この週末とか

昨日朝、台風の警報とか出てないので中国語教室行って、まあ、準備してないことを即座に中国語で言える練習をするのだそうで、(その代わり、「雨が止みましたね」なみの簡単な話題でいいそうで)

日本語教師養成学校では、生徒に自分の本当の話をさせるように習うのですが、この中国語教室は、とりあえず話をつなぐことから始めるので、実際に明日図書館に行くつもりがなくても、明日何をしますか?みたいに聞かれたときに、「図書館にいくつもりです。」などの作り話をするのはアリな場所で。

まあ、私自身は、言語習得で、どちらがいいかとかは判断しない方向で。

言語を習得させるつもりなら、自分の本当のことを話せるようにしたほうがいいだろうけど、それが出てこないなら、とりあえず出る物を出す、というのもアリなんじゃないかという考えで。

昨日は、小学生(それも、たぶん低学年の)が来ていて、その中国語教室の生徒は、他はみんなシニアかミドルかっていうぐらいの年の人なので、あきらかに浮いていたんだけど。

中国にルーツがあるのかとか、それともこれからの中国の発展を考えて、親御さんが我が子に中国語をと考えた、全く中国と関係ない家庭の方なのかとか、ぜんぜん推測することができなかったんだけど、ある程度、正しいピンインの読みと発音と、簡単な単語は知っているみたいで。

ただ、明らかに楽しそうじゃなくて。

まあ、本当に、他の、自分を含めシニアやミドルの出す話題とか、小学生に面白いはずがなくて、で、その子が持っている語彙があまりないみたいだから、その子にあたったときに、明らかに話題が3歳児ぐらいの幼児みたいな話題になってしまっていて。

Noneのときもそうだったけど、ああ、小学生なりに持っているプライドとかを壊しちゃうやつやと思って。

授業終わった後、お父さんらしき人が、「どうだった?続けたい?」って、続けて欲しそうに一生懸命聞いているんだけど、子どもの方は、なんとか親を傷つけないように話をそらそうとしているのがわかって。

ただ、今、我が子に中国語を、みたいに考え始めている家庭とか出てきているところだと思うから、この流れを、閉ざさないほうがいいなと思って。

先生にアドバイスできるとしたら、(って、今は怖くてできないけど)小学生の放課後に通える時間帯に、そこと同じように教室が開ける場所を借りて、子ども用にクラスを作られたらどうだろう、みたいには思いました。

それだったら、小学生で、話題が「犬は好きですか?」みたいになっても、他も同様のレベルで話す生徒ばかりだったら、大丈夫なんじゃないかと。

横で、お爺さんが、「玉出は安いけど、品質が良くない。」みたいな話題を中国語でしている次に、「犬が好きですか?」みたいな話題になるのは、やっぱり、子ども扱いされてしまったのが浮き彫りになっていたと思う。

(文法的には、お爺さんの出した文章も難しい文法で言っているのではないけど、「品質」とか、ある程度大人なら日本語を中国語読みにするだけで出る単語だけど、小学生には難しいと(日本語でも普段使わない単語だと)思うし)

まあ、いろんな意味で、語学教育って何?とか、そもそも教育って何?とか、今の子どもが必用としている教育って何?どうすれば彼らの将来が明るくなるの?みたいに、頭ぐるぐるしているんだけど。

で、地下鉄乗り放題券使って、午後の中国語教室のある駅に移動して、粘れそうな、そして電源のあるファーストフードでランチして。

英検の単語をある程度やって、その後、この年で始めて見る単語覚えるの、間違いなく若いときよりキツくなってる、とか思って、語源使ったテキスト、こないだ課金したアプリで使えるだろうと思って開けようとしたら、

語源のやつは、課金して読み放題にしてるのに購読ボタンが出てきたよ。

なにかのミスなのか、それとも人気書籍だから、これは対象外になるのかわからなかったけど、どうしても語源見たいムードだったので、Kindleは中国語で見るようにiPadしてるから、中国人向けの、中国語を使った語源で英単語覚える書籍をそこから読んでて。

で、午後の授業始まる30分前に、中国語教室の予習して。

だんだん午後の中国語教室では、なじめてきたかなあ、みたいになって。

試験のある学校に受かったとしたら、土曜日が自由にならないかも、というのがあって、受けるかどうか、どうしようとか悩むようになって。(午前の中国語教室は、たぶん別の曜日に通える教室あるんじゃないかと思ってるけど)

で、帰って、日本語教師の来週の仕事の教材とかつくろうと思っていたら、Noneのことで時間割かないといけないことができて、そのあと、半日自由になると思ってた火曜が、睡眠導入剤もらいに病院に行かないといけないということを思い出して、けっこう焦って作れるところまで教材作ってから寝て。

今日、朝起きて、次の授業でだいたいどうするか、大雑把にしか考えてなかったのを形にして、

多分に、ベトナム語とか彼らの言語を使った補助教材を用意して、語句の確認を早くできるようにして、把握した語彙を使って彼らの意見とかが言える状態にできたらなと思っています。

語句そのものを直説法で説明してから、その語彙を使用するまでもっていくのは時間的に難しいなあと思って。

まあ、私自身ベトナム語の勉強になっているかな、みたいな状態で。(作った教材、そのままOneNoteに貼り付けて、読み上げさせてみたり)

そういえば、前回の授業で、生徒から「○○さん(ベトナム人の他の生徒)の名前を、名簿のカタカナで呼ぶのではなくて、ちゃんとベトナム語の発音で呼んであげてください。」みたいに言われて。(こんな完璧な日本語じゃないけど、ちゃんと丁寧に、わかる日本語で頼まれて。)

理由は、カタカナの発音だと、ベトナム語では悪い意味の単語を連想させるものになるらしくて。

そのときは口頭でちゃんとした発音ができるようにしてもらったんだけど、今覚えているのが、正しい物のままか自信が無いから、次行ったときは、ちゃんとベトナム語のスペルを教えてもらおうと思っています。

私が教えたかった日本語って、こういう交渉力だったので、またそれを言ってもらえる人間関係にになっているのを、嬉しく思います。

私は文法力はないけど、基礎もできていないし、教材に頼りすぎかもしれないけど、自分が目指していた日本語教師としては、前進できているのではないかなと思いたいです。

って、漢字のなりたちのプリントも、漢字カードの原稿も、ほぼほぼ形になって、まあ、間に合いそうだと思うから、今日は午後、レモンの蜂蜜漬けを作っていて。漢字の説明プリントも、名刺カードも、作り方コツとか覚えてきて、かなり楽になって

っていうか、教案自分で書いているのでOKなら、他の先生とかとは人間関係うまく行っているし、続けられたら続けた方がいいのかしら、とかは、若干思わなくもないくて。とか言って、また人間バランスくずれたときに、上司から攻撃食らうんじゃないかしらという恐怖は持っているんだけど、今作っているこのカード、再利用できるほうが嬉しいよね、っていうか、JLPTの別の級で作るってことになっても、すぐに作れるし。

学校を買えようとしないでください、というところでひっかかっていて、初級のときとか、生徒たちが日本に来たばかりでやる気があったときに、N5のでもいいから、もっと単語を覚えさせていたらとか、あと単純に、他の先生とか、初級前半の授業で、自作プリントとか作って配ってらっしゃったらしいのに、自分はしらないから、全部アクティビティにしないといけないと思って、語彙も知っている文型も少ないのに、それで理解できるアクティビティ用意するのに、毎回死にかけていたんだけど、プリント、そこそこ作れると思うし。

って、上司との人間関係はもう壊滅的なんじゃないかと思うので、希望しても次ないかもしれないし、それ以前に、来年度留学生が来れるのか、もあるし。

まあ、ここまで来て、生徒たちと仲良くなれたような気がしているので、教えたい、という気持ちはやはりあるのだけど。

昨日ファーストフードで、レモネードの他はあんまり好きなドリンクなかったから、レモネードばかり飲んでいたら、急なお通じがきて、

で、絶対これ、レモネードが原因だろうと思って、iPadで調べたら、レモネードはお通じに良くて、コラーゲンの生成促成とか、シミ防止とか、老化予防とか、口臭対策にもなるとか、脂肪を燃やすとか、自律神経整えるとか、なんか、いいこといっぱい書いてあったので、帰ったらレモンを蜂蜜漬けにして冷蔵庫に常備しようとか思ったからで。

まあちょっと、ディスカウントストアのやっすい蜂蜜じゃなくて、専門店のいいやつとか買える金持ちだったらよかったのになとかは思うけど。

今から軽く風呂入って、出たら通信教育、できるところまでやろうと思います。

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です