何ができたら生きてていいんだろう?

朝起きて、不安でしょうがなかったから書いたブログだったんだけど、英文の引用、めっちゃタイプミスありましたね。気付いた部分は直しておきました。

起きて、チェックなしで作れるようになった教案、資料見ながら作ろうと思って、図書館行こうかなと思ったけど、いろいろ作業してたら、昼近くになったので、お昼ご飯食べてから行って。

詳解ベトナム語辞典の実物を見に行きたくて、で、昼までは、今解っている授業の教材を、コピーしたり、持ち運びやすい状態にして、それ持って図書館行って。

なにか、補助教材作れないかなと思って用意してみたんだけど。思ったより辞書に例文載ってなくて。

って、話変わるけど、自分がフォローしているツイッターで、まあ、この世界の顔の広い人、(アカデミックな大御所とかじゃないんだけど、フォロワーとか多そうな人)で、確か、うちで名刺カード作って単語カート作ったり、いろいろ教材作ってた時だよね、みたいなときに、教材を作った時点で満足している人がいます的なこと書いてる人いて、あれ?ちょっとソレ、タイミング的にここのことかなあ、みたいなのとか、先日LLYのスマホ版詳解した話載せた後で、その人がまた、基礎ができている教師はアプリとか勉強会とか必死にならなくてもちゃんと授業ができるとか書いていて、やっぱウチ叩かれてない?みたいに、まあ、ただの被害妄想かもしれないけど、気にはしてて。

基礎は、解ってないのを自覚してるから養成講座通い直すし、いらないと思ってないけど、教案に載せた、教科書の例文まで訂正されるぐらいの拒否のされようが続いたので、なにか自分を肯定したくて、作れる教材作るのに集中してみた状態で、それも説明しながらブログに載せてたのに、それであの教材やアプリの話をそんな風に言われるのだとしたら、とても辛いことだと思いました。

正直、その方は新人の頃から基礎を確立されていたすごい日本語教師の方なんだろうなと思います。

格が違うのでしょう。

まあ、人間に肯定されるのは、もう諦めようとしているところがあって、でも、世をはかなむのは、なんとかとどめておこう、みたいな状態なんだけど。

このような格の高い先生は、きっとレベルの高い生徒さんに、とても高度な日本語を教えられるのだろうなあと思います。

たぶん、私は高度な文法知識とかはないけど(Noneも、阪大模試国語偏差値70レベルだけど、文法部分だけ取り上げた偏差値、30台なの。読解力とか、漢字とかでフォローしてて、しかも古文と漢文もたいがいなのに、その部分で偏差値70まで持って行く読解力してますからね。)あんまり、文法とか力入れて教える気がなくて、話している相手や、今読んでいる文章が何がいいたいものかを読み取れるほうに力を入れたいと思っていて、それは基礎をないがしろにする事になるのかしらとか、

あとね、頑張ってても、本人が思ってるレベルになかなかならない人っているじゃない?わりと、そういうの、やる気失わないように、その生徒の直せる部分を一緒に探そうとするほうだと自分は思っていて、日本語教育じゃないけど、他で、いままで教える仕事とかしてきたときに、ある程度コツつかんでるほうだと思ってるけど。

自分、哲学好きとかからこの仕事興味持ち始めたから、教えられる知識や技量より、生徒のメンタルケア大事にしたいんだけど。

あと、教材作りとか、自分がNoneに英語教えてる時に高額教材見本に自分で作っていたものとか、自分があると楽だと思ったもの作って、日本語教育知る前から持っていた技量を活かそうとしただけなのに。今までの仕事で得てたオフィスの使い方フル稼働したらどこまで作れるか試したかったのもあるし。

今、もしこのブログ見て、教材を作っただけで満足している、とか、基礎がないから必死でアプリを探している、とか、もし、ここに対して言っているとしたら、酷いなと思う。

追記:勉強会とか、覚えないからソレ違うのかなと思ったら、そういうやsalesforceのオードリータンさんの話とか聞いたことも書いてたなと思う。

もしそうだったら、その人は、日本語教育の方でも、気に入らない生徒とか、儲からない生徒とか、その生徒のメンタル土足で踏みにじるような発言される先生ではないだろうか、とか推測させられたりします。

まあ、普段から、自分のレベルの高さの話が多かったり、できない人に対して厳しい発言することが多い方なんだけど。

どうなんだろうなあ、SNSで席巻している日本語教師の派閥の人たち。

他の著名な方ですが、一握りの優秀な日本語教師がオンライン教育をしたら、あとの未熟な先生はフォロー役でいいとかいうのも、聞いて呆然としてしまうんだけど。

まあつまり、私のような未熟者にはこの世界にポストがないのだということなんだろうな、と思って。

まあ、よくわかんないや、もの考えるの、今もうイヤだから。

ただね、一握りのハイスペックな人が、所得のほとんどを握りしめて、そこにたどり着けなかった人が、不安定な生活しかできないものになるのだとしたら、

正直、その、「一握りのハイスペック」になろうとするより、そこに相当できなかった人でも、その競争に勝とうとある程度知識や技術を身につけた人たちがある程度いて、ここでそのひとたちが手をとれるなら、

その仕組み自体を変えることを考えたほうがいいんじゃないか。ほぼほぼすべての人が、公約数的な利益が得られるようにルールを変えられないか。

今、勝利者になっている人だって、このルールを変えた方がメリットあると私は思っていて、

大富豪のゲームのようなもので、今持っているカードが、今のステージで有利なものであったとしても、誰かが同じカードを4枚出して革命を起こす、つまり、また何か新しい職業スキルなどが必要とされるようになって、その人が今まで持っていた有利なカードが、そうでもないものになって、今までセレブな暮らしをしていたところから転げ落ちることも考えられるからで。

何度も言ってますけど、1990年ぐらいに、貿易事務ができるぐらいの英語力を手に入れたとき、私自身ほぼほぼ人生が最後まで安定したものにすることができたと思いましたが、逆に募集が少なくなってきたとき、異常に倍率高い求人になっていきましたからね。

まあ、若いころそうやって不況になって仕事どうなるんだろう、みたいになったとき、私は親がアルコール依存症だったら、自分もお酒とか飲んでなくても早死にするというのを真に受けたから、当時の所得上げるために英語や貿易のスキルを上げるのではなく、ドイツ語専攻で哲学とかやっちゃったんだけど。

ある意味、自分の人生を意味ある物に変えることができたと思って、行って良かったと思ってるけど。

仕事で頑張ってたら、もっと今安定した暮らししてたかもしれないけど、そうだったらよかったとかは思ってなくて。

って、能力ないから、頑張っててもどん底だった可能性もあるけど。

もう一度、この社会の意味を問うほうに進んでみようと思ってて。

日本語教師のスキルを上げるように頑張ればいいのかもしれないけど。

じゃあ、なにするかとか、ホント勘。

ただ、今までに褒められた経験すくないんだけど、勘の良さについては、褒められたこと、結構多いの。

ある意味、化け物級に驚かれたことだってあるぐらいに。

って、役に立ちそうな物を雑多に集めてみて。

前に言ってた資格の通信講座は受ける方向で。

まあ、教案チェックしてもらうために、今まで2週間前に用意して、1週間前には、その週の授業の準備と、次の授業のチェックされる用の教案との、並行作業とかしなければならなかったから、それがなくなっただけでも、通信教育入れる時間の余裕はできたかな、と。

第二波が来る前に株たぶん今が波のイチバン高いところだなとわかっていたんだけど、売らなかったのちょっと後悔。あれ売ってたら、通信教育の学費チャラになるぐらい儲かってたのに。

また下がったときにNISA枠ないから買えないとか、それでも売った方が安全なのかとか、考えた方がいいんだろうなと思ったけど、とりあえず何も考えたくなくて、ただひたすら、HSK5級受かって、自分もやれば何かができるんだ、と、証明される何かが得たかった。

今も同じなのかな。教材ととか、頑張って作ってみたり、アプリとか探してみたりしたら、なんかSNSで叩かれてるの、ウチっぽいよな、みたいに思って。

今日、帰って晩ご飯食べた後(って、名刺用紙、予約してたの撮りに行こうとしたら、道に迷って、そしたら、フードロスのためのお店とか見つけました。賞味期限がきれた、でも、それは最近切れたばかりの、みたいなみそ汁とか保存食品が売られているお店で、持ってる現金で買えるだけ勝って帰った。(最近カード使用で、現金所持少なかったから、カード使えないそのお店でそんなにたくさん買えなかったんだけど)

で、そのアルファ米のかやくご飯を夕食にして、その後本屋に行って。

例文の多いベトナム語の辞書を調べて。

自分なりに、これいいんじゃないかな、を見当付けて、後日、一番安い購入方法探すつもりで。

で、みん日のⅠとⅡも、OCRかけたら教材にできるよね、みたいに思って。別に、大地のベトナム語でもよさそうなんだけど。

メルカリ見たら、ⅠとⅡの新品のセットが二千円台で出てて、思わず購入。

って、古本で買った、キクタンのベトナム語で発音方法習得したら、先日の中国語のヤツとか、みん日とか、やれるかもしれない、は、思っていて。

って、今日残った時間、そのキクタンベトナム語しようと思います。

一応ブログに書いてないけど、英検のこととかもしてて。

って、Audibleで買ってた、The Culture Mapって本も、Kindle版が百円台だったので、(っていうか、中国語word wiseで調子乗って、面白そうな本さがしてたんだけど)

では、明日のために、少しベトナム語したら寝ます。

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ

にほんブログ村

切に望む

まあ、実はもう教案真っ赤にされるのを受け入れるの、精神的に限界きていて、まあ、教壇立つようになって1年たつし、自立させて欲しい旨のメールを出しているんだけど。

学校で直接頼むべきかなあと思ったんだけど、(ちょうど)上司来客あって、授業の後話し合える状態でなく帰ったし、今まで、ひどいときでは教案9割赤くされたこととかからも、もう直接お願いすることも避けたいぐらい、距離をおきたい気持ちになっていて。

もし、この話が、私が未熟だからとかの理由で(理由は何にせよ)教案の提出の続行を求められるなら、もう世をはかなんで人生終わらせようかと思うぐらい、追い詰められているんだけど。

追記:仕事用のgmailにメール来たら、iPad画面開いたとき、すぐわかるようにしているから、昨日一日中iPad使っていたのにそれがなかったので返事がまだだと思っていましたが、昨日早い時点で教案チェックなしでいいお返事がきていました。

せっかく、HSK5級も受かって、全員にではないけど、認めてくれる人もできて、少し心を落ち着けた感があるところなので、あの人格と能力の否定の日々が再開することは、もう終わりにさせていただきたいのだけど。

昨日のKen Robinsonの本、昨日風呂でも1時間ぐらいつかりながら聞いてて、今朝も5時に眼が覚めたから読んでたんだけど、

word wise、ペーパーホワイトで中国語のKindle用に使っている分が、中国語でword wiseも出るので、普通の日本のKindle用のファイヤタブレットでもできるのかなと思って設定いじったら、できた。

まあ、”evolved”を「使发展」とかいうのが、「发」が「発」だと知ってるかとか、使が英語の”let”的な意味があって、「使发展」で「発展させる」になることがわかるかとか、中国語の基礎的な知識とかあったほうがいいんだろうけど、知ってると、英文読むのが格段に早くなって。

いや、英語だと、word wiseの文字小さいし、テキストの文字大きくしても、word wise大きくならないし、そこを文字認識するだけで時間かかってたから、中国語のword wiseは大きさ十分なので、そこも読むの速くしてるんだけど。

あと、辞書も、今まで端末内の英語の学習者用辞典と、英和辞典つかって見てたんだけど(タブレットで本を読まない人のために説明すると、単語をタップしただけで辞書の該当箇所の画面が表示され、そこに使う辞書を選択することができます)英中にすると(辞書はなぜか繁体字ですが)英語の語幹とか語尾の意味がどの漢字に当たるかとか、わかるような単語がけっこうあります。

私のパソコン、Kindleアプリ、英語の本ダウンロードできないから(Windowsのアカウントに漢字を使うとKindleアプリがそうなってしまうらしくて)この本の気に入った部分を、簡単にコピペとかできないんだけど、ちょっとメモっておこうかなと

But when you look at what goes on in many schools, when you listen to what many parents expect of and for their children, when you consider what so many policymakers aroud the world are actually doing, it seems that they really believe that the current systems of education are basically sound; they’re just not working as well as they should because standards have fallen. Consequently, most efforts are focused on raising standards through more competition and accoutability. You may believe this stroy too and wonder what’s wrong with it.

This story is a dangerous myth It is one of the main reasons why so many reform efforts do not work. On the contrary, they often compound the very problems the claim to be solving. They include the alarming rates of nongraduation from schools and colleges, the levels of stress and depression –even suicide — among students and their teachers, the falling value of a university degree, the rocketing costs of getting one, and the rising levels of unemployment among graduates and nongraduates alike.

位置NO.176(すいません、電子書籍の引用をどう書くのか知らなくて)

The issue in a nutshell is this: most of the developed countries did not have mass systems of public education much before the middle of the nineteenth century. These systems were developed in large part to meet the labor needs of the Industrial Revolution and they are organized on the principles of mass production. The standards movement is allegedly focused on making these systems more efficient and accountable. The problem is that these systems are inherently unsuited to the wholly different circumstances of the twenty-first century.

位置NO.194

As I see it, the aims of education are to enable students to understand the world around them and the talents within them so that they can become fulfilled individuals and active, compassionate sitizens.

位置NO.219

As we face a very uncertain future, the answer is not to do better what we’ve done before. We have to do something else. The challenge is not to fix this systems but to change it; not to reform it but to transform it. The great irony in the current malaise in education is that we actually know what works. We just don’t do it on a wide enough scale. We are in position as never before to use our creative and technological resources to change that. We now have limitless opportunities to engage young people’s imaginations and provide forms of teaching and learning that are highly customized to them.

位置NO264(本文中にイタリック体にするべきところがあるのですが、ブログの引用にすると、全部イタリック体にになるので、曽於の部分を区別することができませんでした。

最初の引用だけ、ブログにそのまま打っていったら、タイプミスとか赤く表示されたりしないみたいなので、もしかしたらタイプミスあるかもしれない。その次から、一度ワードで打って、スペルチェックされてる状態のをコピペしたけど。

翻訳とかしてなくてごめんなさい。まあ、そんな難解な単語あんまりないので、わかる人多いと思うし、自分がやるとしても、機械翻訳のコピペ貼るぐらいなので、興味のある方は各自で機械翻訳かけていただけるとうれしいです。ブラウザで選択すればいいだけの方もいると思うし。

まあ、中国語のword wiseあったら、日本語に翻訳されたの買わなくても、そんなに時間かけずに話題の洋書が読める気がしました。

目標は、audibleで英語の読み上げで移動中聞き流していても理解できるレベルだけど。

って、今朝7時半だけど、眠くなってきた。リクライニングチェアで英語か中国語の番組みながら仮眠とって、起きたら授業の準備をしよう。

図書館行って詳解ベトナム語辞典の実物、どう使えるか見てこよう。途中で寄れるセリアで予約してた名刺用紙、到着してるらしいし。

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ

にほんブログ村

自分のために今日は時間使って

いやー、今日朝起きて、午前と午後に中国語教室いれてるから、途中時間空くので、その時間に図書館行こうと思って、すでに借りてる本とか揃えてたら、午前の授業ギリギリっぽくて、遅刻するんじゃないかと焦った。

記憶してたより、午前の授業で電車に乗ってる時間長くて。

電車の中で、先日買った中国語のワンピースを、Google翻訳使いながら読んでて。

こうすると、スラングを含む中国語訳と、発音(棒読みだけど)を、確認できます。

先日、120円でベトナム語の『リボーン』買ってるので、同様のことがたぶんできそうなんだけど。

中国語教室は、普通に迎え入れていただいて(海外ルーツのお子さんのためのボランティアやりたいとか、まだ言えてないけど)わりと実力のある生徒さんが揃っていて、刺激を受けることができます。

ただ、若干、みなさんリタイア後の娯楽として来られている感じなので、アラフィフからスキルアップ考えている話とか、しないほうがいいのかな、みたいな、ちょっとためらっていますけど。

会話中心の授業なので、来て良かったなと思います。

同じ先生でも、他の生徒さんのノリとか(特に、勉強する気がないのに月謝が安いから来ている、とかいう人が多いクラスでは、自分が頑張りにくくなるから)合う合わないができてしまうんだけど。

午前の授業の教室の近くに、私立図書館あるから、返すつもりで持ってきた本を、これから中央図書館に地下鉄で行く気だけど、先にそこで返して、体軽くして移動して。

図書館の本、ある程度以上持ってあるくのなら、コロコロ欲しいなと思いつつ、前に買った、スーツケースの小型のは、日本語教師の仕事の時に、初級の時アクティビティ多く用意したから、持ちきれない物それに入れてたんだけど、今、コロナになって、電車じゃなくて全部自転車で集金してるから、けっこう2,3個の普通のかばんに入れて移動できてて、使ってないのあるんだけど、

中国語教室の時に、さすがにスーツケース所有は浮くかしら?と思うけど、でも、もうじき午後の中国語教室、場所移動になって、そこにも近くに図書館あるから、教室のついでに、図書館の本たくさん持って移動している、の言い訳が両方に効くんじゃないかとも思っています。

ただ、図書館で借りる本、数冊程度で良いかな、もあるので、そんな大層でない小さなコロコロのほうがいいなあ、は、思ってるんだけど。

見たら、自分が無難だと思うようなデザインのは高いや。

中央図書館に行くのに、地下鉄乗り換えるの、千日前線と長堀橋線の2ルートあって、千日前線から降りれるようにしたほうが時短だったのに、間違えて長堀橋線。

長堀橋線は、花博の時に作られた線だから、繁華街にある駅で乗り換えるの、駅つなげるの大変だったみたいで、図書館のある西長堀もそうだし、心斎橋もそうなんだけど、乗り換えのための移動距離がかなりある。

御堂筋線の新大阪から西中島南方の1駅分ぐらい歩かされてるんじゃないかと思う。

図書館の中にあった食道、なくなってるし。

まあ、いくら食べ放題だって言っても、ランチに1000円出せる人が図書館来ないよ、とかは思ってた。500円ぐらいで買える本を、かなりの予約があるのに待って借りる人たちが来るところですからね。

近くのスーパーで、精進料理意識して、150円ぐらいで買えるキンビラゴボウと健康茶買ってランチ。前に撤去されてた、入り口でご飯食べていいエリアは、間を開けて座ることで使えるようになってて。

朝、返す本さがすので精一杯で、授業で使う語彙を、館内利用しかできないベトナム語の大型辞典使って調べるつもりだったのが、用意を忘れてて。

って、前に、三万円ぐらいの辞書を、一万三千円で注文したって書いたけど、ちょっと、授業の準備で一生懸命になってたら、三日以内に振り込んでくださいというメールをスルーしてたみたいで、で、メールに、送れない人は変わりの講座をお知らせしますから、ご連絡ください、って書いてあったから、口座教えてくださいって返信メール送ったんだけど、

っていうか、その時期いくつかあった、ベトナム語の辞書を85%オフで売ります、みたいなサイトが、みんなページが消えてるんだけど、この「ページは存在しません」と、ポルトガル語で書いてあるページばかりなんだな。

なんか、国際的な詐欺集団だったんじゃないかと、最初からアヤシイとは思ってたけど、振り込んだ人、辞書もらえてないんじゃないかと思ったり。

振り込まなくて良かった。で、そこで意地になって調べたら、大阪図書館で館内利用だけできるように置いてあるし、コピー代払えばコピーもらえると思うし、なんだったらOffice Lenseでなんとかなりそうだよな。

図書館で、英語の小説と、精進料理の本と、中国株の二季報の去年のやつとを借りた後、開いてる席で、ワンピース続き読もうとしたら、画面あけるなりベトナム語の電子書籍が表示されて。

なんか、今はベトナム語勉強するのがミッションらしいぞ、とか、勝手に思って、

表示された本じゃなくて、(表示された本は、本をみながら音声を聞いて、リピート練習する本だから、図書館じゃできなくて。)キクタンのベトナム語、紙の本しか売ってないんだけど、中古で安く買ったのを自炊済みだったので、それダウンロードして、音声もiTunes入れてたから、そちらを聞き流していて。

âとôだったけな、音として違うと思ってたら、長さが違うだけだとか書いてあって、聞き比べようとしてできなかった理由がわかって。

キクタンを電子書籍を見ながら、2画面で音楽再生アプリ開いて、単語一個効いたらすぐ止めて、よく確認してから次の単語見れるのはいいなあと思った。

自作の本なので、どの単語が何秒から再生できるかもメモできるんだけど、聞くつもりじゃなかったから、後日PDF結合してつけようと思っていた表紙がない状態だから、こんど表紙がついたPDFに入れ替えてから書き込もうと思って。

で、移動時間かかると思ったら、午後の中国語教室の駅に、思ったより早くついて。

電源あるドリンク飲めるところとか探してたので、(そこは本来食事も買うのが普通の店だけど、ドリンク一個だけ買って)で、その時点で、授業でもiPad使うんだけど、バッテリあやういし、充電器も持ってないので、そこで充電しながらワンピース読んでて。

午後の授業では、先生が私のHSK5級を、おめでとうって、みんなの前で報告してくれたんだけど、あと、私にも一言なにか言うように言われたんだけど、教室の生徒さん、ほぼ全員ノーレスポンス。

社交辞令のおめでとうもないのはキツいなー。

とか思ったんだけど。

まあ、長くここにいて、メインのポジション築いていらっしゃる生徒さんが、資格とか受けてるのか、興味がそもそもないのか、持ってても私には関心を持ってもらえなかったのか、なにかわからないけど、まあ、がんばらんとアカン状態らしくて。

どうも、特に一番しゃべれそうな人が、女性だけど、ノリが京都らしくて、もとが神戸線のノリのワタクシとはソリを合わすの難しい系かなとか思ったり。

そのあと、作文の発表してるときに、「私がイチバンできるのよ。」ポジションをアピールしてらっしゃるように思えたので、私には私のノリ、あなたにはあなたのノリ、比較してどちらが上とかしなくていいじゃない、みたいにできたらいいなとか、私は思うんだけど。

発音が、親戚に中国の型でもいるのかもしれないと思うような、テレビやラジオなどで聞く中国語の発音と少し違うけど、流ちょうなので、実はオールドカマーの方で、最近の中国語教材が良くなっているからって、最近頑張りはじめたアラフィフ(って、アラフォーの時からそれでも頑張ってるんだけどね)を、認めてもらうのは難しいかな、とか思う。

まあ、この教室のこのクラスにたぶん10年ぐらいのスパンでいらっしゃるみたいなので、前に少しいたとは言え、それは初級クラスで、今のクラスにまだ1、2ヶ月しかいない私を同じ土俵にいる扱いにしたくないのかもしれないけど、

まあ、勝つとか負けるとか意識しませんけど、私は私で全力で自分の中国語力上げに行きますから。

先生とか、スタッフの方とかは、私が中国語が好きで、頑張ってることは認めてもらっている感じなので、そちらを裏切らないようにしたいと思います。

で、家帰って、スタディギアするんだけど、語彙力じゃなくて、読解力に問題があって、

リーディング問題あるんだけど、10分って出されている目安の時間にとらわれて、火山の噴火の話とか、火山の噴火の経過とか、被害とかしっかり読んでたんだけど、火山の兆候を住民がどうとらえていたかとかは読み飛ばしていて、でも、焦っているから読んでるつもりになって、問題で聞かれているのに読み返すとかしてなくて、うろ覚えでこれだろうで選択して間違う、みたいな。

あと、scientificとか、本文中にあった目立つワードがあると、それが正解だと思ってしまって、前後に本文と内容が違うことが書いてあるのにひっかかる、みたいなのも多い。

風呂入るときに、

Creative Schools: The Grassroots Revolution That’s Transforming Education

を、ファイヤタブレット、タブレット用の防水ビニールに入れて、タブレットの読み上げじゃなくて、私が音読。

あるていどナチュラルスピードで読んでるんじゃないかしら、みたいな速さでも、内容は把握できる。

まあ、関心のある分野の、自分が普段考えているのと同じ方向のことが書いてある本だからね。

まあ、とくに共感できたところは、ハイライト入れてるんだけど、その引用とかここに書くのは後日にします。(どうせ、似たような内容、今までも書いてたよね、みたいな話のところだし)

英語でもある程度の自分の考えを、即座に言える練習がしたいなと思って、ブログ書きながらでもオンライン英会話のよさげなやつ探したりもしたんだけど、

オンラインの先生とか、めんどくさかったら、英語まちがってても直してくれないとか、けっこうあるしな。

でも、教室行くとか、もう、移動に時間かかるやつやめとこう、なんだけど。

まあ、中国語で英語を学ぶテキスト、ペーパーホワイトでピンイン売ってるやつを音読程度しか、すでに習っている教室とかのコストとか考えたら、いっぱいいっぱいかな。

株とか、めっちゃ下がってるよね。ブログにも書いてるけど、第二波考えるなら、今が売り時だな、って、感じてたところあったんだけど、教案真っ赤にされるぐらいの人格とか能力の否定とかキツくて、もう何にも考えずに、中国語で見た物を日本語に、とか、そちら側のことしかできなくなってて、(そりゃ、NISA枠がいっぱいなので、売ってしまうと年内にまた底が来たとき買い直せないとかもあったんだけど、それを踏まえて、売るのと持つのとどちらがカシコイか、詰めて考える気にならなくて)

まあ、Noneが大学居る間は、主人から生活費ある程度援助されるのがわかってたのと、Noneに、あんまり高い教育を受けなかった女性が、中年以降、待遇のいい仕事選ぶの難しいこととか見せて、大学で頑張ってもらおうとかの下心がなかったかというと、あったんだけど)

25のときと同じ、どうすれば今生活費が多く稼げるかじゃなくて、実際これから何が必要か、今知らないといけないことはなにか、に、完全にシフトしているんだけど。

って、もう1時回った。

明日は日本語教師の仕事でいるもの、たいがい準備完了しておきたいし、そろそろ寝ます。

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ

にほんブログ村