TEDICT気に入った

今朝は技能実習生の仕事。朝行くときに、乗るつもりでいる電車にもう少しで乗り遅れるところだった。たぶん、次の電車でも遅刻はしないけど、新大阪発の電車じゃないと、すし詰め状態だから、間に合ってよかった。

その電車は、今日はちょっといかにも欧米人、みたいな人がたくさん乗ってて、タブレットで英語とか勉強するのとか、その欧米人を意識してるみたいに思われたらイヤだなと思って、以前中国語のニュースをPDFにしてからワード文書にしたものをキンドルに入れていたものを読んでいました。

気づいてなかったんだけど、隣に座っていたのが欧米人で、私がキンドルの中国語辞典(中国語を中国語で説明するもの)を使いながらニュース読んでたら、ちょっと顔を覗き込まれました。

仕事は、普通にしてました。

今日もお昼休みにベトナム人の人と話していて、私が日本語を教える方は、テキストとか使わずに、仕事のことでわからない日本語があったら説明していくことに。で、ベトナム語のほうは、今日は図書館で借りていたほうの本で、簡単な単語の発音チェック。

ボランティアに行った場所でチェックされるよりは、細かく発音チェックされていて、ちょっと嬉しい。

文字を読もうと思っちゃダメだっていうことに気づく。聞いたままリピートして、牛乳のことはこういう、みたいな覚え方していって、発音できるようになってから、どういう表記かを見て行く方がいいと思う。

で、仕事前に休める場所で、ちょっと中国語とベトナム語をしてから、BBCのアプリをiPadに入れたんだけど、TEDのほうが楽しい記事多いよな、と思って。

ボイスチューブとか前に紹介したけど、数をみたいと思ったら有料サービスになるし、TEDICT久しぶりに見るかなと思って

って、iTunesアフィリエイトのアプリ紹介って今お金もらえなくなってるんだけど、やっぱこのほうが見栄えするよね。

これで動画を見ると、日本語と英語の字幕が両方いっぺんにみれる。

けっこう気に入って、同じ動画何回も見たり。

で、そのあと教育機関の仕事。

たくさんミスをしたひとが誰か分かった。めっちゃ注意されてた。

別に、その人は、他の人を困らせようとして、早く採点して間違ったわけではなくて、早くしなくちゃと思って、間違えて採点したんだと思うから、可哀そうだと思ったけど、注意されてる内容から聞いて、そこまで間違うまで焦っちゃダメだよな、は思った。

まあ、私は、早くタイピングするのの、限界みたいな仕事続けてきたから、ここまで早くやったら、それ以上早い人めったにいないこととか知ってて、自分が正確に採点するのにかかった時間を、そんなに他の人が抜かせると思ってないから、字が汚いとか、わかりにくい部分で時間がかかっても、誰がやっても時間かかると思って焦らないでいられるんだけど。

間違ってたひと、若いしな。他の人が早かったら、焦るのかもしれない。

今日もちょっとだけ残業で、家帰って、明後日の模擬の実習の話し合いと、パワポの仕上げ。

なんとか形にはなったと思う。明日の授業で他の人にチェックしてもらうつもり。

じゃあ、Noneから、日付変わる前に電気消して寝てと言われてるので寝ます。

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ

にほんブログ村

オーストラリア専門の留学手配会社だから情報量が違います!!!!
アイエス留学ネットワークはオーストラリア専門の留学会社です。
取り扱い国の多い留学会社ではアメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリアなど
数多くの留学先の学校情報を把握しなければなりません。
当社はオーストラリアを専門としているため、
オーストラリアの学校に関する情報量・質が違います。

]

どのレベルまで外国語を学びたいかについて

朝、起きて、布団の中で、英語で中国語を習うアプリの、初級コースをテキスト見ないで聞き取る練習とか挑戦しつつ、何度か寝落ちしたりしました。

今日は、久しぶりに礼拝に。

思想についての話がいくらかあって、エリクソンとかの名前とかその概要とかの話も合ったんだけど、東洋思想の話とかもあって、論語とか学生の時に読まはった話をするんだけど、日本語の書き下し文でちゃんと言ってはって、韓国で論語読むときにどう読むのかわからないけど、とにかくすごいな、と思って。

昨日、中国語サロンに行ったとき、中国人の観光の専門学校の先生が来ていて、臨界期とか、語学学習の専門的な話を、日本語でしていて(板書はちょっと臨界期、中国の漢字で書きはったけど、多くの専門用語を含む話を日本語でしていて)

私自身、このレベルのことを扱える外国語学習にあこがれているし、(ただ若干、論語も臨界期の話も、日本人が作った話ではないので、外国人が学びたがるようなことを日本語で話せるような、高い知識が日本オリジナルでもっとあればいいのにとは思ったけど)Noneにもそうなって欲しいと思って英語をさせようとしたのだけど。

まあ、アメリカ人とか、英語話者になめられたくないからという理由で英語を教える某おうち英語老舗とか、なんか、日本人として恥ずかしいんだけど。

東洋思想については、最近サンデルさんの本が出てて、読みたいと思っていたところだったから、なんかいい機会だな、と思って

サンデル教授、中国哲学に出会う

今日、お昼から、敬語を外国人に教えるテキストをジュンク堂に見に行こうと思っていたから、ついでに見せてもらおうと見に行きました。

西洋思想のなかで、中国の体制に疑問を持たせるような部分とかに中国の講演でサンデル氏が触れそうになったら、サンデル氏に当たるか当たらないかのところにボールが投げられたりした話とか、中国のひとと、どこまで話すことが許されるのか、知るために買って読みたいなと思いました。

春休み、Noneと遠出する予定なので、その移動時にタブレットで見れるようにキンドル版買おうかなと思いました。

ついでだけど、

ハーバードの人生が変わる東洋哲学: 悩めるエリートを熱狂させた超人気講義 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

最初、上の本の文庫かと思って見過ごしていたけど、別の本で、いま京大で一番売れているらしい。なんか、東大やのうて、京大なんがなんとなくわかる。

これも、キンドルで買いたい。

敬語の日本語を学ぶ本のそばの席で読んでいたので、日本語の書籍の本棚のところだったんだけど、ドイツ語を話す、金髪の、いかにもドイツかオーストリアから来ました的な青年と、若い日本人の女性で、けっこう上手にドイツ語話す人が一緒に来て、本を選んでいる。

彼らが話しているドイツ語のスピードはそんなに速くないけど、全部は何を言っているかわからなくて、でも、テレビ放送とかドラマよりはゆっくり話しているから、その状況を羨ましいなあと思って見ていました。

昨日、中国語サロンで、中国人の観光の専門学校の先生は、内モンゴル出身で、田舎から出てきて、日本の大企業の通訳として最初仕事したんだそうだけど、もう、ドライバー取ってきてくれと言われ、それができなかったらクビになると思って、でもドライバーのことを運転手だと思って、必死で運転手を探した話とかを聞いて、仕事を得るのに、最初ものすごく怯えていた話を聞いて、なんか、重なるところあって

自信満々の某おうち英語老舗の教祖とか思い浮かべて、あんなんは絶対人間としてイヤやなあと思った。挫折知らんらしいし。

まあ、いろんなひとおるから、そうして生きていたくて、それに同意してくれるひともたくさんおるからいいんやろうけど、社会に怯えて、子どもに武器になるように教育に力をいれているのを、虐待よばわりして、いかにも自分らエエ人みたいにしてるのはホンマ嫌や。

弱みを見せたくない人はそれはそれでいいけど、私は、自分が不完全であることを認めて、相手の不完全な部分も受け入れて、痛みを分かち合うような生き方をしていたい。

まあ、弱み見せたその時点で、自分が勝ち組みたいに、上から目線で口をきいてくるような、マウントするのが好きなサル山から来ました的な人とか、けっこうしょっちゅうあって、閉口するんだけど、自分が知ってる本当にすごい人って、そんなにマウントしようとかしてなくて、基本私的には、そういうマウントしたがる人は、スルーして、自分の生きたい生き方を通していきたいんだけど。

(基本、私の記憶では、相手のことを詳しく知るより前に、先にマウントして優位な立場につこうとかするタイプの人とか、長くつきあいたいなと思うタイプのひとであったことがないし。ホンマ、そういうことされると、間違って動物園の檻に入ってしまった気分になる)

海外とか、それじゃ通らないとか言うひといるかもしれないけど、基本私これから先、日本どころか、大阪から外に出ることもめったにないと思うし。

大阪に来る外国人のために、その人たちが話す母国語には興味はもつけど。

って、東洋思想覚えたらもっと生きやすくなるかしら。

なんか、読解力なくて、そんなに悪いこと書いてないとかしてないひとなのに、評判がわるそうとかそんなんで、みんなで寄ってたかって悪者にして集団的に気分をよくしようとか、そいういう日おtの方が仲間は多かったりするんだろうな、とは思うんだけど。

で、そんな人が、子どもが勉強するより、人と会話して欲しいとかいうの、同じように、自分の勘違いとか間違った情報とかを、人に話すことを恐れないで生きていくことを子どもに求めるとか、信じられへんし、とか思ったりはしたんだけど。

受験問題とか、それは、私も、面白いものだけだとは言えないけど、ある程度、志望の大学に入るのに必要な科目を選んで勉強するとしたら、私なら歴史とか楽しかったし、東大とか、超人的な学力求めるような大学を目指すのでもなければ、みんなたいがい歴史の中でも自分が得意なところに重点を置くとか、そういうので合格できるようにしてるよね、みたいな。(別に、私が苦手だった生物とか、地理とかでもいいけど)

東進の先生とか、クイズ番組で解説してる部分だけ見てても、生活するのに必要な知識をみにつけようと思っていれば、受験科目の中で、面白く勉強できたりもしてるよな、と思う。

私は、受験である程度の知識を得て、自分が勉強したいと思った大学の学部に行ったひとのほうが話していて面白いし、受験勉強せずにおしゃべりしていたひとたちより、受験勉強して、乗り越えた人たちと会話できるほうが楽しいと思う。

まあね、こんなん書いてても、勉強するのキライな人は、中身とかみてくれてなくて、攻撃的に感じた単語とかだけをもちあげて、私を悪者あつかいしているんだろうけど。

別に、お勉強した人と話したい人と、そんなのいらないから話したい人と、その人の好きな方選べばいい話だと思っていたけど、先日見たブログの内容からしたら、お勉強するほうが、なんか、人間性ないみたいに書かれていたから、ちょっと気になってはいたんです。

この数日、いろんな外国人と話して、やっぱり、ある程度以上の知識を持っているひとの話を聞いている方が、雑多な世事を聞いているより楽しい。それは、ひとの価値観だから、そういう人を否定してはいけないけど、私自身は、そういう、そんなに勉強しなくても得られる知識の話をするんなら、家で母国語でバラエティ番組とか見てて、その感想をきんじょのおばちゃんと大阪弁でするような暮らしでも大差ないと感じている。

やっぱ、じぶんのじいちゃんが、よりよい暮らしが大阪でできると思って沖縄からやってきたし、(父が子どもの時に死んでるので、会ったことすらないし、父にとっても幼い記憶にしかないひとだけど)私にとって外国で暮らそうとかするのとか、そのために外国語を勉強しようとするのとか、よりよい暮らしを求めてするものだと思っている所があって(べつに、そうじゃないひともいていいけど、私は、そういう、よりよい暮らしを求めるひとのほうが、人間として共感できる)

ああ、母国よりいい暮らしができると思って日本に、大阪に来る人の応援がしたいし、できたら、英語とか、他の外国語ができたら、よりよい暮らしができると思ってそれを勉強する人のためになる情報を流していきたい。

とか言って、私がその各国語勉強したり、日本語教師の勉強したり、教育機関の仕事がもっとできるように、学校の勉強復習しようかなとかなってて、ブログ書けない日が増えてはいるけどね。

でも、今ユーチューブ見てても、英語で話しているのに、自動で英語字幕つけられるものとかも増えてきているし、正直、ひと昔前のひとが、英語身につけられなかったのは、自分の興味のある内容を、音声のある素材で触れられる機会が少なかっただけで、それが増えた今、アラフィフのおばちゃんの私でも、この最近で英語とかその他の外国語、前より聞き取りやすくなったと思っているぐらいだから、英語できる子、そんなおうちで家族で話してとかしなくてもできる子増えていきそうだと思うんだけどな。

まあ、めざしてはるものが、うちとはぜんぜん違うものだから構わないけど。

私は私で、私の母国語の日本語で話しかけていて、Noneの日本語が、ふつうよりできることで満足しているから、英語で話しかけていなかったこととかはそれでよかったと思うんだけど。(って、Noneが2歳ぐらいまでは、英語でも話しかけていたし、子守歌とか英語だったんだけど、日本語が遅れたせいで、近所の子からいじめられ始めたからやめたんだけど。殴られたら、殴らないでと言えるように、親に殴られたことを報告できるように)

今、ユーチューブでTED Teen見てて、(なんか、オースティンパワーズに出てた子役の子がポリグロットになったみたいだけど)

ネルソンマンデラのセリフに影響を受けたとか言って、画面にそのセリフが書いてあるのが印象的だったので、メモ代わりにここに書いておきます。

“If you talk to a man in a language he understands, that goes to his head. If you talk to him in his language, that goes to his heart.”

まあね、英語が話せれば、世界中の人と話せると思っている人とかに、ずっと違和感は感じていたから、なんかちょうどいいなと思いました。

まあ、日本語教えて日本語で話すのもアタマにしか行かないのかもしれないけど、すくなくとも英語で話すよりは腹から物が言えるなと思っています。

他の外国語も頑張りたいです。

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ

にほんブログ村

オーストラリア専門の留学手配会社だから情報量が違います!!!!
アイエス留学ネットワークはオーストラリア専門の留学会社です。
取り扱い国の多い留学会社ではアメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリアなど
数多くの留学先の学校情報を把握しなければなりません。
当社はオーストラリアを専門としているため、
オーストラリアの学校に関する情報量・質が違います。

]

言語の学び方を考え直す

今日、朝ゆっくり起きて、今の中国語教室へ。

うまくいえないけど、今の中国語教室は自分には合ってないと確信する。

教科書のレベルと、フリートークになるときのレベルが一致していない。中国に住んでいたとかで日常会話ができるひとはついていけるけれど、日本で勉強してその教科書のレベルの人には合ってないと思う。

今行っている中国語教室は、中国に留学していたとかの人がほとんどだから、私が抜ける方がいいんだと思う。

授業のあとで、次のタームを続けるかどうかの相談をしましょうと(電話で、前回払った1年分がいつまでか聞いたので、やめそうだと思って先手を打とうとしたのだと思う)言われたけど、先週体験に行って、もう移ることを決めていたから、その話をして、ちょっともう次のところにお金でも払っているように誤解されたような感じはしたけど、止められることもなく、辞めることで話がつく。

今日は先週体験のために休んで、その補講を受けていたので、1時ごろ終わって、そのあと、ミャンマー語のテキストを図書館で借りるべく、図書館に直行。

数はないけど、けっこういい感じの本が並んでいる。

英語の本とか、気に入ったものを借りて帰る。

今日は晩御飯を作る日。どうしてもグラタンを作って食べたくて、でもリフォームの時にグラタン皿処分していたので、お皿買うところから準備。

あと、業務スーパーで安いという冷凍パイシートとか買ってグラタンパイに。

今回、食べれないことはないけど、ちょっと失敗したので、次回また段取りよく作ろうと思いました。

本当は昨日作った模擬の資料をブログに書いた方がいいんだけど、若干疲れていて、明日明後日に延ばそうと思う。

月曜が、午前は仕事あるけど、今回は連休で午後仕事ないから、そこでやろうと思う。

明日、Noneの春休みの英語の企画に必要なものを揃えに行く予定。

今日は、ドラゴン堀江見ながら、図書館で借りた本をスキャナで撮ってPDFにしたりしました。

どうしてもカラーで持っておきたかったので、いつもイオンで5円で白黒コピーしたものをスマホのスキャナアプリで撮っているものを、プリンタのスキャナで撮る。

ちょっと時間かかるけど、もう本屋で売ってない本とか、タブレットで読める形で持てるなあと思いました。

図書館で、言語を学ぶことについて考え直させられる本も借りてきました。

ちょっとソレ読みたいので、ブログこのへんにして寝ます。

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ

にほんブログ村

オーストラリア専門の留学手配会社だから情報量が違います!!!!
アイエス留学ネットワークはオーストラリア専門の留学会社です。
取り扱い国の多い留学会社ではアメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリアなど
数多くの留学先の学校情報を把握しなければなりません。
当社はオーストラリアを専門としているため、
オーストラリアの学校に関する情報量・質が違います。

]

次の模擬授業のかたちができた

前のドメインのブログ閉じたら、リンクの問題が解決した模様です。

火曜の日本語教師の授業で、来週の模擬の授業を引き受けて、敬語の謙譲語だから、できるんか?的な不安が強かったけど、なんとか形になった感じです。

今キンドルアンリミテッド入ってるから、敬語関係の書籍、手に入るだけキンドルに入れて、見てみたら、日英対訳のビジネス日本語のドリルがあったので、これの登場人物を、テキストに出る登場人物の名前に変えて、まだ習ってない項目とかをつかわないで書き直したものをプリントにして、とりあえず尊敬語と謙譲語の説明を軽くしたら、クイズ形式で、選んで答えられる形で、空所補充してもらって、答え合わせをして、語彙の説明をパワポでしたら、テキストの登場人物になりきってセリフを言う、という段取りでやっていくつもり。(って、そんな長いセリフでもないので、これはあっという間なんだけどね。)

ビジネスパーソンになりきる、というわけで、ネクタイとか宴会用の簡単につけれるやつないかな、と思って見てみたんだけど、100均ではリアルのネクタイが100円で売ってるだけで、ネット探したら、ワンタッチネクタイとか言っていくらか売ってたんだけど、アマゾンでは少し高くて、安いのはレビューで「ちゃち」って言われてて、他を探したらヤフーショッピングで1本380円からあって、これもちゃちかもしれないけど、とりあえず2本注文した。

授業までに間に合って届けばいいけど。(一応、模擬授業が決まった翌日には、もうワンタッチネクタイ使うつもりで注文したんだけど)

間に合ってもちゃちかなとは思うけど、まあ、380円で、標準的なネクタイのクオリティー期待するなよ、ってやつかもしれない。

クイズは、ワードで書いて印刷して、プリントとして配る予定。(印刷後コピー済)

敬語の説明は、最初一個一個フラッシュカード作ろうかと思ったけど、どれがどれ状態になりそうだから、もうやっぱりパワポで。(クイズで出す順番に説明するつもりだから、パワポならその順番通り準備ができる)

敬語の文句とか書いてる部分、普通に黒に見えるけど、RGBを墨色にしてるのとか気づいてもらえるだろうか。(私的に、敬語の部分は習字で書いたっぽくしたくて、説明のところは黒と、あと尊敬語と謙譲語で色分け)iPadに無いフォントだからSurface持ってくつもりで。

タブレットにしたら、板書ができないとか、他の生徒さんに突っ込まれるから、(これは、フラッシュカードや板書でも、消すの早かったりで板書しにくいひととかいても、それは突っ込まれてないのになと思う。)土日にブログに書いておくことと、あとは教案書いたら準備は終わると思う。

そのブログをQRコードにするのを、すでに配るプリント出来上がってるのに、入れておくの忘れたなと思うので、どうしようかと思ったんだけど、ワンタッチネクタイ届いたら、正味のネクタイの結び方のサイトでも印刷して、ついでにそこに自分のブログのQRコードつけとくべと思う。

水曜は、ボランティアでベトナム人に当たってて、希望のベトナム語発音チェックをしてもらう。

書いてあるものを自力で読むことは全然できないんだけど、ネイティブが発音するのを、真似して発音しているのが正しく発音できているかをチェックしてもらうと、まさかの一発OK。

ベトナム人のほうがびっくりしていた。なんでそんなにすぐ発音dきるの?って言われた。

今、テキストだけ見て自分で正しく発音できる自信はないけど、音声教材とか使って、自分で練習できるぐらいの状態なんじゃないかと思う。

前も言ったけど、漢字で覚えたら、ずっと覚えやすくなると思う。

ởとか、atとかinの意味になりますとか言われても、イマイチピンとこないけど、漢字で書くと「於」だというと、 ởが於でatかinだと納得いく、みたいな。

朝の仕事の同僚のベトナム人に中級の日本語教える代わりにベトナム語教えてもらう話にしたんだけど、もう一人ミャンマー人のひとがいて、同じように中級日本語習いたがっていたから、えこひいきみたいなのできないなと思って、ミャンマー人にも中級日本語教えて、代わりにミャンマー語の文字と、簡単な挨拶ができるように教えてもらう話にしました。

昨日その話になって、今日また会う予定だったから、急いでテキスト(中級日本語は買ってあるのでミャンマー語のもの)を探していたんだけど、阪大外国語学部とか東京外大とか音の出る学習サイト用意してるんだけど、カタカナのカーに当たる文字が何種類もあるんだけど、全部「カー」にしか聞こえない。

今日も、昼休み、発音してもらったけど、やっぱり全部同じに聞こえる。

本人は、自分の言語に興味のある人がいて嬉しそうだった。

挨拶程度、という、負担の軽い希望であることも、悪い気はしていないみたいだったし。

Noneがテストの結果とかの話をしていて、まあ、阪大を、個別の数学のある人科を受けるか、数学を捨てて、理科基礎科目とか社会の個別の対策をして文学部にするかとかの選択を考えている。

阪大目指していて、他の大学を考えるときどうするかとか、個別の数学をとるかとらないかで、まだとっていない予備校の3年の科目の予定をきめていくことにしました。

では、ここで眠くなったので寝ます。

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ

にほんブログ村

オーストラリア専門の留学手配会社だから情報量が違います!!!!
アイエス留学ネットワークはオーストラリア専門の留学会社です。
取り扱い国の多い留学会社ではアメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリアなど
数多くの留学先の学校情報を把握しなければなりません。
当社はオーストラリアを専門としているため、
オーストラリアの学校に関する情報量・質が違います。

]

とりあえず頑張ろうと思う。

今朝は、普通に起きて技能実習生の仕事。

ベトナム人の同僚に、来週の昼休みとかにベトナム語を教えてもらう代わりに、中級日本語を教えることになる。

お昼休みは社内の日本語教師のひとたちと話をすることができる。

授業とか、今度見学していいらしい。授業のつくりかたの話とかもしてもらえる。前、簡単に日本語教師になれると思うなよ、と言った人ではなくて、セクハラ?と思った方なんだけど、私には普通に真面目に日本語の授業とかの話をしてくれて、(へんなイントネーションで話しかけるのではなしに)ここで日本語教師になればいいよ、的な感じで話してくれる。フラッシュカードの代わりにするとかの方法だったら、タブレットも使ってもいいって言ってくれた。

で、教育機関の仕事が始まるまで、時間をつぶしている場所で、iPadで2画面にして、ベトナム語のアプリを開きながら、エクセルを開いてコピペして単語帳を作ることを覚える。

エクセルとグーグル翻訳を2画面で開いたら、エクセルで作った単語帳の単語をコピペして読み上げもできる。

そのあと、教育機関の仕事。

新しい人が来てた。私は、前いた位置に座る。(前そこにいて、仕事が遅いって窓際にやられていた感じ)なんか、他の採点者さんがどのイニシャルかわかるメモを渡されて、相互にチェックするように言われて、正確さにかけては前褒められたことあるから、自分は疑われてないんだろうと思うけど、誰か採点ミスしてたのかな?とか思った。正直、自分は図書館で本を探すのとかでざっと見るのは早い方だと思っていたし、貿易事務とかでも書類チェックしてて、慣れた仕事だと思っていて、けっこう本気出してやっているときに「他の人より遅い」って言われたから、これより早くて正確に採点できるの?って思っていたから、早く採点しようとして、ミスしてたひとがいても驚かない。

ずっと任されてなかった英語の採点もしてて、ここ数か月英文読んでたから、それなりのスピードでできたと思う。

帰って、英語のサークルをもう一度確かめていて、安くて、通える日時場所のやつに、今度申し込もうかなあと思っています。格安です。私が格安というからには、本気で格安です。

BBCの字幕に目が追いつくようになったような気がする。英語以外の言語で話している人に、英語の字幕がついているの、最後の方読めずに画面切り替わっていたんだけど、今日は読めた。

英語で中国語習うやつ、ずっと聞きっぱなしにしているのが、けっこう効いていている。基本的な日常会話の英語を、英語のために勉強するのは退屈だけど、中国語やベトナム語の訳として読むのは楽しい。

アラフィフで、いままでずっと勉強しててできなかった英語ができるかもとか思うのは人から見たらおかしいかもしれないけど、英語そのものがノンネイティブの英語というジャンルができたこともあって、そのぐらいならできそうっていうのがある。

自分が買ったやたら数ある外国語学習のパックを、英語ができたら習い放題になるんだというのがあってよけいにやる気がでる。

ちょっとやりかけて止まっているけど、スペイン語とポルトガル語が、サバイバルのステージでほぼ同じ内容を習っているので、西葡対比のノートとか作っているんだけど、面白い。

って、BBCの内容も、前は音として聞き取れるだけで、意味が完全にはとれなかったんだけど、今ほぼほぼ聞いてわかる。

アメリカの英語のドラマにしたら、いきなりきびしくなるけど。

ビッグバンセオリーっていうドラマ、けっこうおもしろいかも。完全には意味がわからないけど、オタク少年が奇妙な行動や発言をしているのはわかる。(たぶんオタク少年が、難しそうな専門用語をならべて相手を困らせている所は、ネイティブが聞いてても意味不明で、理屈臭いんだろう、ということだけわかればいいんだと思う。)

前も書いたかもしれないけど、家を買うのは、今から貯金してたんじゃ数年後に予定している時期には、まだ希望しているような物件が買えるほど貯まらないだろうと思うので、(で、年齢的に、今の職業から言っても、今からローン組めるとも思わないし)Noneが大学決まったら、そのときのNoneの学生生活に便利な場所にNoneと自分の部屋が持てる賃貸住宅かマンションを借りたらどうだろう、とか思う。

って、今日もブログ書いてる間に、Noneが教育について熱く語ったのを、書きながらは聞けなかったので、置いて聞いてしまってたのでブログがちゃんとまとまらないまま終わろうとしています。

明日、日本語教師の養成学校行きます。明日は太極拳がお休みなので、ベトナム人の同僚とか、ボランティアのところでつかう中級の日本語のテキスト、先日某日本語学校の見学会で紹介されたぶん、を日本語関係書籍の専門店で買って帰ろうと思っています。

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ

にほんブログ村

オーストラリア専門の留学手配会社だから情報量が違います!!!!
アイエス留学ネットワークはオーストラリア専門の留学会社です。
取り扱い国の多い留学会社ではアメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリアなど
数多くの留学先の学校情報を把握しなければなりません。
当社はオーストラリアを専門としているため、
オーストラリアの学校に関する情報量・質が違います。

]

中国語教室は変える方向で

今朝は、普通に起きて、午前は次に行く予定の中国語教室、午後にも他の中国語教室の、こちらは体験ではなく、中国語を話したい人のお茶会。

午前の体験授業に間に合うように、午後の家の近所の中国語教室の場所を確かめに自転車で回る。この近くを何度も自転車で走ってるのに、知らなかった中国語教室。

探すのに時間がかかって、午前の体験授業にギリギリに帰る。

この体験授業はすごくいいものでした。日本人の先生で、でもハンパなく中国語ができる。司法系の日中通訳とか、ほぼ中国人に市場を独占されている所に入りこめている日本人の先生。私の発音のできてないところとか、日本語で口をどうしたらいいか説明してくれる。

あと、今行っている中国語教室では、できるひとを見学するだけの授業になっているようなんだけど、こちらは参加できるし、上達もできそうに思う。

お金、大変だけど、やっぱり中国語教室は変えようと思う。

なんか、ここで頑張れば、日本語を中国語で教えられるぐらいの中国語力が身に付きそうな妄想をすることができる。

で、帰って、昨日Noneに渡した英語のテキストのレベルチェック。

ついでに、自分ができるだけナチュラルに英文を音読できるように、読みながら本文の内容が理解できるように練習することにした。

で、午後からの中国語お茶会。けっこう中国語喋れる人集まってるし、中国語話すチャンスとしてはいい会だなあと思ったけど、本科としてやっている中国語教室の客寄せみたいな感じがしたので、そこに通わずに行き続けることは難しいかもしれない。

で、帰ってから明日Noneの模擬テストなので、国語の先生を目指すべく志望校の調べ直しをしていました。

国公立は第一志望だけがそのままで、第二志望以下が激変。

私立も、同志社心理とか上位の志望校だったんだけど、同志社で国語の教員免許のとれる文とか、あんまりNoneが面白がりそうな勉強できそうにないし、偏差値克服して無理して入ろう、という感じでもない。

私立になったら、教員免許が取りやすいとか、教員になりやすい大学かどうかが優先事項になって、入るときの偏差値は二の次に思ったりします。大学時代に興味のある学問をしながら、安定した職業につきやすい大学に行って欲しいなと思います。

Noneに、もし関関同立アカンかったときのために、特待狙いの私立大学受けとくか、と言って、None本人は高校の時の思い出があって、同じことするつもりなんだけど、Noneと中学が一緒の時の友達に言ったら、○○大学なんか、自分(その友達、けっこう頭はいいけど、内申が悪いので私立高校に行った)の私立高校からでも推薦で入れるような大学やから、某高まで行ったお前が行くな、って言ってもらったらしいんだけど、まあ、本人も、特待だけ取って、高校の時と同じように国公立に通って、その特待の大学には行かないつもりで言ったらしいんだけど。

まあ、明日、Noneを受験会場まで連れて行かないといけないので、ちょっと早めに寝ます。

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ

にほんブログ村

オーストラリア専門の留学手配会社だから情報量が違います!!!!
アイエス留学ネットワークはオーストラリア専門の留学会社です。
取り扱い国の多い留学会社ではアメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリアなど
数多くの留学先の学校情報を把握しなければなりません。
当社はオーストラリアを専門としているため、
オーストラリアの学校に関する情報量・質が違います。

]

昨日のこと

昨日、少しブログ書いてたら、Noneから頼まれごとがあって、書き終えずに終わりました。

昨日のNoneから頼まれたことは、私としてはめっちゃ書きたいネタなんだけど、Noneのクラス行事に関係するから、Noneが何組かわかるので書けないので残念です。

昨日の記事ここから。

今朝はゆっくり起きて、Noneの春休み英語集中する予定の段取りを再確認。

昼ご飯を、前の中国語教室で一緒だった人ととる。

次に行く予定の中国語教室のチラシとか見せて、入学料とか高いねえ、みたいに言われ、で、そのひとは、今のテキストを使い終わって、新しいテキストをどれにするか、クラスで相談しているらしい。

って、書いたのここまで。

前の中国語教室一緒だった人は、料金面とか、人数の問題から、いまの中国語教室に残る方がいいと思うよ、と言われ、その気になりかけています。

で、家に帰ってから、格安(私が格安っつうからには、めっちゃ格安)スカイプ中国語教室を申し込んでいたので、それで使う教材を作ったり(中国人が英語を習うテキストを、ワープロのコピペして、中国語の文にグーグル翻訳で調べたピンインをコピペしたもの)、そのあとボランティアに行く予定だったので、ベトナム人にあたったらと思ってベトナム語をちょっと発音教えてもらえるぐらいの教材を作る。

スカイプ中国語に間に合って、発音の練習をしてもらう。

パソコンの音とか、マイクの音とか録音できるアプリをパソコンに入れていたのを思い出して、25分のレッスン録音しておく。

中国語の発音、できているつもりで言っているやつが、けっこう言えてない。

子音とか母音とかは巻き舌音がちょっと問題ある以外はできてるんだけど、音の上下、四声がひどい。

週イチで、こういう風に練習できたらいいかな、と思う。

その後、夕食食べてボランティア。

でも、ボランティアは、先週も今週もアメリカ人に日本語検定N2の読解問題(アメリカ人テキスト持参)のつきそい。

そこにややハズレ感を感じちゃいけないんだけど、複雑な気持ちに。

帰り際に、ベトナム人に声をかけて、ちょっとだけ教えてもらう。

私のボランティア行ってるところは、英語が話せたり、中国語ができたりする人が十分いるのだけど、ベトナム語は興味を持っている人すらいないので、ちょっと喜んでもらえたような気がします。その人に、来週もボランティア来るの?って確かめられたから、教えてくれるかもしれない。来週アメリカ人出張でお休みらしいし。(アメリカ人はアメリカ人で、このボランティアで日本語能力検定教える人少ないから、教えてもらいたいらしいし、私自身も欧米人に中級以上の日本語教えられるスキルは身につけておいた方がいいかもは思ってる。)

って、今思い出したよ、中級って言葉出したから。アメリカ人が今持っているテキスト終わったら、私に用意して欲しいって言ってたけど、本代私持ちみたいだから、なんとかならんかなと思ってたけど、養成講座で使ってるテキスト、まだ中級の授業やってないから、コレをコピーして使えばええんちゃうん、言うことに気が付いた。

って、アメリカ人のひと以外にも、N2の受験希望者は多いから、公式テキストぐらいだったら買って持っててもいいけど。

って、この後今日の事書こうと思ったけど、すでに長いから一度わけます。

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ

にほんブログ村

オーストラリア専門の留学手配会社だから情報量が違います!!!!
アイエス留学ネットワークはオーストラリア専門の留学会社です。
取り扱い国の多い留学会社ではアメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリアなど
数多くの留学先の学校情報を把握しなければなりません。
当社はオーストラリアを専門としているため、
オーストラリアの学校に関する情報量・質が違います。

]

家族

一応、Noneのセンター同日模試の結果も出てて。

知らなかったんだけど、これ、本物のセンター試験と同じ問題なんだそうだね。時間帯が本番とは違っていたけど、経験としてはいいことができたと思う。

英語が、筆記が相変わらず悪くて(筆記は平均点とれてない)リスニングは良いいです。

国語は今回は現代文がかなり良くて、古文漢文で撃沈。

数学はこれからという感じ。

社会は、前回ほど悪くないけど、やはりいまひとつ。

理科は、点数こそそれほどでないけど、偏差値は高かったです。

(社会理科の選択はどれか言うと、身バレにつながるから出しませんね)

まあ、判定は第一志望にはとどかなくて、過去の合格者がこの時期にとっていた偏差値にも少しとどかないけど、チューターさんに言わせたら、まだ諦めるほどではない、ということだそうで。

一番ネックになっているのが、英語の筆記だから、春休み英語に集中するのは、そう的外れではなさそうと思うことにしているんだけど。

第二志望は現時点での偏差値が過去に合格している人の上にはきていて、第三志望に関しては、現時点で判定Bが出ている。

第一志望~第三志望が国公立で書いていて、四~六が私立。

センター利用が厳しいからか、こちらのほうが低い判定が出ている。

で、Noneが某私立大学が、第二志望より偏差値が上というのに納得が行っていなかったんだけど、5教科受ける国公立と、だいたい3科目ぐらいで受験できる私立とは比較ができない話をして、

たとえば、そこそこ文系アタマがいいんやけど、数学めっちゃ苦手とか言う子が、国公立をハナから諦めて、得意な英国社だけで受験勉強してた子とかが、受験の時に出す英国社の点数とか高くなるのわかるやろ?みたいに言ってて、

Noneが、めっちゃ、あ~なるほど~、ってそこで初めて気がついたみたいに言うところが、基本国公立目指すように言われる高校に行ってる子やなあ、みたいに思う。

昨日は、理科のニュースとか、BBC、CNNのニュースで、Noneが興味を持つかも、的なやつを、前にも言ったけどグーグルクロムから印刷するときにPDFに変換を選び、そのあとアプリでワードに変換して、キンドルに送る作業をしていました。

今朝は、私はメンタル的に不安定だったので、礼拝には行かず、(って、悩みごとあるときのほうが教会行けよ、みたいな話ですが)英語で中国語の単語を見るアプリを流しながらうたたねをしていました。

Noneは朝ごはんに朝マックを食べにマクドに行き、受験勉強をして、あと、私が渡したキンドルで読めるようにした記事なども読んできてもらいました。

ただ、内容が自分の興味を持ったものを選んでしまったので、私が見たら、コレちょっと難しかったんじゃないの?というのを選んでしまっていました。

昨日は、ざっと読んで、内容がタイトルからして面白そうなものを選んでしまっていたので、難易度までチェックできずにいたのでした。

で、今日、Noneは父親と夕食を食べに行きます。

で、家でいろいろ話してて、私が電話で少し話したとき、予備校代にかかるお金について、高いと言っていた様子から考えて(さして高くないのですが)Noneが第一志望受からなかったときに何言われるかわからないな、的な不安を感じていて、成績の説明をするべく、直近の模試の結果とか持って行って説明したほうがいいと言ったのですが、そのとき、よくNoneが父親と夕食を取りに行っても、コミュニケーションがとれていないことがわかる。

それは、主人はいつも認知のはじまった義母をつれていくのだけど、主人は義母ばかりにかまっていて、Noneとちゃんと話していないらしい。

いろいろ話していて、娘のNoneと、母親の義母とを、どちらを大切にしていると思うかとNoneに聞いたら、

ビミョー

という答えが。

で、たぶん、Noneが就職した後で、主人が送金を打ち切るとき、私の最低限の生活ができるぐらいの援助を頼めるかどうか再確認すると、

たぶん無理。

という答えが。

まあ、私が65歳になるまでは、主人がもらう年金に、私を扶養するぶん3万円ぐらい年金が加算されるはずなので、それは請求できるとして、たぶんそれは、私がそのとき払わないといけない、自分の国民年金と健康保険の金額で相殺されるぐらいの金額だと思う。

Noneに、オカンもできるだけ働くけど、就職ちゃんとして、オカン助けてな、と言う。

Noneは、今のところ国語教師になるつもりでいて、たぶん、それに成功すれば、オカンが地味な生活するんだったら助けられると思う、と言ってくれる。

正直、第一志望より、第二志望の方が教員免許とりやすいから、確実に第二志望に行って、教員免許と公認心理師にいる単位取って、教師になってから院にいって、公認心理師の資格を取って欲しいなあ、と思う。

でも、ここは第一志望にできるだけ応援しないといけない。

None自身も、第一志望から教員になる人もいるんだよと、じゃっかん自分自身に言い聞かせるみたいに私に説明をしたことがあった。

私自身、自分自身を振り返る。

みんな、私の時代はバブルで就職が良かったみたいに若い人は羨ましがるけど。

新卒で就職しようとしたとき、女の子に、長いこと居座られてもね、と、今だったらセクハラ扱いで訴えられそうな言葉をさんざん聞かされて就職活動をしたし、

最初の就職した場所を数年で追い出された後、「この年頃の女の子は、いつ結婚してやめます、というかわからないからね。」と敬遠され、

子どもを持って就職したいと言えば、「子どもがいつ病気で急に休むかわからないから」と、また敬遠され、

さあ、子どもが大きくなったから、歓迎されて就職できるようになったのか、と思えば、

今は、条件のいい会社は、保育所をつくってでも若い人を採用する。

条件のわるい会社も、外国人の無理ができる若い人を採用する。

なんでやねん。みたいな。

第二次ベビーブームで、進学も就職も、無駄に競争率高かったよ。

Noneに、教員になってほしい。ある程度本人の希望とかを満たしたうえで、安定した立場にたってほしい。

私自身は、会話の断絶した家庭で育っていて、社会ともつながっていなかったから、公務員が安定した職業だという知識もないまま大人になって、それを知った時には年齢的に手遅れだった。

だから、自分が社会人大学生の時に勤めていた、在日韓国の人が経営する貿易会社で、社長の娘さんが、看護師だったのをうらやましいと思った。

たぶん、高い教育を受けられるような経済的余裕がないおうちで育ったのだろうというのは推測できて、お金をかけずに進学して、自分や家族の生活費を安定して稼げる看護師さんを選んだ、というのが、すごい温かい家庭に育ったひとなんだと思うことができた。

私の価値観では、親に奔放に育ててもらえて、自分の好きな職業を選んだ人より、家族と苦楽を共にして、寄り添い合う生活をしている彼女の方が幸せそうに見えた。

仕事の休みの日に、兄の経営する会社の掃除の手伝いをしに来ようと思うこと、たぶん、社長は、その妹さんの子どもの教育費とかを助けていたみたいなんだけど、そうしていることが、崩壊した家庭で育った私から見たら、すごく幸せに見えた。

もちろん、私の叔父も、株で稼いだお金を、その弟の叔父が経済的に苦しくなって、子どもが私立の高校しか行けなかったときに、入学金とか学費とか、返済とかできないだろうな、というお金を貸したりしているのはあるけど、なんか、そういうのとは違う、これが家族っていうものなんだろうな、って、私が思っている者がそこにあって。

Noneが幼児の時、予防接種に行ったとき、最初に行った職業の希望が、「びょういんになりたい」で、こどもちゃれんじで食べ物が消化されていく様子の絵を、彼女なりに写して、夕食をつくっていた私に見せにきたときに、できたら、看護師さんより待遇のいい仕事につけてあげたいけど、そりゃ、できたら医者がいいかなとか思うけど、放射線技能士とか、理学療法士とか、なんか、そんな感じの仕事につけたらいいなと思って子どもの時から、前のブログでNoneが中学に行って反抗期みたいになるぐらいまで思っていたのだけど(それを踏まえての「子供の夢をかなえたい」だったのですが。

なんかね、某おうち英語サークルの女王様とかそんなの虐待とかいいそうなんだけど、子どもの成長や生活にできるだけいいことを考えて親が育て、その親のことを子どもも考えてくれる家族にしたかった。

働けるまで、できるだけ働くけど、子どもの時から、明日の生活がどうなるかわからないで生きてきて、正直もうどこかで、もう大丈夫だよと言ってもらえるときが来るのを待っているところがあるから。

でも、今、Noneが、教師になって、すこしは親の面倒も見よう、って思ってくれているらしいのがすごく嬉しいの。

教員になれるかわからないし、本当はもっと他にいい選択があるかもしれないから、情報とか、あいかわらずアンテナ貼り続けるんだけど。

Noneが国語の先生になれたら、国語能力が身につかないことを恐れて、英語を日本語を使って教えたこと、それが逆に、文脈で推測して語彙の意味を推測する力がついたとNoneが言っていること、とか、彼女の子どもの時からの育ち方に一番合った、撒いた肥料が一番身になる職業なんじゃないかしらと思うから。

一応ね、第一志望でNoneを押すけど、国語の教員になりたいとか、心理学の勉強をしたい、だったら、浪人しないでその条件にあった学校に入って欲しいな、っていうのが本音。

まあ、主人が授業料を払ってくれるんなら、私立の心理学と国語の教員免許がとれる大学でもいいんだろうけど。

って、ここでNone父親との晩御飯から帰ってきた。

義母は、最近どこかで転んで、治ったのだけど、それから怖くなって病院以外の外出をしなくなったそうで、Noneと主人だけの夕食になったそうな。

進路の相談とか、できたんか?みたいに聞いたら、できた。と。

まあ、上の話と同じだけど、第二志望とか、合格圏内にいる国公立大学もあるけど、第一志望もまだ無理ではないから、予備校とか行って頑張りたい、と言ったそうで。

で、主人は、応援するけど、できるだけ国公立大学で進学して欲しいと言ったそうな。

で、改めてNoneと私の相談になると、Noneは教員免許をとって教師になる希望が優先していて、公認心理師はそんなに必要としてないし、院もそんなに行く気ない、と言っています。

じゃあ、次の模試から、公認心理師がとれて、国語の教員免許はとれない私立の心理学部とか志望から外しとくなー、とか言って、

で、国語の教員の免許がとれる、国語しか勉強しないわけではない学部とかやったら、受かったら行くのん?って聞いたら、行く、っていうから、国公立入試で漏れちゃったときに行く私立の学部を改めて考えるようにすることにしました。

では、もうじき、中国人にウィーチャットで日本語教える時間来るからブログを閉めます。

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ


にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ


にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ


にほんブログ村

オーストラリア専門の留学手配会社だから情報量が違います!!!!
アイエス留学ネットワークはオーストラリア専門の留学会社です。
取り扱い国の多い留学会社ではアメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリアなど
数多くの留学先の学校情報を把握しなければなりません。
当社はオーストラリアを専門としているため、
オーストラリアの学校に関する情報量・質が違います。

]

理解について

昨日、ベトナム語の音声教材になるものを探していて、無料でベトナム語の単語を学べるものを見つけた。

中国語や他の言語のもある。自分の言語を変えることもできるので、中国語は英語と中国語の対訳に、ベトナム語は中国語とベトナム語の対訳にしている。

iPhoneのは重たいけど、アンドロイドのは軽い。なんか、見てるだけで語彙が増えそうな気がする。

今日は、中国語教室へめっちゃ思い気分で行く。

来週、次に行くつもりの中国語教室の体験を受けるために、今の教室を休む申し込みをして、再来週に補講を受けることに。

その休む依頼をしたとき、辞めそうなのがバレたのか、次の時期の相談を次来た時にしましょう、と言われた。

もう、ここで、自分はここについていけないみたいだから、よそを考えていることを言いました。

そうしたら、クラスを変えたりするので、相談しましょう、と言われた。

今の中国語教室の方が安いから、ここで続けた方が経済的なんだろうなと、いちおうわかりましたと返事をしたんだけど。

やっぱり、今日もいて、ここは、留学とか中国に滞在して喋れるようになっている人が、たくさん会話をする場であって、私のように、日本で中国語に触れている時間が少ない者が、話せるように導いてもらえるところではないような気がして帰りました。

とりあえず、帰って、来週休みがあるときに、体験をすることを次を予定している中国語教室に申し込む。

それに、パソコン使って勉強することを、もうちょっと肯定的に見てもらえる人が多いところだったらいいなあと次に期待する。

今の教室じゃあ、中国に行ったらいくらでも触れられる中国語を、アプリとかに頼ってるのショボっ、みたいな感じで扱われているし。

今まで語学で習い事してて、クラスの真ん中以下の立場に立ったことってあんまりなくて、正直、いままで、クラスについていけてないのに来てる人ってなんでいてるんだろう、って思ってて、発言の回数とか参加できてない人とか、もととれてないなと思っていて。

ぜんぜん予習も復習もしないでついていけてなくて、ついていこうともしていないように見える人とかで、そのクラスに所属していること自体がステイタスだと思ってるんだろうな、って言う人がときどきいて、そういう人とか、正直、その人のおかげで、自分がグループレッスンでおいしい価格で授業が受けていられるとか思ったことがあって。

だから、逆に今は、飲めないのに酒豪が揃っている飲み会に参加して割り勘負けしているのに近いような、損した気分になっていて。

たぶん、通訳の人の、わたしってすごいのよ、っていうのを見るのに、疲れたんだと思う。

ある程度凄い人って、他の人の長所も認めないと、わたしだけ凄いのよ、みたいに言われたら、ハイハイそうですか、になってくるな。

次、行く予定にしている中国語教室は、中級の授業がいくつかあるけど、全部違う先生がやっていて、振り替えとかはない。私が来週行く予定の先生は、日本人で中国語の通訳の人らしい。

それ聞いてね、今知り合いになっている通訳の人と話していて、なにか語学習得のコツになることを教えてもらえるわけでもないのに、なにを遠慮しないといけないんだろう、みたいな気もしてきて。

ここにいて、立場低いの我慢しながら中国語勉強していても、上達しそうにないな、みたいな気がして。

次行ってもそうかもしれないけど、日本にいる中国コミュニティの総本家みたいな気がするし。

自分は、何かに所属するという感覚を知らないで50近くまで生きてきてしまっている。

どこにいても、異端者の扱いをうけて生きてきたような。

まあ、日本語教師の授業とか受けて、先生やってる人のブログとか見てて、異端者っぽい人の集団だなと思ったり、日本語習いに来てる外国籍の人とかもそうだし、キリスト教のひとなんかもそうなんだけど。

ただ、他の人が言うことで、ソレソレ、そうなの、みたいな感覚を持ちたいし、自分のいうことでも、同じような共感を感じてもらえたらいいのに、と思う。

つまるところ、人間が欲しいものって、ソレなんじゃないかなと思ったりする。高価ななにかとかじゃなく、自分の思うこと、人の言うことに、ソレソレ、そうそう、って共感できることが至福なんじゃないかと。

ベトナム語の声調についてのユーチューブ見てて、ずっとひっかかっていたことが解決して、

ずっと区別がつかなかった、dとrとGiの音が同じだっていうのがわかって。

市販の語学書とかたいがい見たけどわからなかったことが、こんな形で解決するっていい時代だなと思う。

私が求めていることは、自分が行けない言語圏の言語を、どうやって行けない条件のなかでできるだけ身につけるか、なんだろうと思う。

大阪弁だって、私はテレビで覚えたしな、大阪に住んでるのに。

うまく言えないまま、時間が遅くなったので寝ます。

すいません。

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ


にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ


にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ


にほんブログ村

オーストラリア専門の留学手配会社だから情報量が違います!!!!
アイエス留学ネットワークはオーストラリア専門の留学会社です。
取り扱い国の多い留学会社ではアメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリアなど
数多くの留学先の学校情報を把握しなければなりません。
当社はオーストラリアを専門としているため、
オーストラリアの学校に関する情報量・質が違います。

]

やっぱり立場が低い

今日は、朝起きて技能実習生の仕事に行く。

生徒さんが今少なくて、ほぼ座っているだけみたいになった。

その割に、仕事終わりの直前に、採点のプリント出されたから、20分サービス残業だったけど。(って、拘束時間ほぼボーっとしてただけだから、それぐらい我慢せんと、みたいなところだけど。)

中国人の技能実習生に、中国語で指示をしているひとがいました。

見た目の年齢からみて、定年後、ちょっと働いてる、ぐらいの人だと思うけど、在職中、中国に長年いたり、日本に帰ってからも中国語習いに行ったりしてたって言う。

でた、中国語教室の名前が、私の今度移ろうとしているところと同じだから、そこに行こうとしてるんでるよ、って言ったら、政治的な思想の違いで分かれた別組織だそうで、ちょっと私としてはどちらに習いに行くべきか悩むところ。

教育機関の日本語の指導をしているおっちゃんが、NHKの中国語講座とかやってるらしくて、中国語の勉強のしかた聞いてたから、私もやることないから話題の仲間にいれてもらっていたら、発音さえ身につければ、中国語はできますよ、と言われ、しかも、鹿児島を中国語で発音したのが、私が鹿児島だとわかったので、けっこう勉強できてますよ、と言われ、ちょっといい気になってました。

って、実は昨日、めっちゃ心臓に悪いことがあって、

私が、今働いているその技能実習生の仕事を、日本語教師養成講座で話題にしたら、その職場の近くに住んでいるという人がいて、その前の日に、ネットでググってここかって聞かれて、私の職場をみつけたから、そうだと言ったら、帰ってから私に無断で仕事の問い合わせをしたらしい。

今、求人とか出す感じじゃないのに、電車賃のかからない場所に住んでいるからだろう、応募しますかと会社の人から聞かれたらしい。

そんなん、私が研修終わるぐらいの時に、私の方をなんかの理由つけてやめさせて、その人をとる話になるんじゃないかと思うような話で。

昨日、日本語教師養成講座の授業の後、面接かなにかを受ける話をきかされて、びっくりして帰ったけど、許せなくて、ひどいってラインで言ったら、応募はしないって言ってくれたけど、若干本当かなあって不安に思っていて。

まあ、今日は、あわてず騒がず、普通に仕事をしてたんだけど。

で、お昼は、木曜の社員さんとは、なんか気まずいまま一緒にランチ。

日本語教師の人にも、遠回しに、簡単に日本語教師になれると思うなよ的な発言もされる。

で、昼休みに、気を取り直すように中国語の勉強してたんだけど。

で、教育機関の仕事に出たら、なんか、また、私の仕事が遅いような気がしますと言われ、

いや、前は、すごい間違う子とか、どうして間違えるんだろうとか考えながら採点してたから遅かったけど、いまそんな他の人と差があるとは思えないんだけどと思うけど、逆らえずにいて、

で、私の横で、なんか私の採点見てるし、なんかその目あら捜ししようとしてるように見えるし、で、なんか、×の大きさに文句つけて、あとは他になかったからか、ちょっと不満そうに去った、みたいな感じだった。

これは、私の思い込みかもしれないけど、そのひとは、生徒さんに高圧的だった。私は、どの生徒にも、けっこう穏やかな敬語で話していて、でも、生徒さんはわたしのいうことを聞いてくれている。

基本、よその子には、親しい感じも、怒った感じも、敬語は敬語で、イントネーションで変えている、みたいにしている。

これは、どちらかというと、Noneに怒ってるときみたいに、素のじょあんなの怒った、は、教育機関の先生の枠の中から出てしまうからそうしているんだけど。

わたしがそうしているから、上のそのひとも、なんか穏やかに生徒に話さなければいけないみたいになって、上の人は、若干辛そうに見える。

他の先生たちは、私に丁寧に話してくれていて、そうなっているのを応援してくれているように思える。

まあ、これ全部、私の思い込みかもしれないんだけど。

今日は、インフルエンザで休みの生徒さんが多くて、仕事がないから早く買えるように言われて、やっぱり自分の教室内の立場低いんやな、みたいに思ったけど、逆らわずに帰って。

まあ、思うように生きるのはつらいなあ、みたいな感じで。

仕事、不安定やなあ。真面目に仕事してるつもりなんやけど。

まあ、もうちょっと英語とか中国語とかがんばってみよう。

今日は、うまく生きていけるように祈ろう。

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ


にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ


にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ


にほんブログ村

オーストラリア専門の留学手配会社だから情報量が違います!!!!
アイエス留学ネットワークはオーストラリア専門の留学会社です。
取り扱い国の多い留学会社ではアメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリアなど
数多くの留学先の学校情報を把握しなければなりません。
当社はオーストラリアを専門としているため、
オーストラリアの学校に関する情報量・質が違います。

]