ブログ

ホンマにどうでもいいことだけど

ちょい、モノ考えるのイヤになっているんだけど、最近気になっていたことを書きます。

ヨシモトでまっちゃんとあっちゃんがモメたのって、茂木さんがツイッターかなにかで、お笑いの上下関係の話して批判受けたことにあっちゃんが味方したことにあったと覚えてるんだけど、

若干、私も、テレビとか見てて、その芸人さんが面白いかどうかより、先輩にうまく取り入ってるかどうかで、番組に出れるかとか、決まるようになってるな、は、思っていて、それでも、多少おもんなくても、お笑いが好きやったら、生きていけるように、先輩は面倒見るもんなんかな、も、同時に思っていて、正直、どっちの味方でもなかったんやけど。

ダウンタウンとか、ごっつの時代とか、めっちゃオモロイと思って見てたんだけど、ある時期から、ネタとかやらなくなるし、面白い芸人と言うよりは、後輩の面倒見がいい芸人だと思うようになっていて、

正直、宮迫に救いの手を出すのは、ダウンタウンだと思っていたところがあって、

まあ、さんまさんも、手を差し伸べかけて、頓挫したとかいう話も聞いたことがあるから、複雑な事情があるのかもしれないけど、

私自身は、雨上がりって、大阪での若手時代はほとんど知らなくて、他の大阪出身のお笑い芸人が、深夜ラジオで、宮迫っていう面白い芸人が東京に行ったのに、相方が面白くないから、仕事がもらえないでいるという噂でしか聞いたことがなくて、

アメジャリチハラとか、ワンナイR&Rとか全国で見るようになってから、この人かあ、みたいな状態だったんだけど、

それ聞いてるから、若干ヨシモトに居て闇営業とか、若干庇いたい気持ちになるところがあって、

で、手を差し伸べたのが、まっちゃんじゃなくて、あっちゃんだった、ってところに、ダウンタウンが、「後輩の面倒見がいい芸人」ですらなくなったように思ってしまうところがあって、

今日、仕事から帰って、たまたま民法のボタンを押してしまって、ダウンタウン出てて、後輩女性芸人の、プライベート公開とか言って、めっちゃ笑わせるように仕込んでるやん、みたいなのが見え見えなのを、ちらっと見ただけでイヤになって、チャンネル変えて、

まあ、カンテレで「ルパンの娘」やってて、「もう中」がやさぐれた悪役やってるの見て、こっちのほうが、なんぼかオモロイ言うねん、思って、

なんか、自分の中で、何か、ダウンタウンの陰りを見た気がした。

浜ちゃんの方が、俳句でフジモンとか、トリニクで霜降りとか、後輩と上手にからんでるように思うけど、(て、時々ちらっと見ることがあるだけで、ちゃんと見てはいないんだけど)

って、まあ、ほとんどの人にどうでもいい話で、明日の仕事あるので(資料とか、居るものは全部揃えているけど)今日けっこう座っている時間が長かったので、少し太極拳してから寝ます。

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ

にほんブログ村

模擬してきた

まあ、自分から何か出力するより、自分の中に何か取り込む方がいい時期だし、運動もしたいから、ブログ更新怠りがちなんだけど。

ちょっといろいろやりすぎて、バラバラ感はあるけど、自分の中で、手探りで役に立ちそうなものを探している状況で。

まあ、今日、自分がいた日本語教師養成学校で、修了してるのに模擬やってきて。

って、今日の先生は、私の模擬、見たことなかったと思うけど。(同期がその先生の授業で模擬をして、指導を受けているのを見た覚えはあるけど)

まあ、もう修了してるし、職業として日本語教師やっているから当然なのかもしれないけど、

なんか、他の生徒さんより、厳しくないっすか?

みたいな感じがして。

受けたコメントは、理屈にあっているし、用意した教材にあった問題点の指摘とか、その課の、部分によってどういう視点で教えるべきかとか、聞けてよかったんだけど、

パンダ新出語彙の課なので、和歌山のパンダの赤ちゃん誕生の話とか、未習語を、理解できるように混ぜて、授業を楽しくしようとか、努力はしたつもりなのに、あと、けっこう養成所でよく言われている、生徒自身の話題をする、というところも、気をつけて、生徒の持ち物とか、家にあるものとか聞いたりしていたのに、なんか、その辺の努力はスルーみたいな感じで、私には大部分が辛口コメントだったような気がして、

他の生徒さんはもっと褒められているのに、自分にそれがないように思うの、スキルを伸ばすようにと思って言ってくれていると前向きにとらえていいのか、かなりビミョーに思って。

カラーの印刷物が多くなりそうだったので、タブレットでやったのも、いろいろあるのかな、とかは思った。(まあ、パターンプラクティス用に用意していた画像はあるていど良く作ったと言ってくれたのですが)

やはり、長年日本語教師をされている方には、昔は高価だった絵教材とか、パワポなどで作れることとか、複雑に受け止めていらっしゃるだろうのは想像がつくし、理解もできる。

Noneが幼児のときにNetflixやオンライン英語教室がもっと普及していたらとか、それ以前に、自分の小中高、短大、大学の時に。インターネットだったり、タブレットアプリだったり、音声教材が今ほどあったら、みたいなことを思うのと同じで。で、それを、若い時代とか、子ども時代に当然のように享受している人が、英語が上手なのを当たり前のようにしているのを見るのは、心穏やかでいられないところは確かにあって。

って、それとはちょっと別な話になるけど、今養成学校にいる、帰国子女(って言っていいのだろうか、まあ、英語圏に住む日本語が母語の日本人で)やたら人のこと上から見てくるな、みたいなのは感じていて。

いや、一応私、養成講座修了してますし、一応職業として1年以上は日本語教師させていただいてるんですが、なんでそんなに私に勝とうとするんだろう?みたいな。

まあ、英語圏、言うても、日本人の移住者が多い地域なので、ほぼ日本語教師の需要はないでしょうと聞いたら、なんか、日本文化を教える仕事をしているので、日本語の音声を習うために来られている、ということなので、まあ、目指しているところ全然違うから、争う必用ないんだけど、

私、あなたの模擬、コメント求められたとき、けっこうオブラート包んで話してたのに、私の模擬についてコメント聞かれたとき、かなりキツいことおっしゃってましたよね。

まあ、パターンプラクティスとか、人によって、リズミカルと言ってくれる時もあるし、単調と言われるときもあるし、みたいなのはわかっていて、どちらを言うかとか、人の好き嫌いなんだろうなと思う。

まあ、この辺も、もう考えたくなくて。

養成講座のあるとこの学校で働くのとか、無理かなー。

帰って、今週の自分が働いているところ用の授業の資料を用意して、

ちょっと、バイトがなくなった生徒とかいるので、N3のテストのための補助教材を配っていて、今週は聴解のための補助教材を渡すつもりなのだけど、音声ダウンロードの方法が、たぶん彼らにはわからない教材だったので、

キクタンの日本語なんかもそうなんだけど、教科書にアドレスだけ書いてあって、そのリンク開いたら、日本語で登録したり、該当のテキストの音声探さなければいけなかったり、どこを押せばダウンロードできるのかもわからないものが多くて、今回私が用意したものは、日本人が見ても、わかりにくいもので、ダウンロードの各作業をスマホで画面ごとにスクショ取って、自作でマニュアルみたいなのを作ってたんだけど、機種によって違う画面とか出たら、使えない生徒いるんだろうな、とか思っています。

そのへん、中国の語学のテキストで、音声無料ダウンロードのものとか、QRコードかざすだけでいいものとかが多くて、日本語のもそうしてくれないかな、は、思う。

って、明日早いので寝ます。明日とか、聴解の授業ちゃんとできる準備しておかないといけないんだ。学校にCDあるけど、USBに音源入れてもらったので、iTunesに入れて、手持ちのスピーカーで任意のところから再生できる準備とかしておいたほうがいいんだ。

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ

にほんブログ村

タイトル入れるの忘れとった

先週の日曜の午前は、胃がんと大腸がんの検査を区役所で受ける日だったのですが、1週間前に届いていた受診票の入った封筒を、前日に開いたら、その1週間にウ○コとってないといけなかったことがわかって、その日もその時間ですでに排便済みだったもんだから、未開封で持って行って、

前に別の検査機関で、1週間に2回とれなかったら、後日郵送してくれたらいいですよ、みたいな対応を受けたことがあるので、それを期待したのですが、区役所で大腸がん検査はあっさりキャンセル扱いになりました。

胃がん、バリウム飲むやつ、下剤とか飲むことになって、5時間以内に白いやつが出たのを確認してください、出なかったら、予備の下剤を飲んでください、みたいに言われていて、

数時間後、出たんだけど、白くなくて、どう見ても普通のウ○コで、でも、今日一回出てるのに、下剤飲むのイヤだな、とか思って、レモンスカッシュ飲んだら通便よくなるしな、とか思って、レモンスカッシュ飲んで、普通の翌朝出ないかな、とか思って、

まあ。翌日、出るんだけど、けっこう昼頃まで待つ状態で、内心、バリウム体で固まったら、病院送りになるんだろうか、とか、けっこうビビってて。

って、まあ、誰も知りたくもない情報から始まるんだけど。

って、でも、バリウム出なくて病院行きは、マジでビビってたし、そこから解放されたときは、その喜びを誰かに伝えたくてしょうがない状態でした。

で、今日は、中国語教室を振り替えてもらってマンモと骨密度検査で。

って、本当に最近は、太極拳したり、自分の勉強したりで、あとは仕事とその準備で、毎日があっという間に終わるんだけど。

太極拳はある程度毎日してたら、若干顎のゆがみとか直っている気が。

いつも見ている太極拳のユーチューブ講座が、24式を、いくつかに分割して解説している動画を出して、それだったら、室内でテレビにユーチューブ流しながらやれるので、最近は公園では太極拳していません。

テレビの前に、布団が敷けるぐらいの空間があればできます。(布団は、敷いてしまうと、ぐらつきやすいので、単に面積の基準として言っただけなので、あまり厚くないマットか、なんならフローリングのまま、その上で体育館シューズのような靴底の厚くない靴を履いてやるのがいいと思います。)

歩幅が広い人とか、動画の中には若干移動距離の長い運動もはいっているので、若干、本来しない前後の移動をしないといけない場所もありますが。

まあ、私ぐらいの年齢の女性とか、太極拳の動画とか見るときは、やっぱり女性で、ミドルとかシニアなんだけど、若さキープしてるとか、色気のある太極拳の衣装着ているとかの人の方が人気があったりするんだろうけど、まあ、私としては、この人の動画が一番わかりやすいから見てるんですね。

動画によっては、途中まで鏡で見るような形で撮影されているのに、途中で背面から見ている動画に急に変わってしまって、見ながらやっていると混乱する、とかいうのが少なくないので、この人の動画は、見る側のそういう混乱とかがないように配慮されているので見ています。

ただ、本格的すぎて、太極拳の哲学とか語り出したり、動画によっては、ストレスを減らすためにテレビを見るのをやめましょう、的な、「なんかヤバい人なんじゃない?」みたいなところもあって、横で見てたNoneとかも、「その人危なくない?」みたいな、まあ、失礼を承知で言えば、「見た目がかなりヤバい。」と思っています。

まあ、動画を見ながら、真似して運動するだけなら、歩行とかに問題がある人には、いい運動になる動画をたくさん出していると思います。

気功とか言うと、またちょっとヤバいんじゃないのとか思われそうだけど、この動画で最初の方に説明されているものを聞くと(この説明がけっこう長い)、太極拳は武術だけど、気功は養生法なのだそうで、実際、長い説明のあとの気功の練習のところを真似しながら見ていると、歩行に困難がある人には、いい訓練になると思いました。

同じように、歩行困難にある人には、これはおすすめ

って、もう、説明のところとかワタシちゃんと聞いてなくて、そこガン無視して柔軟体操とかやってたりするけど。

って、昨日、教育学関係の本で、面白いのないか、ジュンク堂行って。

あ、この本とこの本は、図書館に蔵書あるな、とか、いろいろ見てて、

で、コレ目について。

学習する学校――子ども・教員・親・地域で未来の学びを創造する

センゲって、ちゃんと覚えてないけど、なんか有名な人やったよな、みたいに思って、で、翻訳がリヒテルズ直子さんとか、絶対イイ本やん、みたいに思って、でも、めっちゃ分厚いし、5000円以上するし、うわー、とか思って、

あ、でも、もとの英語のやつ、安いかしれん、思て、本屋でスマホ出してアマゾンチェックして、

まあ、紙の本はけっこういい値段なんだけど。

Kindleになると、この値段で、しかもそのとき、自分ポイントあったから、300円台で買えて。

まあ、本当に、こういうの、ものの値段って何で決まるんだろう、とか、労働ってなんだろうとか、人生に必用なスキルってなんだろうとか、教育の本読む前の段階で考えさせられるんだけど。

って、今日、仕事休みだから(生徒たちは遠足行ってるけど)で、風呂入りながら、ある程度この本音読していて。

まあ、今アメリカではやっている教育関係の図書見たら、フィンランド真似しよう、的なものが多くて、日本だってフィンランドがいいとか、ずっと言ってたのに、アメリカが真似した後で、日本も真似する、みたいな形になりそうだなあ、みたいに思って。

今日、午後図書館も行って。

アメリカの教育関係の本ばっかりだから、日本の、けっこう中心的な教育関係の図書が見たくて。

って、移動時間もったいないから、Kindle Unlimitedでいくつか教育学探して、それをスマホのアレクサで聞きながら移動したんだけど、

取り残される日本の教育 わが子のために親が知っておくべきこと (講談社+α新書)

まあ、日本の受験制度とかへの、私からみたら、けっこう的をついた批判とか書かれていて、他の国がどうやって学力を測っているか、とか、企業とかが持っている問題とかにも触れていて、このままでは日本で本当に必用とされている技能や学力を持った人が育たない、国力が低下する、みたいなことが書いてある部分を聞いた状態で(まだ途中)

で、帰って、次の授業で要る資料とか揃えて。

ほぼほぼ完成はしているけど、あとちょっと資料付け足さないといけない。

で、模擬引き受けたのを、ある程度形にしたほうがいいと思う。

教案とか、用意したパワポとか見たら、めっちゃ準備に時間かけた回で、毎週こんなに力入れてるとか思われたら逆にやばいかも、は、若干思ってます。

ただね、本当に時間かけて作ったスライドなので、1回使って終わりじゃなくて、また使える時がきたのは少し嬉しいです。

若干、印刷して持っては行くけど、surface pro4(だいたい12インチ)持って行って、タブレットでやらせてもらえないかな、は、思ってます。

ってもう、午前1時超えてますね。(って、上の行書いた後、タブレットで見たら、自分のパワポどう見えるかチェックしてしまってたんだけど)

まあ、このパワポは、たぶんグーグルスライドに変換しても使えると思うし(振り仮名消えるけど)他のテキストになっても、使えるやつだと思う。(みん日の新出単語に合わせてるから、そこがダメと言われなければだけど)

って、寝ます。

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ

にほんブログ村

ちょっと模擬とかひきうけてしまって

昨日のブログについては、本当にあのツイッターが、昨日朝見た時点で、あの指摘ができる状態だったように記憶している。

まあ、今日は仕事はお休みで、朝イチ太極拳をして、風呂入って体温めて、朝食を取った後、受けるつもりの試験の準備をしていて。

とんでもないことに気付く。

日本語の漢字が、変換入力慣れしすぎて、けっこう基本的な漢字が思い浮かばずに止まってしまい、結局スマホで変換して見ないと書けないものとかけっこうあることに気付く。

繋がる、とか、書けなくて、変換して、で、手書きしたとき間違えて撃とか書いてて、

人と繋がる、みたいな協調的な話題に、撃使ったらアカンやろ、みたいな。

中国語の音から中国語の簡体字を出すより、日本語の読みから漢字書く方が苦手になりかけている気がする。(とくに訓読み)

ちょっと、外国語の勉強に、訳語を(無駄に)手書きするとか、なんかしたほうがいいかなとか思っていて。

っていうか、今から試験勉強の対策もっとしたほうがいいのかも。

まあ、年齢的にアウトな気もするんだけど。

で、職場で話題になっていた、ベトナムの揚げ春巻き、ベトナムの食材店で先日購入して、冷凍庫に入れてあったのを、お昼ご飯にして。

日本の冷凍食品になれてしまっていたから、そのままレンチンしそうだったんだけど、あ、もしかしたら、って気付いて、昨日職場行ったときにベトナム人の同僚に確認したら、揚げて食べるものだそうで。

最近揚げ物しなくなってるし、リフォーム前の台所のガスコンロ、揚げ物用に温度調整する機能あったんだけど、リフォーム後のはないから、結婚してから料理作るようになたんだけど、ずっと温度調整機能あるコンロ使ってきたから、失敗しそうで怖くて。

で、春巻きに油を塗って、ヘルシオの「からあげ」のボタンで調理して。(って、からあげのボタン押したら、ウォーターグリルになっていた)

袋の表面の写真見て、「あ、コレ、チリソースいるやつや。」って気付いて、(調理前に)買ってきて。

Noneは中国の春巻きは苦手なんだけど、ベトナムのはOKらしかった。

なにしろ学校の給食で出ていた春巻きがクッソまずかったらしくて、家で、大手食品会社の普通の春巻き作っても食べられなくなってて。

今回のベトナムの春巻きは皮が薄くて、パリッとするものなので、今まで良く知っている中国の春巻きとはかなり違うもので。まあ、今日は、味ほぼチリソースで、食感がパリパリしてていいね、みたいな感じだったんだけど。(チリソースかけすぎ)

まあ、私はどちらも好きなんですけどね。(まあでも、中華料理で他のアイテムもあるとしたら、優先度は若干低いかもしれない。)

午後は、日本語教師の養成講座に行ってて。

先週まで、教授法はオンラインだったんだけど、11月から対面になって。

今までと違う、広い方の教室で授業を受けていて。

前の先生は授業を受ける生徒の心理とかに重点を置いている授業だったけど、今受けている先生は、生徒の心理にも触れるけど、授業で教える文法について、うまく整理して教えてくれたり、実際に授業で使う教材についての説明などがあったり。

実際、教室で用意される教材に頼れる状態なら、かなり楽になるだろうな、とか思った。

まあ、授業で使うイラストとか、用意するのは楽しいですが、あんな風に用意されたもので済ますのもいいなあと思いました。

で、前に、終了した生徒とか、もう模擬の授業は参加できない話で聞いていたんだけど、

今回、模擬の授業を引き受けられる生徒がとても少なくて、

前から、他の生徒さんたちに、今自分がやっている授業とか、この学校の視点で見たらどうなのか、聞いてみたいと思うって言ったら、他の生徒さんも、参加者最近少ないし、言えば参加させてもらえるんじゃない?とか言われてたので、

来週の模擬、参加できるか聞いたら、参加できる話になって。

自分が一回やって授業だから、イラストとか、ファイルに残っているはずで。

記憶では、けっこう何時間もかけて、パワポで作ったスライドがあるはずで(って。まだ確認してないから、もし消えてたら、真っ青だけど)

日本語教師なりたてのときにやった課だから、当時の教案は、自分で見ても改良点アリなんだろうけど、できるだけ直されたほうじゃなくて、自分が本来やりたかったほうで模擬してみようかと思って。

って、今週自分の務めてるほうの日本語学校が、遠足で、私行かないから休みで、午後の教育機関の仕事の方も、祝日で休みがあって、あと、中国語教室も、休みだったりするから、模擬の準備ができると思っての参加だけど。

って、家帰って、また太極拳とかして、そのあと、次の週の授業の準備をある程度して。

土曜、中国語教室休んで、乳がんの検査とか行くことになっていて、明日振り替えで別の場所の教室に行くつもりで。

さっきまで朝仕事に家出たら、夜中国語教室まで外うろうろしてようかと思ったけど、

駐輪場代ケチるぐらいなら、一度家帰って、昼も夜も自宅で食べて、夜にもう一度自転車置き場代払って、(地下鉄は朝乗り放題チケット買うので)出直したほうが経済的なことに気がついた。

風呂に、ファイヤタブレット防水カバー入れて、ケン・ロビンソン先生の本読んでたんだけど、めっちゃハマってて。小一時間読んでたかもしれない。

って、日本語の漢字、ちゃんと書ける練習しろよ、みたいな感じなんだけど。

日付変わったので寝ます。

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ

にほんブログ村

ちょっと今時間ないからうまく書ける自信ないけど

まあ、教祖さまの言う、

「素直に助けたい気持ちになれる人」だけを助けよう、って、

要するに、「メンドくさそうな困ってるやつはハブろうぜ。」っていうのを、すごい「エエ風に」仰ってるわけですね。

で、その、少し「手のかかる相手」に、なにがしかのヘルプを出そう、みたいな人を、全部、素直じゃない、何か歪んでいる人のように言っているように聞こえますよ。

まあ、言うて、自分も、その、手をささげられる側を維持できるのかちょっと怪しくなっているけど。

ドアが、こっちに向いているように見えたから、ちょっとノックしたら、違ったらしくて。

人生難しいね。

まあ、これも、ちょっとつきつめて考えるのやめとこう、みたいな感じで。

よく、ふつうに見かけるちょっとひねくれた人のとりそうな行動を、自分が取るだろうな、って、予測されてるのを感じるときがあって。

人間、ひねくれ切ると、そうはならなくて。

よくNoenが小さい時言ってました。

J「あのな、人間な、ひねくれ切ると、逆に真っ直ぐにこなるもんやで。」

N「それでオカン、キレやすいねんな!」

J「やかましわ!」

とりあえずこんな感じです。

追記:今朝自分が見た昨日の教祖のツブヤキ、もっと長かったような気がするし、かなり自分の記憶と違うんだけど(言うか、朝通勤途中でほぼ上の内容それ見て考えてて、仕事入れ替わるときに急ぎで書いたんだけど)記憶の間違いなんかなあ。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ

にほんブログ村パネルを閉じる: Head and Footer

Head and Footer

精神的に得られるものとか

まあ今週、なんやかんや言って印刷物ばっかり作ってて、しかも午前中の技能実習の仕事も増えたから、けっこう忙しかったんだけど。

昨日、ベトナム人技能実習生に、日本語の発音教える仕事をしていて、まあ、聞いてわかる日本語ではあったんだけど、ベトナム人独特のイントネーションで、国際的な理解とかない、教養のない日本人が聞いたら、彼らが頭が悪いと勘違いしそうな発音だったので、特に動詞と形容詞を中心に、日本語らしい発音を教えていて。

彼らには、「発音がきれいです。会社の人、仕事ダイジョウブ、思います。発音が悪いです。会社の人、仕事ダイジョウブ、思いません。」とか説明したら、ちょっと頑張って練習してくれて。

まあ、午後の仕事は、ふつうに仕事をして。

で、N3の試験問題、問題集解いてもらう仕事だけど、「あー、わかるように答え合わせの解説できるようにしとかなアカンやつや。」って思って、まあ、全部用意して。

前半の授業の語彙と漢字も、後半の授業でしていたことと同準備をしたけど、彼らあんまり真面目じゃないから、後半の生徒みたいに、ちゃんと参加してくれるかしらとか不安だったんだけど。

カード、三カ国語にしたの、この状態。差し出すとか、適訳らしいのが見つけられなかったのはイラスト入れた。

まあ、ミニホワイトボード配って、漢字の練習するのとか、あとで、前のホワイトボードに書いた漢字の読みを各自のミニホワイトボードに書かせてクイズみたいに出してもらうのとか、けっこう喜んでくれたんだけど。(但し彼らは若干コレしばらくつづいたら飽きそう)

私のすぐそばの生徒が、なにか一生懸命ミニホワイトボードに書いているから見たら。

私への、感謝状みたいなものでした。

まあ、先生ありがとうございます、と、で、授業が一番わかりやすくて、先生の授業で、みんなが日本語が話せるようになりました、的なことを、結構一生懸命書いてくれて

他の生徒に知られないほうがいいだろうから、ありがとう、とだけ言って、で、結構漢字交じりの文を正しく書いてたので、漢字があってますよ、と、言って。(文法的にも正しかったから、それも褒めてあげるべきでしたね。)

若干、教案真っ赤に直されて、訂正することになったこととか、それを踏まえて注意されない程度の内容にしたこととかが、アレもっと自分流にできたら、どう生徒に思ってもらえただろう、は、少し思いました。

もちろんね、他の先生にも「先生が一番わかりやすい」って言っている可能性もあるんだけど、すごく真面目な生徒だから、お世辞ではなく言ってもらえたんじゃないかと思いたいです。

上司に評価されるより、わたしはこういう風に授業を受ける側の人から認められることを選んだんだと思おう、と、思いました。

後半の授業でも、授業終わって帰るとき、生徒に何度も「先生ありがとう。」って言ってもらえてるしね。

ってね、言うて、今、自分の意見言うより、本読んだり、他の人の言うこと聞いてみたり、情報集めるほうに集中したいから、ブログこのへんにします。

もちろんね、教育をなりわいにして、それで生活しないといけない人って、時間の制限とか、予算の制限とか、体力の限界とかあるから、生徒の要求するレベルに、常に追いついていることって、難しくて、まあ、老舗英語サークルとか、自分が余裕があるからできていることを、ほかができていないとかけなすとか、しょっちゅうなんだけど。

私自身も、ある時期までは、日本語教師のSNSなどで、非常勤が、常勤のようにそれで生活しないといけない人ができないことをやって、生徒は区別ができないので、同じ事を常勤に期待するようになるから、日本語教師という仕事が、それで生計を立てられないものにしてはいけない、みたいな意見を、ある時期までは意識して仕事をしてたんだけど、

例文をたくさん用意しましょう、というので、限られた文型と語彙で、生徒がおもしろいと思う例文を考えるのは、とても時間がかかるし、例文に関連付いた資料とかも用意したりして、まあ、数時間かけて用意したものなら、ある程度汲んで、訂正とかやりなおしとか、多少の手直しで済むものを言ってくれると思っていたのを、めちゃめちゃ赤入れられる、とか多くて。まあ、あと、普通ソレ見つけるの時間かかるし、みたいなイラスト簡単に請求されるとかもあって、

イヤ、そこまで時間外労働への考慮、してもらえないんだったら、今までしていた、常勤さんへの時間などへの配慮、一旦はずして、ホンマにあったらいいなと思うモノ作る時間にさせてもらうし、みたいなのがあって。

あと、生徒には、文化的なものが理解できないので、その例文の冗談は外しましょう、みたいなのも、何度か言われたんだけど、

「ばかりしている」のときだったかな、「歌の下手な山田さんはカラオケでご飯ばかり食べています。」の例文に、そのクラスの、けっこう優等生型の生徒がウケて、

それ以降、優等生君、一生懸命授業中に、日本語でウケるギャグ言おうと頑張ってたんだけど、文法とか語彙とか間違ってるとか、単に面白くないとかでスベり続けていて

今日ね、提出しないといけない宿題を、貯めている生徒のことを、

「私の趣味は、宿題を集めることです。」

って、外国語学習例文でよくコレクションが趣味の話で使う例文でソレ言って、けっこうツボついてきたよな、みたいに思った。(ちょっと吹いた)

クラス担当するようになってすぐ、その優等生君、授業が始まるずいぶん前に教室に来ているし、真面目すぎて冗談わからないタイプなんじゃないかと思いました。確かに彼は実際真面目なんだけど、ユーモアも文化も、理解できているし、それを発揮するようにもなったよね。

そして、彼は例外ではなく、他の生徒のほとんども文化的なことを十分理解できている。

まあ、誰かね、幸せに育ってないと、人に優しくなれないとか言う人がいるけど、ほかの人が簡単に見捨ててしまう人に、そんな、身代わりになるような助けとかはしないけど、自分の知っている情報を少し分ければいい、大して出費にならないものを差し出せばいい、それだけのことが、相手の人生を、大幅に好転させることがあるということを、不幸だった記憶がある人が、ある程度、そういう経験があるからできることって、あると思う。クリスマスに、貧乏な人のことを考えましょうとか子どもに言いながら、なにもしないで、我が子へのプレゼント代を節約しようとしているだけの人には思いつけないような「やさしさ」って、あると思う。

逆に、そういう立場の弱い人を、「あんな人ダメだよね。」ってタゲって、一握りの絶大な信頼(信仰?)を得ている人なんかに対しては、(って、虐待虐待言われてたことが一番の理由だけど)ガッツリパンチ入れさせてもらうとかあるけど。

教祖の言うことを、「それは弱者を標的にしているだけだ」と判断する力がない人、もしくは、わかっていても、ここは強いものについているほうが自分が得する、と考えた人、が、集まっているのだろうと思っています。

まあ、リアルで私を知っている人なら、普通の人、そこまででけへんで、思うぐらい、自分は優しいほうだと思っているし、それは、偽善とかではなく、むしろ、私なりの「リベンジ」なんじゃないかと思う。

日本語が持つ、「復讐」の語感を避けたかったからこの語を選んだんだけど、

こんな社会的立場が低い人間は、将来犯罪者になるんだ、みたいに言って、排除しようとした人たち、それに、なにか、仕返しをしたら、「ほら、やっぱり犯罪者になった。」とか、まあ、犯罪じゃなくて、なんか社長になるとかしてエラくなって、その差別した人たちとか見下すとかするとかしても、準犯罪者扱いの敵対者から、気ィ悪いヤツの敵対者になるだけで。

って、まあ、もうその人たち、見直してもらおうとか、やり返すんだ、とか、どうでもいいよ、食べれるぐらいに生活向上して、あのときの人たちが見捨てたような人たちを、決して、自分が大きな不利益を被らなくても、その人たちの立場を好転することができるのだということを、目の前で見せることができたら、それでいい。

私の価値観では、社会的な成功をして、高級料理を食べたり、ブランドを着たり、お金でなんとかなるものを手に入れられるより、そちらのほうが精神的に満たされるもので、ある種の贅沢だと思っている。

父とか、子どもの頃、大阪の現地の人に差別されたからって、就職してから、普通の大阪人に仕返ししようとしていて、

確かにその人、子どもの時にその場に居たら、一緒に差別していたかもしれへんけど、そもそも居てないし、どんな人かわからんへんし、実際なにもされてないし、なんでその人に、子どものころの仕返しみたいなことをしようとするかなあ、があって

って、そんなんして、自分が大卒や、言うて、その人馬鹿にしようとするから、「その名字沖縄やろ。」とか、言い返されるようになってしまっているんやろ、があって

言うて、自分も子どもの時、貧乏すぎて、将来泥棒かなにかになるんだろう的な、準犯罪者扱いもけっこうあったし、友達作り下手すぎて、漫画ばっかり読んでたら、宮崎勤とか捕まったときとか、アニメ漫画とか好きなだけで準犯罪者とか、いろいろあったけど。

で、実際、あの人避けようね、みたいなことをボスが言った集団とか、そのあとで私が、そんな悪いヤツじゃない、って、わかってもらえる状態になっても、それ認めると、最初にそれ言いふらしたボスの沽券とかに関わるとかあって、そのグループには、もう、だからといって認められるものでもない、も、けっこうあって。

まあ、あの教祖とか、人のこと、虐待虐待とか言ったの、悪かったと認めるつもりはないし、自分に絶大な信頼(信仰)を寄せてくれる人がいるので、自分がやったことが正しかったかどうかとか、考える必用がないし、自分を常に自画自賛することしか考えていない。

有名な英語サークルのボスが、虐待と言っているので、あの時期に私たちに声をかけるのをためらった人が多かっただろう、と、私が思っているのは、教祖にしたら、「人のせい」なのだろう。

「人のせいにした。」って、人を非難するタイプの人は、自分が理不尽な行動で人を困らせていても、その場に味方がいない状態にしても、それを解決しようと弱い立場に立った側が他に助けを求めることができないようにするために言う人が多いと思う。

まあ、今、自分副教材とか作って生徒に配ってるけど、けっこう頑張って作ってきてても、生徒とか、別に遠慮しないで、「ここはもっとこうして欲しい。」って、言ってくれるのね。いいときは、そのまま良いって言ってくれるけど。

で、逆に、生徒から他の人の不満を(聞いてもないのに)聞くことも多いけど、それって大抵、その人が不満とか要望を聞き入れないタイプだとか、すごい自分への尊敬的な態度とか求めていて、不満とか言えるタイプじゃない、とか、そんな場合が多くて

「人のせい」をどう定義するかにもよるけど、なにか他人によって不利益をえたとか、失敗をした、期待していたことができなかったとか、それはまず聞いてみて、言い分が通っているか、まずそこを考えて、その人の認識が間違っているなら、その人ができたこととか、被害を受けたと思っている人側の事情を説明するとか、その人の認識を改めるべきで、そういう事を発言してはいけないようにするのは、立場の弱い側、人の不利益を被り続けている人を、そのまま弱い、不利益な状態に押し込めようとする人なのだと思う。

前も言ったけど、「いじめられるやつが悪い」と、ほぼ同じ効果のある言葉で。

実際、日本人の多くが英語を話せないのは、学校の英語教育がそのようにできてなかったからで、それは決して人のせいではないと思う。

同じような状況が、他のことにもあって、それを自由に言えるようにしたほうが、もっとよい労働環境、家族関係、教育制度、政府の政治、その他いろいろなものを変えていけるのだと思う。

大事なのは、不満を言わないで「いい人」であることより、その場の改善できる点を言えるかどうか、聞けるかどうかだと思う。

そしてやはり、他人からなにがしかの不利益をえているのに、何もないかのように全て被る必用はないと思う。社会的上層にいるひとは、そうした方が自分の上位を守りやすいし、味方の少ない下位の者をいつでも攻撃できるものに留めることができる。

って言うて、長なったわ。チョイ、本読んだり勉強します。

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ

にほんブログ村

答えが出せない

しばらく忙しくてブログ更新できてませんでした。

今日、家に帰ってBBC見たら、ファイザーのワクチンのニュースが流れていて。

新型コロナウイルスの「画期的な」ワクチン、9割以上に効果

ただ、テレビの方でその後他のニュースが流れている文脈とか考えたら、ファイザーとかとWHOとか繋がってて、トランプけるまでこのニュース表に出さないでいたんじゃないかと思った。

すごい大人の事情の空気が流れてたんだけど。

まあ、すぐ実用できる話じゃないので、選挙の前に報道されたらとか、後だったからとかないから、私としてはトランプ嫌だったから、それでいいんだけど。

今日は、自分仕事してて、社会の適応力ないなー、みたいに実感してて。

午前の仕事とか、確かに採点しないといけないのたくさんあって、まあ、自分の全力出して採点するんだけど、それが逆に空気悪くしてない?とか空気感じてたんだけど、でも実際目の前にある書類見てたら、絶対全力出さな、いや、全力出しても終われないやつやし、みたいなのがあって、

まあ、外国人スタッフには、私が「ネイティブだから。」と言って、彼らの日本語の勉強が足りないから速度で差がつくのではないように、先日言ったのだけど、正味、私、結婚する前のタイピングで仕事してたときに、全力で打っても、一定以上の正確さを保てるように、まあ、当時は電話回線でインターネットしてて、夜かけ放題になるとかのサービスを使ってたから、徹夜で(入力の練習ではなく)オセロとか麻雀とか、反射的に打ち続けても一定以上の勝率を保てる練習とか、毎日睡眠1,2時間でずっとして、同じ感覚でタイピングしても、一定以上の正確さでタイピングできるようにとかしたから、たぶん日本人相手でも、それなりに自分の方が早い自信があるんだけど。(それも、数ヶ月単位で続けて訓練しましたからね)

本当に、最後の方とか、記憶障害とか、言語障害出るぐらいになってたぐらいだから、真似しない方がいいんだけど。(変換機能とか使うように言う会社で働いたとき、それなりの決まり文句「この商品は納品が済んでいます。」など、を、”k1″で変換できるようにしたら、よく仕事で使う報告書が、数秒で打てるんですね、ただ、そんな作業だけを、毎日何時間もしていたら、自分が本当に何かをしゃべりたいとき、考えたいとき、自分の中にはそんな変換機能がないのに、”k1″とか、”s2″とかで自分の中から思考や発言を出そうとしてしまって、結局何も考えられないし、話せない、みたいな状態になったことがあります。でも、けっこうリハビリが済んだ今、先日読んだ本”h1″+こないだ見たユーチューブ”y3″みたいな感覚で、感覚的に情報を処理して結論っぽいものをアタマに浮かべるようになっているのではないかと思うときがあります。)

正直、少し残って仕事を手伝った方がよかったのではないかと思う状況だったのですが、ここはたぶん、頼ったほうが人間関係がよくなるんじゃないかと思って帰りました。

で、surface goは持ってきていて、午後の職場のそばのイートインで今週の仕事の書類作りしていて、

プリンタで印刷できる名刺カードで単語カード作るヤツだけど、次から違うクラスになるので、

前はベトナム語以外の言語が3つだったし、英語からの翻訳でおかしな訳になる言語の生徒がいたから作らなかったけど、今のところ、辞書でも、ベンガル語とネパール語で、なんとか作れてるし、カード、ベトナム語とベンガル語とネパール語にできないかと思って。

コピペの作業の時間がそれなりにかかるけど、おかしな翻訳になるものは少なくて、やってみようかな、と、

とはいえ、やってみたら、「差し出す」など、あ、コレ、英語で見て、彼ら意味とれるかしら、みたいなのがあって、それをベンガル語にしても、ネパール語にしても、再翻訳の結果が全然違う意味の単語になってしまっていて、ちょい、今、訳語じゃなくて、語彙の説明があるような学習者用の辞書がないか調べてるけど、なければ、イラスト探して入れたらいいんじゃないかしらとか思っています。

で、今まではひとつの名詞に日英越の3カ国語の記入だったけど、5つになると編集が大変になるので、分けよう、と、

たぶん、日本語入れた状態のものを作って、ファイルを複数保存して、そこにそれぞれの言語をコピペしたほうが、全部一遍に記入するより、編集が早かったのでは?とか思いました。

っていうか、今までワードを挿入する形で名詞作ってたけど、エクセルで作ったのを、名詞に入るように揃えて、それを画像としてコピペするほうがもっと速いのでは?とかも思いました。

で、まあ、午後の仕事にもなじめてないなあ、とか思って。

まあ、警戒しすぎかもしれないけど、あ、なんか、盛り上がってそうだけど、これ、自分入られへんやつちゃうん?みたいなのを感じて。

自分、小学校の時、学校で先生からまともに扱われてなかった記憶があって、何度か書いているけど、自分がクラスで一番背が低い女子で、その横に座ることになっていた一番背の低い男子とか、発達に問題があるタイプだったことが多くて、1年から4年生まで、私は彼らのサポートをすることになって、授業とかフルで参加できずに、彼らにひらがなとか教える係とかになっていたんだけど。

そこまでなら、他の人が似たような経験話していたり、養成学校の先生でも、余裕のある生徒に、ビハインドな生徒のケアさせるといいという話をしていた先生もいたんだけど。

自分、その、隣の男子がお漏らしとかしたとき、自分だけ雑巾で拭くように言われ、その通りにしたら、他の生徒とか、あからさまに自分のことエンガチョにしてきて、担任に助けを求めても、知らんぷりされた記憶とかあって、そのへんが一番、

自分、自分でわかってへんけど、実はなんかの被差別民なん違うん?って思う理由で。

5,6年の担任とか優しかったけど、1~4年のときの担任とかから、「こんな生徒、おらんかったらええのに」みたいな対応を受けた記憶がたくさんあって。

まあ、実際、自分、母親仕事で忙しかったし、なによりも父が、私に母としゃべらないように命令していたので、しつけらしいものを十分に受けてなくて、担任が生徒に、今までのプリントをホチキスで留めるように配ったのを、他の生徒は、何も言われなくてもプリントの向きや表裏を揃えてホチキスしたのに、私はもらったものを、表も裏も関係なく、斜めになっているものもあるのにホチキスしてしまって、それを担任が怒るので、なぜ教えてくれなかったのか聞いたら、

「なんであなたみたいな子が私のクラスにいるの?!」

って、すごい形相で怒鳴られて、びっくりして泣いた記憶があります。

(父が私に母と話さないように言った理由は、母親の馬鹿がうつるから、だったのですが、後で母は、私と母の距離を開けて、母が私を連れて逃げていかないようにそうさせた、と、言います。私は、父の言い分も、母の言い分も、ある意味どちらも正しかっただろうと思っています。)

実際、その場所で、話題に困ったとき、鬱憤がたまっている状態の時、あるいはその人が置かれている立場が低くて、より低い立場の人をターゲットにして自分のポジションを上げたかったとき、その場にいる、味方のいない人、あるいは、その場にいない、評判の悪い人、の、愚痴や悪口を言う、というのの、ターゲットにされた記憶が多くて。

実際、最近まで、老舗の児童英語サークルに虐待虐待とか言われてたのも、こちらからしたら、その状態だったのだと認識してますからね。

なんか、そのとき何を話していたかとか、ちゃんと聞いてなくても、イントネーションとか声色とか、そんなんで、「ソレや」って認識したら、それが自分のこととか、他のひとのこととか関係なく、凍ってしまう自分がいて。

まあ、トラウマなんでしょうね。

最初に就職したときも、まだバブル終わってなくて、貧乏な人とか、立場の弱い人とか、馬鹿にする空気とかあって、

自分の友達のような、貧乏から出てて、いいとこにも就職できなかった人の話とか、一緒になって馬鹿にしなければいけない空気になるときとか、自分が貧乏だったときの話とかしたら、自分が馬鹿にされるだろう、とかいうのも予測できて、

基本、会社で、人の話を流し聞きするしかない立場になって、何人かは、同じように苦労してきた同僚とかもいたし、仲良くしてたけど、昼休み、交代制になってて、仲良くなれた方と昼休みの時間違ってて。

多様性を認める会話を考えるとか言って社会人で外大行くのも、実は国際的な多様性のためというより、貧富の格差とかを考えたかったことが出発点なんだけど。

なんか、人と話していて、そのときと似た空気になったときに、めっちゃフェイドアウトしてしまう自分がいて。

自分、頑張ってきたの、弱い人を馬鹿にできる立場に移りたかったからとちゃうねん。あそこから、よう来たね、頑張ったね、言うてもらいたかっただけやねん。みたいな。

まあ、今もう人生諦めてるところあるから、最後の方、

「家帰ったら冷凍庫に入れてあるハーゲンダッツ食べるねん。ハーゲンダッツ食べるねん。」

って、アタマのなかで繰り返しつぶやいてて。

まあ、日本語教えてるのに、ワシめっちゃ社会不適応者やん、とか自分で思う。

でも、日本で英語教えてるネイティブ講師とか、母国じゃ人間関係上手に築けなかったタイプじゃないかな、みたいな人、けっこう見てきた。

Noneが幼児の時、近所の人に紹介してもらって児童英会話教室の英語ネイティブの先生(何人か忘れた。白人だったけど)

一見して、気の強いアメリカ人とか、それに近い国の人なら、容赦なくこの人いじめただろうな、って、推測できる見た目の人で。

毎週、Noneは、どうやったらジェントルになれるかとかをその先生に指導されていたんだけど、

なんか、その先生が思う、「子どもはこうあるべき」を、押しつけられているような気がして、英語が話せる場で、価格もとてもお手頃だったんだけど、そんなに長くいなかったと思う。

若干、そのときも、「こんな生徒いなかったらいいのに」を感じてたのもあったんだと思う、で、他に嫁ぎ先でママ友とかもあまり作れなかったし、教室の空気を家にも持って帰ってしまって、家でケーブルテレビで子ども向け英語番組見てるときですら、なんか自分が攻撃されてる気分にずっとなっていたもの。

ほんとうにね、何が正しいか、今なにもわからないの。

単純に、外国語の単語覚えたり、文法正しいかチェックしたり、教育学について、それなりの、自分がいいと思う方面で有名な人の書いたものとかをむさぼり読んだりとか、本当に、今、自分に入力できるものを入力していくことに集中したくて、今自分がなにか判断したり、答えを言えたりする状況にないと思っています。

って、もう日付超えて、今日養成所の模擬授業、見る方で行く予定だけど、模擬される方が、前回(とくに私が)日本語の発音がヘタな留学生の役をしたので、次の授業はそれをやめてくださいね、って、模擬を引き受けるときに言ってらっしゃって、

正直、それだったら、見に行くのやめたいな、があって。

イヤ、かなり私、リアルなベトナム人留学生のような発音の日本語で話してるのに、ソレやっちゃいけないんだ、っていうのが。

教員経験者の方で、定年後日本語教えたいとか、日本語教えてるとかのひとで、自分が現役時代に、日本人の生徒教えてる感覚でそのまま初級の留学生に授業をしようとされる方が、けっこういらっしゃるように思う。でも、そういう経験のある年配の方に意見とかほぼできないので、(経験に自信をもっていらっしゃるから、授業する予定の文型、なんにも調べないで「ネイティブの勘」だけで授業される方も多いように思う。私が授業のために調べた文型で、その勘が調べたことと違っているときに、そう言っても、一切聞いてもらえない、みたいなこともありました。)

養成学校の先生が、それをフォローする形で改善点とかをおっしゃるのを聞きに行く形にはなると思う。

今授業を受けている養成学校の先生は、日本語が好きで、日本語教師になっている先生、という感じがする。すごい、日本語の分析が細かい。

大きく分けて、日本語教師、3タイプのどれかに当たることが多いと思う。日本語が好きで日本語教師になったタイプ。外国語教育でイタイ思いをして、自分だったらこう教えてもらいたかったのに、を、日本語で教えている日本語教師、外国語が1つか複数できて、その経験を踏まえて間接法で教えたり、海外の教育メソッドを利用して日本語を教える日本語教師、の、どれか、みたいな。

って、上のどれでもないけど、日本人で日本語話せるし、広告で就職率いいから、で、日本語教師になろうとするタイプも実際に見たから、訂正して4タイプ。

って、まとまってないけど、このへんにして寝ます。

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ

にほんブログ村

今日すごい作業多かった

まあなんか、自分今人生行き詰まった感あるんだけど。

先日の続きで他言語教育の動画見てて、って、実はライブの時間にちゃんと画面の前にいたんだけど、疲れてて寝落ちしちゃって、そのあとYouTubeで見直したんだけど。

川島永嗣さんへのインタビューとか、そのあとのシンポジウムも興味深い話をしています。シンポジウムでは、直説法についての話もあって、やはり、目標言語しか使えない環境、みたいなのもいいのかもしれない、は、思ったりします。(ただやはり、日本に来ている日本語のうまい外国人の方に、どうやって習得したかを聞いたら(私がそういう人に出会うのは、大抵大きくなってから外国語習得した人で)やはり初級は母語で、中級以降で直説法で、みたいな人が多い気がする。

ってもう、なにがなんだかわからなくなってるんだけど。

ただただもう、自分の実力不足と知識不足を感じるばかりで。

って、ここ数日忙しかったから、本当は動画にとってみんなに見せたかったけど、キクタンに日本語のがあって、Kindle本にもなってて、私もKindleでN3のを買ったんだけど、

DRMとかを使わなくても、普通にパソコン上のKindleアプリを、WindowsについているOCRアプリにかけて、ページ全体をかけたら文字化けひどいんで、ちゃんと処理してもらえそうな範囲だけ選択してテキスト化して、エクセルにコピペをします。(1回にOCRかけるのは、別に数カ国語混じっていてもちゃんと各自の言語でテキスト化されます。ページ全体をOCRかけようとすると、記号などが、無理矢理形の近い文字に変換されたりするので、よけいややこしくなるんです。また、部分的に読取り間違いのようになるのも増えます。)

一度エクセルにコピペするのは、各言語ごとに整理すると、それをOneNoteにコピペしたときに言語を設定して読み上げてもらうようにするのが楽になるからです。

まあ、1 weekを、地道に一週間かけて、読み上げてもらえる日本語キクタンを、作ろうと思えばできる、ということで。

じょあんな的には、これがパワポでできてできて、単語を読み上げる動画みたいにできたらめっちゃいいのに、は、思います。

っていうか、Kindleも、今、日本語なら日本語だけ、みたいな読み上げなので、言語混じっていても、各言語で読み上げてくれたらいいのに、と、思います。(キクタンとか、NHKラジオ講座でテキスト読み上げできる仕様になっているものも、全部日本語で読み上げるので、英語の部分が日本語エンジンのカタカナ読みをされてしまいます。)

まあ、それで、アンドロイドアプリなら、英語と中国語、とか、英語とベトナム語、みたいな組み合わせなら、言語が混じっていても、それぞれの言語で、比較的ちゃんと読んでもらえるのだけど、(日本語と中国語とか、英語とドイツ語とか、似ている言語は識別できないみたいで、読み分けてもらえない)そうなると、読み上げてもらうテキストを自炊するのが大変だったりする。

って、N3の単語買っちゃったけど、N5とかN4の単語本で、ベトナム語あるのがあるから、自分はそこぐらいからかもしれない。

今日は、やっぱり資料作りしていて。

こんなん8ページ分つくってたんだけど。課の復習なので、数日かけて教える文型を、今回1日の授業のために全部いっぺんに作ってるから大変なんだけど。

まあ、生徒から、英語の文型辞典は、該当の文型を英語で何て言うのか書いてないから、それ書いて欲しいって言われたんだけど、実際、英語のコレとバッチリ同じ、みたいなのがない場合が多いので、「先生が英文見て、この部分がその意味、というところをを赤くしておくね。」みたいに約束したので、そのつもりで作っているのが上のやつ。

まあ、実際この作業やってみて、まず、日本語では言葉にしていうこと、「らしい」とか、「することになっている」とかは、英語にすると文脈で表せるときには言わない、みたいなことがあったり、英訳の方が英語独特の言い回しで書かれているとき、たぶんそれは英語非ネイティブの生徒には理解しずらいし、Google翻訳とかかけて、中国語に再翻訳すると、全然違う意味になっていることがわかったりするものがあります。まあ、日本語から翻訳したほうがうまくいく場合があったり、英語の方を直訳調にしてから生徒の言語に翻訳したりしましたが。

ベトナム語も作るつもりだったのに、今日は燃え尽きました。(まあ、ベトナム語はもうスキャナで読んではいるので、OCRかけてワードと一太郎で見栄え揃えるだけでいいんだけど)宿題の採点もまだあるし、仕事の方でGoogle Meetが使えそうなので、ちょっとKindle Unlimitedで、使い方とか下調べしたいなとかも思ってたのに手が出ませんでした。

って、上の作業するのが、英語は例文コピペしてgoogle翻訳かけたら、そこで読み上げしたり、そのあと生徒の言語に翻訳したのを、中国語で確認するときに、また読み上げとかやってるから時間かかるねん、いうやつだけど。

し、その作業しながら、ベトナム語の授業動画とか見て、発音リピートとかもしてるし。(って、今日、それしてたら、あ、自分、これ続けてたら、少なくとも文字見ただけで、かなり近い発音できるようになりそう、それを覚えきってテキストも何も見ないで正確に発音できるようにはまだまだならないけど、って思った)

本当にね、自分はどんな頑張っても、それを誰かに認めてもらえるとかないんだろう、っていうのが解っているんだけど、教えている相手がね、できるようになることが増えたら、学習を面白いと思ってくれたら、それでいいんじゃないか、みたいなのがあって。

って、明日早いので寝ます。

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ

にほんブログ村

いろいろ人の話聞く方にまわってて

まあ、今週は無難に授業を終わって、来週に向かっては、同様の準備をするのには、午前の仕事が増えたぶん、けっこう詰めて資料の準備をしないといけないだろうなと思っています。

って、その上けっこうオンラインセミナーの類いを申し込んでいるので、なおさら空いている時間は資料作りになりそうです。

タイムケトルのMT2、なにか翻訳させようとするんだけど、iPad画面を目の前に何か言おうとしても、まず何言っていいのか思いつかなくて、

で、CCTV見ながら、翻訳のイヤホンするんだけど、(今申し込んでいるM2だと、その番組を翻訳してもらえるそうなんだけど、今のMT2はできない)で、テレビ見ながらテレビの内容にツッコむ、みたいなことをすることにして

若干、日本語の聞き取りが思ったようにいかないけど

私が言ったのは、海外で起こる事件をたくさん見た後で、

「今日本人が海外留学したくないのは仕方がないと思う。」

だったのに、

「今日本人が海外留学し、たくないのは仕方がないと思う。」

と聞き取られてしまい、翻訳も「したくない」の部分が間違っていた。

って、今回は翻訳が中国語なんだけど、

(中国人向けのオンライン教育サービスのCMを見ながら)

「日本はオンライン教育が遅れている。」→「日本的在线教育落后。」

(天気予報で中国の冬の気温を聞きながら)

「今は着るものを選ぶのが難しいなあ。」→「现在很难选择穿什么衣服。」

(中国銀行のCMを見ながら)

「中国銀行の株価は上がってほしい。」→「我希望中国银行的股价上涨。」

(中国の共産党ができたぐらいの時代設定のドラマで、国民党のスパイとかが混ざっていろいろ探っているのを見て)

「中国人の会話は、腹の中を探り合うことが多いなあ。」→「中国人的谈话经常探索胃的内部。」(これちょっとネイティブチェック受けたいな、みたいに思う文。でも、ハロートークにかけたり、中国語教室に持って行ってネイティブに聞く勇気がない。)

別に、最初の文をDeepLにiPadでかけようと思ったら、音声入力使えば、話すだけで翻訳結果が見れるのだけど、MT2の場合は、翻訳結果の発音を聞くことができるし、スピーカーのようなアイコンがあって、何度も聞き直すことができるので、中国語とか、発音が難しい言語を学習するのに使うのなら、今回私が買った5000円ぐらいなら高くないと思います。

英語とかで、綴り見たら発音できるぐらいにもう英語を身につけている人なら、スマホやタブレットで翻訳アプリ開いて、日本語で翻訳したいことつぶやいて結果見て、自分で読み上げる練習でもいいかもしれない。

ただ、本当に、中国語は、動名詞とか、日本語なら「○○すること」みたいに、ある程度の長さになる言葉を、まあ、日本語でも熟語で言うことあるけど、中国語はもちろん全部熟語だし、たぶん英語や日本語に比べて、すごく短い文で言えるので、思考速度が速いんじゃないかしら、とか思う。

まあ、それに比べて、日本は、動詞の語尾ですごい微妙にニュアンス変えることができるので、ある程度中国語にも似たような表現できる語句があるけど、理解しにくいんだろうなと思います。(日本語ネイティブ同士でも相手の本意はかりかねる言語ですからね。)

って、コレをBBCとかCNNとかを見ながら英語でやる練習とか、まあ、ニュースじゃなくてNetflixでドラマとかを見たりYouTubeで動画を見ながら、思ったこと英語で言ったらいいんじゃないかなと思った。

ただ、英語の場合は、音声出してもらわなくてもいいし、DeepLとか翻訳結果コピペしてOneNoteとかに記録できるから、英語は音声入力のできる端末プラス翻訳ソフトで良かったかなあと若干思う。

って、新闻联播、字幕のない生放送なのを、まあ、スピーカーとそのそばに文字おこしできるタブレット置いたら字幕代わりにできるんだけど、そういやアプリとかもあって、記事として見れるし、android9以降なら、機体を中国語設定にしたら、それの読み上げもできるだろうと思う。

って、ここまでブログを早朝に書いてたんだけど、中国語教室行く時間になったので行ってきました。

昨日、本当に、思いついたことをすぐ中国語に直す翻訳をしていたら、授業でも、準備してなくても、すぐに作れそうな文っていうのが思い浮かびやすくなったような気がします。

基本、どの教室でも(語学教室に限らず)「居たら助かる生徒」みたいなポジションを狙いたがるほうなので、(答えられる答えがあっても、他の人が言った方がいいような状況なら言わない、とか、オチをつけたほうが良い場所ではオチをつけるとか、例文とか他の生徒の趣味に合わせて作る、とか)

まあ、前に言っていたお子さん、中国語教室に来ることになったので、基本その子の理解とか趣味の範疇になりそうな話題で作文、みたいなところを狙おうかな、と。

で、午後に日本語教師関係のZoomのセミナーみたいなのあって、今日は午後の中国語教室ないから、家帰って聞くことにしても間に合うと思ったんだけど、途中、今まで気になっていたスペイン料理の店の前で売られているお弁当とか、駅で入り口から遠いところにあるトイレとか行ってたら、梅田ぐらいで、家まで帰ってたら時間に間に合わないのに気付いて(スペイン料理の店、店員さんはどう見ても普通の大阪のおばあちゃんで、とてもゆっくり丁寧に対応してもらっていたし)梅田の、最初マクド行こうかと思ったけど、それも間に合わないかもしれないと思ったから、御堂筋線梅田すぐにミスドできてるのに気付いて、そこでZoomしてたんだけど。

って、白ロム入れてるiPad持ってたんだけど、イヤホンがAirPodで、家に間に合うと思ってたから中国語教室からずっとAirPod使ってて、Zoom中に充電切れるとか、トラブルあったけど。いつもなら線でつなぐイヤホンの1本ぐらい鞄に入ってたりするんだけど、今日はどこにもなくて。

って、家帰って、そのスペインの料理とか食べてたら、予約してたDAADのライブストリームが始まって。

文部科学省の初等中等教育局 情報教育・外国語教育課 外国語教育推進室長の小野賢志氏の話で、小学校の英語教科化とか、(ちょっともう今全部聞いて話ごっちゃになって、誰が何言ってたかアタマ整理できてないんだけど、多言語教育の話とかもしてたかもしれない)あと奈良教育大学の先生とか、京大総人の先生とか、あと、話した順に、スペイン、中国、ドイツ、韓国の教育関係の方が、多言語教育の話をしていました。

って、申し込んでライブでしか見れないと思ったら、普通にそのあとYouTubeで見れるようになってるし。

でもなんかね、私としては、ゲーテインスティテュートに行ってて、そのあと英語やり直したり、中国語やったり、ベトナム語やったりしてて、今の小学校からの英語教育(って、この文脈では多言語教育を考えないといけないし、私自身、小学校で英語も習えるけど、苦手だったら、日本語と似ている語彙の多い中国語を先にして、SVOになれてから英語や他のSVOの言語を学ぶ、とか、日本人にとって発音が楽なスペイン語習ってから、スペイン語訛りでいいから英語を習う、みたいな選択肢があっても良いんじゃないかと思っています。)あと、文科省の人も、奈良教大の先生も、日本にいる海外ルーツの子どもの日本語教育の話もしていたし。

なんかね、ゲーテ行って、ドイツの大学行きたいとか行って、入学資格が当時ドイツ語の資格と、4年生大学に2年以上行ってることとかで、社会人で外大行ったけど、そりゃ、自分、そんな出世とかしてないけど、繋がってるんだ、みたいな、ちゃんと芯みたいなものが自分の中にあるんだ、みたいに思って、

いやー、ちょっとまたゲーテ行きたくなったりしたけど、(っていうか、このイベント、インスタの広告で知って、そこから申し込んだら、しばらく広告がドイツ語になったりしてたんだけど。くやしいことに、環境問題とかでドイツ語の文章見たときは理解追いつかないのに、広告なら何をどう宣伝しているのかがたいがいわかる状態で、ワシ、教養足りてねー、みたいに凹んだんだけど。)

明日もこのセミナー、2日目あります。

って、このブログ上げたら、来週の授業の資料作り始めようと思います。

ああ、あと、技能実習生の仕事の方も、DVDは見たけど、もらった資料、スキャナで取り込んでタブレットで見れるようにしようと思ってたの、まだしてないし。

一応、資料をスキャナで読みながら、テレビかYouTube見て、MT2とiPadで思いついたことつぶやいて翻訳、みたいにしてようかなと思います。

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ

にほんブログ村

本当にもうなんだかわからないんだけど

たぶん、明後日の授業に用意した方がいい印刷物はたいがい完成していて、プリントアウトすればいい状態になっていると思う。

まあ、前にやった課の復習の授業をすることになっていて、テストとその答え合わせをしたら、その該当の課の文章を読ませるだけでいいそうなんだけど、

一応、その課の文型の辞書、先日のようにプリント作って、自分としたら、その作業をどれだけ時短で作れるかの挑戦みたいになって、

どういう手順でOCRかけてワードにするとか、それ該当部分だけ見やすく編集するとか、どの順序でベンガル語とネパール語に翻訳するとか、誤訳でるやつどうするとか、あと、若干でもベトナム語勉強しようとしてたことが、こんなベトナム語の読取りミス見つけるの速くなるんだとか自分でびっくりしたり、最後に見栄え揃えたのを、一太郎で一気に振り仮名つけるとか、両面印刷できるようにPDFにするとか(って、一太郎のままでも両面印刷ってできるのかもしれないけど、その印刷方法探すより、PDF化するほうが手っ取り早くて)

まあ、数日かけて教える課の、課全部の復習なので、資料多めだったんだけど、なんとか形にできて。

って、じぶんが漢字と語彙を教えているクラスで、本1冊全部教えるのだと思っていたら、今やってる中級のテキストが終わったら、いろんな先生と分けてその漢字と語彙の本を教えることになることがわかり、私がいままで用意していた資料とかをアテにしていた生徒にどうフォローしようかなと思って、一応案はあるんだけど、このクラスでやっていたことを、もうひとつのクラスで教えることになって、

いやー、真面目な生徒が多いクラスで、ミニホワイトボードどか渡して漢字書く練習とかしてもらってたの、もう一つのクラスで渡しても、反応悪いかもしれんとか嫌な予感が・・・

技能実習生のほうの仕事で、新しい仕事頼まれたのがあって、11月の出勤表をメールでもらったら、けっこう働くことになっていて、まあ、日本語学校のほうの仕事がJLPT対策になっていて、漢字や語彙を教えたり、対策問題解かせたりする月になっているから、今もう形になっている、語彙と漢字の授業は、今のままの資料の用意で授業できるようにしたいんだけど。

ちょい、英語で用意している漢字のなりたちのプリントを、ベンガル語とネパール語で用意するのは時間的にきつくて、今ちょっと思いついたのは、まあ、英語で書いてあるところがスマホのカメラでひろえる形なので、各自Google翻訳してもらいたいなと。(まあ、今のクラスでも、最初英語じゃなくて、生徒の言語で作ろうとしたけど、翻訳がおかしくなる言語の生徒がいるから、ベトナム語以外の言語の生徒には、英語で我慢してもらうことでOKにしてもらっているし)

まあ、実際毎週配っている感じでは、その単元の説明文の部分をしっかり読んでいる生徒は少なくて、漢字のもとになった象形文字っぽいところをざっと見るのと、下の方に書いてある書き順のほうを見ているほうが多いみたいだし。

カードは、自分がそのクラスで漢字を担当しなくなるから、100均で単語カードが販売されていること、もしくは無地の名詞カードなども売られていることを言って、自分で語彙カードを作ることを勧めてみてもいいかな、みたいには思っていて。

中国語の単語を名刺カードに書いて単語帳にしているのがたくさんあるから、見本みたいに見せてもいいかなとか思うし。

昨日寝る前にecho show(ブログに書いてなかったけど、プライムの時半額になっていたecho showを買っていた)にイヤホン挿して、寝ながらベトナム語講座のYouTube聞き流していて。

たぶん朝方5時ぐらいうっすら起きたときに、まだベトナム語講座(寝るときに聞いてたのは動画が終わっているんだけど、連続して別の講座が流れていて)が流れていて、まあ、一度習ったことがあるやつだったら、繰り返し聞いていたら覚えている単語とか文法とか増えてきたな、とか思って。

これもね、日本語わかるベトナム人が間接法で教えてくれているから、「トイレどこ?」とか、「どこの国の人ですか?」ぐらいのベトナム語聞いてわかる状態になってるけど、これ全部ベトナム語での直説法で、画面にところどころ単語の意味が日本語で書いてある、ぐらいの状態だったら絶対そんな状態にはなってないと思う。

たぶん、綴り見て発音が推測できる状態にすらなってない。

って、今日あらためて児童に英語を教える通信教育のDVD見てたんだけど、

まあ、英語だけで授業を成立させる必要性っていうのは理解できるんだけど、

で、自分None生まれてから英語やりなおして、今の技術使って外国語習えるコンテンツとか見て思うのは、

確かに、語彙とか文法を、アプリとかで、それも生徒に楽しいと思える方法で教えることはできて、それで話すほうを授業でするようにすることはできるかな、と、思う。

ってね、自分が習ってきた学校文法が、それ使って自分の言いたいことを英語にしようとしたら、そんな言い回し英語で普通しない、っていうことになることが多いので、それも考えてしまうんだけど。

自分がやった失敗としたら、日本語で考えた文を、関係代名詞とか使って英訳するんだけど、実際英語を話す人は、ネイティブも非ネイティブも、前置詞とか使ってもっと短く簡潔な文で話していたとか、

あ、タイムケトルのWT2、届きました。ブルートゥースのバージョンが私のスマホではダメなみたいで、iPadで使えるようにしています。実際海外旅行とかで使いたいなら、iPadはデカいわ、みたいな感じなんだけど、当分そんな予定ないし、自分が話したいことを英語に翻訳してみる道具にする予定です。

ためしに今日少し独り言言ってみたら、主語省略したぶんが、自分のことをはなしているつもりなのに、翻訳が全部youになっていました。ある程度独り言を、翻訳しやすい言葉にする必用がありそうです。

で、そのあとずっとケン・ロビンソンの本を読んでいて。

産業革命から始まった、大量生産の社会に合わせた、画一的な教育への批判と、ひとつの物差しに合わせて教育し、そこにうまく合わせられない児童を劣等生として、可能性を閉ざしてしまう事への批判などを読んで、子どもの可能性をいろんな角度で見る、多様性のある教育の話などを読んでいて。

まあ、まだ全然、本の最初の方しか読んでないんだけど。

基本的な学力とかは、一定量あったほうがいいと思っているけど、たとえそれが苦手であっても、可能性を閉ざすこととかはないと思っていて。

日本語教師養成講座の先生が、ディスレクシアのトムクルーズの話するの好きだったな。

別に、そんなトムクルーズ並の成功者にならなくてもいいんだけど。

もう本当にわからなくなっていて、自分がどうしたらいいか、世の中がどうなればいいのかとか、

って、日付かわって1時間ぐらいになろうとしているから寝ます。

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ

にほんブログ村