例のブログ見た

 って、もうブログ村からも出たみたいなんだけど。(まあ別に、もうブログ村の順位気にしてブログ書いてるひとも少なくなってるだろうけど、ってカリスマパパ気にしてそうな気もする)

 まあ、朝一番に見て、何コレ、とか思ったんだけど、朝弁当つくらにゃならんだったし、昼から授業で、いろいろ準備せにゃならんかったので、ツッコむ前に家を出た。

 何をもって成功とするか失敗とするかは人によって違う、というわりには、広告動画に出てる子、高額教材のCMに出てきそうな、世間一般で成功している、という感じの子ばっかりだよね。なんかね、英語力は普通だけど楽しそうだな、とか、見てて、いろんな価値観あるよね、って感じのする子が全然いないんだけど。なんか、そういう子も中にいるけど、顔出しOKでたのがたまたまそういう子だけだったからとか言いそうだけど、サークルの中で幅聞かせてるのは、そういう英語のいわゆる上手な子どもだけなんじゃない?みたいには見えるよ。

 まあ、そこよりちょっとキレたのは、また、教育に熱心な人をディスってるところですよね。

 幼児期に身につけた方がいいこと、というよりは、幼児期にしか身につかないことってあるし、それを子どもに身につけさせようとすることが、大人の物差しで子どもを計ること、とか言いきっていて。

 大人の思いつかないことをすることっていいことだけど、けっして、幼児期に音楽をさせることとか、水泳を習うこととかで、大人の思いつかないことができなくなるわけではない。

 以前、プリントをさせる親をひどく言っていたことがあるけど、そりゃ、間違った方法で、間違った量のプリントをさせる親とかもいるだろう、でも、あるていど発達心理学とかをちゃんと学んでいたら、標準的にこのぐらいの年でこのぐらいができます、とかいうのが、あくまでも標準でしかすぎなくて、その子の段階がある、というのはわかっている人の方が多いと思う。(そういう、ちゃんと調べもせずに、販売されているプリントの「何歳」とかいうのだけ見ている人でなければ)

 まっすぐな線を引く、とか、まがった線を引く、っていうことを、その子にちょうどの時期に練習させる、たいていイラストかなにかが書いてあって、橋を渡ったり、迷路を抜けたりするような気持になるようになるものが多いけど、実際、線が引けて当たり前の時期に、線を一本うまく引けただけで、子どもは大喜びするさ、褒め方がうまければね。見た感じでは、子どもの方は冒険でもしたような気分でそれをやっているように見えるし。

 ほんの、ちょっとの時間、線を引いて、褒めて、ハナマルでもしてやったら、ものすごいご褒美もらったような顔するさ。

 でも、それで、決まった線しか書けない子とかにならないし、母親がご飯を作っている間、自由な時間に、自分でいろんなものを真似して書いたり、自分の好きなものを書いたりするようになる。実際、うちがそうだったし、遠足で動物園に行って動物の絵を描きましょう、とかいう場面で、よその子より楽しそうだったし、よその子よりちょっとうまかった。

 音楽でも、水泳でも、そりゃ習いに行けば、音楽一家とかだったら、スパルタもあるし、水泳とかでも、親がどうやらミキハウスの社員で、なんか選手みたいだな、とかいう家とか、キビシイ家とかあったけど、他のものだって負担の多いレッスンとかさせようとかいう家とかあるんだろうけど、普通の家とか、そんな、枠にはめ込んで芽を摘むとかいうものにはならないと思う。

 実際、私は、母がピアノ教師だからピアノは習ったけど、その他の習い事は一切なかった。お金がないから。

 神戸線の比較的お金を持っている人の住む地域だったから、自分と、習い事のできるよその子とかの違いをヒシヒシと感じながら育ったよ。

 子どもだけの素質で、天才と言われるほどの能力を開くことができるのは、よほど生まれつきの才能に恵まれた人だけだ。

 習い事をせずに、自分の時間を持ちたいか、楽しいものとか、自分に合ったものであれば、習い事をしたい、というのも、実際ならいごとに連れて行って、その子の反応を見て決めることだと思う。

 ふつうに行く習い事が枠にはめ込んで芽を摘むことであるとしたら、親が英語の歌を歌って聞かせたり、絵本を見せたりするのも、枠にはめ込んで芽を摘む行為の中にはいる。

 別に、音楽スクールへ行って歌を歌うのだって、べつにインコを調教するように歌わせるわけじゃない。音楽スクールにもよるけど、基本、幼児向けの音楽スクールなら、子どもの好きになる歌を、楽しく歌うはずで、たいていそういうスクールに行かす親は、親も音楽が好きで、一緒に歌ったりして育児の一環にしていることが多くて、おうち英語やっている親が、子どもの気に入りそうな英語の歌をかけ流したり歌ったりするのと、どこが違うんだ、みたいなものだろう。

 それを、他の習い事だって、子どものことを考えて、子どもに合う方法で取り入れている家なんていくらでもあるだろうのに、子どもを親の作品にしている、とか、よそを悪者にして、自分達がイイモノだと思わせて、優越感感じるようにしている。

 批判されるべきは、よその子に勝るようになにかを習わせたり、その子には無理なハードルを掲げる親で、習い事をさせるとか、その子がちょうど習得しそうななにかを、その子に挑戦させる親ではないと思う。

 みんな天才なんだ、は、聞いた方は聞き心地がいいさ。

 でも、実際、習い事に行かせてもらえなかった子が、天才、って呼ばれるほど、なにかに秀でることは難しい。

 私自身、子どもの時から絵が好きで、いつもみんなに褒められてて、頑張れば漫画家になれるかもしれない、みたいに思った時期もあった。

 高校で、芸術大学の教授の娘が先輩にいて、基礎からなにから、全然ちがったさ。

 親が好きだった芸術を、当たり前のように毎日続けていたその先輩は、別にその両親の作品のように扱われていたわけではなかったし、親が自分が好きなことを、子どもも好きになるようになることってあるんだと思う。

 うちの母みたいに、辛いぐらいピアノの練習をしなければ、「食べれる」音楽家にはなられへんねんでー、みたいに、練習も楽しくなければ、目標もそんなに魅力的ではないものを掲げる家とかもあるけど、親が楽しいと思うことを、子どもにも楽しませて、親が魅力的だと思う将来像を、子どもが自然に目標にするようになる場合もあると思う。それは、決して、親が子どもを作品にしているのではない。

 私自身は、その子の幼児期の素質とか性格とかを考えて、いける子だと判断できる場合は、オリンピック選手になれるべく水泳をスパルタ、とかいう状態になっても、親がその子の素質とか性格をきちんと判断している、と解釈できる場合は、やっぱり枠にはめ込んだ、とか、親の作品にしている、とは言えないと思う。

 子どもはみんな天才なんだ、という文句が、すごい偽善的に聞こえて、むしろ、人間らしささえあれば、人より優れている必要はないんだ、みたいな理屈だったら、納得いっただろう。(でもあのひと、いつも最強とか自画自賛とかばっかり言って、他人もけなしまくりだし)

 っていうか、うちから見たら、英語コンテンツに偏りすぎた趣味娯楽を与えることのほうが、よっぽど枠にはめ込んでるねん。

 それに、ボスママが「さすが」と言ったカリスマママとかのほうが、よっぽど自分の子作品扱いしとった、言うねん。

 そりゃ、ボスママ自身が大人の価値観で子ども育てへんとかいうのは勝手やねん。好きにしたらいいし、その育ってる結果もそんなに魅力的ではない。あの家族を見て、ああすればよかった、みたいには見えてない。

 逆もそうやろうけど、うちが自分の子を枠にはめ込んだとか、芽を摘み取ったとか、作品扱いしたとかは言われたくないねん。

 幼児期に英語で流行ってる英語コンテンツ、見せたけど、拒否られて無理に見せたりしてへんし、実際、ダンナに追い出されて大阪に来たばっかりの頃って、うち自身が睡眠障害でちゃんと起きれている時間少なかったし、Noneにかまってやれる時間は少なかってん。Noneは、ホンマに最初に公園連れて行ったときも、何もせずただ、砂場に座っているだけで、親が一生懸命プリン作って見せたり、何かに興味持つように頑張ったけど、ちょっと障碍あるの心配したぐらい、なんにも反応しない子やってん。大阪来た後、1年ぐらい構ってやれなかったら、また何にも無関心状態になったから、公立で進学せんとアカンもあって、公立コース受験路線に踏み出すことになったんだけど。

大阪来る以前は、発達心理学で、どの順番にどの能力が上がっていくっていうのを順番として、この子にはこのぐらい、みたいな感じでいろんなことをしていた。興味とか示したものは、できるだけやらせてみたし。(お金もあったから、ちょっと馬乗ってみたいとか言ったら、馬乗れるとこ探して、幼児だから乗馬とか無理だけど、馬触れるところに連れていったり、馬車乗せたり。)

 まあ、自分のオリジナルで、幼稚園やったNoneに、漢字には音と訓があって、へんつくりがあるって説明して、少し練習した後、あんまり漢字のことやらずにごく普通に生活してたら、「歳末感謝祭」とか、一度も説明したことない漢字の読みとか読めるようになってたよ。看板とか、生活で目にする漢字で、読めないものはほぼなくなってた。

 それは、決して私の作品じゃない、だって、私もそこまで計算してなかったから。ただ、一個一個漢字がどう読んで、意味は何で、って説明するの、しんどそうだな、とか思って、音と訓、偏と旁で漢字ができてるって言うのを、偏とか旁の意味がイラストで書いてあって見やすい500円ぐらいの漢字練習帳があって、そのときのNoneにもできそうだから持って行って、ちょっとやってみたけど、あんまり面白くなさそうだから、けっこうすぐやめた、っていうだけの話だったし。

 まあ、ソレ、英語でやってたら、英語での爆発があったのかもしれないけど、親が得意じゃないことより、親が自分でできそうだと思ったことをやっただけの話だし。

 親が、自分もろくに話せない英語で語りかけをするより、よっぽど枠にはめてないと思うで。

 人のところは、親の押し付けで芽を摘んでて、親の作品扱いで、自分ところは育児のツールなんです、みたいな自分たちに都合のいい理屈を言い張ってるのが、めちゃくちゃ腹が立ちましたね。

 まあたぶん、批判を避けるためにブログ村離脱したんだろうけど、自分達が自分たちでいい人と言う判断がしたいがために、言われもない人を批判したり、(間違った幼児教育をしているひともいるだろう、けど、自分達以外の幼児教育をする人を、全部芽を摘んでる扱いをやはりあそこではしている)悪者扱いしたりしているのを見逃すつもりはない。(って、身内のSNSでいろんなひとディスってるだろう、は想像つくんだけど。)

 教育の仕方が間違っている人はいると思う。子どものできることを増やしてあげないといけないのに、親が自分はこれだけ知ってるで、とか、こんなんできるで、とか、親のできる自慢になってる人とか、ちゃうやん、とか思うし、自分が勉強つらかったから、つらいことさせたら勉強になっていると思ってさせてる親とかいるときある。それは、やりかたが間違っているのであって、教育すること自体が間違っているわけではない。

 私としては、親が適切な援助をしないで、子どもがもともと持っている「光るもの」を期待する親とかのほうがキライでね。

 日本語教師の養成講座で習った、スキャフォールディングの考え方が一番好きでね。まあ、wikiとかでまとめたものがないので、自分のことばで簡潔に言う自信がないし、あのボスママ、あっちゃんのいい夫やめます=悪い夫になります、の人だから、ちゃんと聞く気ないだろうなとか思うと考えるの面倒くさいので、それなりに説明してくれてるサイトのリンクだけ貼ってる。私はこのページをそんなにガッツリ読んでないけど、間接的なスキャフォールディングのほうが好きだ。

スキャフォールディングという支援の恩恵

 まあ、今日は、授業行ってて、それなりに生徒たちとうまくやれてるんじゃないかなと思ったけど、授業聞きながらも、それなりに私語があるので、(でも、みんなが黙っているときのほうが、寝てるやつとか、うつぶせたりするやつがいる状況のことが多くて、少し私語あるぐらいのほうが、ホワイトボードに貼ったイラスト見て、ベトナム語でなんか言ってるよ、状態で、まだ授業聞いてくれてるように思うのだが)

 会話練習とか、アドリブ入れてくれる生徒とか出て、それを他の姓とも楽しそうにしたりして、私としてはうまく授業できてるつもりだけど、私語があるのを苦い顔して見てる常勤の先生とかチラッと見えて、難しいなと思った。

 私が相談する相手になっている常勤の先生は、私が出したアイデアとか賛成してくれるし、見学の時に、つまらない授業をする先生だなあと思った常勤の先生も、今日授業のことで相談したら、けっこうおもしろい規格を授業でしている話をしてくれて、あのときは模範的な授業をしないといけないから、あんまり遊びみたいなことはしなかったのかな、と思ったり、25課ぐらいになると、生徒が教科書だけでついていくのいっぱいいっぱいで、そんな余興のあることがやれなかったのかもしれない、とも思う。

 来週は学校の行事で授業がお休みで、その次とその次の週、学校から言われてるテストとかだけですむ授業かと思ったら、けっこうテストあっという間におわるらしくて、テストで使われた教材とかを材料に、話ふくらまさんといかんかったり、ひとつの課の新出単語と、15分ぐらいで終わるテストだけで2コマつぶしてください、とかになるらしくて、新出単語なんか、生徒みんな予習してくるし、授業すぐ終わらない?とかいうことで相談したら、その前までの課の復習してください。と言われ、とくに推されたのがて形の復習とかなんだけど、1コマ半つぶせる企画をなんか考えんといけません。

 って、明日、近大のオープンキャンパス行きます。

 うちにしたら、子どもがある程度の年齢になったときに、進学とか就職とかの選択肢が、すでに今から努力しても間に合わないと思えるような状況にさせることのほうが、(自分がそうだったように)親のやったことに不満もつんじゃないかなあと思うんだけど。(って、それすら思えないように、自分の子洗脳してるように見えるもの。あのサークル)うちは反抗期が来たら、親に文句好きなだけ言えるようにしてるけど、なんか、あのひとたち、私はいい親よねー、を自分の子に強制してるように見えるねん。

 ある程度の選択肢が選べるところまでは、必死で押し上げた。経済的に国公立しか選べなかったときは、第一志望でなくても、受かりそうな国公立を受験してもらう予定だったけど、今は私立もOKだから、好きなところで受かったところに行ってもらうつもりだ。

 だいたいこんなことがしたい、という話を聞いたら、それでつけそうな仕事とか進路とか、親の私がめっちゃググったけど、選ぶのはNoneだし、それが気に食わなくて自分でググるのを禁じてるわけじゃないから、(そのへん、今でも砂場でボーっとしてるのと変わらない状態なんだけど)決して、どんな進路とっても、私の作品じゃない。

 まあ、受験だし、運がわるければ全滅もあるんだけど、受験うまくいかなかったら、子ども潰したとか好き放題言うんだろうな。身内じゃないひとんちのことは。

 自分で行きたい学校選んで、受からなかったら、受験勉強とか、一応予備校とか行かせてるけど、それもかなり親子で一緒に相談してだし、(って、自習室に使えるからって東進に変えたんだけど、ほぼ行ってないの、別に無理に行けとか言ってないし)志望校とか、その他の受験大学も、受かっても受からなくても、私のせいでもおかげでもないんだが。

 進学できる大学が、所属している高校の指定校推薦とか聞くと、私なんかは指定校推薦で行ける大学がたまたま自分の勉強したいことができる大学の学部だっていうのが、かなり稀なケースの気がして、そりゃ、うちが志望校のなか混ぜている産近甲龍より、うちの指定校推薦で行ける大学・学部の方が偏差値が上、とかいうこともあると思うけど、正直、指定校推薦と言う狭い選択肢で、人生の一番ノリのいい教育を受ける機会に、本当にその子の一番したい学問を学ぶチャンスを作りましたか?は問いたい。

 ってねー、うちも全滅かもしれないし、どこやそれ、みたいな、某高行ったのに、みたいな大学に行かないといけない可能性もあるから、強くは言えないんだけど、

 別にね、子どもの時からゲームが好きで、ゲームを中心にしたいから高校受験とか大学受験とかあんまり頑張りたくなくて、でもある程度の偏差値の大学には行きたいから指定校推薦を狙ってて、その大学出たらゲーム関係の仕事目指します、とか言ってた、「高い偏差値の高校行ったのに、推薦と同じ大学に行った」発言の人、

 前も言ったけど、その関係の就職希望なら、大学じゃなくて、専門学校に行って欲しい、があるし、受験頑張らないで高偏差値大学狙うのも、その数値を出した、まともな受験生をバカにするのもやめて欲しい、だし

 まあ、なんか、そういう人の方が、長く強くつきあえるんやね、は不思議。あの人のコンサルを1時間×3回一万円とか、ブログはツッコむために見てるけど、参考になったことはないわー、みたいな。

 って、遅くなったし寝ます。

 って追加だけど、UPしてから他の教育熱心なひとのブログ見てても思ったんだけど、自分の人生で、このときにこれができていたらよかった、っていう経験って、ひとつの文化資本だと思うのね。(ブルデューの言う意味での文化資本ね)これ何度も言ってるけど。何年生までに何ができていたらいい、を自分の子や、他の子に教えて、それができるように教育することは、決してその子を作品にしているわけでも、芽を潰しているわけでもない。普通に、子どものことを思って教育する人を悪し様に言う人が、私最強とか言ってふんぞり返っているのを、どうしても許せない。

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ

にほんブログ村

]

オープンキャンパス、中国語アプリ、京劇

 日曜にブログ書きかけていて、用事できてとまったままだったんですが、続きとか色々書きます。

 日曜のブログここから

昨日は、Noneと一緒に市大のオープンキャンパスに行ってきました。

 受付のヨコが理学部だったから、理学部は後期じゃないと受けられないし、受けられても、かなり高いセンターの点数をとってないといけないから、受けて受かる可能性低いんだけど、理学部から見ました。

 並んで会場に入れなかったらいやなので、同時に見れる中継会場に行きました。理学部のオープンキャンパスで仮装している先生とか居て、なんか私勝手に、この先生、学生の時に究極超人あ~るとか読んでそうだなとか思ってたんだけど。

 まあ、残念ながら、前期で他学部入って理学部に3年編入とかは実質無理っぽくて。

 市大オリジナルの夏菓子(なつかし)のヤシアイス買って食べて

 って、ここまで書いてあとほったらかしだったんだけど。

 理学部と、文学部の話を聞いて、市大も悪くないなあ、みたいな話で終わりました。

 別に、市大文学部、入れたら入った あとでわかったことなんだけど、文学部のどの専攻に行ったら、Noneが一番やりたいことがやれるかとか話をしていて。

 ランチの時に、私立の受験どうするかで話題がもりあがっていたんだけど、None的には、関学のオープンキャンパスより、近大のオープンキャンパスのほうが感触がよかったらしくて、

 関学には改善して欲しいなあと思うから書くけど、関学生がちょっと受験生バカにしすぎ、みたいな感触を受けたらしい。

 実際、去年Noneを連れて行ったときに私も同じ感想だったんだけど、大学でどんなことをしてるかとかの話をしてくれる関学生が少なくて、娯楽要素のあるものばかりを勧めてくる、みたいな感じで、受験生がお勉強を理解できないし、興味も持ってないと決めつけられたような印象を受けました。

 まあ、敷居を低くしようとされたんだろうと思うんですが、真面目な受験生にとっては、実際大学でどんな学問ができるか知りたくて来てるのに、は思いました。

 そのあたりが、近大のほうが、(学生じゃなく、教員が説明してくれていたりして)印象が良かったみたいです。

 まあ、まだ関学判定合格圏じゃないけど、None的には、私立になった時、近大を選んでいい?という意見が出て、近大の文と関学の文なら、関学の文であってほしいけど、近大の農とか理と関学の文なら、行きたい方に行ったらいいよ、という話をしていました。

 もちろん、関学の理のほうが成績が高くないと行けないし、そもそもNoneは受験科目が関学で勝負できないんだけど、やはりちょっと、オープンキャンパスで関学でどんな勉強ができるか、ちゃんと説明してもらえなかった感があるみたいです。

 で、Noneだけ帰って、私は中国語教室へ(午前の太極拳は休んで市大オープンキャンパスについて行っていました

 で、日曜は教会へ、

 月曜に前の中国語教室で一緒だった通訳のひとから、京劇に誘われていたので、待ち合わせ場所とか連絡しようとしたんだけど、中国gのSNSウイーチャットを長いこと使っていなかったら、凍結されていて、使えなくなっていて、それをどうしようとか四苦八苦しているうちに半日つぶしてしまって。

 で、月曜の午前中は技能実習生の仕事で、午後通訳の人と、京劇のイベントへ。

 京劇の歌い方とか好きで、本当の京劇とか見たことないんだけど、戦中戦後の歌謡曲とか京劇の影響受けているものが多くて、自分が小学校のときに、京劇風に歌う歌謡曲が挿入されるサイダーのコマーシャルがあって、すごい大好ききで、今でもその時のコマーシャルの歌い方に影響うけて、自分が今歌を歌う時に影響をうけているんだけど。

 通訳の人が、(たぶん今でも国籍は中国なので)中国語を話せないことをコンプレックスを持っていることとか、今中国語が話せれば、英語と中国語のできる人を募集している通訳の案件がたくさんあるのに、と嘆いていて

 で、ちょっとでも助けになればと、テキストボックスに中国語を書くかコピペすれば、ピンインが文字の上に記入されて、読み上げもしてくれるアプリを紹介して、喜んでもらえたんだけど。

 帰りに、近くのタイ料理食べ放題に行くんだけど、なんか人材全然足りてなくて、(厨房に2人しかいなくて、客とかその2倍か3倍いたのに)美味しかったけど、食べたいものほとんど器からなくなっててとれなくて

 クンテープに行きたかったけど、そこからは遠かったからな。

 で、昨日はやっとまる一日自由に使える日、みたいなので、朝、日本語教育はどこへ向かうのか、という本を本屋に読みに行くんだけど、ジュンク堂では在庫がなくて、紀伊国屋へ、

 堂島のジュンク堂から紀伊国屋まで歩いた時点で足がつかれきっていて、紀伊国屋で立って本を読むのに耐えられなくて、で、これは後日買おう、と思って。

 紀伊国屋で、中国語とかベトナム語の本を見てて、ベトナム語は、正月あたりに買った、アプリをしてるほうが、今本屋に並んでいるテキストよりいいなと思って、中国語は、

中国語検定 HSK 公認 長文テキスト 5級改訂版[音声DL付]

 これが、紙の書籍だと3650円、キンドルだと2500円ということで、買ってHSK5級対策しようと思ったんだけど、

 レビューで音声ダウンロードのページがキンドル版で削除されているとあって、本当かどうか家に帰ってからサポートに聞くんだけど

 折り返しメールしますとかで、ちょっと苛々してて

 そのあいだに、英語でベトナム語習えるアプリ見たら、最近追加されたレッスンで、ベトナム語の単語を増やす者があって、コレいい、とか思って

 単語の載っているPDFをパソコンアプリでワードに変換して、単語の横に、その単語がもともとベトナム語でどんな漢字だったかウィクショナリーからコピペして


đại dương とか漢字でかいたら、大洋とか、まあ、そのまま覚えようとするより覚えやすいかも、で

 で、そのあと、中国語をコピペすれば、ピンインつけて読み上げてくれるアプリもっと有効利用しようと思って、あと他の外国語一緒に勉強しようと思って、前に英語の名言を中国語に訳して、毎日UPするアプリあったなと思って削除してたけど(中国語の読み上げができなかったのと、英語の音声が、アプリの利用者の中国人が英語の練習に録音したものを他の人と競うアプリで、必ずしも上手な英語の読み上げが聞けるものではなかったので消した)コピペできれば、あれけっこういい感じの文章毎日UPしてたよな、と思って再インストールしたら、

 アプリがアップグレードしすぎて、単語をタップすれば英語辞書が自動で開くようになっていて、英語も中国語もコピペできない。

 類似のアプリを探したら、それのドイツ語版とかスペイン語版、フランス語版は今でもコピペできる。

 ドイツ語だけインストール。

 検索したついでに、韓国語を中国語で習うものがある。

 昨日から使っていて、今日無料期間が切れて、有料の案内がでたけど、そんなに高くない。ハングルをアルファベットで隣に表記してくれているのがありがたい。

 韓国語まで手をまわす余裕はないんだけど、初級の会話を中国語で説明しているので、その説明している中国語は私に勉強になるかなという感じで、韓国語は右から左でもとりあえず構わないかな、という感じなのだが。

 HSK5級の長文テキストは、音声ダウンロードのサイトのURLもパスワードも記入されたページがキンドル書籍内にある、ということでメールが来てて、購入して。

 って、今からHSK5級の勉強を晩御飯迄して、晩御飯すぎたら、日本語教師の仕事ですることします。

 明日台風は、家こもって作業する予定だけど、また停電とかならないといいなと思っています。

 ドル定期の話だけど、前にブログに書いて、すぐ預金おろしてドル定期できる口座に移したんだけど、その銀行が土日為替の取引とまってて、月曜の朝だったかな、(忘れてて火曜にしたかもしれないけど)105円台前半で定期にすることができて、土曜よりいい為替で定期にできて、現在また106円台になってるから、またこの後どうなるかわからないけど、比較的いいときに定期にできたなと思っています。

 昨日さがった任天堂も、今日もどしているし、早期償還になればいいのになあ、です。

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ

にほんブログ村

]

一山超えた感じ

 今日、普通に起きて、昨日弁当に入れる小さいハンバーグをヘルシオで作っていたのを弁当箱に詰めて、Noneと母さんにはふつうにお皿に盛って、あとほうれん草のお浸しとか、簡単にお昼の用意をつくって、忘れ物がないように、めっちゃ気をつけて出勤

 のつもりだったが、

 授業に必要な物、通勤中に見るiPad、そして弁当は忘れてなかった。

 お茶、忘れちゃったよ。500mlの水筒ふたつ、一つは昼食用、一つは授業の後の宿題添削のとき用だったのに。

 私の勤めてる学校、市内とは思えないほど店とかない僻地にあるから、(新しい駅なのに、駅にも売店ないし)駅から少し歩いたスーパーでペットボトル二本購入。

 仕事、準備の時間とか、授業後の採点の時間とか考えたら時給安いから、飲み物とかにもお金はかけたくなかったんだけど。

 なんか、ラインとかもらったから、クラス荒れてきてるのかと心配してたけど、別にみんなふつうににこやか。

 っていうか、私のときには、授業の内容がそろそろ生徒のレベルと合ってきているので、そんなに露骨につまらなさそうにされることもなくなった感じなんだけど。

 今回私が用意した余興とか、ちょっと生徒のココロつかみました、みたいな感じだったし。

 私、小学生の時、声優志望だった友達につき合わされて、アニメの音声消して、セリフ感情込めて言う練習とか、かなりさせられてたから、(友達はヒロインの練習しかしないのに、わたしヒロイン以外の役全部やらされてたから、私の方が練習になっとったと思うんだが)会話の練習とか、ちょっとしたアニメの声優っぽく会話文のセリフ言ったら、けっこう生徒、早い目の発話をよろこんで真似するし。

 けっこう、みんな聴解も正しく聞き取れているし、今日は楽しかった。

 って、今まで一つの課を一日でやっていて、ちょうどかちょっと時間持てあます感じだったのに、次から一つの課を二日かけてやるから、ホンマ時間もつんかと今から不安なんだけど。

 今日なんか新出単語、イラスト見せたら生徒即答状態で、けっこう語彙数あったのに10分持たなかったんだけど、この先の時間割で、新出単語だけで2コマ使う予定の日とかあって(幸い側近のは私の授業の日じゃないけど)どうすんだコレ、状態なんだが。

 みんながオチ知っているトークで爆笑とってくださいぐらいの無理ゲーっぽいんだが。

 なんか、テストっぽいのも同時にやる予定も書いてあるから、それで時間をかなり使うものであることを期待するけど。

 って、今盆明けの自分の受け持ち授業見たら、教科書の問題をCD流してするだけとか、そういうクラスがほぼ1か月つづいて、やっとちょっと割のいい仕事になりそうな感じになってる。

 まあ、この間に、自分が受け持たなかったクラスも、教案作れるように勉強しているほうがいいんだけど。

 うわあ、騒がしいって文句言ってた70代新人日本語教師が魔の14課あたってるよ。その人も新人なんで、見学させてくださいとか言う対象にならないから言えないけど、めっちゃ見たいよな。

 まあ、ちょっと生徒が可哀そうな気がしてしまうところもあるんだけど。(絶対楽しい授業とかしてなさそうだから)

 14課の練習ABCを全部4コマでやる鬼のような時間割になってるし。息苦しい授業するのが創造できるので、めっちゃ怖いもの見たさある。

 まあ、自分は、9月末に参加したいイベントがあるから、どこを言われてもすぐ教案が作れるように、今から19~25課の教案作れるように準備しているのが一番賢いのだろうと思う。(っていうことは、今日自分がやった課以降で習う文法項目も目を通さないといけないんだけど。)

 次、盆明け13課あたってて、13課までで習う単語と文法項目で、けっこう言えることが増えているのに感動していて。

 って、今日、「~がいます。」を導入するのに、「教室に生徒がいます。」って言ったら、「生徒って何?」みたいな質問が来て、1課でならった話したら、そんな単語あったっけ、みたいな生徒が何人か居て、けっこう「生徒」と「学生」の違いをイラストで用意して、頑張ったんだがなあ。

 まあ、みん日の、既習語はOKっていうのがちょっと私的には受け付けなくて、このレベルの学習者が、よく見るだろう単語でも、教科書でまだ出ていなければ言えなくて、1度出ただけで覚えてなさそうな、たとえば「ナンプラー」なみの、使わない単語でも一度習ってたらOKになるところが、「そうじゃないだろう。」は思う。

 各国翻訳語版をみんなが持つことになっている学校なら、新出単語のページのちょっと後にある、「参考になる単語」(この部分はその本の言語で書かれているから中国語版ではって関連する単語を追加しているところがあるんだけど、今教える側になれば、生徒にこれを宿題にしたり、新出単語の時間に追加したりして、この単語も使えるようにしてほしい。

 正直、日本の学校の英語の授業のイカンところは、to不定詞とか習うところになると、to不定詞のことだけ考えればいい授業になっていて、それまでに習った文法項目とか忘れても構わない状態になってて、積み上げていっていない気がする。

 たぶん、いっこも目を通してないんだけど、ORTとかそのへんができてそうな気がするな。たぶん、普通にグレイデッドリーダー読むのとは違うんだろうと思う。

 まあいいや。

 明日は市大のオープンキャンパス行くし、日曜はTEAPに行きます。(なんか、あんまりいい成績とりそうにないんだけど。)

 まあ、連休は、日本語教師でいること以外をやっていても大丈夫っぽいんですが。

 正直、この先を馬車馬状態が続くことを想像していたので、(実際、採用決まってから、空いている時間のほとんどを教案づくりに費やしていたから。)今、小手先の教案づくりのノウハウじゃなくて、もっと応用の聞く教授法についてなにか本を読みたかったから、その時間ができたようでホッとしています。(って、絶対買わないでジュンク堂で読むだけだけど。)

 あと、中級の教え方もちょっと今の学校で使っているテキストで対応できる準備をしたい。

 今の学校で、私はもちろん技術的、知識的には未熟だと思われているだろうけど、こういうことをやりたいです、と意見が言える状態にあるし、だいたいの面で意見がとおるので、自分が養成学校で習ったことを、だいたい日本語教師の考え方として間違って解釈してなかったんだと思うことができます。

 今回、雇われた学校に中国語を理解する生徒がいなかったことは逆に良かったかなと思います。新出単語に各国語の翻訳を印刷して用意することとかはあるけど、基本、生徒に知らない単語を聞かれたら、有無を言わさず直説法になるので、外国語学習は関節法(自分が英語を日本語の説明で勉強したり、中国語を日本語や英語で勉強してきたから)だと思ってきたけど、実際今からベトナム語とかろ紙が語で日本語教えられるほど身につけられないし、それどこにあるんですか、みたいな、名前は知ってるけど、そんな国から日本語習いに来るんだ、みたいな生徒を持って、本当に予想もしない国から来る日本語学習者に対応しようとすると、直説法しかなくなるんだ、みたいなことを実感しています。

  実際、養成学校ではあまり説明しない授業を教わるんですが、雇われた学校では、そこまで説明するんですか、っていうか、その日本語の微妙な違い、気にしたことなかったです。みたいな、教えない授業は教えない授業で、学習者のためになると思うし、細かい違いを説明しようとする授業は授業で、ひとつのスキルとして有力だと思います。

 実際、今日教えた、第10課の練習Aの1~3までが「~があります。」で4が「~はあります。」なの、ちゃんと使い方の区別を身につけられてよかったと思います。

 一応、今日、ちゃんと教えられたと思うし、(って、3日したら生徒忘れてるかもしれないけど、聞いてる時は、「なるほど~」みたいな顔して聞いてた。)

 まあ、基本、好かれる先生になれば、生徒授業聞いてくれると思うし、自分でも勉強してくれるもんだと思うんだけど。

 って、明日の準備あるので寝ます。

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ

にほんブログ村

]



けっこういい機械翻訳教えてもらった

 火曜の夕方、自分と一緒に入ってきた、70代女性新人日本語教師からラインが来ていて、クラスが騒がしかったとのこと。

 私が金曜授業していて、めっちゃウケ狙って授業していて、なんとか聞いていてもらっている感じのクラスだったので、二人で研修で授業を見ていたとき、静かなクラスの方が、賑やかにするクラスよりもいいと言っていたあの先生だったら、ちょっと生徒の心が離れて雑談しはじめていてもおかしくなかったなと思う。

 まあ、自分が逆の立場だったら、自国で英語の勉強それなりにしてきて、留学したと思ったら、This is a pen.レベルの英語を何時間もかけてする授業を何の娯楽要素もなく受けないといけないみたいな状態に置かれたら、隣に同じ母国語の生徒とかいたら、雑談はじめちゃうよな、みたいな。

 まあでも、じぶんがめっちゃウケねらっても、外して、生徒が授業聞かなくなる可能性もあるので、私も気をつけます、的な返事をその人にして、

 で、その返事が、一緒にがんばりましょう、とかじゃなくて、「頑張れ」だったので、心の中では「おまえも頑張れよ」だったんですが。

 古い日本の教育を受けていて、そのあととりたてて教育学などで新しい教育について考えたことがないようなひとに、教育について知ったようなことを言われたり、先輩風に言われたりするのは、ちょっといただけないと思っています。(でも、実際、めっちゃそういう人最近よく会う、理想の教育像が尋常小学校じゃないのか、みたいな感じの。)

 翌日、つまり昨日技能実習生の仕事に行って、

 前に話していた障碍者の方、見学に来ていたのは3人だったんですが、そのうちの1人がきていて、この方は、病気をして体力が落ちていて、健康な人のようには働けない人でした。

 知能的には、通常のひとよりよほど優秀で、医療系の進学をめざす予備校で、英語を教えておられたとか。

 英検とか、英語資格は受けたことがなく、ただ、自宅で英検1級の筆記試験を受けたところ、満点だった、ということで、で、ちょっと遠慮しながら、聞いたり話したりすることが苦手な方かなと思いながら話をつづけていると、ネイティブと話していても困ったことないそうで。

 ただ、その方は中学校から英語の成績は良かったそうで、日本の、私の世代より前の英語教育で困らなかった方だと聞くと、あ、学校型の授業のやり方を勧められそうだなあと思って、Noneに向いた英語の勉強の仕方とかは聞いても考えたことないかもしれない、とは思って。

 翻訳とか、通訳の仕事は考えないんですか、と聞いたら、それも今の体力では難しいそうで、

 で、翻訳とか、翻訳ソフトの手直しぐらいの翻訳で安価で仕事を引き受ける人が多いから、翻訳の仕事の賃金が減って負担が大きいそうですね、とか言うと(そのほかにも、SNSで、企業の早期リタイア組が、それなりの質の通訳や翻訳さえ破格で引き受けるので、めっちゃ賃金下がるらしい)

 その話の流れで、いま、すごい機械翻訳があることを紹介してもらって、

 見てみるとgoogle翻訳よりかなりイケてる感じで、帰りiPadでそのページを出して(本来有料サービスなのだけど、短い文章ならお試し翻訳をしてくれる)自分の言いたいことを日本語で入れると、翻訳してくれる英語が、「そう、それ、それ。」っていいたくなるぐらい、言いたかった日本語が、それなりのレベルの英語になって出て来る。(google翻訳では、私の判断では不十分なんだろうけど、でも、なんか違和感のある英語になることが時々ある。)

 英語から日本語にするほうは、ためしに英字新聞の一文を和訳したら、自然な日本語ではあるけど、原文の内容が一部消えてしまっていました。(芸術家の出身地が英文では主語を形容していたんだけど、消えていた)google翻訳だと、日本語としてはずいぶんおかしな文章なんだけど、あるていどの語学力があれば、読みやすい日本語に書き換えられる状態で、なにかが消えている、ということはありませんでした。(って言っても、別の時に、誰かが編集して不十分な内容で上げたのがそのまま出て来ることがgoogle翻訳ではあるのだけど。新聞など、多くの人がgoogle翻訳にかける可能性がある文章で、誰かが編集した、間違った訳が出て来ることがけっこうある)

 昨日は、これ使ってまた、日英中3か国語日記でも書こうかしらと思ったんだけど。

 今日、明日の授業のための添削された教案について、できるだけ手直ししたのと、盆明けにする授業の教案を先に作っていたのをメールしていたのを、上司の授業が終わる午後を待って相談、そのあと午後の仕事に行く。

 「が」と「は」を区別しないといけないところを、混在させてたので、そのへん厳しくチェックされてたりしました。授業の練習をするところでは区別してたんだけど、練習の間にする、生徒との会話例のところで、ちょっと混ざってしまっていて、めっちゃ直されてた。

 ついでに、この「は」と「が」を生徒が混乱しないように、区別できるよう説明することを要求されて、ちょっと楽しませようと娯楽をいれたために、藪蛇ついたかなあ、みたいな感じで。

 まあ、私にとっていい勉強だけど。(わたしがそれをうまくこなせれば、生徒の勉強にもなるんだけど。)

  盆明けにする授業の教案も、だいたい通って、予定していたフラッシュカードの内容も問題なくて、印刷して持って行けば、学校の裁断機で切らせてもらえるので、先日みたいに、カッターで切るだけで1時間以上かかった、なんて事態を避けられる。(2枚を1枚に貼ってマグネットつけてとかで合わせて2時間半かかったし)

 Noneが、京阪神レベルの大学の理学部の授業が受けたいなあ、という話をしていて。

 なんか、私大レベルの理学部の内容と、京阪神レベルの大学のそれとの違いをどこかで聞いたらしく、真剣に悩んでいて。

 で、親子して考えるに、学部での挑戦は無理っぽいから、学部は現在受験の準備ができている大学に行って、大学に行きながら、理学部の院の準備をするのはどうかと。

 で、某大学の理学部の院の入試について調べる。

 TOEICもしくはTOEFL必須。

 None、TEAPもGTECも、受験はさせてあげたけど、受験前、期待したより勉強してなかったからなあ。あれだって、もっと頑張れば、スコアも期待できたし、院にもつながっていくのに。

 って、こうなっていくのが見えてたから、本当に、早くは小学校の時からTOEFLの問題集(と言っても、内容的には英検2級程度の英語で、TOEFLの形式に慣れるための問題集だったんだけど)をしてたりしたのに。

 まあ、たぶん、そうすると卒論も英語で書かないといけなくなってくるんだろうけど。(って、上に書いた、教えてもらった機械翻訳使う?みたいな。)

 教えてもらった機械翻訳見てて、今の子が、4技能とかいうことで、英語が話せる時代になってくるのかもしれないけど、それなりのレベルの会話がポケトークみたいなツールでOKになるのも遠くないような気がして、英語を身につける、ということに、どれだけの負担をかけるか、(遊んでいるから負担じゃないのよ、という意見を言いそうな人がいるけど、2時間映画を見るにしても、母国語で理解できるより高度な内容のコンテンツを見るのとどちらがいいかという選択にはなるし)判断が難しいなと思いました。

 って、日付変わったし、明日(って今日)授業だし、準備とか午前中にちゃんと起きてしたいので寝ます。

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ

にほんブログ村

]



めっちゃ忙しい。

ブログを数日書いてなくて、前書いた後から書こうと思っても、記憶力の劣化が半端ない。

 土曜、太極拳行って(ホント、500円払ったぐらいで、2時間のうちの1時間、現在初心者と言うことでマンツーマンで教えてもらっているのは破格だと思う。)自転車で本町出て、日本語教師の書店に行ったんだけど。

 アマゾンでアクティビティの本とか言ってたの、なか見がなかったので書店で手に取ったのだけど、

 ・・・イマイチ

 一番良かったやつは、先日授業の後に、上司からコピーでもらったものの本だった。これだったら、欲しいページ、コピーくれる話になっているし。

 で、ほかの、アクティビティ集じゃなくて、教科書としてつかう本をみていたら、けっこういいやつがあったんだけど、

 日本語学校の多くで使われているのは「みんなの日本語」というテキストなんだけど、それを批判して作られている教科書も多くて、そのとき見てたのは、そのうちの代表的な物。

 昔、養成講座で聞いてすぐに見たときは、学習者に、文法の説明もせずに、いきなりこんな会話ができるようになるのかと思ったけど、

 母国で、ある程度勉強した学習者なら、こちらのテキストの方が楽しく身に着く日本語が学習できるかもしれない、は思った。

 養成学校の人が、就職を考えている学校で、そのテキストをつかっていて、「みん日」はサブテキストだという学校があるらしくて、養成学校の先生がそれを聞いてめずらしいね、と言ったけど、今自分の受け持ったクラスとかを考えると、母国で習ったみん日の復習に、その教材を使って、忘備録的に、サブテキストでみん日使うとかはアリ的に思う。

 ただ、テキストけっこう両方とも高いので、金持ちの生徒しか通えない学校じゃないかなと。

 そのテキストを参考に、(そのまま使ったら、みん日のアンチだと思われそうで、それは学校から悪い心象を持たれそうだから。学校はけっこうスリーエーネットワークの教材好きそうだし)活動的な授業を作ろうかなあと、テキスト手に取りそうだったんだけど、めっちゃ高いので、あきらめて、何も買わずに中国語教室に行く。

 中国語教室はふつうに行く。ここでも、かなり丁寧に発音の練習をさせてもらう。

 ”qi”がちゃんと発音できるかとか、他の人とか、もう全然違う音だろと思うぐらいなのに、ほとんど注意されてないんだけど、先生曰くは、私はイントネーションさえ合えば、中国人が一目置く発音になれそうなので、惜しいと言われて、丁寧にレッスンしてもらえている気がする。

帰りに、大型書店で、間違い探しの本を見るんだけど、普通の本ではもうあんまりないみたいで、幼児向けのドリルぐらいしか見つけられなくて、絵が幼稚すぎて使えないし、今風のはやりの絵の間違い探しは、懸賞付きの雑誌ばかりで、答えがついてなくて、間違いも、リボンの長さが違うとか、今回教えたい文法項目で言える間違いのものがほとんどなかった。

 で、家帰って、いらすとやの透過イラストを使って、自分でそれなりの間違い探しを作って。

 で、寝て、日曜、本当は礼拝に行く日だけど、図書館に行こうと思って。

 って、その前に、土曜太極拳に、前に通っていた老婦人が来て、体力の衰えて今は参加できないんだけど、見学に来て、みなさんにとR-1を配ってくれて

 持って帰ってNoneに飲ませたんだけど、自分も欲しいなと思って、本当は、受験前のインフル予防に今年は買う予定だったんだけど、現在すでにNoneが夏風邪っぽくて体調崩して勉強できない日もあるから、今から飲み始めるかなと思って。

 で、ネットで、すこしでも安いと聞いて、ドンキで買うベと梅田のドンキまでチャリで往復。

 で、そのあと図書館行って。

 そしたら、土曜見た、会話型テキストが図書館に置いてあって、思わず借りる。そのほか、活動型授業についての本とか、新人日本語教師への指南書とか借りて帰る。

 で、帰って午後、教案の書き直しをしていて、でも、気分がうまく乗らなくて、かけてたテレビに目がいってたら、「~があります」は、普通に、今テレビでやっているみたいに、大阪観光案内にしてもいんじゃないかと思って。

 温泉とか、習ってない単語のはだめだけど、美術館は習ってるし、いかにも日本の絵画です、みたいなのを展示している美術館はないかと確認して。

 大阪市立美術館でそれらしいのやってる。大阪市立美術館だと、天王寺駅のまえに公園があります。公園のとなりに美術館があります。美術館のとなりに動物園があります。とかが言えるし。(動物園は未習語だから言えないけど、教案には書かずに、授業で言っちゃえみたいに思っています。)

 動物園が使える単語だったら、動物園には○○がいます、も言えるんだけど、天王寺動物園にいる動物がまた未習語の動物ばかりだから、これはやめておこうと思って。

 ただ、美術館の絵を、古い絵があります。きれいな絵があります。は言えるので、テキストでは形容詞+名詞+あります の形はないんだけど、使ってはいけないはずではないから、教案にはいれていて。

アリー・エインズワース浮世絵コレクション -初期浮世絵から北斎・広重まで

 で、今働いてる学校の生徒が、割引券とかもらってないか調べたり、(日曜なので学校に確認できなくて、でも普通4月に留学生は割引チケットをもらうらしいんだけど、7月に来た生徒だから、たぶんチケットもらってなくて)

 で、チラシがネット上にあるんだけど、学生の人数分印刷したり、みんなに見えるようにホワイトボードに貼れる大きさにカラーで印刷してもらうの、大変だなと思って、

 美術館、開いてる時間なので、電話して、梅田にチラシ置いてないか聞いたら、阪急百貨店にあるというので、取りに行く。

 人数分、足りなかった。梅田では、ほかに、市のインフォメーションにあるかも、というので、そのあと行くも、8月4日は臨時休業で、しかも時間的にも終わってる時間だった。

 これは、後日人数分揃えるつもり。チラシは、たぶん、ネットでダウンロードしたのを印刷するよりも高級感のある、和紙っぽい紙でできてて、キレイに持って行って配りたいと思いました。

 で、そのあと、ヒィーヒィー言いながら教案を仕上げて、本来金曜に出すはずの教案を、金曜の授業が終わってから活動追加したから遅れましたとか謝ってメールで送信して。

 で、寝て、今朝は講師会でした。私の受け持ったクラスは、まだ2週目だけど、4月に入ってきた生徒たちは、1学期の終わり。

 生徒たちの1学期の様子などを話し、問題点や改善点を話していました。

 ほかの日本語教師の先生は、みるからに日本語教師に見えるよ、みたいな人たちで。(うまく形容できないけど。)

 ただ、そんなに長く働いている先生はいなくて、でも、未経験から週2日とかしている先生がけっこういて、自分も慣れたら働く日ふやしてもらえないかなあと思いました。(現状週1でいっぱいいっぱいなんだけど)

 ただ、態度のよくない生徒や、問題のある生徒の話をしていても、朝の技能実習生のところでそうしているよりも、みんな心理学とか教育学を意識して話しているのがわかるし、(そりゃ、専攻が心理学とか教育学のひとばかりではないだろうけど)生徒をどうよくするかの話をしていて、受け入れ先の企業で認められるかの視点でみているのとはハッキリと違うように思った。

 それでも、日本語教師をいろんな学校でしてきた先生の話によると、今私の勤めている日本語学校は、かなり生徒の立場にたって指導する学校で、親身さではめずらしいほうだと聞きました。

 まあ、私の行っている養成学校で就職をきめたひとの行っている日本語学校も、みんな口をそろえていい学校だというので、大手じゃないところで、そういう親身な日本語学校はまだほかにもあると思うんだけど。

 講師会がはじまる前に、図書館で借りた日本語教師の本を見ながら待っている男の先生がいて、そのひとが、講師会始まってから、誰のどの話にも入ってきて、自分の独特な意見言ってるので、うわあ、なんか、いらんこといっぱい言いそうなオッサンだなあと思ってみていたんだけど、

 ちょっと新しいアイデアが出たときに、予算の関係で諦める話になりかけたときに、

 「これも、予算のいる話ですけど、」

 とオッサン。

 「プロジェクターが欲しいんですけど。」

 それ聞いて、学校側はちょっと焦ったんだけど、そのあと、私も、私も、の声が出てきて、

 で、オッサンが自分の仕事がどれだけプロジェクターで楽になるかの講釈をはじめて、

 いいぞ、オッサン、いらんこともっと言え。とか思いながら聞いていました。

 実際、先日A4で26枚印刷して切り貼りしたフラッシュカードも、パワポが使えれば、自宅の長時間作業が大幅に削減できたはずですし。

 そのあと、ちょっとしたいいお店で食事会。

 ひさしぶりに美味しいお食事をいただきました。

 まあ、本当は、1学期生徒を教えた先生へのねぎらいのお食事会で、授業まだ2回しかしてないのに参加してたんですけど。

 今日は、また寒暖差アレルギーを起こして、会議中とか、なんどもくしゃみしてて、帰って眠気を起こして家で寝てて。

 今から風呂はいったら、R-1飲んで、図書館の本を読んでから寝ます。

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ

にほんブログ村

]

時給的にはめっちゃ安いんだけど

 昨日、朝ゆっくりして、起きて教案確かめたら、例文とか、フラッシュカード作ってホワイトボードに貼る予定だったことをそのときになって思い出して焦って。

 先週教案作って、それ通ったら、次の週の教案つくるのに夢中になっていて忘れとっただがよ。

 フラッシュカードを作るためのエクセルの表は、前は何ページかごとに3等分できない位置にずれるものだったのだけど、それは先週気が付いてセルに文字を入力して印刷すれば、A4のヨコ向き印刷で、タテ21センチを7センチごとに分けて切ればいい表を、完成はしていたのでした。(これがまた時間のかかるジミな作業だったので、そこでフラッシュカード作るのを疲れてやめてしまっていたのでした。)

 思ったより例文多くて、全部印刷でA4を26枚印刷することになりました。

 午後の仕事があるので、3等分の線をうすく鉛筆で弾いた状態で仕事に行きました。

 仕事は、夏休みで生徒たちが早く来て帰るので、私も早めに帰ることになりました。

 で、線を切るのを、ハサミでやっていたら気の遠くなる作業になるので、カッターで切ろうと思うのだけど、カッターは洋裁をしていた時に買って持っているペン型カッターがあるのだけど、カッター台がない。(洋裁用に昔使っていたごく小さなものしかない。)

 午後の仕事先の近くに、文具のディスカウントストアがあるから、寄って見てみたけど、文具メーカーのはさすがに高い。帰って家の近所の100均でA4サイズのボードが200円だったのでそちらを購入。

 切る作業とか、ひとつの文をいくつかの紙片を両面テープで合わせていたりしたら、で、そのあとマグネットつけるし、2時間ぐらいかかった。

 まあ、作業の部屋にある、YouTubeの見れるテレビで中国語の番組を見ながらの作業なんだけど。

 で、あけて今日の午前、改めて忘れ物がないように確認して、出勤。

 学校のことは、できるだけブログに挙げないようにしようと思うんだけど、

 ただ、生徒は、該当の課の内容を、ほぼほぼ既に学習していて、けっこう授業中退屈している。

 今回は、「~しましょう。」を言えるように、CDのほかにも、余興を用意して行ったから、それなりに授業がなりたったけど。

 予定表で、自分が次と次にあたっている課とか、いままでと同じ段取りで授業を用意したら、たぶんすでに生徒はわかっている内容だろうから、相談したら、アクティビティを入れることになって。

 いくつかのアクティビティの教本のコピーをもらって、家でもネットで探すんだけど、もっとアイデアほしいなとか思って、

 アマゾンにいくつか本があって、明日、土曜だから日本語教師用の書店開いてるから、太極拳終わってから中国語教室行くまでの合間に、チョイ行っていい本さがしてみるかとか思って。

 養成学校に居た、同志社家族のママさんとか、こういうアクティビティいろいろ思いつくタイプだったよな、とか思って、いまさらながら羨ましくなって、

 って、自分が次に当たる課とか、間違い探しとか使ったらいけるかな、的な状態なんだけど、ふつうの間違い探し探したら、習ってない単語でできた間違いがいっぱいあって、そのままで使えなくて、いちおう日本語教師用のサイトで、その課用のまちがいさがし置いてくれてるのは見つけてダウンロードしたんだけど、活動これだけで足りるかな状態で。

 アマゾンのレビューとか見たら、授業づくりに困らなくなったとか、スバラシイことが書いてあるので、本気にしてるんだけど。

 今日、授業終わってから宿題の添削なんだけど、けっこう間違い多くて、それを全部正解書いていかないといけないから、たいがい時間がかかった。

 授業の準備にかけた時間とか、そういう添削の時間とか考えたら、めっちゃ時間給安くなるんだけど、

 なんか、いちばん自分らしく働けてるような気がして、コツを見つけて割に合う時給の仕事にしたいとか、もっとスキルアップしたいとか思う。

 ただ、ここでは、午前の技能実習生の仕事と違って、自分が出したアイデアとか、すごく前向きにOKしてくれるし、授業はこうあるべき、みたいな考えが、自分が養成学校で習って、こうだと思っているものと、大方の部分で同じみたいなので、こちらのほうで頑張っていた方が、じぶんのやりたいことができるだろうと思います。

 技能実習生の方は、頑張って仕事を増やそうとしたことはあったけど、聴解の仕事だって、資格のない事務員のひとたちのほうが向いていると判断されているし、実際、工場などで、雇う側の意向を優先した日本語を教えるのなら、私のやりたいことではないかもしれない。

日本語教育はどこへ向かうのか ―移民時代の政策を動かすために

 

内容紹介
外国人の受入れは一気に加速した。日本語教育の需要が非常に高まる中、日本語教師の就職問題、留学生の就労問題など、手放しでは喜べない状況にある。英語教育からの視点もまじえ、政策に合わせて動かなければならない現状から脱するためのヒントを与える論考集。いま日本語教育・言語教育に関わっているすべての人に。

 なんか、いいテキストないかなと検索していたら、こんな本がついでに出てきて、

 6月に出版されたみたいだけど、目を通しておきたいなとかは思う。キンドルで出版されてないので、置く場所ないから、ジュンク堂で読めるときに読みたいな、なんだけど。

 まあ、今日仕事から帰るときに、新大阪から電車に乗るから、前勤めていたコンビニの前を通るんだけど、時給から考えれば、あちらのほうがよほど時給がいいのだけど、もどれたらもどりたいかと言われたら、それは絶対にないと思う。

 少なくとも、決まった時間にゴミ捨て、おにぎりやお弁当の賞味期限調べ、とかの仕事ではなくて、授業で使うアクティビティは何にしよう、とか、自分の裁量が大きく許された仕事だと思うから。

 好きなことを好きなら仕事にできるとか言ってた某英語サークルのボスママなんだけど、実際今自分がこれがやれているのは、主人から生活できるだけの送金があって、養成講座に通えるだけの貯金が用意できて、働きながら通えるだけの余裕(コンビニで一緒だった3人の子持ちのシングルママとか、フルタイムで働いて、家事もしてたし、スキルアップのための習い事とか、難しかったと思うから)がないとできないとか、あると思うから、なんかやっぱり、人より好きだったからできたんだ的な自慢とか、他人を馬鹿にしてるよな、って思う。

 実際、自分の好きだった洋裁とか、漫画とか、あと母さんの職業だった音楽とか、やっぱりお金と時間に余裕がある家のひとのほうが、仕事にしやすいもの。家族や経済的事情のために、仕事にするまで本腰いれることができなかった人もいるようなところで、そういう発言をするのは、好きだったら、事情とかなんとかできるはずだと責めているようにも聞こえることだと思う。

 まあ、最初から貧乏だから何かに本気でとりくみたくてもできないとか言う人とか、眼中にないんでしょうね。で、そういう人もいるということを知ったとしても、そのひとたちにひどいことを言ったとかいう反省の弁とかもないみたいだし。

 って、明日、早く起きて、朝と昼の用意して、太極拳行ったら日本語教師の書店に行って、中国語教室行かないといけないから、準備万端にして朝出れるように寝ます。

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ

にほんブログ村

]

この数日のこと

 この数日にあったことを、どれをどう書いていいのかわからないんだけど。

 Noneの懇談があって、Noneは担任からあんまりよく思われてないって言ってたから、キビシイ懇談になるのかなと思ってたけど、とりあえず無難な対応を受けて、普通に進路相談とかはしてもらって帰りました。

 まあ、試験制度が変わるからか、1年の時とかは第一志望以外を考えるのはやめましょう的な指導(今のとは別の担任だけど)を受けていたのですが、私立でも国公立でも、試験制度が変わる前に進学を決めたい、ということに反対はされませんでした。

 まあ、試験制度変わるとかなかったら、もっと子公立推してくるのかもしれないし、単にNoneが担任からそんなに期待されてなくて、進学がきまったらそれでいい的な扱いなのかもしれないけど。

 (Noneが言うには、先日受けた東進の阪大模試の結果を印刷したのを担任に見せたら、判定Eだから、ちょっと鼻で笑ったというんだけど、まあ、気にはしてるなとは思ったんだけど、それが「鼻で笑った」のかどうかは微妙で、若干被害妄想も入ってるかもしれないけど、正直、相性のいいタイプではないのは見てわかった。)

 まあ、進路関係の書類を作成してもらわなければいけないこともあるだろうから、そこに好き嫌いが出なければ、適当に距離をおいて3年生の間過ごしてもらえればいいのだけれど。

 で、睡眠導入剤もらいに行ったり、そのあと図書館に行って、みん日第10課の教案書いたりしてたんだけど。

 います、とか、あります、を区別したり、~の右に~があります、とかを言うのだけど

 実際、例文を説明するのに、イラスト用意したほうがわかりやすいだろうと思って、パワポでイラスト作ってたんだけど、

 逆に、イラスト用意したら、一瞬でわかるので、逆に授業時間めっちゃ余るんちゃうん、的な不安が。

 って、今、既習の単語のイラストを、パワポに並べたものを作って図表にして、時間余った時に、消しゴムは時計の右にあります。とか言ってもらうように既習の単語でイラストにしやすいものを探してたら、

 第2課で、CD、を習っていることを見つける。

 あさってやる、第6課で、「~しませんか。」「~しましょう。」やるんだけど、ネットの教案とか、映画のチケット見せて「映画に行きませんか」とか誘うって言うんだけど、それ実際生徒が行きたそうにしたらどうするんだろうとか思って、教室の中で実際に誘ってやれるものをしたいと思ったんだけど、

 動詞、「聞きます。」を使って、教室の中で何かを聞こう、と思ったんだけど、

 単語、「音楽」がまだ習っていないから言えない。

 で、先日探したときは、動詞の「聞く」を使える目的語になる名詞って、「ラジオ」しかないと思って、

 「ラジオを聞きませんか。」「ラジオを聞きましょう。」で教案書いて、それは通ったんだけど、

 ラジオ、聞きたいやつ、おるか?

 で、録音機能のあるラジオとか、楽しそうなヤツ録音しといて、それ聞かせようかとかいろいろ考えてたんだけど、

 日本語学修で楽しそうなコンテンツとか、いま、WEBアプリになってたり、ユーチューブ動画だったりで、ラジオでやってたのは、もうかなり前。

 「CDを聞きませんか?」「CDを聞きましょう。」

 だったら、留学生が喜びそうなコンテンツのCDを持って行けば、少なくとも、教師が生徒に受けると思って用意したという好意が伝わるCDでありさえすれば、CD聞こうかな、という姿勢にはなるんじゃないかと思って。

 で、さっきゲオ行ってきて、いま期間限定で10枚1000円やってたから、じょあんながテッパンだと思うナルトとワンピース借りてきて、ほか、洋楽で流行っているらしいのとか、あと、自分用に英語の童謡とか借りてきて。自分の娯楽をついでにやろうと思って。

 って、今日の朝の仕事で、作文を添削する話をしているところで、技能実習生が

 「私のパソコンはワープロは入っていません。」

 って、書いていたらしくて、(パッと聞いた話なので、完全にこの文だったかは知らないんだけど。)

 なんか、私の他の人は、日本に昔あったシャープの書院みたいなワープロが、パソコンにドッキングしている姿を想像して、なんかそれを書いた技能実習生がすごく非難されていたんだけど、

 私が、「ワープロソフトのつもりじゃないですか?ワードとかオフィスが入っていません、ぐらいの意味で書いたと思います。」

 って言ったら、なんか私が曲解しているみたいに上司に言われて。

 あとで、先日入社した日本語の先生が来た時に、どう思うか聞いて、ソフトだと思うほうで言ってくれたら、上司は、その人だったらそうなのかな、という顔に一瞬なって、

 まあ、その先生の判断でも、「私のパソコンには、」と文章を直すべきだということから、なんにしても点数のもらえない作文なんだけど。

 私としては、その瞬間、私の日本語能力や、人格を否定された気がした。

 今の若い、タイヤミャンマーの技能実習生が、ワープロ機能しかない機械があったことをどのぐらい知っているだろう。

 ワープロなんて流行ったのは、パソコンのワープロソフトが10万円とかした時代に、年賀状とか、簡単な文章が編集して印刷できたらいい人が多かった日本で流行った独特なもので、あんなふうにインクカセットがついたワープロなんて、他の国にあったんだろうか。

 英語のワープロがあったのは私も仕事で使っていて、最初に就職した会社の貿易部で、貿易書類を作るのに使っていたけれど、見た目はデスクトップパソコンみたいなもので、今ワードやエクセルでやっているコピペとかちょっとした四則計算ができるものだったけど、パソコンの普及とともに消えていったし。(1990年代の最初の方で見た英語のワープロが、たぶん英語のワープロの終わるころだったんだろうと思う。)

 私が社会人外大にいたときに、ヘブライ語の先生がヘブライ語のフォントを開発してビジネスをしようとしていたけど、アルファベットを使う言語の他で、日本語とか、デジタル機器が普及している国以外の文字を、フォントにしようという動き自体が、そのころ黎明期だっただろうと思うし、それも、決してアップルとかマイクロソフトとかの大きなところはビジネスにしていなくて、外大にいたヘブライ語の先生みたいに、ちょっとその外国語に深くかかわっている個人がベンチャーとして始めようという話ばかりだったんだろうと思う。それが2000年あたりで。

 タイとかミャンマーで、母国語にしろ英語にしろ、出版社みたいに、印刷を専門に取り扱う業種の会社でなく、学生とかビジネスマンとか、個人で機械を使って文章編集をする、という人が、ワープロと言ったら、パソコンにインストールするソフトっていうかアプリを真っ先に思い浮かべると思うし、日本に、インクカセットのついた、ラップトップパソコンに似た見かけの、「ワープロ」なんてものがあったことすら知らない方が普通なんじゃないかなと思う。たぶん、ワープロって書いてある単語欄に書いてあるイラストだって、ワープロがインストールされているノートパソコンだと思っているほうが多いんじゃないかと思う。

 べつにね、作文1個を正解にして点数が多くするかどうかなんてそんなにこだわらないんだけど、

 この会社の人が日本や日本語をを教えようとしているのはわかるけど、その人たちが来た国の歴史とか、その人たちのバックグラウンドとかを理解した上で、日本を紹介するのではないんだと思った。

 私がいた養成学校では、日本語の文法は一応教えるけど、それと同時に、日本がかつて植民地にしてきた日本語教育の反省も習うし、学習者に接するための異文化コミュニケーションのあり方とか、むしろそうしたことをより重く見て授業を受けていたと思う。

 まあ、国語、自分が学校で点数高かったわけじゃないけど、Noneのあのごっつい成績見て、それ育てた私もすごいはず、みたいな、その理屈アリですか?みたいな理屈で自信を持っています。

 って、明日の午前中に明後日の授業をうまくやれるように仕上げなきゃ。(ってもう日付変わったけど)あきらかに4コマの授業に時間かけすぎだけど。

 あと、中国語の文字にピンイン売って読み上げてくれるアプリ見つけて。(無料アプリ。広告は入る。課金で広告とって、音声エンジンいいのに変えたり読み上げ機能が増えたりはするけど、無料で使うつもりで。)

 今朝(ってもう昨日だけど)朝日新聞の中国語版をコピペして、ピンインつけた状態で読み上げてもらって、阪急電鉄とか阪神とか河原町とか中国語のピンインを見ながら発音を聞けて。けっこう痒いところに手が届いた感じで。

 阪急と阪神の「梅田」と「河原町」、10月ごろ「大阪梅田」と「京都河原町」に駅名変更だとか、外国人観光客とかを考慮して。(私が、ざっと読んだ読解が正しければの話。三宮の記載はなかった。)

 寝ます。

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ

にほんブログ村

]

日本語教師デビュー

 昨日、ブログ書いて、上げてから寝たんだけど、疲れてて、下描きのまま寝てしまいました。

 昨日の記事ここから

 今日は、普通に7時に起きて、午後からの授業の準備。

 とか言って、書いた教案を、段取りよくやれるように覚えるとか(記憶力ハンパなく悪いので、この作業が辛い。たぶん、昨日の調べものも、この作業から逃げていたところが大きいのだと思う。)

 研修一緒だった、おばあちゃん新人のひとに入れてたラインが来て、最初の授業とか、ちゃんとやれるか上の人が監督してるんじゃないかと思ってたけど、そんなことはないらしいので、途中で段取り忘れて教案確かめることが多くても、なんなら提出してた教案と違うことを、教室の空気見てやっても咎められないんだとわかって安心しました。

 最初、知らなくて練習Aばっかり最後までやって、練習Bをずっとやる教案出してたんだけど、練習Aの1をやったら、その部分を扱う練習Bをすることにその後変更して

 かなり早めに家を出て、授業の20分前には学校についていなければならなくて、その時間会議が普通あるんだけど、今日は午後授業をするのが私だけだったから会議はありませんでした。

 授業の20分前に学校にいなければならないとなると、お昼のど真ん中に到着するように行かないといけないから、早めに出て、会議前に学校の事務室でお弁当を食べるようにしていたのでした。

 時間が来て、授業始めたら、ゼロ初級からの生徒だって聞いてたのに、そこそこ喋れる子ばかりで、1課の新出単語とかの部分とか、生徒が知ってる単語とかを教えていかなくてはならなくて、かなり寒い状態になったんだけど。

 ___は___です。からなんだけど、先生も__は___です。で言えて、習った単語しか使っちゃいけない縛りがあるので、最初それ守って授業しようとしたんだけど、生徒とかロコツに欠伸とかしはじめるし、1時間目が終わった後の休憩時間に、普通に話しかけて、どの程度なら通じるとか掴んで、次の授業からは、私が思う生徒が理解できるレベルの発話に変えて授業をして。

 そうしたら、生徒も自分たちをまともに扱っていると判断して、ちょっと和んで。

 私自身は、ティーチャートークで、既習文法と既習語彙しか使わない授業とかをやるとしたら、それこそユーチューブに流す動画授業にすればいいのであって、やっぱ人間が授業するんだったら、相手が理解できるかどうかのギリギリのラインを判断して話せばいいと思っています。(これは、養成講座ではそういうメソッドを習ってないけど、普通人間が言語を獲得していくところで、自分のレベルで話してもらう、というのが一番心地いいと思います。ただ、一度初級の文法を、段階的に習得していくときに、どこがどう難しいかとか、どの順番で覚えるのが段取りがいいかとかは教える側は知っていたほうが当然いいとは思っていて)

 でも、自分には「さん付け」しませんとか説明して、たぶんその時は視覚的にわかるように説明したから、分かってるのに説明するなとか言う感じでイヤそうな顔して欠伸していた生徒が、練習Cで自己紹介をする人の役をするところで、「わたしはミラーさんです。」みたいに言ったり、相手を呼び捨てとかしたりとか、わかってへんやん、って生徒が少なからず居て、

 易しく説明すると、分かってるつもりになってちゃんと聞いてない生徒って出るよな、みたいな。

 正直、朝の仕事で見ている技能実習生レベルでゼロ初級が来てると思っていたので、私も授業を砕きすぎてたところがあるのだけど。

 まあ、授業中、生徒をこれ以上じらしたら、授業聞かなくなるし、でもこのスピードで授業すすめたら、最後やることなくなるんじゃないかと心配したんだけど

 3時間目の授業のあとの休憩時間に、常勤講師の人に相談したら、第1課はそんなときもあるので、会話練習とか、なにかアドリブでいれてください、と言われました。

 先日の常勤講師だったんですが、ベトナム語ペラペラ(ベトナム人と話していたからベトナム語だと思っているけど、違うかもしれない)で、推測するに、JICAかなにかでベトナムに長期滞在とかした人なんじゃないかなとか思う。)

 まあ、今日、生徒たちを見た印象では、次からはそこまで心配しなくても文法を理解してくれるんじゃないかしら、と思いました。

 ちょっと、第1課と第6課にかけた労力とか、ハンパなかったので、このペースで授業用意してたら、本当に用事があって準備時間がとれなかったらどうしよう、と不安だったのですが、もう少し力抜いても授業が成立するように、中国語講座受けたり、太極拳やったり、ある程度先には、授業のコマ数増やす余裕ができるようにしないといけないとかは思います。

 って、昨日Noneと話してたんだけど、某高の先生で、めっちゃ凝った授業する先生がいて、その様子を聞いて私が、

J「その先生は、家帰ったら2、3人に分身してる、きっとニンジャだ。」

 と言ったら、

N「家帰らなくても、授業来ている時点で、家に分身置いてきて何か作業をさせている疑惑があるわ。」

 って言ってた。

 まあ、教師をブラックな仕事にしてはいけないけど、精力こめてることが生徒に伝わる先生にはなりたいなとかは思う。

 なんかね、今回のクラス、多いのはベトナム人なんだけど、インド寄りの東南アジアだったり、中央アジアだったり、ちょっと正直、地図みせられて、この国どこですかと聞かれて即答できない国ばっかりで、みん日の翻訳版とかがロシア語のを使っている生徒とか、私が養成学校で聞いているよりさらにグローバル。

 まあ、これを毎週ルーチンでやれるようにならないといけないんだと、緊張しています。

 寝ます。

 って、ここまで書いてフロ入って寝て、朝いつも目覚ましなしで7時ぐらい起きれるから、仕事のない日は目覚ましなしで寝るんだけど、9時まで熟睡してしまいましたよ。

 今から太極拳行きます。

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ

にほんブログ村

]



調べものばっかりしてて

 昨日ブログ書いてて、途中でNoneが話しかけてきて、ちょっと調べものすることになって、そのままブログ置いて寝ました。

 昨日の記事こここら。

今日、久しぶりに午前の技能実習生の仕事出てて、

 プリントする実習生少ないから、製本の手伝いとかもしてて

 事務所、外国人だらけ。

 まあ、前に養成校で、今の主婦とか、日曜とか夜とかスーパーでもコンビニとか飲食店でも休みたがるから、店長とか外国人になりつつある話をしてて

 家族のある主婦でも働ける条件だったのが、無理できる外国人に入れ替わってしまうのかなあ、という不安も若干あって

 って、自分の仕事、明らかにその流れを加速させているんだろうけど。

 で、昨日、養成学校で修了書もらえなかったので、今日取りに行ってたんだけど、再テストで成績改善したテストが、最初の悪かった点数のままで記載されてて、再テストしたこと言ったんだけど、もう直してもらえなくて、かなり不満を残していて

 その足で図書館行って、先日メールを送った主任から、教材追加すること言われてて、その対策してて

 帰り、遅い目のスーパー行ったら、お肉とか処分価格でホクホクで帰って。

 って、ここまで書いてて、None話しかけてきて、日曜、Noneが友達と関学のオープンキャンパスに行くとか言って。

 おい、日曜は三田やし、Noneは理科一個しか受験しないから、Noneが受けたい理科の教員の免許とれる学部受験できへんのに。みたいな。

 しかも、Noneとその日は近大農学部のオープンキャンパス行く約束やったのに。

 None、もう友達に断られへんし、言うことで、なら、どうせ行くのなら、理科二科目用意したら、受験できる他の大学どう変わるかとか調べて、ほかにいくつか増やせば受けられるいい大学があれば、関学オープンキャンパス行って、行きたい学部とかあったら、受験準備したらいいよとか言おうと思って。

 昨日の晩、地味な検索やってて

 したら、ちょっとした、前の検索のミスみつけて。

 大教大の理科の科目とれる学科、Noneの用意できる科目では受験できなかったことがわかり、(後期で受験できるようになると思っていて、前期第一志望アカンかったときに受ける予定だった)行く予定だったオープンキャンパスとかも行かないことになって。

 で、日曜はNoneは友達と関学の三田に行くから、近大は土曜に行く予定で、私は中国語教室を休みたくないから、Noneひとりで行くことになって。

 ここにきて、はじめてのお遣い状態になって

 未だにNone、梅田や難波の乗り換えができないひとで。

 関学の三田も、ほぼ友達に頼って行く予定で。

 土曜に行く予定の近大農学部は、関関同立には入ってないけど、関関同立の文学部に行くのと、近大の農学部に行くのと、どっちが楽しいかとか、自分が就きたい就職に近づくかとか、けっこう悩んでて

 って、最初、近大薬学部とかどうかなあとか言ってたんだけど、近大薬学部とかだと、近大の附属からでもそんなに上に上がれないらしいから。

 これは、先日相談した人に、あんまり勧めないと言われて、予定としては理系の教員免許取って、採用試験受かるまで薬剤師やってたらいいじゃない、だったんだけど。

 チョイ薬剤師の将来像に輝かしいものを思い浮かべなくて。自分がよく見かける薬剤師が、ドラッグストアの店員ばっかりだったりするところからそう思うんだけど。

 ただ、あの受験科目で薬剤師になれるとか、ほぼハンソクだよね、とかNoneと言ってて。

 立命館の理工学部もNoneの受けられる科目だけで希望の教員免許のとれる学部に行けるんだけど、草津遠いな、だし、将来的に近大農と立命理工とどっちが有利になるだろうとか読めないところが多くて。近大の理工も受けられるし、農を受けるときに一緒に出願するかもしれないんだけど。これも、遠さの問題で、近大理工は東大阪だしな、みたいな。

 って、昨日調べる作業してて、思わぬ方法で理系科目の教員の免許がとれる方法がわかって、私が、

J「ほぼ裏技やろ?」

 言うたら

N「ここまで行ったらバグ技や。」

 と言われました。

 後期で数Ⅲとか理科の科目が減る理学部を、前期第一志望アカンかったとき受ける予定だったんだけど、後期でいままで受ける予定だった学校は、めっちゃセンターで点数取ってないとイカン大学なので、センターそれだけ取れたら、先日の個別模試とかの結果見てたら、それだけ取れてたら前期受かるんちゃうん?があって、前期アカンかったときは、今回見つけたバグ技大学を受ける話になって。

 ただ、今日午後思ったのは、バグ技だけあって、教員免許はとれたとしても、採用される実力つかない選択かもしれん、と思って、前期アカンかったら、その時点で決まっている理系の私立に行った方がいいんじゃないかしら、は、思う。

 まあ、もし結果産近甲龍とかだったりしたら、私立中高一貫から推薦とかの人に笑われるのかなとか思うけど、バグ技大学とかも含めた、めっちゃ広い選択肢のなかから行きたいところを選べたところとかから考えたら、たまたま推薦がもともと行きたい学部だったりする人もいるんだろうけど、将来の選択肢を、本当に自由に選ぶことができるという、効率のメリットを最大限活かしたんだと思うことで、納得できるような気がしています。

 まあ、バグ技大学、後期、言うだけあって、一応国公立なんだけど、それはそれでアリかな、とは思う、

 でも、やっぱ第一志望で受かってほしいがありますね。

 今日は、理系科目の教員免許を、なんとしてでもNoneに取らせたいことで調べものしてて興奮してしまって、(ついでに通信教育とか、自分用の社会人向け大学院とかの情報も見てて)

 さすがに晩御飯食べた後、明日の授業の準備とかしたけど。

 そちらのほうは、予測のつかないことが多すぎて、不安ばっかりで。

 今日は早く寝て、明日朝早く起きて、午後の授業の準備をしたいと思います。

 まあ、今日、調べもので潰してしまった価値はあるぐらい、一番理想的な理系の教員免許のとりかたとかもわかって、まあ、たぶん、よっぽど運が悪くない限り、バグ技でも理系の教員免許はとれそうだなあと思ってるんだけど、あとはNoneに理想的なほうで頑張るのを応援することにしようと思います。

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ

にほんブログ村

]

None現国だけめっちゃいい

 今朝、普通に起きて、日本語教師養成講座へ。

 いつもの先生が第一課の模擬の模範を見せてくれると言うから、前の中国語教室でいっしょだったおじさんからランチ誘われてたの断って学校に行ったのに。

 先生、用事あってお休みで、もう一人の先生が授業。

 それはそれで、基本に忠実な初級日本語の教え方を聞けてよかったけど。

 で、午前の授業が終わった後、教室にいた他の生徒さんと子どもの教育について話してて、そのひとプチセレブなひとなんだけど、やっぱガラの悪い大阪の公立学校行かせるより、私立に行かせたいとかの話で、それはそれでわかるところがあって、頷いて話聞いてて、ただ、附天とか池附とかの進学実績とか考えたら、高校で文理十校に行った方が、結果ラクだし賢くない?みたいに言ったんだけど。(Noneが中学受験とか言っていたときは、 附天も池附 も高校に上がるのにテストがあったんだけど、今中高一貫校なん?ネットで確認できてないんだけど。ただ、内部進学について書かれていたYahoo知恵袋では、大学進学を考えたら、高校は外に出た方がいいみたいに書かれてた)

 なんか、プチセレブさんに言わせたら、普通に公立に行ったら、悪い子に感化されそうな(いっしょになってグレそうな)キャラの子だから私立に入れたいだけで、そんなにいい大学とか入れなくていいみたいに話してて。

 金持ちとか、いい大学とか行かせなくても、所得の高い生活が維持できるツテとかコネとかあるのかな、みたいな、(その人、生活レベル落とす気は全然なさそうなので)自分がNoneに、ある程度以上の進学を期待している時点で貧乏くさいんじゃないかなとか思った。

 まあ、実際、高等教育実質無償化とかになったら、将来的に高いレベルの頭脳労働が、安い賃金で雇われるようになるんだろうなとか予測しつつ。

 で、そのあと図書館行って、日本語教師の教案書いてて。

 実際4時間の教案書くのに、どんだけ時間かかってんねん状態なんだけど、図書館で作業するのは、マクドとかファミレスより快適。

 家帰ったら、Noneが嬉しそうに先日の阪大模試の結果がネットで出てるのを私に報告。

 英語がそんなに悪くなく、現国にいたっては偏差値70越えだったことを私に見せる。

 Noneの承諾をとって、その部分だけスクショしました。

 一応阪大人科を受けたい人のなかでの偏差値なので、英語の54そこそこでも、普通の模試より頑張ってるんじゃないかと思うし、国語に至っては、それで70超えますか状態なんだけど。

 って、この下の古文と数学が悪すぎて、総合での判定はEです。でも、ギリEで、もうチョイでDがとれたEでした。

 Noneは本当に努力と成績が比例しない人で、一番頑張っている数学の成績が悪くて、ほぼなんにもしていない国語がこの成績です。

 None的には、中3のときの、11月五木で偏差値85越えより、阪大模試の国語が偏差値70越えのほうが嬉しいらしい。

 まあ、あと、センターの英語とかだったら、あんまりいい成績とれないのに、阪大模試とかだったら少し上の成績がとれるのも嬉しいらしいです。

 受験英語で点数をとれる英語でもなく、英語で娯楽を堪能する英語でもない英語をやってきていて、少し、うちなりの英語をしてきた形ができているのかな、という気になります。

 ただ、日曜にGTEC行ってきてたんだけど、受験時間に間に合うように試験会場近くのマクドで朝マック食べに行ったら、思ったより早くついたので、勉強するには逆に辛いと言うので、持って行ったiPadでネットフリックス見せたんだけど、

 日本のアニメが英語の吹き替えで放送されてるものを喜んで見ていました。

 第一話で気に入ったので、続きも見ていくらしいんですが。

 幼児の時、セサミストリートは喜んでみていたし、ついでにその時期ケーブルテレビで見れたパワーパフガールズなどは見ていたんだけど、そのあと欧米キャラの作品とか受け付けなくなって

 ピクサーのとかは今でも好きなんだけどね。でも、基本欧米キャラより、日本のコンテンツが好きで。

 でも、実際、アメリカの作品に詳しい日本人より、日本の作品に詳しい日本人の方が、日本に興味を持ってくれた外国人には必要なんじゃないかと思うようになって。

 もちろんね、自分が今習っている中国語の先生とか、めっちゃ中国詳しくて、学習する言語の文化とか詳しいことが、語学力を上げているとは実際思うけど。

 まあ、Noneの場合は、日本語教師になるわけではなく、外国語教育にも携わる予定はないんだけど。

 Noneには国語教師になってほしいと親としては思い、ただ、理系科目の先生になりたいと言ったときに、理系科目の先生は言葉で説明するのが上手じゃない先生が多いけど、Noneはそれをうまく言葉で説明できるときがあるので、Noneとしては、言葉の巧みな理系の先生になりたいと思うそうで、それは面白そうだから、できるところまで応援したいけど、ネットを見る限りでは数Ⅲとか理科二科目できない状態で理系の先生は難しそうだなあと正直思う。

 って、今日図書館で作業してて疲れたし、そのときにわからなくなったことを、主任にメールして相談した方がいいと思うのでこのへんにします。

 って、こないだ例のブログ見たら、自分は人の子と馬鹿にしたことがないみたいな、私っていいヒト、みたいな自画自賛またやってて、今まで人のこと馬鹿にし続けてきたこととかなかったみたいに書いててハラワタ煮えくりかえってたんだけど。

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ

にほんブログ村

]