生徒に配る袋できた。

昨日、中国語教室午後からあると思って(午前のは、水曜の夜に振り替えてもらって、午後のだけ、自転車で行きました。

いつもの先生だと思い込んで、宿題の範囲このへんだっただろうかと、午前予習していたのに、2週間前に代理の先生だと聞いていたのを忘れていて、午前の予習は役に立たなくなってて。

なんか、中国語で思い出を語ってください、という話になって、1年半留学生に日本語教えてきて思う話とか中国語でしてたんだけど。(って、iPad持ってたので、ネタをグーグル翻訳かけて、出てきた中国語を、習っている範囲の簡単な中国語に作り直しての発表だけど。)

って、タイムケトルのM2家帰ったら到着したよ。同時通訳で通訳をずっと聞くことができるはずなので、ベトナム語で字幕のないニュースのYouTube動画とか、わかるように訳してくれるか試したいところなんだけど。

それをするまえに今日は、日本語学校の生徒たちに、N3の受験記念のための忍者模様の布袋を、先週10枚縫ったのを、足りない10枚作り足してて。

写真はインスタには上げたけど、ブログに上げて生徒がみつけたら、先生こんなキッツい人やったんや、って、気付くといけないから、ここには載せない。

って、グーグル翻訳で意味でるような標準語で書いてないから、わかんないとは思うんだけど。(でも、大阪弁わかる友達とかできてたら困るし)生徒のほうは、布袋もらっても、気に入らなくて誰か他の人にあげるかもしれないから、持ってても私の生徒とは限らないと思ってもらえると思ってるけど。

あと、VPNでNetflix見てて、いつもと違う国にしたら、違った日本アニメを置いている国があって、国によってどの国も同じタイトル揃えてるんじゃないんだ、というのがわかる。某国で『約束のネバーランド』置いてて、英語で見てたんだけど、最初の、あっちゃんの動画でほぼあらすじ聞いてた場所だからほぼ理解できてたんだけど、Noneに、Kindle版の漫画の方英語で揃えるか聞いたとき、

N「あれ、頭脳戦が展開されるから、英語で読むのきつい。」

とか言ってたのを思い出して、で、見ている途中でもNoneに、「後々わからんようになってくるで。」と言われています。

あと、「君の名は。」で、英語でも日本語でもない、一応私が少し囓った言語で見ることができて(一応日本語も選べたけど、囓った方の言語で見ていて)

で、多国語を英語で学べるやつが、アプリでは発音練習できるのがなくて、ウィンドウズではあるんだけど、12月でサポートが終わるフラッシュで、うまく動かないことも多かったんだけど、

クロムブックのグーグルクロムでページを出したら、フラッシュとは違う方法で発音練習の録音ができて。(ネイティブに続けて自分の録音した声が聞ける)

コレできるんだったら、中国語とかベトナム語のとかの単語や例文の発音練習できるなと思った。

あと、34カ国語あるうちの、ほかのもやってみようかなとか若干思ったり。

英語とかもね、英検準一級の過去問とかやってて、読解で、自分が全然興味がない分野とか、ちゃんと読めないの。試験の時間制限あるから、早く読まないと、とか焦るばかりで、でも、面白くないから、全然アタマに入ってこなくて。

こないだ過去問したら、興味ある分野の長文とか、あるていど正解するんだけど、アメリカの軍隊の歴史とか、全然興味ねー、みたいな大問とか、全問不正解だし。

だから、英検準1級受かる実力なくても、自分の興味のある範囲の話がわかる程度なら、言語増やせる気がして。

今年のM1今見てるんだけど、なんか、私にとってはうるさいだけのネタをした漫才師が決勝に残って、ちゃんと作り込んだネタやってた漫才師が残れなかったから、なんか悲しい。

誰とは言えないけど、「あ、コイツ、親が大物かなにかで持ち上げられてるやつちゃうん?」があって。(そのコンビ、あんまり私にとっては面白くないのに高得点取ってて、そいういや、いつもテレビでロケやってるときも、なんでいっつもこんなにエエモン食べさせてもらえるねん、そんな食レポうまいわけでもないのに、いうコンビだし)

まあ、M1始まったときの笑い飯の扱いとかも覚えてるから、M1って、そういうとこあるよな、とか、私は思ってるんだけど。

って、今日忍者の袋作りながらVirtual Climate Summitの動画見てて

まず、私、ここで司会しているZeinab Badawiさん、なんか怖いのね。BBC見るようになってからずっと見てる人なんだけど、すげえ野心家だなあって感じで怖くて。

最初にボリスが環境を改善できるテクノロジーのある人は、高給取りになれるとか断言してて、次にマクロンがなんか言ってるんだけど、フランス語で字幕もないから何言ってるかわからなかったんだけど、

後半になるまで日本の菅さん出てこないから、前半「日本、ハブにされてるんちゃうん?」みたいな不安があったんだけど、

まあ、いろんな国が環境大事にしましょうね、みたいな話をしているのはわかるんだけど、ラテン系の言語の人たち、字幕入れないね。

バングラデシュとネパールの首相は出てたんだけど、ベトナムの首相とか出てなかったので、授業のネタにはしにくいなと思いました。

って、国の長だけじゃなくて、AppleのCEOとか出てきていて、あ、ボリスが環境の技術者は高給取りになれると断言してたのは、こういう受け皿あるからかな、とか思って、

って、そこで冷静になって落ち着いて考えたら、

「持続可能な社会」なんかのインフラを作り上げることができたとしたら、そいつはほぼ半永久的に世界を掌握できるんじゃないか?

みたいなことに気付いて

環境にいい技術とかを実用化していくのはいいけど、なにかの独裁状態にならないようには気をつけないといけないかもしれない、は、思った。(寡占も含む)

って、日本にもその一端を担って欲しいなとは思うんだけど。

って、M1優勝者、さっき言ってた人とは違うコンビになったんだけど、M1優勝した後消える芸人のような気がする。(私はああいうの苦手)

オズワルドやニューヨークやアキナのほうがおもしろかったやん、が、私の中にはある。

まあ、去年も、M1とれなかったけど、おもしろかった芸人とか、テレビ出る場面増えたから、その方向で頑張って欲しい。

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です