チョイとね

まあ、数日間、日本語学校の授業の準備だとか、自分の勉強だとかでいっぱいになってて、ブログの方ほったらかしだったんだけど。

今日、チョイ、コレ、悔しいよね、があって。

午前の中国語教室の、授業の方は、先生のノリに合わせた授業をして、無難にすごしたんだけど(こちらのクラスの先生は、本当に、英語で言ったらスモールトークにあたる内容の話題で中国語を話してほしいタイプの先生で)

先週、が、上周だったか下周だったかど忘れして、先生に聞いたら、5級取っててもそれで迷いますか?とか言われて、日本人は苦手ですよね、とか言って覚え方教えてもらったんだけど、

授業のあと、同じクラスの生徒さんと、HSKの話題になって、中検とHSKとどちらがいいとか、このアプリおすすめですよとかの話題をして、

で、中国語が母語の、日本語がわからない小学生になにかしたいとか告白して、話していた人の中に、そういう仕事をしている人がいて、あ、なんか情報得られるかも、とか思ったまではよかったんだけど、

まあ、その仕事については、その人は個人的なツテでその仕事についてるから、情報とかは、その仕事がどんなことがあるのかぐらいを聞いただけなんだけど、

その場にいたのが、留学経験のある人たちばかりで、英語とか、勉強しないで身につけたわよね~、みたいに話が進んでいって、

で、英語だけでなく、他の科目の勉強とかも、親ができない人に限って、子どもに勉強させるわよね~、みたいな話になって、

なんか、すごい、頑張ってる人、馬鹿にしてない?みたいな流れになって、

まあ、私、見栄を張ったり、流れに合わせて自分を変えたりしないから、自分は頑張ってるけどできないし、子どもにもそれなりに頑張らせた話をして、

当然っちゃあ当然なのかもしれないけど、その人、あからさまにこっちの事馬鹿にしたような目線になって、話するときに、他の、留学の経験があって、英語がある程度話せて、の人にしか視線むけないようになったりしてて、

まあ、その人によれば、今でも、できる人は正社員になれると、教育はいまのままでいい、みたいな話で(私が、いまの、事務員になったりすることを前提にした教育のありかたに疑問を持っている話などへの返事で)

まあ、釜の下層が煮えたぎってるのに、それがわからない上澄みの方なんだろうけど、

英語とか、内容理解できてなくても、コツとかつかんだら900とか、当たり前にとれるよね、みたいな話を聞かされて

まあ、とにかく、アタマのいい人は、勉強とかしなくてもいい成績とれるし、いい就職とかもできる、みたいな話で一貫していて、

その人、いくつぐらいだったんだろう?私は、同年代ぐらいに思ったけど、私がちょっとその人を老けて見ただけで、一回り下の、アラフォーだったりする可能性は十分あるんだけど。

でも、一回り下の世代だったりしたら、不景気で、運が悪くていい仕事つけなかった同級生とか、普通に見ているように思うんだけど。

話のノリがね、ああ、バブルの時こんなヤツいたよ、的な感じなんだけど。

最初の仕事が金融系で、そのあと外資系とか言ってたけど。(Noneが赤ちゃんの時に通っていた編み物教室で、ダンナが銀行員だってことが自慢の主婦が来てたけど、もう話題が100%自分がどれだけ庶民じゃ買えないものを買ってるかの話なんだな、教室の先生も、そういうお金出せる生徒優遇してたんだけど、ある時、「今の幼稚園も、いろいろうるさくなっていますよね。」って言うから、私が、「まあ、モンテッソーリとか言うところとかありますよね?」みたいな返事をしたら、その人たち、「それ、どこのブランド?」って聞かれたけど)

その人が初めてのTOEIC受けたときが900あったって話しで、自分を思い出すんだけど、

私と同年代だったとしたら、普通に学校行ってて、TOEICで話される英語についていける速さの英語教材に触れている可能性自体がものすごく稀なのね。

関西外国語短期大学ぐらいのレベルの学校に行っていた場合であったとしても、なんだけど。

しかも、外短のなかで、当時3コースあって、文学とビジネスとコミュニケーションのコースの中で、私がいたコミュニケーションのコースは、空港のなかの雑音の中での英会話が聞き取れる練習とか、比較的音声教材に力を入れていた状態で、そこで平均的な成績を取っていた私が、最初にTOEICの英語聞いたとき、びっくりしましたからね。

確かに、外短のなかでも、CAに就職する人とか、実力つけて卒業する人もいたから、その人たちはできたのかもしれないし、それぐらいの人しか視野にいれないで生きている人なのかもしれないけど。

まあ、そのあと、午後の中国語教室行くまで、食堂みたいなとこで、ご飯食べながらTOEICの文法の問題が出るアプリやってたんだけど、

普通に、正解率があがっている、これは、普通に、普段触れられる英語が増えたこと、にあると思う。

今、高得点が取れる自信はないけど、ナチュラルスピードで話される英語を、自分の好みの内容のもので聞ける、本も読める。電子書籍なら、知らない単語はタップしただけで辞書が出る、単語帳だって、昔よりはるかにきれいに編集された、一定時間見ていても疲れないものがある、音声教材がついていて、その単語がどう発音されるのかを、確かめやすくなっている。

勉強(や英語)のできる人はできるから、変える必要はない、という意見には、同意できない。

変化を求めないのは、一握りのできる側に回った優位性を、維持したいからなんじゃないだろうかとすら思ってしまう。

この年になって、音声文字変換アプリで見て、聞いてわからなかった単語が、知らなかったからではなく、ちょっとくずれて発音されていたからわからなかったのだとか、気づかされたりする。

自分が学校で英語を習っていた時代は、文法と単語を習ったら、パズルを組み立てるみたいに、その文法と単語を使った英語が理解できるのだと思っていたし、パーツを増やせば英語が理解できるのだと思って、文法と単語を覚えようとして、

私の場合は、高校生の時点で、英語のイディオムの「なんでこの単語とこの単語が組み合わさってこの意味なるねん?」が攫める気がしなくて、こんな言語理解できるか!みたいになって、ドイツ語に移行するんだけど。

環境が変われば、教育でやらなくてもできる人もいるのだろうけど、実際にいままでに変わってよくなっていること、そして、まだまだ変えられるところがたくさんあるはずだと思っていること、

願わくば、公教育を受けてさえいれば、世界の主要な言語を、自分で選んで習得することができるようになってほしいと思っているし。

やっぱり、自分が短大を卒業したときの、ほぼほぼ誰でも生活できる収入がもらえる仕事につくことができる、そういう状態になってほしいと思っているし

もちろんね、コピーとお茶を入れるだけでお金がもらえます、その代わり、3年ぐらいで寿退社してね、みたいなのはアカンと思ってるけど。

で、やっぱり、ある程度の層が事務職で正社員になれるとしても、時代が求めている職能のための教育って、転換期だと思うんだけどなあ。

ハラリとか名前出しても知らなかったんだけど、その人。

大阪市内に住んでて、ああ、この辺やったら、文理10高なら、あそこやな、みたいな場所なんだけど、お子さんは私立の中高一貫校だったり

正直、大阪だと、中高一貫校とかにすると、行ける大学のレベルが公立より下がる可能性があって、選ばない家庭が多いのだけど。

もちろん、日本語教師養成学校で、関関同立の某大の附属高校から大学へのお子さん持ってる方とかの話で、大学の受験勉強にかける負担を、高校から上に上がるのなら、実社会で使えるスキルを養う時間にできる、っていう意見も聞いているから、受験勉強以外で自分の子の能力を伸ばすことも理解できるんだけど、

まあ、そもそも大学って要る?みたいな議論もあるんだけど。

すごい、従来型の教育の、それも、たまたま自頭がいいとか何だかで有利な人のことしか考えなてない人から見下すような目で見られたってのが、かなりアタマにきていて。

まあ、とてもいい職歴とスキルと、あとお金と人脈を持たれた方なんだと思うから、逆転とかないんだろうけど(って、でも、その割に、私の知っている、セレブ系の奥様とは、ちょっと何かニオイ違うんだわ。私が今まで知っているそいういう系の人とか、衣服とかヘアスタイルとか、持ち物とか、その言動に比例するぐらいイキってる場合が多いんだけど、まあ、見かけは普通の庶民的奥様だった)

自分、洋裁でも、布地屋で処分セールになっている布とかで、百貨店とかで売っている洋服に見劣らないもの作ろうとするタイプなんだけど(し、実際、自分で作った服着て百貨店行ったら、店員とかいつもと全然違う丁寧な対応受けるもの作ってたし、当時付き合ってた男とか、駅前で待ち合わせしていて、私が自作の服着てきたときとか、むやみに百貨店行きたがったもの、イヤ、自分がプレゼントしたわけでもない服着た女連れて、店員の態度が丁寧なのの横にいるのが楽しいか?みたいに思ったりはしてたんだけど)

今だって、タダみたいなアプリ組み合わせて、このサービス、どこかでちゃんと受けようと思ったら、それなりの金額なりそうだよね、みたいなのがやれてるんじゃないかなと思っているし、

その人が、まあ、当時の英語教材とか、環境で、TOEICそのスコア出せたんならすごいんだろうけど、それを否定しようとかは思わないけど、教材とか環境をよくすることで、できる人を増やすこと、そんなにふんぞり返って威張れる状態じゃなくすることはできないかな、とかは思った。

なんかね、ガツンと、言わせられないかしら、みたいな気分になってたんだけど。

まあ、言うてね、たぶん言うほどこの人セレブでもなさそうやで、言うのがあるんだけど、逆転みたいなのはなくても、問題があったのは、従来の教育のほうにあった、っていうのを、自分の中でしっかり握りしめられる状態になりたいな、は、ごっつ思った。

狼少女が人間の言葉を覚えられなかったのは、人間がその年になると言語を身に着けられないという証明なのではなくて、その当時の言語教育の限界がそこであったことの証明でしかない、と、私は思っている。

ただ、もう、狼少女のような境遇に遭う児童がこれから出ることが考えにくいだけで。

午後の中国語の授業は、まあ、自分が書いた作文を、先生に添削してもらったのを読んで発表するもので、添削されてるから正しい中国語だし、作文の内容とか、Noneが実際に大学であった話とかを聞いて書いたもので、内容がめっちゃリアル、言うことで、みんなに「面白い」って言ってもらって上機嫌なわけだけど。

語学教室で話すこととか、教える側でも教わる側でも、旬な話題こだわるほうで。

まあ、来週の授業の準備とか、自分の勉強とかしますわ。

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ

にほんブログ村

ちょっと補足

ちょっと、「頑張ってても、本人が思ってるレベルになかなかならない人」っていう言葉に、傷ついた人がいるんじゃないかと思って説明補足するんだけど、

まあ、ぶっちゃけ言ったら、何でも思った通りのレベルにすぐたどり着けるギフテッドみたいな人のほうが珍しくて、たいがいの人が上に言ったようなタイプに当たると思っているんだけど。(でなければ、そもそも頑張ってないから、人が言うようなレベルにならなくても気にしないっていうタイプである可能性もあるけど)

他の人が余裕で困難を克服しているとか思わないほうがいいし、そこを目標にしないほうがいいとも思う。

まあ、確かにね、ある国の人は、特定の競技でオリンピック金メダリストたくさん排出している、とかあるから、遺伝的に有利な人って、存在しているかもしれないんだけど。

自分の能力を更新し続ける自分、っていうのに対して自信を持つとかできないかなあ?みたいな。

それを、他人と比べるとかではなくて。

まあ、Noneのときに絶対評価が中学で採用され始めたんだけど、今大阪、小学校も中学校も絶対評価らしいし。

他の人の成績とか関係なしに、自分の出した成績で評価されるし、上が何人いても、それを押しのけなければならないわけではないし。

まあ、大阪の中学、チャレンジテストとか、大阪の地域ごとの教育格差を大きくするしくみ、まだ続けているみたいだけど。(まあ、この部分を言えば、成績がいいひとが他にも自分の学校にたくさんいるほうが、受験に有利になるんだけど)

まあ、私自身、ペラペラに話せる外国語なんかひとっつもないのに、外国語学習にかなりの時間今でも費やしてますし。

まあ、早くなにかを習得することについて考えたら、やっぱり、追い詰められた気持ちになっている人の方が、身につけるの早いのかな、は、思う。

私自身、高校生のときマクドでバイトしたとき、ランチ時とかめっちゃ混み合うのに、レジのお金との授受とか(今みたいにレジがお釣りをトレーに出したりしない)1円も間違えちゃいけないし、小学校の野球チームの保護者さんとか、何バーガーは何個で、何バーガーは何個で、ポテトは何個で、ドリンクは・・・みたいな混乱するヤツ、混雑時に来てても、当然数間違えちゃいけないし、みたいな経験して

学校の数学だったら、平均点のちょっと上ぐらいが取れたらOKみたいな扱いうけるのに、100点満点の80点でもいいのに、ここでは一切間違えてはいけない、みたいな。

親が、高校の時にはほとんど物を買ってくれなくなったので、下着レベルの物から自分で買うようになっていたので、ある程度まともな服を着て、他の同級生が遊んでいることと同じ事がやれるお金を稼げる仕事がしたくて必死で頑張ってたんだけど。

まあ、モノ間違えることって、すごく減って、訓練されたと思っている。それを、学校の教室みたいなところでは、自分は身につけられなかっただろう、は、思っている。

正直、これは、搾取される人生を送るための訓練だったな、と、今は思っているけど。

でも、そういう搾取される側の仕事につくのがイヤだから、教室で頑張って、緊張感とか持って勉強しているな、みたいな人のほうが、学習でも、自分のミス減らすの、早いなあ、みたいなタイプが多いように思います。

そういうのではなくても、自分のミス、自分で探すの好きなタイプとかも、学習早いよね。

なんでも苦労せずに身につけるギフテッドは、目指しても仕方がないけど、自分のミスを自分で探すタイプになること、(最初はある程度人の力を借りることがあっても)は、たいていの人ができるんじゃないかと。

ミスした自分を責めるとか、落ち込むとか、そうなってしまう気持ちは理解できるけど、たぶんそうしてしまうことは、事態を改善するのを遅らせてしまうんだろうと思う。

実際、確かに受験では、点数の高かった順に合格が決まってしまうのだけど、学習している時点では、他人と比べるより、自分をどう更新していくかに集中していたほうがいいように思います。

まあね、実際にはテストの点数だけで決まってたりしないんだろうと思うけど、テストで100点取れたのが3人で、90点だったのが8人、100点の3人は安定した企業に勤められるけど、90点だった8人は下請けでブラックまがいの仕事に就かなくてはならない、みたいになっている、今の社会に問題があるんだと思っているけど。

まあ、90点だった側も、90点取れる知識とか技能とかあったら、起業するとか、いろんな人出てきてますからね。

自分、血が沖縄だから、確かにもともと声量とかあったのかもしれないけど、Noneが幼児の時に、Noneが幼稚園に行ってる間、人と繋がりたくてボイストレーニング教室に行って、

ボイトレの先生に、「そんな声が余裕で出せるなんて」みたいに、ちょっと妬まれたような対応を受けたことがあるんだけど。

まあ、先生は、裕福な家庭で、小さいときから音楽教室でトレーニングを受けてらっしゃったみたいなんだけど、

私、子どもの時、母が実家に帰った後、自宅で父親に殴られて、助けてもらおうと必死で外に向かって「助けて~!」って叫んで、数時間それを続けてるのに誰も助けに来ないとかいう、ある意味必死なボイトレを、けっこう頻繁にしていたのですが、

「余裕で」出している声ではないと思います。一応母からも幼児期声楽の訓練を受けていましたが、一番真剣に感情を込めて声を出していたのは、たぶんソレだと思います。

まあ、そういうヘヴィーなやつとは違いますが、中国語教室で中国語を教えていた日本人の先生、司法通訳のお仕事もしていて、仕事がたいがい中国語関係で、でも家で中国語と関係ないことをしているのは、本当に掃除洗濯とか、生活のためにしなければならない基本的なことばかりで、そのほかは、自由な時間はほぼほぼ中国語の学習に使っているって聞いてて、すごいなと思いました。

そんなに頑張ってないのに、私、余裕でできるの、みたいな、聞き手の学習意欲を下げるだけの話なんか、あってもそんなに聞く必要なくて、(って、単純に、真似できるような負担の少ない学習法とかなら聞いたらいいけど)その代わり、やれる人は、それなりにやってるんだ、みたいな方に目を向けていた方がいいんじゃないかな、と、思います。

って、今日は、朝睡眠導入剤もらいに行って、帰って今週の授業の教材作って、そのあと養成講座、オンライン授業受けてて、そのあと家のこと少しして、ブログ書いて、で、今からまた英語とか勉強します。

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ

にほんブログ村

この週末とか

昨日朝、台風の警報とか出てないので中国語教室行って、まあ、準備してないことを即座に中国語で言える練習をするのだそうで、(その代わり、「雨が止みましたね」なみの簡単な話題でいいそうで)

日本語教師養成学校では、生徒に自分の本当の話をさせるように習うのですが、この中国語教室は、とりあえず話をつなぐことから始めるので、実際に明日図書館に行くつもりがなくても、明日何をしますか?みたいに聞かれたときに、「図書館にいくつもりです。」などの作り話をするのはアリな場所で。

まあ、私自身は、言語習得で、どちらがいいかとかは判断しない方向で。

言語を習得させるつもりなら、自分の本当のことを話せるようにしたほうがいいだろうけど、それが出てこないなら、とりあえず出る物を出す、というのもアリなんじゃないかという考えで。

昨日は、小学生(それも、たぶん低学年の)が来ていて、その中国語教室の生徒は、他はみんなシニアかミドルかっていうぐらいの年の人なので、あきらかに浮いていたんだけど。

中国にルーツがあるのかとか、それともこれからの中国の発展を考えて、親御さんが我が子に中国語をと考えた、全く中国と関係ない家庭の方なのかとか、ぜんぜん推測することができなかったんだけど、ある程度、正しいピンインの読みと発音と、簡単な単語は知っているみたいで。

ただ、明らかに楽しそうじゃなくて。

まあ、本当に、他の、自分を含めシニアやミドルの出す話題とか、小学生に面白いはずがなくて、で、その子が持っている語彙があまりないみたいだから、その子にあたったときに、明らかに話題が3歳児ぐらいの幼児みたいな話題になってしまっていて。

Noneのときもそうだったけど、ああ、小学生なりに持っているプライドとかを壊しちゃうやつやと思って。

授業終わった後、お父さんらしき人が、「どうだった?続けたい?」って、続けて欲しそうに一生懸命聞いているんだけど、子どもの方は、なんとか親を傷つけないように話をそらそうとしているのがわかって。

ただ、今、我が子に中国語を、みたいに考え始めている家庭とか出てきているところだと思うから、この流れを、閉ざさないほうがいいなと思って。

先生にアドバイスできるとしたら、(って、今は怖くてできないけど)小学生の放課後に通える時間帯に、そこと同じように教室が開ける場所を借りて、子ども用にクラスを作られたらどうだろう、みたいには思いました。

それだったら、小学生で、話題が「犬は好きですか?」みたいになっても、他も同様のレベルで話す生徒ばかりだったら、大丈夫なんじゃないかと。

横で、お爺さんが、「玉出は安いけど、品質が良くない。」みたいな話題を中国語でしている次に、「犬が好きですか?」みたいな話題になるのは、やっぱり、子ども扱いされてしまったのが浮き彫りになっていたと思う。

(文法的には、お爺さんの出した文章も難しい文法で言っているのではないけど、「品質」とか、ある程度大人なら日本語を中国語読みにするだけで出る単語だけど、小学生には難しいと(日本語でも普段使わない単語だと)思うし)

まあ、いろんな意味で、語学教育って何?とか、そもそも教育って何?とか、今の子どもが必用としている教育って何?どうすれば彼らの将来が明るくなるの?みたいに、頭ぐるぐるしているんだけど。

で、地下鉄乗り放題券使って、午後の中国語教室のある駅に移動して、粘れそうな、そして電源のあるファーストフードでランチして。

英検の単語をある程度やって、その後、この年で始めて見る単語覚えるの、間違いなく若いときよりキツくなってる、とか思って、語源使ったテキスト、こないだ課金したアプリで使えるだろうと思って開けようとしたら、

語源のやつは、課金して読み放題にしてるのに購読ボタンが出てきたよ。

なにかのミスなのか、それとも人気書籍だから、これは対象外になるのかわからなかったけど、どうしても語源見たいムードだったので、Kindleは中国語で見るようにiPadしてるから、中国人向けの、中国語を使った語源で英単語覚える書籍をそこから読んでて。

で、午後の授業始まる30分前に、中国語教室の予習して。

だんだん午後の中国語教室では、なじめてきたかなあ、みたいになって。

試験のある学校に受かったとしたら、土曜日が自由にならないかも、というのがあって、受けるかどうか、どうしようとか悩むようになって。(午前の中国語教室は、たぶん別の曜日に通える教室あるんじゃないかと思ってるけど)

で、帰って、日本語教師の来週の仕事の教材とかつくろうと思っていたら、Noneのことで時間割かないといけないことができて、そのあと、半日自由になると思ってた火曜が、睡眠導入剤もらいに病院に行かないといけないということを思い出して、けっこう焦って作れるところまで教材作ってから寝て。

今日、朝起きて、次の授業でだいたいどうするか、大雑把にしか考えてなかったのを形にして、

多分に、ベトナム語とか彼らの言語を使った補助教材を用意して、語句の確認を早くできるようにして、把握した語彙を使って彼らの意見とかが言える状態にできたらなと思っています。

語句そのものを直説法で説明してから、その語彙を使用するまでもっていくのは時間的に難しいなあと思って。

まあ、私自身ベトナム語の勉強になっているかな、みたいな状態で。(作った教材、そのままOneNoteに貼り付けて、読み上げさせてみたり)

そういえば、前回の授業で、生徒から「○○さん(ベトナム人の他の生徒)の名前を、名簿のカタカナで呼ぶのではなくて、ちゃんとベトナム語の発音で呼んであげてください。」みたいに言われて。(こんな完璧な日本語じゃないけど、ちゃんと丁寧に、わかる日本語で頼まれて。)

理由は、カタカナの発音だと、ベトナム語では悪い意味の単語を連想させるものになるらしくて。

そのときは口頭でちゃんとした発音ができるようにしてもらったんだけど、今覚えているのが、正しい物のままか自信が無いから、次行ったときは、ちゃんとベトナム語のスペルを教えてもらおうと思っています。

私が教えたかった日本語って、こういう交渉力だったので、またそれを言ってもらえる人間関係にになっているのを、嬉しく思います。

私は文法力はないけど、基礎もできていないし、教材に頼りすぎかもしれないけど、自分が目指していた日本語教師としては、前進できているのではないかなと思いたいです。

って、漢字のなりたちのプリントも、漢字カードの原稿も、ほぼほぼ形になって、まあ、間に合いそうだと思うから、今日は午後、レモンの蜂蜜漬けを作っていて。漢字の説明プリントも、名刺カードも、作り方コツとか覚えてきて、かなり楽になって

っていうか、教案自分で書いているのでOKなら、他の先生とかとは人間関係うまく行っているし、続けられたら続けた方がいいのかしら、とかは、若干思わなくもないくて。とか言って、また人間バランスくずれたときに、上司から攻撃食らうんじゃないかしらという恐怖は持っているんだけど、今作っているこのカード、再利用できるほうが嬉しいよね、っていうか、JLPTの別の級で作るってことになっても、すぐに作れるし。

学校を買えようとしないでください、というところでひっかかっていて、初級のときとか、生徒たちが日本に来たばかりでやる気があったときに、N5のでもいいから、もっと単語を覚えさせていたらとか、あと単純に、他の先生とか、初級前半の授業で、自作プリントとか作って配ってらっしゃったらしいのに、自分はしらないから、全部アクティビティにしないといけないと思って、語彙も知っている文型も少ないのに、それで理解できるアクティビティ用意するのに、毎回死にかけていたんだけど、プリント、そこそこ作れると思うし。

って、上司との人間関係はもう壊滅的なんじゃないかと思うので、希望しても次ないかもしれないし、それ以前に、来年度留学生が来れるのか、もあるし。

まあ、ここまで来て、生徒たちと仲良くなれたような気がしているので、教えたい、という気持ちはやはりあるのだけど。

昨日ファーストフードで、レモネードの他はあんまり好きなドリンクなかったから、レモネードばかり飲んでいたら、急なお通じがきて、

で、絶対これ、レモネードが原因だろうと思って、iPadで調べたら、レモネードはお通じに良くて、コラーゲンの生成促成とか、シミ防止とか、老化予防とか、口臭対策にもなるとか、脂肪を燃やすとか、自律神経整えるとか、なんか、いいこといっぱい書いてあったので、帰ったらレモンを蜂蜜漬けにして冷蔵庫に常備しようとか思ったからで。

まあちょっと、ディスカウントストアのやっすい蜂蜜じゃなくて、専門店のいいやつとか買える金持ちだったらよかったのになとかは思うけど。

今から軽く風呂入って、出たら通信教育、できるところまでやろうと思います。

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ

にほんブログ村

もうよくわからない。

うまく言えないけど、昨日仕事中に、

もう考えるのヤダ、もう考えるのヤダ、もう考えるのヤダ・・・

みたいな状態になって。

とりあえず、そのときに感じた問題になにがしかの判断を下すには、ちょっと私の脳ミソのスペックはちょっと小さいな、みたいな状態で。

昨日、働きながら通いたいと思ったけど、年齢的にいけるのか問い合わせたところは、担当部署が午後からしか開いてないということで、それを待つように言われたんだけど、こちらは午後仕事あるので、何時ぐらいまでなら家にいますって言ったんだけど、その時間までには連絡無くて。

その教育団体に行くことができたら、そのとき感じた問題について、あるていど考える力をもらえるかもしれない、とか思って、できたら行きたいんだけど。

まあ、あと年齢的にいけたとしても、入るのに試験あるから、それに通ることができるかもあるんだけど。

まあ、そのためには、学費とか稼がないといけないし、働くつもりだし、そのためにはいい仕事したいなと思っているんだけど。

あと、もう申し込んでいて、教材届くの待っている通信教育については、それで資格を得たら、自分でもなにかできないかしらと思っていて。

一応科目的には今働いているところと被る科目で、でも私はその科目は職場では全然任されてない。自分としては競合しない形で何かできたらと思っているけど、うまくいくかなあと。

まあ、働いていらっしゃる方で、自分でも教室もっていらっしゃる方いるけど、その方はその科目で教室で中心的に任されている方だし、それでOKなのかなあと思うけど。

まあ、まだ、資格とれるかどうかわからないし。

家帰って、とりあえず英検準1級のアプリしようとしたら、3日お試しのが、キッチリ24時間×3だったみたいで、午前中それで勉強していたのに、家帰ったらお試し期間終わってて。

で、少し無料で使える範囲確かめようとアプリ触ってたら、今だけ特別に、1年間の課金半額になりますキャンペーンやってて、

で、ちょっとでも得したいと、その金額iTunesカード買って、iTunesでやっている1ヶ月Apple Music無料になるキャンペーン(セブンイレブンで買うとそうなる)を買ったんだけど、

ウキウキしながらiTunesのカード登録したら、料金、Appleを通すんじゃなくて、普通にカード払いだった。

無駄に買ったiTunesのポイント、どうしてやろうか・・・

まあ、資格取ったって、もっとできる人いる業界だから、うまくやれる気全然ないんだけど、ボランティアレベルのことなら、なにがしかできるかもしれないと思って。

まだ教材届いてないからなんとも言えないけど、自分がこうしたほうがいいだろう、が、できる場所を作ってみたくて。

まあ、今日の日本語学校の授業は、文法とか説明する授業はひとつも無くて、漢字や語彙を教えたり(それも、日常生活で使う語彙なので、たぶん、ある程度会話困らなくて)もう一つの授業も、漢字を教えたり、教科書のテキストをなめらかに読ませるとかの授業だから、今日でかけるまでの時間、勉強に使えるかなと。

っていうか、今、どっちかって言うとTOEICのパート5がもっとできるようになりたい。

って、それも、ずっとBBC見たりとかしてたおかげで、昔よりは正解率高くなっているんだけど。

前はね、普通に、そんな凝ってない問題なのに、知らない高度な文法問われてるんじゃないかしら、みたいに思って、見たことない形のやつ入れて×になってるとか、(そりゃ、見たことないんなら、普通言わないんだろ、みたいなのが判断できてなくて)多かったんだけど、それがなくなった分、正解は増えて。

って、勉強します。

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ

にほんブログ村

オイシイもの横町行ってました

今日は、前の中国語教室(って、私が行くの再開し始めた中国語教室だけど)で一緒に習っていたお爺ちゃんに夕食をおごってもらっていました。

ヨドバシ地下のとなりの、「オイシイもの横町」を紹介して、そこで小籠包をいただいていました。

おじいさんの前で料理の写真とかとれる雰囲気でなかったので撮ってませんが。

大阪 焼小籠包 浪曼路

まあ、今回いただいたのは、上海の典型的な小籠包だったのですが、たこやき風とか、チーズ風、などの、オリジナル小籠包もありました。

まあ、おじいちゃん、お手頃価格でおいしそうな店がたくさんある場所を知って、めっちゃ喜んでくれて、私も、おごってもらう代わりに、穴場を紹介できて、ウインウイン的な気持ちになっていたのですが。

で、食事の後に、飲み物を、ということになったのですが、マックカフェとかあったので、そこでコーヒーでも、と思ったら、全然席が空いてない。

で、ちょっとパフェなどが置いてて、ちょっと甘すぎるかな、みたいな店で席が空いているところがあったのだけど、よく見たら、シークヮーサーを使った飲み物とか、バナナと黒ゴマのジュースとか、健康志向の飲み物が、これまたお手頃価格だったので、そちらで飲み物をいただいて。

先生の話を聞いたら、先生のお子さんがHSK5級のスコアが大学で必要なのに、苦戦しているらしいので、前回行ったときに、自分が受かったとか言わなくてよかった。って思ったんですが、お爺さんが。

「僕が、じょあんなさん受かったって言っておいたから。」

なにいらんことしてくれてるね~ん!って最初思ったけど、この場合間接的に話が回ってる方がいいのかしら、とも思った。

政治の話とか、経済の話とか、けっこう好きな話して、でも、結局どちらの意見に合わせるとかじゃなくて、私はこう思う、お爺さんはこう思う、で、違いを認める形で、お互い思ったことを言っていても、対立せずにいられたのはよかったかな。

お爺さんとか、やっぱり年齢から、中国が発展しているとかあまり認めたくないんだけど、私は期待してるのよ~、みたいなノリでも認めてくれて。私も、お爺さんがちょっと中国を低く評価しているのを、直そうとかはなくて。

中国への旅行を何度もしているお爺さんだから、もちろん中国人と友好的な関係になろうという気持ちがあるから中国語でもやっているし、中国旅行もしているんだけど、やはり現地で気分の悪い対応とかを経験したこともあるのだろうし。

まあ、そのへんが、中国が低所得者への教育も改善していく方向で聞いているから、もっと文化的になるんじゃないかしらという期待を私は持っていて。

って、同時にアフリカとか東南アジアとかを、うまーく経済的に植民地化しそうだな、みたいなのも思うし、日本の国内で、開いたテナントを中国の人に買い占められて、儲かっている店舗はみんな中国人経営者のお店、みたいになる可能性も、かなりあると思っています。

もとが沖縄人で、沖縄の人の輪にも、日本人の輪にも入ったことのない私としては、日本で儲かっているのが日本の企業でなければならない、みたいな愛国心はあまりないのですが、日本国籍を持っている私やNoneが日本で就職をみつけるのが困難にならなければいいな、は、やっぱり思います。

って、今日朝から夕食のために出かけるまで、今週の仕事の教材の完成とか、2週間後の文法説明のある授業の組み立てとかしていたんだけど。

正直、初級の時に、あれだけ授業中ちゃんと聞いて無かったり、ノートすら取っていない生徒が多かった(私のだけじゃないと思う。数日前、他の先生に文法説明を受けた授業の理解度を聞く問題をする授業の時、少しでも聞いていれば、みんなこんな的外れな回答は書いていないだろう、みたいな授業が何度もあったし)

完全な直説法で彼らに理解できる授業ができる気がしなくて、彼らの母語か、英語で補助教材用意した授業にしていく方向で。

英語だって、英語が母語でない生徒は、実は日常会話しか英語では知らなくて、文語表現になったら、英語の説明が理解できなくなったりもしているから、そのへんもできるだけ工夫していくつもりで。

まあ、自分のベトナム語の学習にもなるから、ちょっと力入れたり時間かけたりしても、自分のためにもなったいるし、と、思って。

っていいながら、今日はけっこうな時間英検の勉強もしてたんだけど。

あと、テレビも、ユーロニュース見てたし(英語のやつ)

ブレクジットのせいだろうか、今日について言えば、BBCよりユーロニュースのほうが、多くの情報が得られて、BBCは、今、国際的なニュースを手に入れることが、前より難しくなってないか心配になった。

ただ、無料だからって、タダのテレビ番組ばかり見ていたら、広告の出せる大企業に都合の良い情報しか得られなくなって、貧しい人は、より条件が悪い人生の選択しかできなくなるんじゃないだろうか、は、今日ユーロニュース見て、実感した。

なんか、報道の自由度、日本、66位らしいし。

中国とか、報道の自由度、確かにそれ以下なんだけど、彼らは国家の都合の悪い話は聞くことができないけれど、海外の軍事情勢とか、別な方面では、日本人よりいろいろ情報が入っている。

まあ、でも、YouTubeとかツイッターとかFBとか、中国じゃできないし(それをつなげるためにVPNとかしている人はいるけど)だから中国の方がいい、ってわけではないけど、日本にいて、日本のじゃなくて、海外のニュースを縦横的に見ている方が世界状況については詳しくなれる気がする。

通信教育、申し込んだけど、教材届いたら置く場所ないから、『無限の住人』中古で全巻揃えたの、自炊して電子書籍にしようと思って。

さすがに50冊自炊するのは大変で、できたらその時間英検の勉強とかしたいから、それは代行業者に依頼しようかなと思っています。

あと、もしできたら、またいらん教育受けにどっかに行くかもしれない。

通信にするか、通う方か、まだ悩んでるけど。

できたら通う方で行きたいけど、年齢的にひっかかるかな、みたいに思うので、あまり自信を持って「行きます」って言えないんだけど。

って、明日は午後仕事に行く前に、明後日の授業のために印刷しておくものとか準備終えたいので、(あ、それから、先週はやたら提出数が少なかったから時間かからないけど、明日宿題の添削もしないといけないんだ。)寝ます。

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ

にほんブログ村

教育の今後とか考えて

まあ、昨日、午前と午後の仕事してて、 それぞれに思うことがたくさんあったんだけど、考えない方がいいのかな、も、同時にあって。

とりあえず、私を否定すると、満足する方がけっこういらっしゃるらしいな、ぐらいの認識で、思考停止しておこうかなと。

まあでも、ICT化で、教師の役割変わるらしい、は、いろいろ考えて

一握りの教えるのがうまい一握りの教師がオンライン授業をやれば、他はカウンセラーでよくて、みたいな考え方で、その、カウンセラーの方を、授業力のない格下の人のように言うところに、抵抗があって

Ⅰ万人の人が受けられる教育動画があったとして、Ⅰ万人のそれぞれの個性にあった授業が可能かどうかということで。

もちろん動画授業の数を増やし、10種類つくれば千人に、100種類つくれば100人に、みたいにはなるんだろうけど、

授業車の各個人の能力や学習意欲を把握し、その上で紹介すべきその後の学習方法を考える事が、理解しやすい動画授業を作れる先生より格下になるのかどうか、という。

まあなんか、東進なのか、武田塾なのか、みたいな話になっているけど。

まあ、武田塾を作った方は、もと東進の生徒で、理解度に関係なく、塾が儲けるために、次々新しい授業を見ることを勧められて、把握できないままたくさん見てしまったから、希望の大学に行けなくて、その後武田塾を考えた、ということらしくて

強面父さんは武田塾に批判的なことかいてたの覚えてるけど、基本私は武田塾派で、

って、でも、武田塾も、上部が作ったルートをあまり考えずに生徒に勧めたりしてないかなあ?とか、疑問に思うこともあるけど。

まあ、塾の講師の採用募集聞いてたら、難関大学に、自習で受かったタイプの先生を募集しているらしいから、ある程度、自習の仕方のコツとか知っている先生が揃っていると思うんだけど。

まあ、武田塾を例に取ると、カウンセラーが優秀だと、動画教師はいらなくて、市販の教科書で学力を上げることができるということなんだな、とか思って。

あと、動画授業、向き不向きあるよね。

私は、けっこう動画授業見るの好きなんだけど、Noneはダメで。

もともと速読な人だから、本で読んだら10分で理解できることを、30分の動画で教えられるのは好きじゃないらしくて。

確かに、よく知っている部分を早回ししたり、今聞き逃した大切な話を、動画戻して探すのとか、けっこう大変で、理解ができるなら、本で読んでればよかった、は、確かにあって。

ただ私の場合は、出版するほどの需要がない話題について、動画でなら情報が得られる、が、あるんだけど。

っていうか、一握りの優秀な人が高い収入を得て、その他の人が、ほぼ最低条件で働くという社会を肯定するとしたら、

その一握りの人は、たいがいのことは教師なしで、自分で学習することができるだろうと思う。教育が必要なのは、多数の所得の低い人たちになって、たぶんその人たちは、無料か、極めて無料に近い教育を求めるようになるだろう。もしくは、教育を受けること自体を放棄することもありうる、というのが、まあ、ぱっと考えればだれでも予測できることだろうと思う。

昨日、朝の仕事と夕方以降の仕事の間、スーパーのイートインでランチしながら英検の勉強してて、

スタディギア、同じ語字数の類義語タイプして×になるの、いやになってきて、ほかのアプリ探したら、すごくいいのあって

まあ、英語に関して言えば、文法知識や語彙増加については、教師もいらなくなったよね、みたいなのもあって。(ってまあ、そのアプリのための教材を作ってるのが、塾講師だったりはあるんだけど)

東進の先生だった人が、ただよびとかに移動してるの、一度とった動画授業とか、権利買い取られてて東進はその動画で儲け続けられるけど、教師の生活は維持できない、みたいなのがあるとか、聞いた覚えがあるんだけど。

教育とかだけのことじゃなくて、一握りの人がお金持ちになって、真面目に働いている人が、ギリギリの生活をすることになることのほうにあると思って。

そもそも、お金を儲けられる人がエライ人なの?もあって。

ビルゲイツみたいに、お金を儲けてて、その使い方も賞賛に値する人も確かにいるけど。

salesforceじゃないけど、お金の儲け方、お金の使い方、のほうを、その額の高さより問われるべきなんじゃないだろうか、があって。

まあ今、なんちゃってビーガンやってるけど。まあ、高級牛って、日本の大切な産業なのかもしれないけど、家畜の餌にするほうが、貧困地区の人たちの食事にするより高く売れるから、そちらが優先されているとか、

環境のこと考えたら、儲けより環境維持を優先したほうがいいよね、みたいなこともあるし。

たくさんの貧乏人の中で、ひとかたまりの金持ちの側でいる気分ってどうなんだろう?みんながガリガリ君食べてるのに、ひとりだけイタリアンジェラート、みたいなの、おいしいかもしれないんだけど。

まあ、自分の職場に、階層が高いことを誇示するタイプの人かな?みたいな人がいるから、そういうの、ウッキウキしながらイタリアンジェラート見せびらかして食べるタイプとかもいるんだろうけど。

でも、どうやって経済を成長させるかとかより、今地球のなかで使っていい資源を、どうやってより多くの人が快適に過ごせるように分配すればいいか、を考えるべき時代にきているんじゃないかと思っているところがある。

グレタさんみたいなの、話題にするところはよかったけど、今、経済的に強い立場にあって、環境によくない事業をしている人たちを、単純にワルモノ扱いするのは、ちょっと、事態をよけいに硬化させてるんじゃないかなとか思って。

自分も、昔、微力ながら、英語の勉強会とかで、大企業の役員とか言う人と話ができたときに、「捨てた方が安いから」という理屈で動かない人を、「そのあとで処理しなければいけないことにかかるお金を考えたら、はじめからリサイクルを考えたほうがコストがかからないですよ。」みたいなことを説得して、けっこう長い時間説得したけど、最後、「確かに、国の税金とか、どこがどうお金を出すかを変えていったら、できることかもしれない。」という前向きな発言を聞くことができた覚えがあって

今権力や儲けがある人を動かしたかったら、その人たちが持ってるプライドとか名誉を壊さない形で、事態を好転できるアイデアを出していった方がいいと、私なんかは思う方だけど。

ってまあ、それで十分事態が動いてなかったから、グレタさんキレちゃったのかもしれないけど。

まあ、地球環境考えたら、お金持ってても、そんなにたくさん物を買ったりできないし、食事もある程度この範囲で、とかになってきて、多くの人が、これ以上もうけてもしょうがないよね、みたいにならないかしら、は、思うんだけど。

だから、人を評価するときに、その人の所得ではなく、「生き方」で問われる時代がくるべきなのではないかな、と、思っていて。

20世紀の、とくに戦後の、人より所得がないと、テレビや、洗濯機や、冷蔵庫や、クーラーや、自動車や、カメラや、後もう少しあとになるけど、マッキントッシュ時代のパソコンや、NECのパソコンが買えなくて、生活の質に大きな差があった。あの時代の価値観は、もう、終わらせた方がいいんじゃないかと。

言うて、高度医療で、お金持ちは不老不死手に入るとか言ってるひともいるけど。

(ハラリとか、そういう高度医療受けられる方は、散歩レベルの活動ですら、(アメリカなど銃がある社会では)命の危機があるから、しなくなるだろう、寿命を短くするような、おいしい料理を食べないだろう、みたいな、「そんな人生を長くして楽しいか?」みたいに思える生活の例を、そういう不老不死のひとがとるだろうと、皮肉を込めて言っていた)

まあ、授業の準備して、午後から、養成学校の授業、模擬で対面でしかやれないから、見にいってきます。(終了しているから、私が模擬をすることはできないらしいんだけど)

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ

にほんブログ村

何ができたら生きてていいんだろう?

朝起きて、不安でしょうがなかったから書いたブログだったんだけど、英文の引用、めっちゃタイプミスありましたね。気付いた部分は直しておきました。

起きて、チェックなしで作れるようになった教案、資料見ながら作ろうと思って、図書館行こうかなと思ったけど、いろいろ作業してたら、昼近くになったので、お昼ご飯食べてから行って。

詳解ベトナム語辞典の実物を見に行きたくて、で、昼までは、今解っている授業の教材を、コピーしたり、持ち運びやすい状態にして、それ持って図書館行って。

なにか、補助教材作れないかなと思って用意してみたんだけど。思ったより辞書に例文載ってなくて。

って、話変わるけど、自分がフォローしているツイッターで、まあ、この世界の顔の広い人、(アカデミックな大御所とかじゃないんだけど、フォロワーとか多そうな人)で、確か、うちで名刺カード作って単語カート作ったり、いろいろ教材作ってた時だよね、みたいなときに、教材を作った時点で満足している人がいます的なこと書いてる人いて、あれ?ちょっとソレ、タイミング的にここのことかなあ、みたいなのとか、先日LLYのスマホ版詳解した話載せた後で、その人がまた、基礎ができている教師はアプリとか勉強会とか必死にならなくてもちゃんと授業ができるとか書いていて、やっぱウチ叩かれてない?みたいに、まあ、ただの被害妄想かもしれないけど、気にはしてて。

基礎は、解ってないのを自覚してるから養成講座通い直すし、いらないと思ってないけど、教案に載せた、教科書の例文まで訂正されるぐらいの拒否のされようが続いたので、なにか自分を肯定したくて、作れる教材作るのに集中してみた状態で、それも説明しながらブログに載せてたのに、それであの教材やアプリの話をそんな風に言われるのだとしたら、とても辛いことだと思いました。

正直、その方は新人の頃から基礎を確立されていたすごい日本語教師の方なんだろうなと思います。

格が違うのでしょう。

まあ、人間に肯定されるのは、もう諦めようとしているところがあって、でも、世をはかなむのは、なんとかとどめておこう、みたいな状態なんだけど。

このような格の高い先生は、きっとレベルの高い生徒さんに、とても高度な日本語を教えられるのだろうなあと思います。

たぶん、私は高度な文法知識とかはないけど(Noneも、阪大模試国語偏差値70レベルだけど、文法部分だけ取り上げた偏差値、30台なの。読解力とか、漢字とかでフォローしてて、しかも古文と漢文もたいがいなのに、その部分で偏差値70まで持って行く読解力してますからね。)あんまり、文法とか力入れて教える気がなくて、話している相手や、今読んでいる文章が何がいいたいものかを読み取れるほうに力を入れたいと思っていて、それは基礎をないがしろにする事になるのかしらとか、

あとね、頑張ってても、本人が思ってるレベルになかなかならない人っているじゃない?わりと、そういうの、やる気失わないように、その生徒の直せる部分を一緒に探そうとするほうだと自分は思っていて、日本語教育じゃないけど、他で、いままで教える仕事とかしてきたときに、ある程度コツつかんでるほうだと思ってるけど。

自分、哲学好きとかからこの仕事興味持ち始めたから、教えられる知識や技量より、生徒のメンタルケア大事にしたいんだけど。

あと、教材作りとか、自分がNoneに英語教えてる時に高額教材見本に自分で作っていたものとか、自分があると楽だと思ったもの作って、日本語教育知る前から持っていた技量を活かそうとしただけなのに。今までの仕事で得てたオフィスの使い方フル稼働したらどこまで作れるか試したかったのもあるし。

今、もしこのブログ見て、教材を作っただけで満足している、とか、基礎がないから必死でアプリを探している、とか、もし、ここに対して言っているとしたら、酷いなと思う。

追記:勉強会とか、覚えないからソレ違うのかなと思ったら、そういうやsalesforceのオードリータンさんの話とか聞いたことも書いてたなと思う。

もしそうだったら、その人は、日本語教育の方でも、気に入らない生徒とか、儲からない生徒とか、その生徒のメンタル土足で踏みにじるような発言される先生ではないだろうか、とか推測させられたりします。

まあ、普段から、自分のレベルの高さの話が多かったり、できない人に対して厳しい発言することが多い方なんだけど。

どうなんだろうなあ、SNSで席巻している日本語教師の派閥の人たち。

他の著名な方ですが、一握りの優秀な日本語教師がオンライン教育をしたら、あとの未熟な先生はフォロー役でいいとかいうのも、聞いて呆然としてしまうんだけど。

まあつまり、私のような未熟者にはこの世界にポストがないのだということなんだろうな、と思って。

まあ、よくわかんないや、もの考えるの、今もうイヤだから。

ただね、一握りのハイスペックな人が、所得のほとんどを握りしめて、そこにたどり着けなかった人が、不安定な生活しかできないものになるのだとしたら、

正直、その、「一握りのハイスペック」になろうとするより、そこに相当できなかった人でも、その競争に勝とうとある程度知識や技術を身につけた人たちがある程度いて、ここでそのひとたちが手をとれるなら、

その仕組み自体を変えることを考えたほうがいいんじゃないか。ほぼほぼすべての人が、公約数的な利益が得られるようにルールを変えられないか。

今、勝利者になっている人だって、このルールを変えた方がメリットあると私は思っていて、

大富豪のゲームのようなもので、今持っているカードが、今のステージで有利なものであったとしても、誰かが同じカードを4枚出して革命を起こす、つまり、また何か新しい職業スキルなどが必要とされるようになって、その人が今まで持っていた有利なカードが、そうでもないものになって、今までセレブな暮らしをしていたところから転げ落ちることも考えられるからで。

何度も言ってますけど、1990年ぐらいに、貿易事務ができるぐらいの英語力を手に入れたとき、私自身ほぼほぼ人生が最後まで安定したものにすることができたと思いましたが、逆に募集が少なくなってきたとき、異常に倍率高い求人になっていきましたからね。

まあ、若いころそうやって不況になって仕事どうなるんだろう、みたいになったとき、私は親がアルコール依存症だったら、自分もお酒とか飲んでなくても早死にするというのを真に受けたから、当時の所得上げるために英語や貿易のスキルを上げるのではなく、ドイツ語専攻で哲学とかやっちゃったんだけど。

ある意味、自分の人生を意味ある物に変えることができたと思って、行って良かったと思ってるけど。

仕事で頑張ってたら、もっと今安定した暮らししてたかもしれないけど、そうだったらよかったとかは思ってなくて。

って、能力ないから、頑張っててもどん底だった可能性もあるけど。

もう一度、この社会の意味を問うほうに進んでみようと思ってて。

日本語教師のスキルを上げるように頑張ればいいのかもしれないけど。

じゃあ、なにするかとか、ホント勘。

ただ、今までに褒められた経験すくないんだけど、勘の良さについては、褒められたこと、結構多いの。

ある意味、化け物級に驚かれたことだってあるぐらいに。

って、役に立ちそうな物を雑多に集めてみて。

前に言ってた資格の通信講座は受ける方向で。

まあ、教案チェックしてもらうために、今まで2週間前に用意して、1週間前には、その週の授業の準備と、次の授業のチェックされる用の教案との、並行作業とかしなければならなかったから、それがなくなっただけでも、通信教育入れる時間の余裕はできたかな、と。

第二波が来る前に株たぶん今が波のイチバン高いところだなとわかっていたんだけど、売らなかったのちょっと後悔。あれ売ってたら、通信教育の学費チャラになるぐらい儲かってたのに。

また下がったときにNISA枠ないから買えないとか、それでも売った方が安全なのかとか、考えた方がいいんだろうなと思ったけど、とりあえず何も考えたくなくて、ただひたすら、HSK5級受かって、自分もやれば何かができるんだ、と、証明される何かが得たかった。

今も同じなのかな。教材ととか、頑張って作ってみたり、アプリとか探してみたりしたら、なんかSNSで叩かれてるの、ウチっぽいよな、みたいに思って。

今日、帰って晩ご飯食べた後(って、名刺用紙、予約してたの撮りに行こうとしたら、道に迷って、そしたら、フードロスのためのお店とか見つけました。賞味期限がきれた、でも、それは最近切れたばかりの、みたいなみそ汁とか保存食品が売られているお店で、持ってる現金で買えるだけ勝って帰った。(最近カード使用で、現金所持少なかったから、カード使えないそのお店でそんなにたくさん買えなかったんだけど)

で、そのアルファ米のかやくご飯を夕食にして、その後本屋に行って。

例文の多いベトナム語の辞書を調べて。

自分なりに、これいいんじゃないかな、を見当付けて、後日、一番安い購入方法探すつもりで。

で、みん日のⅠとⅡも、OCRかけたら教材にできるよね、みたいに思って。別に、大地のベトナム語でもよさそうなんだけど。

メルカリ見たら、ⅠとⅡの新品のセットが二千円台で出てて、思わず購入。

って、古本で買った、キクタンのベトナム語で発音方法習得したら、先日の中国語のヤツとか、みん日とか、やれるかもしれない、は、思っていて。

って、今日残った時間、そのキクタンベトナム語しようと思います。

一応ブログに書いてないけど、英検のこととかもしてて。

って、Audibleで買ってた、The Culture Mapって本も、Kindle版が百円台だったので、(っていうか、中国語word wiseで調子乗って、面白そうな本さがしてたんだけど)

では、明日のために、少しベトナム語したら寝ます。

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ

にほんブログ村

切に望む

まあ、実はもう教案真っ赤にされるのを受け入れるの、精神的に限界きていて、まあ、教壇立つようになって1年たつし、自立させて欲しい旨のメールを出しているんだけど。

学校で直接頼むべきかなあと思ったんだけど、(ちょうど)上司来客あって、授業の後話し合える状態でなく帰ったし、今まで、ひどいときでは教案9割赤くされたこととかからも、もう直接お願いすることも避けたいぐらい、距離をおきたい気持ちになっていて。

もし、この話が、私が未熟だからとかの理由で(理由は何にせよ)教案の提出の続行を求められるなら、もう世をはかなんで人生終わらせようかと思うぐらい、追い詰められているんだけど。

追記:仕事用のgmailにメール来たら、iPad画面開いたとき、すぐわかるようにしているから、昨日一日中iPad使っていたのにそれがなかったので返事がまだだと思っていましたが、昨日早い時点で教案チェックなしでいいお返事がきていました。

せっかく、HSK5級も受かって、全員にではないけど、認めてくれる人もできて、少し心を落ち着けた感があるところなので、あの人格と能力の否定の日々が再開することは、もう終わりにさせていただきたいのだけど。

昨日のKen Robinsonの本、昨日風呂でも1時間ぐらいつかりながら聞いてて、今朝も5時に眼が覚めたから読んでたんだけど、

word wise、ペーパーホワイトで中国語のKindle用に使っている分が、中国語でword wiseも出るので、普通の日本のKindle用のファイヤタブレットでもできるのかなと思って設定いじったら、できた。

まあ、”evolved”を「使发展」とかいうのが、「发」が「発」だと知ってるかとか、使が英語の”let”的な意味があって、「使发展」で「発展させる」になることがわかるかとか、中国語の基礎的な知識とかあったほうがいいんだろうけど、知ってると、英文読むのが格段に早くなって。

いや、英語だと、word wiseの文字小さいし、テキストの文字大きくしても、word wise大きくならないし、そこを文字認識するだけで時間かかってたから、中国語のword wiseは大きさ十分なので、そこも読むの速くしてるんだけど。

あと、辞書も、今まで端末内の英語の学習者用辞典と、英和辞典つかって見てたんだけど(タブレットで本を読まない人のために説明すると、単語をタップしただけで辞書の該当箇所の画面が表示され、そこに使う辞書を選択することができます)英中にすると(辞書はなぜか繁体字ですが)英語の語幹とか語尾の意味がどの漢字に当たるかとか、わかるような単語がけっこうあります。

私のパソコン、Kindleアプリ、英語の本ダウンロードできないから(Windowsのアカウントに漢字を使うとKindleアプリがそうなってしまうらしくて)この本の気に入った部分を、簡単にコピペとかできないんだけど、ちょっとメモっておこうかなと

But when you look at what goes on in many schools, when you listen to what many parents expect of and for their children, when you consider what so many policymakers aroud the world are actually doing, it seems that they really believe that the current systems of education are basically sound; they’re just not working as well as they should because standards have fallen. Consequently, most efforts are focused on raising standards through more competition and accoutability. You may believe this stroy too and wonder what’s wrong with it.

This story is a dangerous myth It is one of the main reasons why so many reform efforts do not work. On the contrary, they often compound the very problems the claim to be solving. They include the alarming rates of nongraduation from schools and colleges, the levels of stress and depression –even suicide — among students and their teachers, the falling value of a university degree, the rocketing costs of getting one, and the rising levels of unemployment among graduates and nongraduates alike.

位置NO.176(すいません、電子書籍の引用をどう書くのか知らなくて)

The issue in a nutshell is this: most of the developed countries did not have mass systems of public education much before the middle of the nineteenth century. These systems were developed in large part to meet the labor needs of the Industrial Revolution and they are organized on the principles of mass production. The standards movement is allegedly focused on making these systems more efficient and accountable. The problem is that these systems are inherently unsuited to the wholly different circumstances of the twenty-first century.

位置NO.194

As I see it, the aims of education are to enable students to understand the world around them and the talents within them so that they can become fulfilled individuals and active, compassionate sitizens.

位置NO.219

As we face a very uncertain future, the answer is not to do better what we’ve done before. We have to do something else. The challenge is not to fix this systems but to change it; not to reform it but to transform it. The great irony in the current malaise in education is that we actually know what works. We just don’t do it on a wide enough scale. We are in position as never before to use our creative and technological resources to change that. We now have limitless opportunities to engage young people’s imaginations and provide forms of teaching and learning that are highly customized to them.

位置NO264(本文中にイタリック体にするべきところがあるのですが、ブログの引用にすると、全部イタリック体にになるので、曽於の部分を区別することができませんでした。

最初の引用だけ、ブログにそのまま打っていったら、タイプミスとか赤く表示されたりしないみたいなので、もしかしたらタイプミスあるかもしれない。その次から、一度ワードで打って、スペルチェックされてる状態のをコピペしたけど。

翻訳とかしてなくてごめんなさい。まあ、そんな難解な単語あんまりないので、わかる人多いと思うし、自分がやるとしても、機械翻訳のコピペ貼るぐらいなので、興味のある方は各自で機械翻訳かけていただけるとうれしいです。ブラウザで選択すればいいだけの方もいると思うし。

まあ、中国語のword wiseあったら、日本語に翻訳されたの買わなくても、そんなに時間かけずに話題の洋書が読める気がしました。

目標は、audibleで英語の読み上げで移動中聞き流していても理解できるレベルだけど。

って、今朝7時半だけど、眠くなってきた。リクライニングチェアで英語か中国語の番組みながら仮眠とって、起きたら授業の準備をしよう。

図書館行って詳解ベトナム語辞典の実物、どう使えるか見てこよう。途中で寄れるセリアで予約してた名刺用紙、到着してるらしいし。

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ

にほんブログ村

自分のために今日は時間使って

いやー、今日朝起きて、午前と午後に中国語教室いれてるから、途中時間空くので、その時間に図書館行こうと思って、すでに借りてる本とか揃えてたら、午前の授業ギリギリっぽくて、遅刻するんじゃないかと焦った。

記憶してたより、午前の授業で電車に乗ってる時間長くて。

電車の中で、先日買った中国語のワンピースを、Google翻訳使いながら読んでて。

こうすると、スラングを含む中国語訳と、発音(棒読みだけど)を、確認できます。

先日、120円でベトナム語の『リボーン』買ってるので、同様のことがたぶんできそうなんだけど。

中国語教室は、普通に迎え入れていただいて(海外ルーツのお子さんのためのボランティアやりたいとか、まだ言えてないけど)わりと実力のある生徒さんが揃っていて、刺激を受けることができます。

ただ、若干、みなさんリタイア後の娯楽として来られている感じなので、アラフィフからスキルアップ考えている話とか、しないほうがいいのかな、みたいな、ちょっとためらっていますけど。

会話中心の授業なので、来て良かったなと思います。

同じ先生でも、他の生徒さんのノリとか(特に、勉強する気がないのに月謝が安いから来ている、とかいう人が多いクラスでは、自分が頑張りにくくなるから)合う合わないができてしまうんだけど。

午前の授業の教室の近くに、私立図書館あるから、返すつもりで持ってきた本を、これから中央図書館に地下鉄で行く気だけど、先にそこで返して、体軽くして移動して。

図書館の本、ある程度以上持ってあるくのなら、コロコロ欲しいなと思いつつ、前に買った、スーツケースの小型のは、日本語教師の仕事の時に、初級の時アクティビティ多く用意したから、持ちきれない物それに入れてたんだけど、今、コロナになって、電車じゃなくて全部自転車で集金してるから、けっこう2,3個の普通のかばんに入れて移動できてて、使ってないのあるんだけど、

中国語教室の時に、さすがにスーツケース所有は浮くかしら?と思うけど、でも、もうじき午後の中国語教室、場所移動になって、そこにも近くに図書館あるから、教室のついでに、図書館の本たくさん持って移動している、の言い訳が両方に効くんじゃないかとも思っています。

ただ、図書館で借りる本、数冊程度で良いかな、もあるので、そんな大層でない小さなコロコロのほうがいいなあ、は、思ってるんだけど。

見たら、自分が無難だと思うようなデザインのは高いや。

中央図書館に行くのに、地下鉄乗り換えるの、千日前線と長堀橋線の2ルートあって、千日前線から降りれるようにしたほうが時短だったのに、間違えて長堀橋線。

長堀橋線は、花博の時に作られた線だから、繁華街にある駅で乗り換えるの、駅つなげるの大変だったみたいで、図書館のある西長堀もそうだし、心斎橋もそうなんだけど、乗り換えのための移動距離がかなりある。

御堂筋線の新大阪から西中島南方の1駅分ぐらい歩かされてるんじゃないかと思う。

図書館の中にあった食道、なくなってるし。

まあ、いくら食べ放題だって言っても、ランチに1000円出せる人が図書館来ないよ、とかは思ってた。500円ぐらいで買える本を、かなりの予約があるのに待って借りる人たちが来るところですからね。

近くのスーパーで、精進料理意識して、150円ぐらいで買えるキンビラゴボウと健康茶買ってランチ。前に撤去されてた、入り口でご飯食べていいエリアは、間を開けて座ることで使えるようになってて。

朝、返す本さがすので精一杯で、授業で使う語彙を、館内利用しかできないベトナム語の大型辞典使って調べるつもりだったのが、用意を忘れてて。

って、前に、三万円ぐらいの辞書を、一万三千円で注文したって書いたけど、ちょっと、授業の準備で一生懸命になってたら、三日以内に振り込んでくださいというメールをスルーしてたみたいで、で、メールに、送れない人は変わりの講座をお知らせしますから、ご連絡ください、って書いてあったから、口座教えてくださいって返信メール送ったんだけど、

っていうか、その時期いくつかあった、ベトナム語の辞書を85%オフで売ります、みたいなサイトが、みんなページが消えてるんだけど、この「ページは存在しません」と、ポルトガル語で書いてあるページばかりなんだな。

なんか、国際的な詐欺集団だったんじゃないかと、最初からアヤシイとは思ってたけど、振り込んだ人、辞書もらえてないんじゃないかと思ったり。

振り込まなくて良かった。で、そこで意地になって調べたら、大阪図書館で館内利用だけできるように置いてあるし、コピー代払えばコピーもらえると思うし、なんだったらOffice Lenseでなんとかなりそうだよな。

図書館で、英語の小説と、精進料理の本と、中国株の二季報の去年のやつとを借りた後、開いてる席で、ワンピース続き読もうとしたら、画面あけるなりベトナム語の電子書籍が表示されて。

なんか、今はベトナム語勉強するのがミッションらしいぞ、とか、勝手に思って、

表示された本じゃなくて、(表示された本は、本をみながら音声を聞いて、リピート練習する本だから、図書館じゃできなくて。)キクタンのベトナム語、紙の本しか売ってないんだけど、中古で安く買ったのを自炊済みだったので、それダウンロードして、音声もiTunes入れてたから、そちらを聞き流していて。

âとôだったけな、音として違うと思ってたら、長さが違うだけだとか書いてあって、聞き比べようとしてできなかった理由がわかって。

キクタンを電子書籍を見ながら、2画面で音楽再生アプリ開いて、単語一個効いたらすぐ止めて、よく確認してから次の単語見れるのはいいなあと思った。

自作の本なので、どの単語が何秒から再生できるかもメモできるんだけど、聞くつもりじゃなかったから、後日PDF結合してつけようと思っていた表紙がない状態だから、こんど表紙がついたPDFに入れ替えてから書き込もうと思って。

で、移動時間かかると思ったら、午後の中国語教室の駅に、思ったより早くついて。

電源あるドリンク飲めるところとか探してたので、(そこは本来食事も買うのが普通の店だけど、ドリンク一個だけ買って)で、その時点で、授業でもiPad使うんだけど、バッテリあやういし、充電器も持ってないので、そこで充電しながらワンピース読んでて。

午後の授業では、先生が私のHSK5級を、おめでとうって、みんなの前で報告してくれたんだけど、あと、私にも一言なにか言うように言われたんだけど、教室の生徒さん、ほぼ全員ノーレスポンス。

社交辞令のおめでとうもないのはキツいなー。

とか思ったんだけど。

まあ、長くここにいて、メインのポジション築いていらっしゃる生徒さんが、資格とか受けてるのか、興味がそもそもないのか、持ってても私には関心を持ってもらえなかったのか、なにかわからないけど、まあ、がんばらんとアカン状態らしくて。

どうも、特に一番しゃべれそうな人が、女性だけど、ノリが京都らしくて、もとが神戸線のノリのワタクシとはソリを合わすの難しい系かなとか思ったり。

そのあと、作文の発表してるときに、「私がイチバンできるのよ。」ポジションをアピールしてらっしゃるように思えたので、私には私のノリ、あなたにはあなたのノリ、比較してどちらが上とかしなくていいじゃない、みたいにできたらいいなとか、私は思うんだけど。

発音が、親戚に中国の型でもいるのかもしれないと思うような、テレビやラジオなどで聞く中国語の発音と少し違うけど、流ちょうなので、実はオールドカマーの方で、最近の中国語教材が良くなっているからって、最近頑張りはじめたアラフィフ(って、アラフォーの時からそれでも頑張ってるんだけどね)を、認めてもらうのは難しいかな、とか思う。

まあ、この教室のこのクラスにたぶん10年ぐらいのスパンでいらっしゃるみたいなので、前に少しいたとは言え、それは初級クラスで、今のクラスにまだ1、2ヶ月しかいない私を同じ土俵にいる扱いにしたくないのかもしれないけど、

まあ、勝つとか負けるとか意識しませんけど、私は私で全力で自分の中国語力上げに行きますから。

先生とか、スタッフの方とかは、私が中国語が好きで、頑張ってることは認めてもらっている感じなので、そちらを裏切らないようにしたいと思います。

で、家帰って、スタディギアするんだけど、語彙力じゃなくて、読解力に問題があって、

リーディング問題あるんだけど、10分って出されている目安の時間にとらわれて、火山の噴火の話とか、火山の噴火の経過とか、被害とかしっかり読んでたんだけど、火山の兆候を住民がどうとらえていたかとかは読み飛ばしていて、でも、焦っているから読んでるつもりになって、問題で聞かれているのに読み返すとかしてなくて、うろ覚えでこれだろうで選択して間違う、みたいな。

あと、scientificとか、本文中にあった目立つワードがあると、それが正解だと思ってしまって、前後に本文と内容が違うことが書いてあるのにひっかかる、みたいなのも多い。

風呂入るときに、

Creative Schools: The Grassroots Revolution That’s Transforming Education

を、ファイヤタブレット、タブレット用の防水ビニールに入れて、タブレットの読み上げじゃなくて、私が音読。

あるていどナチュラルスピードで読んでるんじゃないかしら、みたいな速さでも、内容は把握できる。

まあ、関心のある分野の、自分が普段考えているのと同じ方向のことが書いてある本だからね。

まあ、とくに共感できたところは、ハイライト入れてるんだけど、その引用とかここに書くのは後日にします。(どうせ、似たような内容、今までも書いてたよね、みたいな話のところだし)

英語でもある程度の自分の考えを、即座に言える練習がしたいなと思って、ブログ書きながらでもオンライン英会話のよさげなやつ探したりもしたんだけど、

オンラインの先生とか、めんどくさかったら、英語まちがってても直してくれないとか、けっこうあるしな。

でも、教室行くとか、もう、移動に時間かかるやつやめとこう、なんだけど。

まあ、中国語で英語を学ぶテキスト、ペーパーホワイトでピンイン売ってるやつを音読程度しか、すでに習っている教室とかのコストとか考えたら、いっぱいいっぱいかな。

株とか、めっちゃ下がってるよね。ブログにも書いてるけど、第二波考えるなら、今が売り時だな、って、感じてたところあったんだけど、教案真っ赤にされるぐらいの人格とか能力の否定とかキツくて、もう何にも考えずに、中国語で見た物を日本語に、とか、そちら側のことしかできなくなってて、(そりゃ、NISA枠がいっぱいなので、売ってしまうと年内にまた底が来たとき買い直せないとかもあったんだけど、それを踏まえて、売るのと持つのとどちらがカシコイか、詰めて考える気にならなくて)

まあ、Noneが大学居る間は、主人から生活費ある程度援助されるのがわかってたのと、Noneに、あんまり高い教育を受けなかった女性が、中年以降、待遇のいい仕事選ぶの難しいこととか見せて、大学で頑張ってもらおうとかの下心がなかったかというと、あったんだけど)

25のときと同じ、どうすれば今生活費が多く稼げるかじゃなくて、実際これから何が必要か、今知らないといけないことはなにか、に、完全にシフトしているんだけど。

って、もう1時回った。

明日は日本語教師の仕事でいるもの、たいがい準備完了しておきたいし、そろそろ寝ます。

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ

にほんブログ村

構造シラバスより他のシラバスの方が楽しいなと思う。(ただの技術不足かもしれないけど)

日付またいでからブログ書き始めてます。

まあ、今日は、なんか道案内とかできるようにする授業だったので、機能シラバスとか、タスクシラバスにしただけで、生徒から「今日の授業面白い。」とか言ってもらえたりして。

正直、文型シラバス、日常会話であまり使わない表現習うところ増えてるから、不満かかえている生徒が多いように見えるんだけど。

テキストも、みん日のときのように、すべての例文に訳がついてないから、それでわからなくなっている生徒も(予習も復習もできなくなっている生徒も)増えているし。

まあ、昨日(って授業の時点でね)中秋節でしたよね、とか言ったら、喜んでベトナムの生徒たち授業に参加したり、まあ、自分たちの国の人気の観光地を扱ったのはよかったなと思うんだけど。

学校でも月餅をいただいて、あれは、中国のだったんだろうか、ベトナムのだったんだろうか、ココナツのだったんだけど。生徒たちには、中国のやつは食べたことあるけど、ベトナムのはないから、授業が終わったら帰り道にベトナム食材のお店に行って買うねと言ったんだけど、実際行ってみたら売り切れてた。月餅の写真が、ちゃんとベトナムのだったので、生徒たちも納得してたみたいだけど。

ただ、最初は簡単な道案内で済ませてたけど、難易度上がるようにしてたので、最後のほう、できないから拗ねちゃった生徒もいたけど。(できなくても、俄然ヤル気出して説明しようとしてくれる生徒もいたけど)

バングラデシュの地図が、図書館の本で一番説明しやすそうな地図が載っているから選んだんだけど、そのクラスに1人しかいないバングラデシュ人の、家から5分ぐらいのところにある博物館紹介させる授業になって、たまたま選んだ地図が生徒の地元とかいう、引きの良さがあったんだけど。(語るの好きな生徒だから、載ってる有名な観光地について、けっこう語ってくれたし)

まあ、主任がみたら、理解できていない生徒がいましたとか、注意されそうだけど、私としては、前半できることをやって、後半、日本で実際に生活するために必要な日本語を実感してもらいたかったので。

だって、最初、スマホあるから道案内とかいらないと言ってる人いたけど、たとえば、中の地図とかがない、大きめのビルの中で、次の角を右に曲がって左側、ぐらいの説明は、聞いてわかる必要も、逆に、聞かれたらできる必要もあると思っているんだけど。

まあ、前に、生徒の中で、マクドでポテトを揚げるとか、言われたボタンを押していればいいような仕事でいいんだ、と、言っている生徒もいて、ずっと私は反論せずにいたけど、コロナになってから、そういう仕事は、これからどんどん機械がするので、なくなりますよ、を、この間言ったのですが。

って、道案内、できないのに一番頑張ってトライしてたのその生徒だったんですが。

生活感ある授業が好きみたいですが。

生活感あると言えば、漢字と語彙の授業は、なんか、型が決まって、準備楽になりそうだな、とかいう感じで。

いや、自分では、なかなか、最近漢字教えはじめました、みたいな教師のレベルじゃないんじゃないかなとか、自分頑張ってるよな、感あるんだけど。

語彙は、先週に続いて台所周りの語彙で、

実は、フライパンと鍋、レアリア持って行ってて。

自分ちのフライパン、テフロンはげて、前から新しいの欲しいなと思ってたし、鍋も、小型のがなかったので、もう、これを機に、みたいに、新品買って持って行ってたんだけど。

ホームセンターのブランドの、ティファールもどきの安いヤツなんだけど、

取っ手が取れるで、みんなが大騒ぎで。

どこでいくら?とか聞かれて、セットの構成とか金額とか、売ってる店とか話して、(フライパン大小2つの取っ手なしと、鍋の取っ手なしと、蓋と、取っ手1本で、3980円か3990円ぐらいだったんだけど)もう、ほぼ通販か、お店での実演販売員か、みたいな状態になってて。

実際、生徒にも、「通信販売みたいになってるね。」って言って(通信販売は、今までの新出単語の授業で教えた覚えがあるけど、一応再確認しながら言って)

「さんっぜんきゅうっひゃくはっぴゃくえんっ。」とか、通販風に値段言ったりして。

炒めるとか、煮るとか、揚げるとか、ほぼ説明できたと思うけど。

こちらも、語彙が交通とか、料理とか、話題が決まってるので、話題シラバスでやれるから、生徒が面白いと思う授業が作りやすいけど。

って、次の掃除道具ぐらいまでは、レアリア持って行くの、荷物すごくなりそうなんだけど。

かわいそう、とか、かわいい、とかの形容詞が集まる週とか、どうしよう、みたいに思って。N3の語彙とか言っても、出版社によって単語違ってて、この課の単語、キクタンのN3の本にはほとんど載っていない。

かんたんにあらすじ説明できる童話とか使って、かわいいとかかわいそうとか言える準備かなあ、みたいには思っています。

って、それで思い出したけど、今日、生徒に、余った時間で、先週休みだったので作った、生徒のわかる言語で日本語字幕の動画を翻訳して見れるアプリ紹介したプリント配って。

LLYだけど、アンドロイドアプリになってるの見つけて。

英語の生徒とベトナム語の生徒用に作った資料用のスクショなんだけど。

アプリの名前忘れてるし、資料出して確かめる気力今ないんだけど、アンドロイドアプリをLearning Language with Youtubeで検索して出てきたやつです。

iOSはiOSで、準じるアプリ詳解したけど、語彙を一個一個しらべないといけないアプリで、アンドロイドのように文章全部翻訳出ないやつなんだけど、私が調べた中ではそれが一番手軽に日本語字幕動画見れるアプリで。

ただ、LLYみたいに、漢字に字幕出せないみたいなので、あんまり喜んでもらえてないかもしれないけど。(って、もしかしたら、タップしたら、読み仮名出るのかな?)

で、それ詳解したら、生徒のうちの一人から、こういう日本語学習に役立つサイトとかアプリないですか?って聞かれて、知らなかったから、帰って調べて、来週あったら教えるね、みたいに約束してて。

帰って調べたら、さっそく見つけられて。

めっちゃ日本語学習役立つサイトだから、聞いてきた生徒にまず真っ先に言って、他の生徒さんにも教えていいか聞いて、OKなら、みんなに言おうと思ってるんだけど。

生徒さんが欲しいものが何って言う、生の声が聞けることって、いいことだなって思った。

その後、来週の掃除の語彙が、「埃」とか、イラストや写真があったほうがいい単語が多かったので、それやってたら12時なっちゃったんだけど。

小一時間、スタディギアもやったけどね。

なかなか覚えられない英単語は、ネットで語源検索したほうが私にはよさそう。

寝て起きたら、午前午後と中国語教室なので、この辺にして寝ます。

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ

にほんブログ村