いやー、最初のアバター動画見たわ

いやー、昨日、あっちゃんの最初のアバター講義見ましたね。

まあ、いままで手書きでホワイトボード書くの大変だっただろうけど、ホワイトボード風画像に手書き風フォントで見やすく書かれていて読みやすくはなって

で、まあ、ホワイトボード以上に情報増やさないようにアバターは簡素化したって聞いてたんだけど、実際見て

ごはん、食べやすなったけど、おかず、無味無臭、

みたいな。

実際、ホワイトボードは見てるけど、横のアバター見る必要がある状態がほぼなくて、ときどき何か画像変わっていたらしいんだけど、ホワイトボードにほぼ視線固定されるから、それに気付くことはほぼなくて、

見ているときは、もう、これだったら、移動先の小さいスマホで見ているひとのために、アバターをなくすか、もっと小さくするかでホワイトボード大きく表示するほうがいいんじゃないかと思ったぐらいで。

で、また、どっかで寝落ちしてて、

起きたら、エヴァのときの動画が流れていて、そのまま見てて、

実際、あの回がアバターだったら、自分最後まで見てない、だったんだけど、改めて見て、あっちゃんの表情とかボディランゲージを見る状態で、っていうか、実際すごい動き回ってるから、ホワイトボードとか見ようと思っても見れん状態で、

いままでの動画をひっぱって来たのは、この、授業というよりは、観劇するような感覚で新しい情報、難しい情報を手に入れられたからではないかと。

まあ、私、あるていど学校の授業みたいなの、中身があればちゃんと聞いていられるほうだけど、

読解力、聴解力がない人のための情報源であった、この観劇するような状態が、それがない人を助けていた、と、思っていたところがあって

まあ、登録者を増やすより、コアなファンを増やす方向だと言っていたから、そのつもりでのことなのかもしれないけど、

今回、アニメがテーマなのでできないけど、また『論語と算盤』みたいな、難しい問題を扱おうとするときがあるとしたら、

そのアバター、一瞬フェイドアウトするか小さくするかして、そこに資料とかイラストとか入れて、読解力や聴解力が高くない人の補助があったほうがいいんじゃないかなと思った。

今回テーマがアニメなので、ごはんだけで食べられるけど、ちょっと食べにくいごはんのとき、ちょっとおかずに味付けいるよな、みたいな。

まあ、日本語教師の動画とか、ほぼほぼみんないらすとやさんのイラストなんだけど、そのへんちょっとオリジナリティーのあるもの、これぞ中田敦彦YouTube大学、といえるものにしてくれると嬉しいなと思いました。

ちょっとオマエ、オンラインサロンとか入ってからモノ言えよ、状態ですが。

いやー、引っ込み思案なもんで、(って、ぜんぜん引っ込んでねえよ、みたいな)

ってまあ、自分がオバチャンなもんで顔出ししたくなくて、こっちのほうこそアバターで参加できるんならそうしたいよ、みたいな。

まあ、これからアバターでのYouTube大学、進化していくんだろうけど、いい方向で改善されていくことを期待しています。

じょあんな・T・ハニキヌキセーヌより愛を込めて

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ

にほんブログ村