早起きしてつぶやきたかったこと

まあ、前のブログとかで、敵を作ったのは、(たぶん、あの、金魚のふん教祖あたりが叩くようになったきっかけは)あのカリスマママ批判したりしたからだと思うけど

これも、前のブログから何度か書いたりはしたのだけど、

あのブログに書いてある通りをしたとして、あの結果は普通出ない、それを言おうとしていただけ

まず、正しい英語のインプットを続けていたら、文法ミスのない英語を話し出しました、と、書かれていたのだけど、

まあ、彼、特別に賢いみたいだから、本当にそうだったのかもしれないけど、ふつう、英語ネイティブが英語漬けの環境で育っても、それなりの文法ミスのある発話はするもので、それを保護者や周囲の大人が直しながら正しい英語を話すようになるもので、それは、日本語を話す家庭が我が子に日本語で話しかけても、そうであることが多いので、そう訴えていたのに、誰も信じてくれなかったのはなぜだろう、とか、

で、絵本と床に並べたり、目に付くようにして興味を持たせて読ませる、とか、音声教材を聞き流させる、とかいうのは、いいことだと思う、

ただ、紹介されていたような絵本を、日本語ネイティブの本人が読む、とか、英語のできない親が読み聞かせるとか、当時手に入るような英語音声教材をたくさん聞かせたということなんだけど、

その結果こうなりましたと言って、彼が当時発話した英語をブログにUPされていたのを聞いたけど、himとかherのhが抜けるような、ネイティブ級のこなれた発音というのは、やっぱり普通ないと思っていて、

実際には、かなりネイティブの方とお子さんをコミュニケーションとれるようにする場を設けていたと後日聞いていて

そういうの、ブログには書いてなかったし、その状態で、絵本の読み聞かせとか、聞き流しをしてても、それを真似した我が子は普通に文法ミスをおこすし、発音だってあんなによくならない、と、それはそれは、フラストレーションを抱えながら英語の育児をしていた人が多かったと思う。

絵本だって、一冊数千円するものを、あんな風になれる、と思って無理して買っていた人だっていただろうし、

実際にはネイティブと交流する場があった、ということを聞いたら、あの状況って俄然納得できるものになるから、たぶんそうなんだろうと思っているけど、それを書かずに絵本の推薦ばかり続いていたように覚えています

みんなそうできる調でかかれていたしね、あのブログ、当時。っていうか、後日出した書籍でもそうだし、

いまおうち英語とかしてる人たちとか、やっぱある程度スカイプ英会話とかできて、使用してるからできるんだと思うけど、彼、それがない時代にある程度完成した英語話してたのね

後日、「うちの子に合わせてやっていたことに、他の子が合わないの当然」とか言ったらしいのを、金魚フン教祖「さすが」とか言ってたんだけど、ホントびっくり。

で、お子さんがまだ小さいときに、(すでに英語がかなり話せて注目されていた時期で)お子さんが使っていた単語カードを商品化して販売する、とか言うときに、

購入先着100名様に、我が子のブロマイドつけます、とか言うことにブチ切れたのね。

まあ、後日、テレビに出て本名放送されてるし、物理オリンピックとかで学校で表彰されてて、学校でやっぱり名前挙げて表彰されてて、某有名大学入るとかになったから、結局問題ないんじゃない?って思う人もいるかもしれないけど、

あの時期に、あんな形で我が子の個人情報を、1500円前後(だったかな)のカード売るためにばら撒く、っていうのが、私には全然信じられなかったんだけど

まあ、それ以前に、ミクシとかやって英語の育児やってる人と交流するとかいうの聞いて入らせてもらったんだけど、

カリスマママが、買い物行ったとか、洗濯したとか、本当に情報性のない話題ばっかり続くミクシで、

そういうたわいもない話題を、参加者全員がしているコミュニティだったら、普通にそういうものだと思っていただろうけど、たぶんそこにいた人は、我が子の英語上達に役立つ秘訣とかを聞きたくて参加していたんだろうけど、本当に、カリスマママひとりが、情報性のない話題を出し続けるのを、皆が傾聴している、という状態だったように記憶していて、耐えられなくなって抜けたんだけど

まあ、教祖にしてみたら、そういうたわいもない事が大切で、我が子の英語上達の秘訣とかを聞きたがる方が卑しいのかもしれないんだけど、

まあね、私の目から見たら、多くの人があの人に金銭的にも時間的にも振り回されていたようにしか記憶してなくて。

多くの人が、彼の教育費に貢献したものだなあ、と、思っています。

まあ、今は、彼が特別に優秀だったので、同じ事を我が子にしても、ふつうはああはならない、という認識でいる方の方が多いだろうけど、

うちは、結局は私立、それも我が子の母校で進学実績にいれてもらえないような私立に行ってるんだけど、当時は公立コースで進学することが最重要課題で、英語は、その進学先で研究などをするのにあるほうがいい、という程度で英語教えていたから、絵本とかもあんまり買ってないし、本人も欧米の絵柄の絵本を好まなかったから、パソコンソフト使うとか全然違うやり方してるし、同じようにできないことを妬んでいたとかではなくて、

一応自分、第二言語習得とかある程度勉強していて、聞いててソレおかしない?が、けっこうあったので、それツッコんでただけなんだけど、

ネイティブのようにhが消えていることを妬んでいたのではなく、それができることが納得できる理由が書かれていなかったことに対して、同じようにできると思ってSDカードスピーカー買ったり、絵本買ったりしている人がいる状況の方に「ちょっと待て」が言いたかっただけで

カリスマパパとかも、教材の売り方がえげつないように思ったし

まあ、あと、無名なブログからたまに出たキャッチーなネタをパクリつづけて情報通の親父のブログみたいにしていたところも、反感あったし

自分も、ブログ始めた頃に何度かそういう目にあったから、ブログ潰されるんじゃないかと思ったし(前のブログに詳細書いてるけど、ブログの投稿時刻とか私より先に書きました、みたいに操作して、逆に私があの有名ブログからネタをパクっているのに「私が書きました」みたいになってしまっている状態になっていたし)

私側からみたら、カリスマママとか、カリスマパパとかにたてついているから、アイツを叩けばあの人が「私のステージがあがる」みたいに思って叩かれたように思っています。

いじめっ子がいじめるより、いじめっ子に気に入られたいその子分のほうが、えげつないいじめすることってよくあるよね。

まあ、私側の認識って、そんな感じで。

ってまあ、昨日、手作りの和柄巾着、生徒にJLPTの参加賞として配ったら、こっちが期待していた以上にめっちゃ喜んでくれて。

まあ、多くの通学グッズの作り方に書かれている給食袋とほぼ同じ大きさの袋で(横に1cm小さくしたら、布の横幅ちょうどに枚数作れたので、全く一緒ではないけど)「鞄の中にスマホとか小さいモノ入れるのに便利だよ。」って言ったら、めっちゃ便利なモノもらったみたいな反応で、

忍者の絵とか、「忍」とか「水遁の術」などの字があちこちに書いてある布地で、まあ、日本に興味のある外国人のウケを狙った生地で作っていたのですが

洋裁でそういうのが作れる、ということも、生徒たちにとっては「すごいこと」みたいな目を向けられて、ちょっと恐縮するぐらいだったんだけど

食材の節約ネタは、冷凍すればいいことと、こういう野菜はこう切って冷凍しておかないと、別の形だと食感が悪い、みたいなことが書いてある記事だったんだけど、もう、だいたい解ったから、一緒に持ってきている節約レシピ本見せて、みたいな感じで

まあ、にんじん、1本で100円で、5本だと150円とかあって、一人暮らしだと腐らせるから、1本で100円、みたいな食材の買い方してるんじゃないかと、

来週はリクエストのあったレシピを同様に振り仮名つきにして持って行くつもりだけど、もう、最後のほうの授業2回とか、復習のテストするだけの授業になってて、めっちゃ時間余りそうに思ってるから、彼らぐらいの日本語能力でわかりそうな、面白そうな本を、府と市の図書館からフルで借りてきて移動図書館状態にしようかと思ったり

あと、できたら、あとで除菌できるウエットティッシュとか配って手を拭かせるから、ことわざかるたとか、漢字かるたとか、できたらいいなあと思ってるけど(時節柄やっていいか微妙に思ってて)

ってね、授業の合間、換気するようにドアとか解放するように言われてて、そうしている状態で休憩時間、自分職員室にプリント取りに行ったら、戻ったとき、寒いから女子3人がぴったり寄り添って固まってて、で、3人ともマスクなしで同じ袋から素手でポテチ取って食べてたから、

「ソコ、三密~!」

とか言って注意しないといけなかったんだけど(「さんみつ」で変換したら、「三蜜」で出てきた。記憶では、「さ~んみ~つでっす!」って自己紹介するネタの芸人がいたように覚えているんだけど、「三蜜」で検索しても、一切出ないですね。)

進学したり、就職したりする生徒の方が多いから、資格や学校の勉強や仕事のための日本語だけでなく、今のここでのこの暮らし、を、日本語能力上げて、少しでもいいものにしよう、と、思ってもらえるものにできたらいいなあと思います。

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です