ちょっと作った教案書き直す

今日日本語学校仕事行ってて。

生徒たちに、「先生10万円の紙もらったん?」とか、大阪弁の普通形で聞かれる。

まあ、あれからYouTubeで、日本の学生で、奨学金で自己破産することになって、保証人になった高齢の親が連鎖して破産するとか、けっこう人数いる話とか見て。

まあコレ、他のYouTube見たら、返済の相談とかしたらなんとかできる場合もあるみたいだけど。

まあ、Noneとか、父親が学費払わないって言ってたら、国公立受からなかったら、たどるかもしれないシナリオだったかもしれないと思ったりすると、あと、今、問題になるほどの人数がこの問題に直面しているんだと思うと、考えさせられる。

人間を幸福にしない日本というシステム

こんなタイトルの本あったなとか思って。当時None生まれたばっかりだから、読む余裕なかったけど。

今見たら、続刊出てた。って、2012年刊だけどね。

いまだ人間を幸福にしない日本というシステム (角川ソフィア文庫)

日本人ですら、公共の組織でお金借りて大学行ったのに、正規雇用してもらえずにお金が返せなくて自己破産のとかなるのに、母国で十分な教育を受けなかった人が日本に留学して、生活良くするのとかも、難しいのかもな、とか。

勝ち組さんが受験で生き残るのも、見てて、ソレ幸せなんかな、とか考えさせられるところあるし。

留学生とか、前はバイトとかでお小遣い余裕があって、AirPods買うてるやん、AppleWatch買うてるやん、言う生徒がいたりしたんだけど、このコロナ禍で、生活苦しくなってるし、休校が長くて、授業についていくのもきつそうだったりする。

昼なに食べたと聞いたら、お金ないから食事買えないから、ダイエット始めたから食べてないとかいう生徒もいて、

安くて栄養ある食べ物探してねって言ったけど。

ちょい、今日授業行く前に、来週の授業の準備、ほとんどできていたんだけど、ジャスティンビーバーとか、海外セレブの話とか、日本の美術館で見る画家の絵の話とかで、教案つくっていたから、あと、初級の本の既習文法と比較しながら教えたほうがいいんじゃないかという文法項目だっていうのが今日わかって、cひょい、今の彼らの、節約モードとか、あんまり将来を高望みしたくないムードっぽいのとかを考慮したものに書き換えたほうがいいかなと思った。

まあ、今日、ファーストフードについて作文書かせる日だったんだけど、まだベトナムの生徒は母国にファーストフードがあるんだけど、母国にファーストフードがないし、日本でもファーストフードに行かない。よく聞いたらハラールだったりする生徒がいて、20分程度のテストの後、2コマの残り作文で時間使わないといけなくて、ファーストフードで作文を書けるように、生徒とファーストフードの話しようとしたら、みんな全然日本のファーストフードを知らなくて、これ以上話この話題で膨らまそうとしたら、自分ヤな奴なるやん状態になって。

ファーストフードに限定せず、この課で習った文法項目をなるべく使って、手作りでもいいし、ファーストフードでない自国の料理でもいいから作文するように言ったらなんとかなったけど。

まあ、明日から急いで来週と再来週の教案作らないといけない。

ハラリがオランダの首相(大統領?)とかいるトークショー(?)に出てるの見て、

これだったと思うんだけど、androidTVのYouTubeで見たときは英語字幕あったと思うんだけど、いま何語かもわからない言語の字幕しかない。

今少し聞き直したら、テクノロジーが職を奪う話は最初の方でしてるね。仕事がなくなっても、新しい仕事が生み出されるが、しかしそれもすぐに技術が追いついてなくなってしまい、また新しい仕事を身につけなければならない、みたいな話で。

そこな。

大学に合格した時点、卒業した時点で、待遇のいい仕事につける見込みがある大学や企業に行けたといして、

人間の方は、そのとき能力のピークの20代だったとして、AIとかその後も衰えることなくディープラーニングするし、ことによると新しい技術がその速度や質を上げていくことだって考えられるって話で。

好きなこととか、収入につながらないとか、勉強の妨げになるとかで我慢して勉強したり、興味のない分野で就職したりして、その大企業破綻するとか、今十分あり得るし、

Noneの生涯、ずっと安泰だと確信できるスキルとか業種とかなかったから、好きなことをして、で、その職種が自分が好きなものなら、その分野が時代遅れになっても、そこからまた次に繋がる新しい職業も、自分の取り柄を活かしたものにつながるんじゃないか、そういう思いで、今給与の高い職種とか、安泰そうに見える職種でなく、好きなことをするように言ってるのだけど。

まあ、Noneのほうも、本人がある程度安泰してる職種を考えるから、教員がいいと言ってるんだけど、そのへん、大学入学した時点での希望だから、大学で他の職業を知って、それになりたいと言い出したらそれでもいいんだけど。

あ、このYouTube掛け流しでブログ書いてたら、グローバルコーポレーションの話してるね。各国の独自性を守りながら、世界で協力するような内容だと思って聞いてるけど。

オランダのPMとか、雇用創成の話とかしてて、各国の協力とかの話はなかなかしないなと思っていたら、最後の方でちょっと国際的な協力がいる話をして締めくくったと記憶してるけど。

たしか、ハラリ、オランダは技術的にAIに対抗する余裕があるけど、その余裕がない国のことを考えないといけないといけないとか言ってた気がする。

女性のMCみたいな人、アジアの技術のある国の名前を出すのに、中国と韓国を挙げてて、日本の名前を出してくれてなかったような。

チョイ、どうしようか迷ったけど、かけ流しながら書いててちょうど聞いて欲しい部分に来たし、歯車クリックしたら、英語の自動字幕出せたから、そこから30分かけてタイピングしたよ。(って、下の英文だけで30分じゃなくて、その前の女性の話してるのもタイピングしてて、内容見て、ハラリの台詞だけでいいやってなったから、下のハラリのだけだったら30分もかからないんだけど)

動画の41:50ぐらいから

So you know with nuclear war and ecological collapse it’s relatively easy because It’s obvious it’s threat to everybody. Nobody is going to win a nuclear war. But with technological disruption, it’s much more difficult because there are a lot some people corporations and governments think and with some good reason that they can win an AI arms race and they can control the world economy or the world political system with that so it’s much more difficult to convince them that everybody is on the same site and the really central issue is inequality. I’m not so worried about a country like the Netherlands I think you’ll be okay. I’m much more worried about countries like Venezuela about Brazil about India about Indonesia what will they be in 30 50 years when I mentioned the analogy with the Industrial Revolution of the 19th century when a few countries dominated and exploited everybody else it could be much much worse in the 21st century if you have just a few countries that dominate the new divine powers of AI biotechnology and even I you think about the Netherlands in Europe. Europe is hardly in the race at present it is at least with AI it’s really China versus the US and neither is a very good option as far as we can tell I mean the US at least until a few years ago at least said that it wants to be the leader of the world and to work for the benefit of everybody. Now it resigned its role of leader of the world and it openly says we don’t care anybody except ourselves and that’s not a leader you don’t follow a leader whose motto is me first. So I think there is an opportunity here. I think the opportunities is a wake-up call that’s especially for Europe that you can’t rely on the USA anymore and you should be maybe a third independent way but as things looking 2020 from the big 20 tech companies in the world. I don’t think that any is European.

先日よりいい翻訳サイトYouTubeで知って、そこにかけてみた。

ですから、核戦争と生態系の崩壊は比較的簡単です。誰にとっても脅威であることは明白ですから。誰も核戦争には勝てません。しかし、技術的な混乱では、もっと難しいのです。企業や政府の中には、AI競争に勝てると考えている人がたくさんいますし、それなりの理由があります。オランダのような国のことはあまり心配していません。私はベネズエラ、ブラジル、インド、インドネシアのような国の方がずっと心配です。30年後、50年後にはどうなっているでしょうか。ヨーロッパは現在のところ、競争にはほとんど参加していません。少なくともAIに関しては、中国対アメリカですが、私たちが知る限りでは、どちらもあまり良い選択肢ではありません。今では、世界のリーダーとしての役割を放棄し、自分たち以外の誰のことも気にしていないと公然と言っています。ですから、ここにチャンスがあると思います。この機会は、特にヨーロッパにとっては、もうアメリカに頼ることはできない、第三の独立した方法であるべきだという警鐘だと思いますが、2020年には世界の大手テック企業20社が参入してくるでしょう。その中にはヨーロッパの企業はいないと思います。

まあ、この後、オランダのPM世界で協力する話とか考えるっていってたと思うんだけど。

上の引用したところでも、聴衆の拍手あったし、それを希望している人はたくさんいると思うんですけどね。

って、明日(ってもう日付変わってるけど)図書館行くつもりなんだけど、今ハナミズ止まらないんだ。朝までに治さないと、明らかに風邪気味、みたいな状態だったら、利用断られるかもしれなくて、風邪薬飲んで寝て、なんとか治したいなと思います。

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ

にほんブログ村

拡散希望

今朝は頭が痛くて午前中ずっと寝てて。

午後から日本語教師の授業の準備をするのだけど、正直、待遇のいい就職に結びつきそうな専門学校へ行ける授業にするべきか、若干もうそれは無理なんじゃないかと感じ始めて、ハードルを上げるより、無理のない楽しい授業をして、なんらかの進学をしてもらうようにするほうが彼らのためなのかもしれないとか思って落ち込んでいて

夕食を食べた後、ユーチューブ見てて、ハラリの記事とか書くから、ハラリの動画がおすすめで出て、見てて

今日もう疲れてて、明日仕事だからそんなブログ熱く書けないんだけど、今日見た動画がすごく自分が探していたものだったので、拡散したくて

英語の字幕がついているから、ここで話されている内容ぐらいは理解できて、ブログに紹介したいなあという部分が多かったんだけど、途中で、もう、ここは絶対みんなに見て欲しいという内容のところがあって。

So that’s really going back to the question about useless class, and again, I want to emphasize, it’s not a prophecy. It’s just a possibility. If we make the right decisions and right policies today, then we can prevent this kind of dystopian scenario from materializing. And this is the whole point of having discussions like this. If the future is inevitable, then what’s the point of talking about it? We can’t do anything. But the future is not inevitable. Every technological development in history, this was always the case in the past, and will also be in the future, that every technology can be used in several different ways. If you look at the 20th century, so you look at inventions like electricity and radio and trains and cars, you could use these inventions to build fascist regimes or communist dictatorships or liberal democracies. Electricity didn’t tell you what to do with it. And it’s the same with AI. The development in artificial intelligence and machine learning and biotechnology could lead to a dystopian scenario in which a tiny elite of superhumans controls all the resources and power, and most people are economically useless and politically powerless. It could happen. But it’s not inevitable. We can use the same technology to create a much, much better world than ever existed before. For example, that yes, people need to work less, but many jobs are not worth saving. What we need to protect is not the jobs, it’s the humans. If we can take care of human needs and humans will have more leisure time and more opportunity to explore themselves, to develop themselves, to engage in art or community activities or meditation or sports, instead of working so much, this is wonderful. We don’t need to, I mean, I’ve been talking a lot about the dangers of AI and algorithms, but this is simply because we are now flooded by all these promises that technology will make everything better. And we need to kind of balance it. But we should still remember that, yes, there are wonderful opportunities, also, in technology.

これは無用な階層についての質問に戻ります。繰り返しますが、これは予言ではありません。それはただの可能性です。今日、正しい判断と政策を行えば、このようなディストピア的なシナリオが現実化するのを防ぐことができる。そして、これがこのような議論をすることの要点です。もし未来が避けられないとしたら、それについて話す意味は何だろうか?何もできません。しかし、未来は避けられないものではない。歴史上のすべての技術開発は、すべて過去の事例です、また将来、すべての技術がいくつかの異なる方法で使用することができます。20世紀を見てみると電気やラジオ列車や車のような発明はファシスト政権や共産主義独裁政権や自由民主主義国家の建設に利用できました。電気はどの政権に利用されるべきか教えてくれませんでした。人工知能や機械学習、バイオテクノロジーの発展は、超人の少数のエリートがすべての資源と権力を支配し、ほとんどの人が経済的に無用になり、政治的にも無力であるというディストピア的なシナリオにつながるかもしれない。そういうこともあるんですね。しかし、それは避けられないことではありません。同じ技術を使って今までにない素晴らしい世界を作ることができます。例えば、人はより少なく働かなくてすみます、多くの仕事は保護する必要はありません。保護する必要があるのは仕事ではなく、人間です。もし私たちが人間の要求に応じて、より多くの余暇を持ち、自分自身を探求し、自らを成長させ、アートやコミュニティ活動に参加し、瞑想やスポーツをする機会を得ることができれば、それは素晴らしいことです。AIとアルゴリズムの危険性についてはこれまでも多くのことを話してきたが、それは単に、テクノロジーがすべてをより良くするというさまざまな約束に私たちがひたされているからです。 バランスを取る必要があります。しかしテクノロジーにも素晴らしい可能性があることを忘れてはなりません。

私の知っている一番マシな機械翻訳を少し手直ししたものです。

やっぱり、テクノロジーを使う側の人間の問題なんだなと思って。少数の特権を握ろうとするエリートに多くの人の人生を悲惨なものにされないために、

基本、今から高い教育を受けようとする人には、福祉的な視点を持っていてほしいなと思います。

ハラリとピンカーだったら、どっちが頭いいかとかわからないけど、多くの人を幸せに導こうとしているのはハラリだと思います。

ちょっとこの引用が何分何秒からとかメモするの忘れたけど、後半です。で、この話のあとに、UBIとエコチャンバーの質問があって

UBIって、ユニバーサルベーッシクインカムの略らしくて、日本とかアメリカだけでベーッシクインカムとかじゃなくて、世界規模で課税して、世界中にベーッシクインカムを配るというものらしい。

GAFAとかあるアメリカとかならベーシックインカムを出せるお金が手に入るけど、アフリカとかアジアで、実際にはGAFAの影響で仕事を失っていても、その国の予算ではベーシックインカムはできないとかいうことになる。

世界規模で儲けていて、技術で雇用を奪っている企業に世界季語で課税して、発展途上国などの国にももれなくベーシックインカムがくるように、ということらしくて、

ハラリは、この案に賛成していた。

エコチャンバーだけど、ちょっとこのへん意識飛びながら聞いてたから正確さに欠けるかもしれないけど、環境にいいことしたら生活ができるようにするということなんだと思ってるけど

このへん、後日また字幕書き出して訳して出せないかなとか思うけど。

エコチャンバーにもハラリは賛成していた。

私もこの流れを追いかけていくつもりだけど、若くて優秀な人に、世の中の流れを、多くの人が幸せになれる方向に導くように頑張って欲しい。

Noneが生まれてから、自分が英語の勉強やりなおしたんだけど、ドラマとか全然わからないし、楽しんでやれなくてVOAとか、会話につながらないものばかり見ていたんだけど

こんな形でこの動画を理解できる程度の英語力があることを、ドラマを楽しんだり、旅行ができたりする英語ができたりよりも、自分らしい英語学習ができていると思います。

短期間でペラペラ、のひともいいと思うんだけど、これはこれで、ひとりの学習者が満足する英語の学習法法なんだと思う。

明日午前中主人がくるし、授業の準備ももっとしたいし、(っていうか、UBIの流れがあるかも、みたいに思ったら、無理に自分の生徒の進学先のハードルを上げなくてもいいのかも、って逆に思えるようになったし)午後は午後で仕事あるし

寝ます

追記:今日本語教師の仕事の準備終わった後でエコチャンバーのこと調べたら、私めっちゃ勘違いしてますね。昨日疲れてて、UBIのこと知ってとりあえず人にいいたかったから、その分しか体力残ってなかったんだけど。あと、UBIも、世界単位で捉えて言わないユニバーサルベーッシクインカムもあるみたいで、アメリカならアメリカの全国民、というのをユニバーサルベーッシクインカムという場合もあるみたいです。他の動画見てて、ハラリは世界レベルでの協力を訴えているみたいですが。

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ

にほんブログ村

格差

このコロナの時期に、失業したり収入をなくしたりして精神的に参っている人が多い中で、優秀ならばお金になるという言葉はひどいと思っていたんだ怒ってけど、それを言ったのが孤立した貧乏人だから、富裕層にあたる私には味方がたくさんいて関係ない、みたいな返事がきたわけだけど。

まあ、このブログはね、地雷たくさん埋まってるからあんまり人つながらないんだけど。まあ、今回地雷踏んでるからあんまりINポイントくれてないけど、Noneの受験終わってからのほうが、その前よりINくれる人は増えてるの。受験する大学の選択の仕方とか、Noneの意思を尊重したんだって認めてくれてるんだと思っているけど。

この世の中の、教育を受ける機会が不平等でないか、現在ある職業への報酬が不平等でないか、そのなかで、優秀ならばお金がはいると言い切るところに、現在の不平等な制度で勝ち組になったら他はしらないという態度で。

まあ、「いいね」とかするの、東京の人なんだろうけど、この困っている人がたくさんいるときに、優秀ならばお金が手に入る、と断言したことはびっくりしたし、 大阪の人はお金儲かってても「ぼちぼちでんな」(って、今このままこのコテコテの台詞は言わないけど)って土地だから、所得のない人を傷つける可能性のあることを言う人は少ないし、 教養のない成金とかはいるけど、ある程度教育を受けている人でそれを言うとかありえないと思った。

中国語の関係とか、日本語教師の関係とかなら、つながりはできてきていて、それは、勝ち組になろうとするより、弱い人にも本来人間があるべき生き方とか学習の仕方ができるように考えている人たちが多くて、勉強というものが人間に本来どうあるべきかという考え方が、根本から違うな、は思う。そりゃどちらが正解とかじゃないんだろうけど、自分たちの方が人道的で、他人の不幸を考慮できない人間にはしてないと思う。

実際、こういうの見てて、学歴社会の現実とか知らないでいる家庭とかたくさんあって、これよく表してるなと思って

教育を受けてない親のところで生まれた子どもが学校に行くとか、ゲームのルールを教えられないでゲームに参加させられて、ルール熟知している家の子に負けて一生罰ゲームさせられるような人生だと思う

まあ、私はあんまり知り合い多くないけど、あるていど教育受けてる人とか、教育を受けられなかった人へ考慮した発言を常に留意してて、それが当たり前だと思ってた。

まあ、学費払えないから大学行けないかも、とかいう人がいる時期に非常識だと思ってキレたら、孤立してる奴だから勝ち組グループは相手にしないそうで。

今日は今のところ6時間中国語の『21世紀の啓蒙』読んでて、序章とかざっと読んだら飛ばして「貧富の格差」のところ読んでたんだけど。

ちょっと、最初びっくりすること書いてあって、圧政下で貧困にあえいでいる国の人でも、自分たちの地位を上げることを考えていて自分のこと不幸だと思ってないから助ける必要なない、みたいなことや、人間はもともと不平等なモノで、人間も平等を求めていない、みたいなことが書かれていて、

数時間そんな内容で本投げたろか、思いながら読み続けて。

貧しい国の貧しい人を救うつもりはないみたいな話だったんだけど、アメリカとかイギリスなどの、一つの国家の中での貧富格差を福祉で解消する話になると積極的な話が出てきて、

貧乏でも人はそんなに不幸に思わないことがデータで証明されたとか、人間は不平等を求めていることがわかっているとか書いてたから、アメリカ人同士の所得格差とか不平等も、仕方がないっていうのかと思ったら、福祉の歴史とその効果の話が続くので、なんか矛盾してないかと思うのは私がアホだからかとか思ったんだけど。

今読んでいるところで、アメリカやヨーロッパで実施した福祉でどう経済がよくなったとか、自由主義国家が福祉社会になるのは矛盾じゃない、とかいう話が続きそうなところで途中晩ご飯食べてブログ書いてるんだけど。

まあ、こういう資料を置いていても、今の日本で、必要な仕事を、うまくやっていても、所得にならない人はたくさんいると思う。

時流とかあるよ、このパソコン使った仕事、今はやりなんだろうな、若くてスキルあったらもうかるんだろうな、みたいなの情報入るし。

だから、高偏差値大学とか行かなくても、儲かる仕事はあルと思っているんだけど。

この社会がうまく機能するために必要な仕事で、所得につながらない仕事をしている人がいるのを、孤立した人間に指摘されたのでは尊重するつもりがないらしい。

まあ、私自身、自粛期間ロクに仕事あんまりしてないけど、生活費はいるし、優秀でなくてもお金は手に入る。

有名なIT企業とかで、このコロナ禍でものすごく減収している会社もある、

ン億円とんだんだって。

まあ、私の知り合いとか、困っている人をどう助けよう、とか言う人はざんねんながら少なくて、逆に困っているから助けてください、みたいな人が増えるんだけど。前のバイト一緒で、ラインでつながってる人とかね。

馬鹿にしてるんだろうな。

言うてね、なにがおいしいかを表現するのに、自分たちの高所得をアピールできる文言混ぜるとか、本当に貧しい人馬鹿にしてるんだろうね。

まあ、明日とか日本語教師の仕事の準備に時間とりたいけど、やっぱこのコロナ禍で、小学生とかそのへんからの教育格差目の当たりにしたし、今高い教育受けてる側は敗者とか考慮しないし、できるだけ時間取ってできることを考えていきたいな。

新しい仕事とか考えてたのは、日本語教師のオンラインの集まりで、その仕事している人と話ができて、まず仕事自体が常時あるものではないらしくて、

ボランティアの方がいいかな、とか。

今言っている日本語学校の仕事、どれだけ自分にこなせるだろうとか思ったり

あるていど稼ぎたいけど、そんなに働かなくても生きていける収入が見込めるなら、今困っている、教育が受けられなくてお金もない人のために何かできないかとか思ったり。

ってまあ、自分塾講師とかなみの教える力ないやろ、みたいなところあって。

って、それもできたら中国語からめられたらいいなとか。

まあ、私みたいなもと貧困層で、キャリアとかないけど、生活ぐらいはできる状態にあるから、昔の自分みたいだった境遇の人とか、貧困抜け出す手伝いとかできないかなとか思って。

私自身の記憶では、小学校の時少し仲良くなった子が、塾行くようになって、自分公園で取り残されて、塾の先生やなくても、少しでも足しになる勉強を教えてもらえたらうれしかっただろう、なんならただの話し相手でもよかっただろう、みたいなのがあって、でも、公的ボランティアとかなったら、レベルの高い人しかなれなかったりするんだな。

私がやるって言ったらポンコツさんなんだろうけど、実際今、優秀な方で、そういう仕事してる人がいるんだと思うよ。識字の教室で、昔教育を受けられなかった人と漢字ドリルするボランティアとか行ったことあるけど、それも大事だけど、これからの教育を受ける子になにかしたい。

で、たぶん、その子を「優秀に」などできる気がしないから、自活できるレベルに、そしてそういう補助を受けるレベルの子でも、将来健全に生きていける社会を考えていきたい。

どうしていいのかわからないから中国語します。

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ

にほんブログ村

本とか読んでて

まあ、ちょっと賢くなりたいってんで、ハラリの21 Lessons読んだり、あと、ピンカーの21世紀の啓蒙、日本語訳だったり英語原文だったりすると、少し高いから、中国語訳を約650円で買って、中国語の勉強がてら読み始めているんだけど。

ってね、こんなミリオンセラー、すでにたくさんの人が読んでて、しかも出てすぐ読む人とか、私よりもっと賢い人なんだろうから、私が読んだってなんか新しい革新的なアイデアとか、ほとんど期待できないんだけど。

まあ、こういうのね、私は賢くないから・・・みたいな人が、より多く手に取って知識を共有することが大事なんじゃないかってことで。

21世紀の啓蒙読んでて、18世紀の、世の中をよくするために教養をつけましょう、みたいなのが、今も必要なんだけど、18世紀のものはもう古くさくなっているから、21世紀バージョンでピンカーが書きます、みたいなので、面白そうなんだけど。

っていうかね、それ読んで、技術が人の職業を奪うのではなくて、やはり人間なんじゃないかと。

社会人大学卒業する頃、社会人のまま大学院いけないかなあと思っていろいろ調べていて、放送大学で、阪大の人間科学部で、より人間に負担がかからずレジができる機械を考えていることが放送されているのを見て

あ、人間の労働が、一定時間機械のように働くものではなく、労働そのものに、人間の本来過ごしやすいスタイルが取り入れられるんだ、と思った。

そのあと、20年間、客としてレジを通ったり、働いたこともあるんだけど、

まず、客の方が、レジの人見てて、楽してお金を稼いでいるようなのが不満な人がたくさんいるみたいで、あいさつの仕方とか、なんか別な仕事のスキル要求されたような感じで、

雇う側も、レジの人に快適に働いてもらうためではなく、トレーニングするのに時間をかけずに、何かあったらすぐ取り替えられる為にレジをよくしているところがあって(まあ実際今レジ、カードとかポイントとか、山ずみのカゴの中身痛めないように会計済みのカゴに移すのとか、実際慣れるの大変なんだけど)

まあ、それも無人レジに移行しそうですけどね。

今考えられているAIに代わられる仕事とか、ロボットでできる仕事とか、その発達に問題があるのではなく、それを使う企業とかが、人件費を浮かすためにやっていることに問題があるんだなと、再認識して。

先日ちょっとAIで受験勉強教えますとかのアプリを見て、学習者に合わせて問題出したり、答えを解説したりとかあるらしくて、塾講師とか、そもそも学校の教師とかの仕事も、変わるかなくなるかしそうだなとか思って。

まあ、こういう、人件費を節約したサービスが、ほぼほぼ誰でも受けられる身近なものになって、この世の中の人が、全体的に所得は高くなくても、満足して暮らせるものになるのならいいけど、

高い技術でつくられたサービスだから、高いお金を出した人しか受けられない、とかになることが考えられて

この世のなかの人が、どのぐらい所得をもっているほうが経済が活発になるのか、を考える事が、技術の発展と並行して進んでいくべきなんだと思うけど。

いや、一握りの高所得の人が、高いお金を払えば、そのサービスを作った側がもととれるから、難しいこと考えなくていいんです、みたいな感じがして

私は経済とか素人だけど、今の技術とかを支えられる能力のある人を輩出するのに、遺伝子操作とかで優秀な子どもを最初から計画するとかではなく、普通に出産するとして、現在の教育制度で1000人に1人ぐらいの割合ででます、とう場合、残りの999人が普通に努力して普通に暮らせる社会を維持するのは、社会的なコストなのではないかと思っていて。

いや、その1000人に1人は、親がお金をかけたり自分で教えたりしてできる1人だから、残りの999人の中で生活できなくなるのは、その人たちの問題だ、とか言いそうな人がいるけど、生活できる基準までの教育がつかない人が多くでるのは、やはり公教育とかの問題だと思う。

それに、1000人に1人の超高学歴大学受験成功しました、という人の受験勉強の話を聞いたりしていると、ちょっと人間的に健全でないように思うことが多いので、まずそこまでしないとまともな職業につけない、お金が稼げない、というところに問題はないかと。

こんな動画が、朝イチおすすめに出て、まあ、ブログの内容とかからつながって、おすすめで出たのかなと思って見たんだけど

3人に1人が貧困。東京で働く女性の5割以上が非正規雇用、平均月収は16万円

っていうことらしいんだけど。

ちょいねー、大阪だと、16万あったら、安いマンションとかで、奨学金を返しながらでも生活できるんじゃないかしらとか思ってしまうから、大変さが少し実感しにくいんだけど。

まあ、いい就職ができない大学にしか入れないだけの受験勉強しかしてないから悪いんだとか、給付型の奨学金がもらえない学力だから悪いんだとか、私立だから悪いんだとか、「優秀」な方たちは思うんだろうけど

この人数を聞いてたら、やはり大学の問題だったり、奨学金制度の問題だったり、雇用の問題だったりすると思うんだけど。

まあ、一応、例を言うとね、うちの弟の嫁の大学とか偏差値30台で、しかもその大学の院に行ったって言うんで驚いてるけど、介護職で院卒だから、まあ、専門学校卒で介護士やってる弟より待遇のいい仕事していて、借りた奨学金も返していってるし、いい就職ができるかどうかは、大学の偏差値の問題だけではなさそうだと思っているんだけど。

非正規雇用とか、正規雇用と同一労働でも同一賃金じゃないとか問題になっているし、優秀だったら、みたいな世界じゃないんだと思うけど。

ホリエモンが高い学費払っても大学なんかコストに合わないとか言ってHIUとか作ったのは、これ見たら納得がいったような気がする。

コロナでオンライン授業とか始まったのもあるし、オンライン授業とかのレベルを高めることができたら、既存の大学以外の選択肢というのが、もっと増えるべきなのかもしれない。

サピエンス全史だったか、21 Lessonsだったか、ちょっとどちらか忘れたんだけど、母親をなくしたチンパンジーの子どもが、だんだん痩せていくんだけど、他の母親チンパンは、我が子の世話で手一杯で、親を亡くしたチンパンが死にそうになっていくんだけど、ボスの雄チンパンが、その子を養子にして、元気に暮らせるようにした、という話をしていて、その続きに、チンパンと同じように、人間も、困った他者を助けようと思う本能をもともと持っている、という話をしていて、(ちょっとコレ、チンパンジーじゃなく、ゴリラとか他の動物だったかもしれないんだけど)

サピエンス全史から聞いてて思ったんだけど、人間は宗教とか、国家とか、貨幣とか、実態のないものを信じられるから発展した、っていう話なんだけど、

人間同士がね、助け合って生きていける、ということを信頼するより、100円という通貨でこれだけのモノが手に入る、偏差値いくらの大学でどれだけの企業に就職できる、その就職先では、このぐらいの収入が手に入る、ということのほうが、信じられる状態なんだなと思って。

人間が、より多くの教育を受ければ、より協力すれば、貧困をなくせば、この世の中をよくできる、ということを信じられるような啓蒙が必要だと言われてるんじゃないかと思って(まだピンカーの21世紀の啓蒙の最初の1章しか読んでないところでの予測で)

実際、上の動画見て、じゃあウチの子はちゃんと就職できるように、もっと偏差値の上がる教育を、みたいなことを言い出したら、競争率とか、合格最低点が上がるだけで、問題そのものは解決できないよな、と、思って。

まあ、それを乗り越える自信のある家庭とかは、問題そのものを解決する気にもならないんだろうけど。

日本人、人が必死に働いてるの見たら満足するとか、必死で勉強してたら納得するとか、サディスティックなところあるよな。

イヤ、その子、そんなにたくさんプリントさせるより、ちょっと字ぃキレイに書けるように練習した方が正解率上がると思うのに、いう子おったりするけど、親は問題の課しかたが昭和の体育会系みたいなノリの人いるよな。まあ、親自身が高い教育受けてなくて、勉強を苦行だと思っている親あるあるなんだけど。

グーグルの社員が快適な勤務環境を提供されるのは賞賛されるのに、国会議員が国会中居眠りしてるのは、ある程度文句言われてるけど、それで仕事を辞めさせられたりとかはしないのに、レジの店員は必死で働いてないと怒る人とか、ちょっと接客対応悪かったからってクレームの電話辞めるまでしたりする人いるよね。

どうにもね、AIとかテクノロジーの技術の発展の問題だけじゃなくて、弱い人を見て満足するとか、助けなくても自分が困らない人を助けないとか、人間の心の問題なんじゃないかなと思って。

まあ、なんか、宗教ですら、ある程度難民に指定されてたり、助けたら賞賛される相手なら助けてくれるけど、普通に困ってる人行っても助けてくれなさそう(というか、私は困ってたときほとんど相談とかできなくて)経済的余裕があるお年寄りのセラピーみたいになってたように思うんだけど。

私自身はこの技術の進歩についていける気があんまりしなくて、いまのところ、Zoomだったり、オンライン授業とか、使いこなせる人に比べたらしょぼいけど形ぐらいはできて、でも、それもどこまでついていけるかな、

技術の発展に合わせて、セーフティーネットを考える、という人間の仕事が間に合っていない。

HSKでも、ネイティブ中国人に習うより合格できる可能性が上がりそうなアプリ、すでに数千円でありますからね。これのJLPT版、いまICTの時代だってんで、すでに作り出そうとしている人たちいるんだと思うし。

中国人が日本語のアクセントの授業の動画、ユーチューブで上げてて、それより日本のアニメで日本語覚えて、ほぼ日本語ネイティブみたいな発音で話す中国人、すでにユーチューバーでいますしね。

日本語教師もこれからどうなるんだろう、だけど、カスタマーサービスとかで、日本人と区別できない中国人とか増えそうだな、その業界の日本人の仕事もなくなりそうだ、とか思って、

まあ、そこまでやる中国人の向上心ってのを、日本人も見習わないといけないんだけど。

ただ、人口の差とかからくる差かもしれないけど、日本は高い教育受けられるサービスは価格が高くて、貨幣価値の差で日本人の私に安く見えるだけかもしれないけど、中国の教育サービスとか安く思うんだけど。

前に紹介した、英語の児童向け多読アプリだって、1年356日のうちの350日だったっけな、絵本の読み上げ聞いて自分も発音練習する、というのをしたら、アプリ代戻ってくるとかやってましたしね。

もう、今の子どもが大きくなった時代に、単純労働なんかほとんどないかもしれないのに、単純労働ができるレベルをゴールにした公教育してるように思うし。

AIが学習者に合わせて問題を出し解説するアプリができるのが問題なのではない。逆に、もしそれが、学校の公教育で使われて、教えるのがうまい親とか家庭教師とかが用意できない家庭でも、よりよい仕事を選べる能力につなげることができるのだとしたら歓迎すべき事だ。

それで仕事を失うかもしれない塾とか家庭教師とかをどうするかの問題になるんだけど、実際現在は塾ではそのアプリを使ってコーチングする教師がついているし、私としては、最終的には人間はそんなにも働かなくていい時代を目指すべきじゃないかと思っていて。

まあ、そもそも、そういうアプリを開発した側が、いままでその仕事をしていた人たちの収入を全部持って行ってしまうという構造がね、なんとかならないかな。失業者を作らせた側に税金とかかけられないかな的な。(とかいうと、画期的な発明とか生まれにくくなるから難しいんだけど、ただ、ユーチューバーとか、高い所得得てる人たち、税金も割合が高いだろうから、節税対策とかもあるだろうけど、普通の所得の人がたくさんいるより、税収は増えるのじゃないの?それで失業者に補償できないの?直接失業保険とかするんじゃなくて、新規雇用につなげる何かを)

まあなんか、協力、について、人間が本来的にどういう本能を持っているかどれだけ調べられているんだろうとか、

そもそも、人間が本来快適に過ごせる状況を逸脱したような負担の多い労働をしてないと労働だと思えないような、『あゝ野麦峠』を美化したような価値観みたいなのから、離れられたらいいのにな、は思います。

って、今から夕食食べたら今週の授業の新出単語のイラスト揃えたの、パワポで印刷しやすくします。昨日、作文の授業もいろいろ考えてたんだけど。

留学生、コロナでバイト少なくなって、家賃とかきついとか、やはり貧困状態にあるみたいだから、確かに彼ら、そんなに優秀じゃないですけどね、っていうか、半分ぐらい、勉強嫌いな人たちですしね。じゃあ、仕方ないかっていうと、それは違うだろ、みたいなのがあって、ついいろいろ考えてしまいました。

なんか、貧困者を差別したがるほうの人ととか、所得が高いことを誇示できる人を目印につながるみたいですね。まあ、私も中国語学習とかでは、リアルの中国語教室とかインスタでつながり始めていますけど、社会的立場が低い人は、確かにつながりにくい。クックパッドとかいくらでも生活の質を上げられるサイトはあるんだけど、自分の家族の社会的地位をあげようと必死なサイトを褒めてくれる人が紹介した、値段が高いだろうメニューのレシピは特別なんだそうだ。まあ、文脈で、優秀なひとでお金につながらない人がいるのは、その人が悪いと言っているのだと判断できるけど。過度な一般化だったと思ってはいないみたいだし、そのうえで自分たちのハイクラスさを強調しているみたですからね。まあ、現在の教育制度の中での、子どもの個性より偏差値を重視する型の教育を「誠実」と思うひとに良心は期待できないのかもしれないけど。

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ

にほんブログ村

賢くなりたいね

すいません、深夜0時明けたぐらいにUPして、今朝原稿チェックしたときに、間違って一遍この記事ゴミ箱いれてしまっていました。

くそう。優秀でない人間が言ったら、ただのひがみにしか聞こえないから、優秀になりたかったな。

経済とか、きちんと学んで理解して、ものを言える能力があるか、これから身につけられる能力があればいいのに。

イリイチのシャドーワークのことを思い出してたのね。今男女平等とか言われて、かつての専業主婦の仕事を女性のモノとして固定して話すことがなくなったから、イリイチの名もシャドーワークの話も、見かけることが少なくなったけど。

自分だって自由科目の授業で少し聞いただけだから、ウィキで書かれるような範囲の知識しかないんだけど。

専業主婦などの家事労働など報酬を受けない仕事だが、しかし誰かが賃労働をすることのできる生活の基盤を維持するために不可欠なもの。妊娠出産、子育てなどの再生産労働をこれに含ませる。

以上ウィキからの引用なんだけど、「報酬を受けない」ということと、女性がするものと役割を固定することに問題があるのであって、「誰かが賃金労働をすることのできる生活の基盤を維持するために不可欠なもの」だということで、

まあ、掃除をハウスクリーニング屋さんがやったり、介護を介護福祉士がしたり、育児を保育士さんがしたり、かつてのシャドーワークを賃金労働にしたりもしてるんだけど、

本当に、賃金労働を考え直した方がいいような気がしてるの。

前から似たようなこと言ってるけど、賃金労働を誰もしなくていい世の中にできるんだったら、しなくていいんだと思うし、私自身今現在生きてて、世の中はその方向に流れていると思っていて。

でも、シャドーワークはなくならない。むしろ、労働時間を少なくしたり、なくしても生活できるようになるなら、家庭での教育とか、食事の支度とか、家の掃除とか、住んでいる地域の公共的な仕事とかに時間と労力を費やそうとできるようにしたらいいと思うの。

シャドーワークって名前が陰気だから、もっとポジティブな名前がいいんだけど。

賃金労働にしたって、実際今待遇の悪い介護士さんだって、保育士さんだって、看護師さんだって、それぞれピンキリあるけど、介護士さんの中でも飛び抜けてお年寄りの気持ちや体調をよく把握できるとか、子どもの世話がうまいとか、患者さんをよく見ているとか、その分野で優秀な人っていて、でも、小さな個人病院とか保育所とかいて、収入を上げる可能性ってほぼない、とかあると思う。

私は、難しい受験問題を解ける能力があることと、お年寄りの気持ちなどをよく把握できることの能力に優劣をつける気がしない。

実際誰にどのように給料が支払われているか、は、その仕事の重要性とか、能力に見合って支払われているようには思えない。

あと、なんか、育児などの「シャドーワーク」が、「報酬がないもの」であったせいで、なんか私から見たら、ソレどうなん?みたいな状態になっている人たちもいて。

本来は、その家の所得とか住んでいる地域の特色とかに合わせて、自分の子どもの能力と関心と個性に合わせた進路につけるように教育する、というのが本来的なあり方なんだと思うけど。

育児に報酬がないから、より高い偏差値とか評価の高い学校に行かせること、子どもになにがやりたいかよりも偏差値の高い学校に行きたいと思わせること、子どもがついた社会的地位が高いこと、が、育児者への評価だと思っているひとがいるんじゃないか、的な。

予備校のチューターでももっと生徒本人の希望とか聞いてない?みたいな。

ついこれ見て笑ってしまった。

まあ、やっぱ選民思想あるみたいだねー。

ちょっと、こういう考え方で受験勝ち抜いて高学歴でいいとこ就職した人たちに、格差のない社会を築こうと思うとか、期待はできないのかなと思う。

実際でも、優秀な方で、心ある方も実際にいて、その方面の学問ができる大学もあり、世の中はそちらに動き始めているのだと信じたい。

前にも書いたかもしれないけど、昔、リサイクルするより捨てる方が安いから、企業は絶対リサイクルをしたりする方向に動かないと、本当にいろんな経済学部の学生とか、企業の役員さんとかに言われたけど、どちらが経済的かわかって、世の中はそちらに動き出すと私は意見を変えなかった。(1988年頃の話)

賃金労働の矛盾も、もう多くの人が気づいているし、動き始めてると思う。もちろん、時間がかかって、私が生きている間に結果が見れるのかどうかも怪しいけど、地球の環境を維持するのに、今のままでは、儲かるからやめない環境破壊とかとまらないし、賃金を払う余裕がないからできない本当に必要な仕事がたくさんある。

もちろん、世の中に役に立ってお給料もいい仕事だってあるし、優秀ならそういう仕事を選びやすいだろう。

でも、優秀ならばお金がついてくる、という一般化は本当にいただけない。

優秀であっても、給料は少ない、世の中に必要とされている仕事についている方はたくさんいる。

実際、Noneがもっと優秀なら、もっと胸を張って、お金になるしごとばかりがすべてではない、と言えたのだけど。

それは、残念だけど、Noneなりの能力を活かしてお給料の良さよりも社会的な貢献を考えた仕事を選んでくれたらそれでいいと思ってる。普通のひと一人一人が、所得より自分のやりたいこと、社会をよくすることを選びはじめたほうがいいんじゃないかと思う。

まあ、ベーシックインカムとかみんな最近よく言うけど、お給料が少ないけど、社会貢献ができる仕事を選ぶことができるしくみとか考えられるように、経済学とか勉強できたらなと思う。

実際、今仕事に就いている社会人が、その手のことをゆっくり考える事られるだけの生涯学習ができる社会にするところから始まらないといけないんだろうし、実際仕事をするだけで精神や体力を消耗する勤務状態の人ばかりなら、やはり我が子をよりよい待遇の職業に就かせる発想しかできなくなるのだろうし。

近い将来AIやロボットやテクノロジーで大量の失業者がでる世の中になるのだったら、無理に雇用を作るのではなく、今まで報酬がないものであったシャドーワークに、環境保護とか一定の基準から見た評価と報酬が返るしくみを作って、できればその報酬も、金銭ではなく、もっと文化的なものであってほしいと思うんだけど。(うまく言えないけど、たとえば健康診断のクーポンとか、塾とかスポーツ施設を使える券とか旅行券とか)

まあ明日、(ってもうUPする前に日付変わるかもしれないけど)作文の授業を作らないといけないんだけど。

実際、受験勉強を私たちはこれだけ頑張って、楽しみも減らしてきたのだから、学生時代、遊んで楽しくやっていた人よりも、よい人生を歩む権利があるんです、その人たちを安く雇って高所得を得ていいんです、的な理屈で、高学歴な人たちに有利な社会を築こうとする人たちに対応するためには、その人たち以上の学力を身につけられるようにしなければならない、とはわかっていたんだけどね。

まあやっぱり、虐待虐待、言われたし、孤立してたし、None自身が受験勉強で得られる知識よりも、試験に出ないような知識に興味を持ち始めたし。

まあ、リアル社会で言ってはいるんだけどね、一握りのエリートが作った格差社会の中で、そこそこ頑張ったけど上位層に入れなかった中堅層が手を取って、知恵出し合って格差社会をなくせるようにできないだろうか、とは。

っていうか、中堅まで行かなくても、ネットで不平等を理解できいている普通の人がたくさんいるだけでも違ってくるし。

本当にね。受験問題のようなことを、1000人に一人しか解けないとかいう問題が解けるような生徒はすごいけど、たぶん受験問題とは違うような分野で、1000人に一人しかできない技術とかあって、受験問題解ける人は高所得だけど、そういう学力とかで計れない技術とかでお金そんなに稼げてない人いるもん。

東大阪の、日本でここだけしかこのパーツ作れません、みたいな小さい工場のおっちゃんとか、たぶんたいしてもらってないで。

たぶん、そういうパーツで作られたスマホ自体はめっちゃ高額で売られてたりするけど。

何年のノーベル経済学賞か忘れたけど、スティグリッツとか理解できる頭がほしい。

実際、そんなに優秀でなくても、善良に生きようとしている普通の人が、普通に暮らせる収入が得られる社会を目指さないといけない。

本当にね、このコロナ禍で、優秀な大学に入学したけど、家の経済状況が悪くなって退学しなければいけない状況に迫られていて、高卒待遇の仕事にもつけるかどうかわからなくなっている学生もいると思うんだけど、まあ、そういう人は、あの人から見れば、お金につながらないから優秀でない学生だと判断されているのだろうと思う。

他にも、いろんな優秀な方が、失業したり収入が減ったりしている最中だと思うんだけど、とてもいい神経をしていらっしゃると思う。閉じている中身にはそんなことは書いていないと言われそうだけど、見えているところがすべてですからね。

こういうとき、本当に、私に知恵がある者であればと思ってくやしい。

ちょい、21Lessonsを読んでから、少し祈るのをやめるようにはなっているんだけど。

ってやっぱり日付変わったし寝ます。

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ

にほんブログ村

「優秀」とはなにか

昨日、緊急事態宣言後初めての仕事で、実際学校のほかの先生やスタッフの方、生徒と会うと、がんばっていこうかなと思うことができました。

教案とか、真っ赤だったから、すごく否定されているのかと思ったら、そうでもない気がしたし。

ちょいなー、前のブログを見てたのかな、言う人が、まあ、今もう、娘さん受験成功して、まあ、それはおめでたいし、もうこんなあまり高学歴でない大学に行くことになった家のブログ見てないと思うし、それはいいんだけど、

今回非公開になっているブログのタイトルが気になって。

能力を使う目的が「お金」に集約されているようなタイトルで。

関西の大学の事情しかしらないので、関東では高学歴の人はもれなく高所得なのかもしれないけど。京大の院出て、公務員の福祉職の非常勤で、高学歴ワープアとかけっこういるらしいし。

今、よく取り上げられているSDGs、賢い人は、今必要なのはこういうことだとわかっている人が多いと思うし、特に1番に上げられている、「貧困をなくそう」とか、その仕事そのものに高い所得を期待できないものが多い。もちろん公務員として安定した立場から取り組む人もいるし、それが「優秀」なのかもしれないけど、公的に手がまわらないことを、NPOなどで、ギリギリ生活できるとかの所得で、頑張っていらっしゃる有能な方々もたくさんいる。(そういう収入につながらない選択肢を選ぶことが「優秀」と見做されないとしたら話が別だけど)

この世の中の仕事で、必要な仕事に、十分な給料が支払われないけれど、優秀な方のなかにも、敢えてその道を選ぶ人がいる。

実際、主婦(夫)だとか、ほかに収入を期待できる家族がいるから、無収入とか献身的な条件で、優秀な能力をそこに使うひともいる。

本当に必要な仕事に、対価が支払われるべきだ思っているし、そう変えていかないといけないと思っているけど、現状すべてがそうなってはいない。

もちろん、この世の中に必要なことを、お金が十分に払われないのに選択することが、「優秀」ではなくて馬鹿だと思われているのかもしれないけど。

私は信じている。今、まだ、幼稚園や小学生、中学生の子がいる家族で、我が家の所得を確実にするためにではなく、この世の中をよくするために勉強を頑張っているひとがたくさんいると。

そして、勉強を頑張っているという理由で、よくわかってない他人から、「自分が金持ちになろうとしている」と勘違いされ、虐待だとかエゴだとか言って攻撃を受けられることが多いことを。

だから、受験して成功した人が、エゴ丸出しに見える状態で目立つところにいるのは、良心があって、お金でない動機で子どもに勉強を教えている人にはとても迷惑だなと思わされてしまう。

まあ、実際、自分の所得をよくするために勉強するほうが、漠然と世の中をよくしようとかで勉強するより、受験には成功しやすいのかもしれないけど。

金持ちを攻撃するのは、あんまり利口ではないのは知っている。貧乏人が金持ちを攻撃すると、金持ちや高い地位に就く人に、貧乏人を差別したり、馬鹿にすることを許す口実を作らせてしまうから。そして、それは、貧しい人に教育を与えるチャンスを減らしたり、社会的立場を上げるチャンスを失わせる理由になってしまうから。

私自身は、現在は所得を上げずに生活レベルを上げることができると思っているし、実際ある程度実践していて、そしてそれを発信して、それがほかのひとも、所得が上がってなくても、生活レベルを上げることができるヒントになればと思っている。

この現在に、受験に成功するような人たちの焦点がお金を稼ぐことにあるというのが残念だ。

この世の中に、必要だとあれば、所得がついてこない仕事でも、優秀なひとが敢えて切り開く、そんな世の中であってほしい。

まあ、なにが人を「優秀」と定義づけるかは人によって違うと思う。

それを、金銭による報酬で計られる時代を終わりにしたい。

それは、われわれ一般市民のもつ価値観によって決められるのだから、生活できる程度のお金が稼げれば、何を大事にするかは人によって違う、そう多くのひとが思うようになってほしい。

まあ、ビルゲイツ、優秀な人やし、金持ちなんだけど、やっぱりほかの高所得者とか見てて、必ずしも優秀やないひといるし、逆に優秀なのに、対価が払われてないひとはたくさんいると思う。

自分の子がなにか、いいバイトかなにかを見つけられた話を自慢したいんだと思うけど、その一般化は受け入れられないな、とか思う。

実際、主人の給料見て驚いたけど、この世の中には、主人より優秀な人とかたくさんいるけど、所得はそんなに高くなかったり、でも、その人はその人で、仕事にやりがいがあったりとかで、主人と同じ所得が得られても、入れ替わろうとは思わない人もたくさんいるだろうし。

優秀な人ほど、所得が高いかどうか、より、この世の中をよりよくできるかどうか、を考えて仕事を選んで欲しい。

もちろんね、ユーグレナの例みたいに、それで最終的に収入に返ることもありえるだろうけど。実際、ホリエモンに会ってなかったら日の目を見ていなかったと聞くし、逆を言えば、有効活用されていない優れた研究とかも、実際にはたくさんあるんだろうなと思う。

WHOとかに就職したのに、WHOの予算が足りなくて解雇される優秀なひともたくさんいるとニュースで聞いたし、やはりWHOに採用されたような人は、あってもなくてもいい、平凡な企業で安定した仕事を選んだ人より、優秀な人材だったのだろうなと思う。もちろんね、そう言う人は再就職もすぐできるのかもしれないけど、オーバースペックは逆に一般企業に就職しにくいとも聞くし。

まあ私、人よりお金持ってることで優越感感じたい人の気持ちわかりませんからね、人より安くモノ買ったことを自慢する大阪の文化に染まってますから。

あなたには買えないスーツを私は持ってますよ、というより、このTシャツ安いで、ええやろ、アンタも買いーや、言いたい地域の人間ですからね。

なんか、でも、こういうノリのほうが、世の中よくできると思うの。

実際、国立の大学院で日本語教育専攻した人が、日本語教師になるのではなく、公務員になって、日本語を教える仕事はボランティアとかでやる人が多いと聞いたりします。

それはそれで、優秀であればお金になるはずだ、といった態度ではなく現実を見て、かつボランティアという形で能力は活かしているのだと思うけど。(大学で留学生相手に日本語を教える技術とかは手にい入れているのだけど、大学で教えるより、公務員の方が安定していると言うことで)

まあ、ここでも、なにが「優秀」かの定義が分かれそうだけど。

公務員という安定した職業に就けることが「優秀」なのか、大学という、ある程度の学力を持った生徒に対応する授業ができることが「優秀」なのか。

まあね、私、記事本文、見れてませんけど、まあ一般人にケンカ売ってるよな、とか思いましたね。

もちろん、もう一般人など相手にされない雲の上を歩んで行かれるのだと思うのですが。

ただ、私は、優秀な人には、生活できる所得が得られるようでさえあれば、お金になるかどうかより、世の中をどう良くできるかを基準に行動を選ぶ人であってほしい、それがたとえ、お金にならない、お金になることに変えることができないものであっても。

お金に執着する人がおったらアカンわけではないと思ってるけど、せっかく賢いのに、浅ましく見えるなとかは思う。

オレの子賢いねーん、だからお金稼げるねーん。ってことでしょ?

よかったね。

まあ、こんな人が多かったら、格差社会とか解決しないし、こういうの見てると、やっぱりPTAとか成功した親のリア充自慢大会なんだろうなと推測できる。

まあ、ここでは、自分の子のことを出すことはしない。もちろん、教師だったり、月並みな一般企業だったりに就職してほしいなと思っているし、正直習い事とかして、より本人の希望を叶えることができないかと考えているけど、就職先を考えるのに、所得より、その仕事が持っている社会的な意義を重要視したい。

ここでは、Noneより優秀で、というより、一般的に見て優秀で、とても世の中に役に立っている、けど、所得に反映されていない仕事についている、そいういう人を見下したことばに聞こえました。

まあ、どうせ何を言っても、負け犬の遠吠えにしか聞こえないだろうけど。

追記:iPSの山中教授でさえ、ノーベル賞受賞後、研究のための資金繰りのために、いろいろと奔走されている姿を見たようなきがするのだけど。

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ

にほんブログ村

自粛で運動不足の人におすすめのユーチューブ

まあ、先日からストレッチのYouTube三昧だったんだけど、それで体の調子をよくしたのに、寝たら元通りだったので、お布団よくする話になったんだけど。

それで体調がよくなるのなら、少し高いお布団でも、自分で移動ができないとか、より高いお金がかかったり、家族の援助がいったりすることにはかえられないとと思って。

このユーチューバー気に入っています。

すこし動画見て体一緒に動かしてるだけで、ちゃんと知識を持って動画作ってる人だってわかって、思わずチャンネル登録&高評価なんだけど。

このユーチューバーさんが自分のこと語る動画があって、地方に住んでいる人らしいけど、市の病院で理学療法士として務めていたのに、公務員の地位を捨てて、ストレッチでユーチューバー始めたそうで。

めっちゃありがたい。

事故とかで体をこわしたひとは理学療法士の治療を保険で受けられるけど、仕事などで姿勢が悪かったり負担があったりで慢性的に悪くした人は保険適用外になるので、理学療法士の人が考えるプログラムを自宅で体験できるのはすごくありがたい。

ユーチューバー始めた頃とか、1本に10時間かけて動画をひとつ作ったりしているのに、それ何本も投稿しているのに、1日の収入が100円ぐらいの月があったとか。

私自身、この自粛期間がなければ、見つけられなかったし、ほかの体調を悪くした人が、このひとのユーチューブ見るようになって収入を上げて欲しい。

実際、多くの人の役に立つようなことが、収入が確かでないから誰もならないとか、お金になるから、そう必要でない産業がもりあがるとか、変わっていってほしいと思っている方で。

このライブの動画見てたら、ライブ見てた人とか3000人いたらしくて、オンラインサロンとかもできているらしくて、ユーチューブ初めてから4年らしいんだけど、オガトレさんにも数年後これぐらいになってほしいなと思った。

どちらも脚痩せとか動画あるので、興味のある人は見てね。

私自身は日本語教育能力検定に本気出すようにSNSで薦められて、にわかにやる気をだしています。

って、この自粛で、もっと前に本気出して頑張っているひとがいるだろうから、すでにビハインドなんだけど。

なんかSNSでそう言われたのがお告げてきな感じがして、頑張ろうかなと。

図書館とか卒業した大学のとか使えると書いたけど、大学も短大も両方図書館開いてないです。在学生だけ自宅に届けてもらえるみたいだけど、卒業生はダメです。

日曜のGottesdienstが再放送だったので、まだドイツでは教会とか入れないとかあるのかなと思ったら、ZDFの検索で先週の日曜の動画のあとに、すでに取った奴が回ってるだけみたいだった。

字幕付きで、7、8割方わかる。

日本語教師のこととか、中国語とか大変だからドイツ語は手がまわらないかと思ったけど、Gottesdienstを理解するレベル、それも、ちゃんと全部わかってなくてもいい、だったら、続けられるかなあと思った。

そういうことをやめてしまったら、治る脚が治らないようなきがしたのと、自粛で家にいたら、理学療法士のストレッチするプログラムにたどり着けたことを、感謝したくなったの。

欲をはれば、もう一度ドイツに行ける元気な体と経済力とか望みそうになるんだけど、さすがにそれは欲張りすぎかなあ。

BBCとか見てたら、インドとか、世界中で失業者があふれてて、日本のこれからの雇用状態とか、外国人労働者とか、どうなっていくんだろうと思う。

私自身は、ちょっと諦めてたような心境になっていて、若くて能力のあるひとがあふれてしまったら、自分の行くところが待遇の悪いところしかなくなるか、それすらなくなるのかという心境になる。

でも、やっぱ不況の中、タイピングをがむしゃらにやって体を壊して、これと同じようなことを、またやろうとは思えない自分がいて、

無理な仕事をしてためたお金が、からだ壊して結果医療費で消えていくようなことをするんだったら仕方がないじゃないかというような。

Noneには、オカンは無職にはできるだけならないようにするつもりだけど、生活費全部まかなえる収入にはならないかもしれないから、Noneの収入と、オトンの援助でなんとかなるようにしてねと、先日再確認しました。(まあ、Noneは確約はできないと言いましたが)

まあ、母の介護が必要な状態になったら、そんなに働けない状態になるでしょうしね。

確実な答えが出ない状態の今、日本語教育能力検定の勉強しているのが、一番次の手が広くなりそうな気がして勉強しようと思って。

HSK5級とるつもりだったけど、検定優先かなあと。この1年(自粛期間含む)でずいぶん中国語力伸びたけど、検定の勉強している間は、自分がすでに見つけている楽に見れる中国語コンテンツ視聴にとどめようかなと思いました。

そのほうが言語獲得ってなに?みたいなことがよく考えられるんじゃないかと。

BBC見てたら、イタリアの教会のパン配るのとか、感染を考慮して、手袋するとか、直でパン触らないようになってた。

自粛期間過ごしてたら、もう自分は、すでに持っている英語で外国語習うアプリとか、Netflixとかで、好きな外国語を勉強して余生をすごしたいなとか思ったりしてしまって、

これからの教育はどうなるのとか、孫ができるまで用意していたほうがいいんじゃないかとかも考えたり

そりゃちょっと早いかもしれないので、体治すのと、日本語教育能力検定の準備するのと、中国語勉強するのに軸を置こうかなと思った。

図書館で借りてた本で、PDFにしようと思ってたやつ、まだ処理してないのがあった。今日の午後はその作業をして、次の週の新出単語とかのしごとをしようかと思います。



とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ

にほんブログ村



人生の選択について

今朝も、朝一番起きて太極拳して。

で、太極拳でも、やっぱり根詰めてやったら、筋肉痛になってしまって、逆に脚が動かなくなるので、筋肉痛に効くストレッチの動画とか見て真似してやってて。

昨日HSKonlineというアプリのレベルチェックテストをして、まあ、実際HSK4級受かった後、伸び悩んでるんだけど、あなたは4級ぐらいなので、5級を勉強しましょう、と。

5級レベルを問うてる問題が出てるんだろうな、というところで、語彙力の低さを感じる。

で、語彙を覚える簡単な単語帳機能のところで、語彙と意味と、例文とか見てて。(もう、中国語の漢字を日本語の漢字にしただけやん、みたいなのが多いので、意味は英語で出るようにして、英語の勉強にもしようと思って)

で、単調なので、Kindleの中国語の本とかも見てて。

午前病院に睡眠導入剤もらいに行って。離れて座るように指定されてるし、すぐ順番来て薬もらって帰れたんだけど。

午後、養成講座の授業が再開、というので、自転車乗って行ったんだけど、

中級の授業の1課の授業で、自分も自粛開けたら中級の授業入るし、復習しようかと思って。

お昼休みに行って、コンビニで買ったパウンドケーキとお茶してたら、ほかの生徒さんが、私がいつも授業を聞きに行っていた先生の授業じゃないよ、と行ってくれて

なんか、めっちゃしんみりした顔で、その先生はもう来ないみたいな話をされて

私自身は、今日、その先生から、コロナ後の日本語教師の仕事に対する考えを聞きに行きたくて授業を受けに行ったのだけど、確かに、これを機に、テレワークとか、オンライン講座をするとか、もう新しいことを始めてしまっているのかもしれないけど。

生徒さんの一人に、しんみりとした顔で空気読んでね的に言葉数少なくで伝えられたから、わかんないんだけど。

だから、もしかしたら、遠方から来られている先生だから、通勤で長いこと列車に乗らないで済むように、しばらく休むってだけのことかもしれないは同時に思って。

まあ、どっちにしても、私もう卒業してるのに来てたんですが。

ネット上で、それなりにキャリアのある人の、日本語教師、これからどうあるべき、は見れるんだけど、もとが、日本語教師こうあるべき、を授業受けた養成講座の先生から影響受けたと思ってるから、現状をどうとらえて、どう進むべきと考えてはるのか、それはめっちゃ聞きたかったんですが。

まだ問い合わせてないけど、ボランティアするつもりで、もし仕事が元通りに戻っていくとしたら、養成講座、卒業してるのに通っているのを、ボランティアに置き換えていかないといけないかもしれないは思ってたんだけど。

まあ、それでも、日本語教師の準備が楽な週とか、技能実習の仕事が少ないとき、教案が思ったより早く仕上がった週とかに、フラッと寄れたりはするだろうと思っていたんだけど。

まあ、自分、びっちりノート書くタイプだから、ノート見りゃ授業で言うこととか、聞かなくてもわかるんだけど、今日本語教育の界隈で起こっていることとか、先生の教えた、もしくは知っている日本語教師のひとの話とか、よその日本語学校の事情とか、先生がいままでした授業の話とか、実際に今養成講座で教えているときに、生徒さんから意見引き出すときの方法とか、そういうのが聞きたかったり見たかったりして通っていたんだけど。養成学校、いろんなポテンシャルの生徒さんいるけど、その人の持っているいいところを伸ばしていくタイプの先生だと思いますね。まあ、もともと、日本語教師とか、日本語ボランティアとかにかかわる人たちが、その先生がいいよって口コミで新しい生徒さん呼んでることが多い学校なので、もともとある程度知識があって来ている生徒さんが多いんですが、それぞれの生徒さんの持ってる味みたいなのを活かしていくというか。(未だに養成学校、春の入学キャンペーンやってるよ。私が入学するまえから今も常春なんだけど、併設の日本語学校の校舎増やす余裕あったら、HPの更新とかどこかに頼んだらいいのに・・・・)

むうう。(思考停止中)

で、今日は、パウンドケーキ食べた後帰った。

昨日ジュンク堂で、Noneに頼まれた本を買いに行ったのだけど、間違えた本を買って帰ったので、帰り道に寄って取り替えて。

まあ、今日、病院から帰った後、Netflixで「兄につける薬はない」を見てて、途中で養成講座行く時間になったから途中で止めたのでも続きを見ようかと思って。

ボランティアは、もちろん私のスキルとかで受け入れてもらえない、とかはあるかもしれないけど、参加可能なら行きたいと思っていて、でも、さすがにこの時期「ボランティア希望です」言うても、混乱しはるだけやろう、みたいに思うのでもうちょっと自体が安定するまで申し込まないでいようと思っています。

正直、短大出た後、普通に就職して、まだバブルはじけてないのとかもあるけど、家庭に問題があったこととかをわからないようにして職場の人と話を合わすとかが苦痛で、職場の人と話を合わすために見たくないドラマを見、一般ウケする会話ができるように努力するとかむなしくて、社会人大学卒業した後、酔っ払いのオヤジとか、今なら冷静に対応して、社会復帰のために協力できるんじゃないかと思って、そういう仕事探したら、心理学とかで院出て、資格持ってないとできないとかばかりで、結婚相談所とかで、それなりに教育費出せる人と結婚して、子どもが将来成長したときに、なりたい仕事が学歴とか資格とか関係あっても、手を伸ばせば手に入る状態にまで育てたい、があったんだけど。

主人から生活費援助あったり、Noneが就職して、生活費援助してくれたりとかで、私自身がまるっきり無職になるつもりはないけど、じぶんがやりたかったことを、ボランティアでもいいからできる身分になれないかなあ、みたいに思って。

私自身、子どもの時に、ピアノ教師の母親が「ピアノで食べていける人」しか将来の選択肢を与えてくれてなかたり、小学校に行って、それなりに話があう友達ができたのに、高学年になってその子たちがみんな塾に行って、自分だけ呆然と公園で時間を潰すことになって、そういう塾に行ける子と自分の就職の選択肢が違うことを思い知らされたり、(残された私、べつに公園でクリエイティブになったわけでもないですしね)中学行ったら母から、「将来はお父さんがつきまとってお金せびって、あんたにはまともな就職ないで。」言うて呪われて過ごしましたし、高校はバイト漬け、高2で父が亡くなって、「まともな就職」の可能性ができて、1年の準備期間で入れた、英文科短大と、バブル期だから可能だったマイナー家電メーカーへの就職をはたしましたが。

じぶんが、普通の家庭環境だったら、どんな仕事に就きたいと思ったかな、というのは、自分の人生を遡って考えても、想像がつきません。

でも、人間なんて多かれ少なかれそんなもんだと思うんです。

親が得意なこと、やれば有利になると思っていること、やろうと思ってもできないこと、などなど、の、影響を受けないことの方が無理だし、必要なのは親の愛情と、その子どもへの理解があれば、子どもを「ありのまま」みたいな、私から見たら隔絶したような環境に置かなくていいと思う。

プリントとか、今でもワルモノの権化みたいに言うひとおるけど、児童心理を考えてつくられたものとかもあるし、作業じゃないものもあるし、私自身、今はICTとか、もっと子どもが楽しめるものあると思ってるし、自作することすらできると思うけど、親がパソコン音痴とかなら、市販のプリントのコピーでもしかたないと思うし、なんなら手書きでもいいと思うんやけど。(このへん、ちょい、例のブログとか気にしてるやつな。英語、普通の人ドン引きするぐらいかけ流すのOKで、プリントやったらなんで批判やねん、思て)

今、ボランティアやりたいな、思って。ハンディキャップのある人生の中で、選択肢がものすごい限られてたけど、選ぶ側になりたいな、があって、

選ぶ側、で思い出したけど、牧師さんの奥さんに、「決まってるとこあるんでしょ?」にキレたのも、そのへんのことで。

Noneが「決める」側にあると考えてもらっているのではなく、学校側が決める話をしていて、もちろん受験なんて大学が生徒を選ぶんだけど、まだ受験が終わっていない子どもを持つ親に、選択肢を学校側にして会話しているところが許せなかったんだけど。(まあ、たぶん、牧師さんの奥さん、下っ端の教会員の子どもなんて、進学先がどこかあてがわれたらもうそれでいいや的に思っていたんだろうけど)

まあ、仕事辞めたとき、普通に再就職探せばいいのに、ゲーテインスティテュートに通いたいから、午前中だけ働けばいい仕事さがすとか、夜間の社会人大学行くとか、与えられた条件の中で、私なりに選択はしてたなと思っていて。(もちろんね、普通に再就職するのも、立派な選択ですよ)

今、日本語教育どうあるべきか、悩んでいて、今やってる仕事、全部続けるけど、いま見つけた選択肢に、オンライン教師と、無料のボランティアあるけど、無料のボランティアのほうをやりたいなと思って。

って、ボランティア言うても、行ったら元教師の人ばっかりとか、大企業を定年したシニアとかばっかりで、自分とか受け入れてもらえない、は、十分ありえるんだけど。(やりがいのあるボランティアあるあるやねんけど)

って、今日養成講座の教室の行き帰りに、

21 Lessons: 21世紀の人類のための21の思考

のオーディブル聞きながら走ってたんだけど、自由選択って人間はしてるのか、みたいな話のところで、自分が社会人大学行ってたときも気にしていろいろ文献読んでたところなんだけど、

まあ、今日言ってる、ボランティアしたい、っていう決断が、自分の生い立ちとか、現在の状況とか、自分の遺伝情報とかから、動かされるようにそう思うようになっているのか、そうではないのか、そういう、環境や遺伝などで置かれている状態から切り離した決断を人間はできるのか、みたいな話で。

自転車乗りながら聞いてたから、答えとか聞こえなかったけど、たぶん、そもそも答えを言っていないと思う。

なんかね、考えさせられたのが、AIが、その人の環境とか境遇とか性格とか身体データをとって、その人と同じ判断をすることができるのか、そして、もし、違っていたら、それはAIの計算ミスなのか、人間の方の判断の誤りなのか、もし、人間の判断よりAIのほうが、その人をよくする判断ができるとしたら、人間はAIの判断を頼りにして生きていけばいいのか、みたいな話をしていて面白かった。(チャリ乗りながら聞いてた記憶だから、正確に記憶できてないかもしれないし、もしかしたら全然違う話をしていたかもしれない)

まあ、いろんな意味で、人生の選択を考えさせられている。

境遇から自由にものを考えられるようになることがいいことなのか、境遇を踏まえた上で、その人の人生にとって一番の選択ができればそれでいいのか。

辛い過去に影響されない判断って、できたらよさそう、って思うけど、辛かろうが楽しかろうが、今置かれている状況を、今できる最善の選択ができたらどっちでもいいのかもしれない、も思う。

って、「兄につける薬はない」続き見て、きのう書きかけた数週間先の教案続き書くかもしれないし、思いついたことします。

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ

にほんブログ村

教育はもっと変わるんじゃないかと思う。

昨日、っていうか一昨日オンライン教育による教育格差の話を書いたんだけど、やっぱり同様の希望が多かったのか、今日夕方ニュースを見たら、大阪市は小中学生全員にパソコン1台と必要な人にWiFi環境を提供することになったということで、すごいなと思った。

正直、府知事の吉村さんイメージがクリーンだけど、市長の松井さん、イカつくて怖そうやわー、とか、前からNoneと言ってたんやけど、ええとこあるやん、みたいに今日話してて。(生々しすぎる市民の声)

大阪市には、授業動画とか流してるって聞いてたけど(ニュースで途中から聞いたからちゃんとわかってないけど、生徒だけアクセスできる動画授業とかあったとか聞いてた)コンテンツの充実を今以上にやってくれたらいいなとか思う。

大阪市民としては、大阪発の学習ソフトの会社、「がくげい」とコラボしてくれたらいいのに、とか思う。もと大阪で学校教員してた人たちで作った会社だったと思うし、学校の授業に使えるアプリとか、がんばって作ってくれそうに思う。

小学校の時、Noneとか、めっちゃがくげいのソフトに頼って勉強してたし、まあ、Noneそんなカシコやなかったけど、文理10高校につながる学力とか、いちおう一例としてうちの家がそうだと思う。

None一応そのあと塾行ったけど、正直苦手な数学は塾でもついていってなかったし、得意な科目は受けなくても一緒だったらしいし、受験に必要な情報と、高い目の学校受験しようという空気に触れるために行ってたようなものだから、それを学校とか、ほかのところで用意できたら、高校受験は頑張れるんじゃないかと。

って、そんな高校受験で頑張らなくても行ける大学にNone行ってるけどねー。まあ、女子大とかイヤとかいわなければ、センターで国公立大学判定Bもらえるぐらいの成績はあった。

まあ、このへん、大学授業料無料になるひともいるから、また違う話の人もいるんだろうけど。

None実は、大学受験の時、人とぶつかってスマホ落として画面割って、そのあと落ち込んだりコロナ自粛だったり、直しに行く機会失ってたんだけど。

Noneオンライン授業始まるし、私も緊急事態解除とかで仕事用意しないといけなくなるし、今直しとかないと、直しに行くタイミングなくなるでー、って昨日言ってて、

ネットでアップルの正規の修理できるとこ探したら、今開けてないところばっかりで、数少ない修理の場所が、今日午前あいてたところと、そのあとは一週間以上先で、自分仕事入り始めたらややこしくなるかもって思う時期で、

Noneはその時間、オンライン授業で、行けないっていうけど、もうここで直しておかな、みたいに思って、私が代理で行って直してもらってきました。

移動に時間かかるかもと思って早めに行ったら早すぎて、店の人にめっちゃ迷惑そうにされる。(前のベンチで待ってていいですか?って聞いたら、めっちゃ間があいて、ホンマはイヤやって言いたいねんけど、言えませんでした感あって)

待ってる間、iPadで中国語でピンカー読んでて。

家帰ってから、ツイッターとかブログとかで日本語教師のこと書いてる人の見てたら、これからの日本語教師の需要自体を疑っている人たちがかなりいて、オンライン授業のテクニックとか論じてる場合じゃないだろう、みたいなのはある程度言えてるなと思うんだけど、私自身は日本語教育だけじゃなくて、この大阪で小中学校パソコン1台とかから予測される可能性とか、すべての教育にICTがどう活かされるかをどう日本語教育にも応用できるかを考えたいし、いま、すべての職種に考えられるテレワーク化にも思いを寄せたい。

そのテレワーク化とかを考えると、今外国から日本に働きに来ようとしている人たちの職種が時代にあったものかも必然と問題になるんだろうと思う。介護とかコンビニのレジとか、農業労働が機械やロボットがするものになったり、日本での賃金が他の国の賃金に比べて有利なものにならなくなることも当然考えられる。

そんなときに、日本語という言語が、学ぶに値するものになるには日本の文化をもっとレベルアップしていく必要があるんじゃないかなと思う。

自分がいた中国語教室にいたイタリア人とか、なんか話とかいつもセレブっぽかったから、先祖とかたどったらメディチ家とか言うやつちゃうん?とか思ってたけど、就職とか日本の大企業だったりしたし、日本人がやりたくない仕事につく人への日本語教育ではなく、日本人と対等とかそれ以上の仕事につくひとの為の日本語教育を目指すべきだし、(強面父さんだったかしら、9月入学になったら、優秀な外国人と就職を一緒に戦わないといけないと行っていたのは。記憶違いだったらごめんなさい)またその家族とかの生活のための日本語だったりするべきなんじゃないかと思う。

って、それ気になってたら、公認日本語教師の資格とかどうなってんのとか気になって、調べたら、自分が経過措置とかの扱いになるだろう、みたいな話を見て、できればそうであってほしいと思った。

日本語教育能力検定試験の合格者とか、どういう扱いになるんだろう。自分としたら、戦前戦後に日本語教育に携わった人の話とか、全然知らないのとかよくないだろうと思うんだけど、検定で問われるような、教育方法とその提案者の名前とか、誰がどれだったとか、ちゃんと覚えておくより大切なことがあるような気がして、それに時間とられるよりは、間接法のための外国語とか、外国人が興味を持ちそうな日本文化とか、エンターテイメントの知識を持つ方に時間を使いたいという気持ちが強いために、(あと、養成講座とか、ベトナム人学習者とか少なかった時代のテキストだったから、比較言語学そのへんあんまり習わなかったし、授業やってて、ベトナム戦争とかちゃんと勉強してないと、とかあって、日本語学習者の少ない国からの生徒が多い先生とか、必要な知識が日本語教師によって違うようになってきているのではないかと思う。)

なんか、教師に求められる資質のところで、「学士」はめっちゃ言われてて、学士とってないけど、検定受かって日本語教師になったひととか、どういう扱いになるんだろうと思ったりした。

英語で、各国語を学ぶアプリに、日本語も入っていて、今日の昼は、英語で日本語を説明する動画をずっと見ていた。

正直、ならった文法項目だけで会話を成立させていこうとするところが、めっちゃ不自然で、そんな会話する日本人おらんで、みたいな感じだったんだけど。

まあ、構造シラバスあるあるなんだけど。

ほかの外国語、文法説明基本的な会話でも、習ってない文法項目の話も混じってて、間接法で習ってないことも訳されていて、そういうところは無視して、習っている文法項目に注目して授業を受ける、というものなんだけど。

日本語教える授業の日本人アシスタントの英語のコメントなんだけど。

The best way to learn Japanese, particularly if you want to improve your communication skills is to watch and study contemporary Japanese videos. That’s because we often use expressions that aren’t necessarily introduced in grammar text books in daily conversation. The biggest mistake that I see learners make is watching and mimicking what they see and hear in anime, and to a lesser degree Japanese dramas. A lot of expressions used in anime are not commonly used in daily conversation, as their reactions are often exaggerated. The same things happens in Japanese dramas too, but to a lesser extent.

訳すの面倒なのでグーグル翻訳さんに頼ると、

日本語を学ぶ最も良い方法は、特にコミュニケーション能力を向上させたい場合は、現代の日本のビデオを見て勉強することです。 それは、日常会話では文法教科書に必ずしも紹介されていない表現がよく使われるためです。 学習者が犯す最大の間違いは、アニメで見たり聞いたりするものを見たり、模倣したりすることです。 アニメで使用される表現の多くは、反応が誇張されることが多いため、日常の会話では一般的に使用されません。 日本のドラマでも同じことが起こりますが、程度は低くなります。

まあ、仕事ではティーチャーズトークとか守るけど、自分が英語とか中国語とか上達していく中で経験したことも踏まえると、未習語、未習文法使わないとかあまり効果がなくて、そりゃあんまり知らない単語知らない文法多かったらダメだけど、そこは間接法で理解可能なインプットに変えて、習った目的言語のテキストが自然で面白いもので記憶に残るものであるほうが大事なんじゃないかと。

まあね、アジアの、日本人でその言語話せる人が少ない国で、英語もできない人とか、実際今多くて、日本で、日本人がやりたがらない仕事に就きにきているひとたちとか、そういう人多いんだけど。

いろんな意味で、これからの日本語教師の仕事がどうあるべきか考えさせられてしまう。

って、なんかまたまとまりなく長くなってしまったよ。日本語を英語で習うアプリ、absolute beginnerの1だけでレッスンが146ある。今みたら、ある意味「うんざりするほど」absolute beginnerのレッスンがあり、beginner、intermediate、advanced、それから語彙のレッスンなどのbonusのレッスンがそれぞれたくさんある。今日初めてチェックしたけど、中国語やほかの外国語より用意されているレッスンが多い気がする。

iPadでできるだけそれらをチェックしてから寝ようと思います。

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ

にほんブログ村

セミナー受けてた

今日は、Zoomの使い方のセミナーとか、ネット集客のセミナーとか、オンラインでしているのに参加していた。

Zoomの使い方は、実際自分がZoomで授業でやれるかも、みたいな使い方を、実際にZoomを使って教えてもらえて、せっかくZoomやのに、画面の前でアナログな授業してるだけ、みたいにはならないぐらいの知識は習う。数千円のセミナーだったけど、実際リアルな日本語のZoomの授業ができる用意ができたので、お金出した価値はあったなと思っていて。

フリーランス目指すための講座とか、薦められてどうしようかと思ったけど、そちらは講座の料金がちょっと自分が思う採算に合わなくて。

なんとなく、けっこう私から見たら高いレートの授業料出せる生徒さんを集める予定で受ける授業みたいだけど、今日受けたセミナーから推測するに、自分のリアルの知り合いからつながっている人でそういう人を探さないといけないんじゃないかと思うし、

いや、私、貧乏人のタタミイワシの中の一匹みたいな人間やし、つたってもつたっても貧乏人しかつながっていない気がする

ということと

たぶん遺族年金もらうつもりやったら、たぶん旦那の扶養からはずれたらアカンのやと思うから、その授業料で、その人数おしえることはできなくて、そんなに稼がない予定なら、そのセミナー代の元をとるのは大変そうだなあ、

みたいなことがあって

でも、授業の作り方とかは、聞きたい気はする、があって

まあ、その金額の授業料を、少しだけやって、仕事たくさんしないで稼ぐ、も、いいなとは思うんだけど、でも、やっぱりできる気がしない。

今日のセミナーを受けて、悪質な勧誘を受けたとは思ってないんだけど、Zoomの使い方とか教えてくれるとか言うのは、今日少し空気つかんだから、あとツイッターとかFBとかの情報をもとに、自分であるていど調べられるんじゃないか、があったし、集客については、自分はセミナー受けてもでけへん気がする、というのがあって、迷っている。

ブレークルームで一緒になった人が、中国人相手のオンライン日本語教室で働いているというので、で、予約入れられる時間が、24時間より前にしないといけないとかいうところなので、いいですね、って言って、名前教えてもらったんだけど

漢字を聞かなかったから、検索しても出なくて。せっかくの情報を台無しに。

以前オンライン教室、登録したところは、30分以前まで予約が入れられて、それに気づかずに授業をしそこねたら罰金取られるので、生徒が来ない日も、予約が来るんじゃないかと心から自分がやりたいことに集中できないのが嫌で、その教室に授業を入れなくなった。

その人は、けっこう若くてカワイイ女性だったから、予約とか入りやすそうだなあ、とか思って、実際、オンラインで登録するタイプの教室で、おばちゃんはハンデあるよな、とか思ってて。カワイイ女の子とか、日本語そんなに勉強するつもりじゃない人でも、予約して25分しゃべりたがったりしそうだもの。

まあ、自分の気のせいかもしれないけど、スカイプとか、自分が普段鏡を見ているときよりも、小じわとか目立って、自分で怖い顔やって思うぐらいなんだけど、Zoomやったらそんなに皺が目立たなくて、ニコニコして画面に映ってたら、自分けっこうカワイイやん、おでんくんみたいで、みたいに思う。

若い男性がデート気分で受講するのとかからは除外されるんだけど、本当に日本語習いたい人から、阿姨(おばちゃん)感覚で授業受けに来てもらえないかなとかは思う。

で、先生業がどうやってオンラインで集客するかのセミナーが、何名様記念とかで無料とか言うので申し込んじゃったんだけど、

まあ、最初の10分たってないんじゃないかってところで、集客相手が日本人ってとこで、来るとこ間違えた、ということに気づく。

ホームページの作り方とか、そんな話してて、画面では日本人向けのホームページの話してるんだけど、中国語でホームページ作れたらいいなとか思うようになって、もうセミナー無視して、iPadで中国語の勉強しはじめたり、ほかの日本語教師の先生どんなブログ書いてるのかなとか読み始めて、Zoomで見られてるのわかってるけど、もう全然参加してなかった。

ブレークルームで、何人かと話したんだけど、みんな、思ってたのと違うねえ、みたいな話してて。

なんか、全然聞いてなかったんだけど、これも、途中から数十万のセミナーを紹介するものになって、最初のほう、見られるホームページの話とか、積極的に参加していた人が、後半青くなってるのが見えた。

まあ、ちょっと、中国語の勉強とか英語の勉強かねて、英語や中国語のブログ書けるように準備できたらいいなあとか思うことができたのは、一応の収穫かなあと思った。

今日午前中、英語の勉強しようと思って、Netflixで、英語の字幕のある日本のアニメで面白そうなの探して

なんとなく僕のヒーローアカデミア見たんだけど、けっこう好き。

けっこう英語に訳しにくそうな、ナチュラルな日本語なんだけど、字幕の英語の方は、そんなに難しくない、もとの日本語の意味やニュアンスを考えた訳になっていて、日本語聞いて、英語(の機会読み上げ)を聞いて、の、交互をしていました。

もちろん、英語のコンテンツを、日本語字幕と英語字幕の両方で見て、英語オリジナルの音声を聞くのでもいいのだろうけど。

日本の漫画とかにある、芸人みたいなボケやツッコミがどう訳されているかは面白い。

まあ、私の務めてる日本語学校、ちょっとパソコン疎い人が多そうだから、オンライン授業とかないんじゃないかしらと思ってるけど、まあ、パワポ教材とか、作る時間くれるんだったら、Zoomで授業してくださいって言われても、大丈夫な状態にはなった。

まあね、お給料いただけたので、数千円のセミナー代とか、助かっているんだけど。

Google Classroomも、ちょっと私テンパってたから、聞いたこと全部わかってなかったんだけど、無料だし、YouTubeでいろいろ使い方教えてくれてますね。

まあ、今日は、どんな調味料があって、見本の料理を少し味見させてもらったぐらいのことだから、明日明後日すぐ自分の授業を作れるかというと難しいんだけど、今日見せてもらった教材を、自分流に作るとか、授業に使えそうな動画探すとか、できそうなことは頭に浮かぶ。

って、ちょっと疲れて眠いです。

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ

にほんブログ村