エアコン買った。(前のやつ、台風で室外機壊れてたので)

ピアノちょっと練習して、何かウケる曲練習したいな、と思って、本屋に楽譜見に行くんだけど、1冊に人気の曲がたくさん、みたいな本のほうがバラでネットで楽譜買うよりオトクかしらと思ったけど、実物見て、やっぱネットでバラって思って帰宅。

いまさらな感じだけど、紅蓮華とか、初級のヤツ買ってみて。

ヤマハのプリント倶楽部、月額払ったらネットで見放題のサービスあるけど、それをダウンロードするときは購入しないといけないっていうんで、じゃあいいや、って思ったけど、

初月無料で、ダウンロードは半額だったら、無料の時に半額で楽譜買いまくる、が、一番オトクだったなと、普通に楽譜購入して後悔。

で、ピアノ部屋、Noneがオンライン授業などを受けるときに使いがちなんだけど、空けてもらってピアノ練習しようとして、数分楽譜眺めて

J「諦めた。」

N「はや、秒で諦めるな。」

J「違うよう、楽譜をこのまま見て弾こうとするのを諦めたんだよう。楽譜にドレミ書くわ。で、このプレッツェルみたいなん、何やった?」

N「ヘ長調だよ。」

J「ヘ長調って、ド、どれや?」

N「ラ」

J「ラってどれや?」

N「これ(高い方のラを指さす)。」

J「え?コレがラと違うかった?(低い方のラを指さす。)」

N「え?ちゃうやろ?」

しばらく口論して、どちらも「ラ」であることがわかる。その上で

J「いやぁ、こっちのほう(低いラ)のほうが、ラぁって感じやで。」

N「いや、こっちのほうがラやで。」

高い方のラと高い方のラが、どっちが「ラ」感が強いかモメ出す。

母が、必死になって音楽の早期教育をしていた結果が二人、成長した今こんな状態です。

で、6ページあるうちの、最初の3ページにカタカナでドレミ書いて、弾き始めるんだけど、

アニメの主題歌聞いて、歌詞入ってる部分とかは、弾いてて合ってるってわかりやすいんだけど、歌詞はいらないところの間奏っぽいとことが、初級用にアレンジされてるせいもあって、わからなくて、たぶん楽譜買ったサイトで、どんな曲か動画で聞けるはずやで、って思って、ある程度出だしのところが弾けた状態で満足してやめて。

っていうか、この部屋エアコン壊れてるのね。家のいちばん端の部屋で、台風の時室外機がひっくり返ってたらしいんだけど、あんまり使わない部屋だから、エアコン使えなくなっているのに気付くのが遅くて、で、修理に来てもらうんだけど、台風で故障とか、天災は補償外って言われて、でも、せっかく来たからって、できるだけのことはやりますって、親切でしてくれたりはしたんだけど、直せる故障じゃなくて、室外機買い換えたいっていっても、もう、古い型なので室外機もう、この機種のはないって言われて。

そのあと、エアコン買い換えるの、母が反対したので、で、Noneからは暑くて受験勉強できないって言われて、ダイソンのホット&クールとか買うんだけど、気温38度越えの日とか、扇風機じゃキツいっていわれて、

まあ、ピアノ弾いた日に思い出して、エアコン買い換えるかー、とか思って。

2日がかりで最安値調べて、某社で2年型落ちが取り付け工事費込みで4万9千円ぐらい、今ついてるやつ外してもらう代金いれて5万円半ば。

まあ、これ以上安いの、もう自分探せないと思ったから注文して、(節約するタイプのご家庭とか、エアコンとか自分でつけれます、とかいう人、けっこういるので、エアコンとか3万円台でなんとかなる、みたいな人もいるけど、ってそれウチの弟)

明日、取り付け工事に来ます。

まあ、今日は、活動行ったあと、宿題一個片付けて、(って、完成した感はなくて、チョイまだ書き足したほうがイイ感あるけど、締め切りまで今以上にできなければ、このまま提出してもアウトではないだろう的にはできあがっていて。)

あ、書いたかどうか、ちょっと忘れてるけど、台湾華語のテキスト、オンライン書店で買って。

アマゾンで買ったけど、アマゾンで売ってる電子書籍では、MP3がiPadのKindleで本は見れるけど、音声がダウンロードできない、パソコンアプリでは、マックでもウインドウズでも書籍そのものをアプリにダウンロードできない。

テキストの音声を聞く方法がないので、カスタマーに電話して返品して。

台湾の電子書店で買うと、(そのほうが値段が安いんだけどKindleで買った方が便利だと思った)もう、本の中に再生ボタンがあって、音声がすぐ聞ける。

まあ、人によっては、ダウンロードして、端末で再生しながら移動したい人とかもいるんだろうけど、便利。

他に、CNNの英語の本とか、ベトナム語の本とか、語学の本、台湾の電子書籍で買ってるけど、いずれも音声の再生ボタンが書籍内にある。

あと、コレで、書籍にタッチペンで書き込めたりしたらサイコーなんだけどなあ。

English Journalとか、アプリだと同じように書籍内に再生ボタンあって、本を読みながら聞きたいところをすぐ再生できるとかあるんだけど。

正直、NHKの語学プレーヤーとか、音声ダウンロードの値段、若干上げて、書籍買わなくてもアプリ見てたら大丈夫状態にしてくれたらいいのに、今、テキストと音声、両方買ってるより若干オトクになりますぐらいの値上げでなんとかならないかな、みたいな。

もちろん、シニアの方とか、ラジオと紙テキストでやれるし、電子書籍とストリーミング、みたいな人もいるし、で、その上で、語学プレーヤーは、それだけで完結していて欲しい、が、あります。(あと、贅沢言えば、フォントの大きさも変えられるほうが嬉しい。)

って、台湾華語のテキスト(ある程度、自分が受けたいTOCFLの級に対応しているらしいレベルの本を買うんだけど)第一課のテーマが「言論の自由」ときた。

中国の中国語のテキストには絶対ありえへんテーマ来たぁ、思た。

まあ、このあと、できるだけやってみます。

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です