英語サークル知らないけど、メンバーが批判してるから、とか言って、問題のあるサークルの特徴とか書いてたけど、

自分の子の経験とか周りの数人の体験を元にコンサルしている、みたいなとこ、周りの数人とか言う数が多少変わるぐらいで、言語教育学とか、発達心理学とかで、他の多くの学習者のデータ見てないとかいうのは、レベルとして同じ、みたいな見方もできるし、

 まだ自分の子が小さいのに、それを元にアドバイスしている、とか、昔は自分もそうだっただろ、があるし、経験の浅い人にも、チャンスを与えるのが、教育業界の本当にいい人だと思う。(経験の浅くて、教育能力も低い、はアカンけど、それをイコールにしないように導くのが、業界の先駆者のやることだろ、があって)

 そういうの、わかっててそちらを選ぶんだったらいいですよ、とか寛容ぶってるけど、潰す気満々だな、とか思って見てた。(選択肢として他を考えられるように言ってるというのが成立するのは、他のところの長所と、自分のところの長所を並べたうえで、自分のところがよければそうしくださいね、というのが成り立つわけで、よその欠点と、自分とこの長所とを並べて見せて、どっち選びます?みたいなのは、マジ昔、マルチにハマった友達がア〇ウェイの洗剤と市販の洗剤と、どっち選びます、っていう販売ショーしてたの思い出すよ。)

 まあ、今から自分の仕事の準備とかやるけど、ホンマ最悪。

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ

にほんブログ村

]

オープンキャンパス、中国語アプリ、京劇

 日曜にブログ書きかけていて、用事できてとまったままだったんですが、続きとか色々書きます。

 日曜のブログここから

昨日は、Noneと一緒に市大のオープンキャンパスに行ってきました。

 受付のヨコが理学部だったから、理学部は後期じゃないと受けられないし、受けられても、かなり高いセンターの点数をとってないといけないから、受けて受かる可能性低いんだけど、理学部から見ました。

 並んで会場に入れなかったらいやなので、同時に見れる中継会場に行きました。理学部のオープンキャンパスで仮装している先生とか居て、なんか私勝手に、この先生、学生の時に究極超人あ~るとか読んでそうだなとか思ってたんだけど。

 まあ、残念ながら、前期で他学部入って理学部に3年編入とかは実質無理っぽくて。

 市大オリジナルの夏菓子(なつかし)のヤシアイス買って食べて

 って、ここまで書いてあとほったらかしだったんだけど。

 理学部と、文学部の話を聞いて、市大も悪くないなあ、みたいな話で終わりました。

 別に、市大文学部、入れたら入った あとでわかったことなんだけど、文学部のどの専攻に行ったら、Noneが一番やりたいことがやれるかとか話をしていて。

 ランチの時に、私立の受験どうするかで話題がもりあがっていたんだけど、None的には、関学のオープンキャンパスより、近大のオープンキャンパスのほうが感触がよかったらしくて、

 関学には改善して欲しいなあと思うから書くけど、関学生がちょっと受験生バカにしすぎ、みたいな感触を受けたらしい。

 実際、去年Noneを連れて行ったときに私も同じ感想だったんだけど、大学でどんなことをしてるかとかの話をしてくれる関学生が少なくて、娯楽要素のあるものばかりを勧めてくる、みたいな感じで、受験生がお勉強を理解できないし、興味も持ってないと決めつけられたような印象を受けました。

 まあ、敷居を低くしようとされたんだろうと思うんですが、真面目な受験生にとっては、実際大学でどんな学問ができるか知りたくて来てるのに、は思いました。

 そのあたりが、近大のほうが、(学生じゃなく、教員が説明してくれていたりして)印象が良かったみたいです。

 まあ、まだ関学判定合格圏じゃないけど、None的には、私立になった時、近大を選んでいい?という意見が出て、近大の文と関学の文なら、関学の文であってほしいけど、近大の農とか理と関学の文なら、行きたい方に行ったらいいよ、という話をしていました。

 もちろん、関学の理のほうが成績が高くないと行けないし、そもそもNoneは受験科目が関学で勝負できないんだけど、やはりちょっと、オープンキャンパスで関学でどんな勉強ができるか、ちゃんと説明してもらえなかった感があるみたいです。

 で、Noneだけ帰って、私は中国語教室へ(午前の太極拳は休んで市大オープンキャンパスについて行っていました

 で、日曜は教会へ、

 月曜に前の中国語教室で一緒だった通訳のひとから、京劇に誘われていたので、待ち合わせ場所とか連絡しようとしたんだけど、中国gのSNSウイーチャットを長いこと使っていなかったら、凍結されていて、使えなくなっていて、それをどうしようとか四苦八苦しているうちに半日つぶしてしまって。

 で、月曜の午前中は技能実習生の仕事で、午後通訳の人と、京劇のイベントへ。

 京劇の歌い方とか好きで、本当の京劇とか見たことないんだけど、戦中戦後の歌謡曲とか京劇の影響受けているものが多くて、自分が小学校のときに、京劇風に歌う歌謡曲が挿入されるサイダーのコマーシャルがあって、すごい大好ききで、今でもその時のコマーシャルの歌い方に影響うけて、自分が今歌を歌う時に影響をうけているんだけど。

 通訳の人が、(たぶん今でも国籍は中国なので)中国語を話せないことをコンプレックスを持っていることとか、今中国語が話せれば、英語と中国語のできる人を募集している通訳の案件がたくさんあるのに、と嘆いていて

 で、ちょっとでも助けになればと、テキストボックスに中国語を書くかコピペすれば、ピンインが文字の上に記入されて、読み上げもしてくれるアプリを紹介して、喜んでもらえたんだけど。

 帰りに、近くのタイ料理食べ放題に行くんだけど、なんか人材全然足りてなくて、(厨房に2人しかいなくて、客とかその2倍か3倍いたのに)美味しかったけど、食べたいものほとんど器からなくなっててとれなくて

 クンテープに行きたかったけど、そこからは遠かったからな。

 で、昨日はやっとまる一日自由に使える日、みたいなので、朝、日本語教育はどこへ向かうのか、という本を本屋に読みに行くんだけど、ジュンク堂では在庫がなくて、紀伊国屋へ、

 堂島のジュンク堂から紀伊国屋まで歩いた時点で足がつかれきっていて、紀伊国屋で立って本を読むのに耐えられなくて、で、これは後日買おう、と思って。

 紀伊国屋で、中国語とかベトナム語の本を見てて、ベトナム語は、正月あたりに買った、アプリをしてるほうが、今本屋に並んでいるテキストよりいいなと思って、中国語は、

中国語検定 HSK 公認 長文テキスト 5級改訂版[音声DL付]

 これが、紙の書籍だと3650円、キンドルだと2500円ということで、買ってHSK5級対策しようと思ったんだけど、

 レビューで音声ダウンロードのページがキンドル版で削除されているとあって、本当かどうか家に帰ってからサポートに聞くんだけど

 折り返しメールしますとかで、ちょっと苛々してて

 そのあいだに、英語でベトナム語習えるアプリ見たら、最近追加されたレッスンで、ベトナム語の単語を増やす者があって、コレいい、とか思って

 単語の載っているPDFをパソコンアプリでワードに変換して、単語の横に、その単語がもともとベトナム語でどんな漢字だったかウィクショナリーからコピペして


đại dương とか漢字でかいたら、大洋とか、まあ、そのまま覚えようとするより覚えやすいかも、で

 で、そのあと、中国語をコピペすれば、ピンインつけて読み上げてくれるアプリもっと有効利用しようと思って、あと他の外国語一緒に勉強しようと思って、前に英語の名言を中国語に訳して、毎日UPするアプリあったなと思って削除してたけど(中国語の読み上げができなかったのと、英語の音声が、アプリの利用者の中国人が英語の練習に録音したものを他の人と競うアプリで、必ずしも上手な英語の読み上げが聞けるものではなかったので消した)コピペできれば、あれけっこういい感じの文章毎日UPしてたよな、と思って再インストールしたら、

 アプリがアップグレードしすぎて、単語をタップすれば英語辞書が自動で開くようになっていて、英語も中国語もコピペできない。

 類似のアプリを探したら、それのドイツ語版とかスペイン語版、フランス語版は今でもコピペできる。

 ドイツ語だけインストール。

 検索したついでに、韓国語を中国語で習うものがある。

 昨日から使っていて、今日無料期間が切れて、有料の案内がでたけど、そんなに高くない。ハングルをアルファベットで隣に表記してくれているのがありがたい。

 韓国語まで手をまわす余裕はないんだけど、初級の会話を中国語で説明しているので、その説明している中国語は私に勉強になるかなという感じで、韓国語は右から左でもとりあえず構わないかな、という感じなのだが。

 HSK5級の長文テキストは、音声ダウンロードのサイトのURLもパスワードも記入されたページがキンドル書籍内にある、ということでメールが来てて、購入して。

 って、今からHSK5級の勉強を晩御飯迄して、晩御飯すぎたら、日本語教師の仕事ですることします。

 明日台風は、家こもって作業する予定だけど、また停電とかならないといいなと思っています。

 ドル定期の話だけど、前にブログに書いて、すぐ預金おろしてドル定期できる口座に移したんだけど、その銀行が土日為替の取引とまってて、月曜の朝だったかな、(忘れてて火曜にしたかもしれないけど)105円台前半で定期にすることができて、土曜よりいい為替で定期にできて、現在また106円台になってるから、またこの後どうなるかわからないけど、比較的いいときに定期にできたなと思っています。

 昨日さがった任天堂も、今日もどしているし、早期償還になればいいのになあ、です。

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ

にほんブログ村

]