自分のしたいこと

まあ、授業終わって、今帰って晩ご飯食べてるところなんだけど。

まあ、頑張って町中回って買ってきた、生徒の母国の食材は、めっちゃ生徒のテンション上げたし、「途中で」を、「あります」につなげない形の、本来求められていた、行為の途中としての授業は成立することができて、

まあ、実際、最初ちょっと生徒疲れてる感じがわかったので、「文型のひとつを、45分かけるのはどう思います?」って、ぶっちゃけ聞いてみたら、みんな揃って「疲れる」って答えて、まあ、この流れなら、国際交流基金の『中・上級を教える』を読んで解釈したような授業ですすめたほうがいいのかな、と、思い、最初に準備した教案の流れで、実際の生活でする会話のような授業で、その文法を取り扱ったのですが。

ってね、もともと、「の途中」を扱うだけのことに45分かけることの負担が重いから、生徒たちが買い物するかもしれないお店を調べて、「~の途中に(そのお店)があります。」という話題にできたら、話が持つだろう、みたいな流れになっていたこともあるし。

まあ、生徒たちが自分から話すことの多い授業にはできたかなと思います。

オノマトペも、まあ、キクタン日本語のN3にあった、オノマトペの部分だけを集めた、意味や例文が生徒たちの理解できる言語で説明されている資料を渡したから、全員熟読した状態で、そのあと、それを、CeVIOで用意した、アクセント辞典通りの音声を聞かせて、あと、語彙のところにある、‾|__みたいな線の入った文字の読み方を説明すると、すごく喜んでくれた生徒もいたし。(イヤ、ベトナム語話者があの声調記号を見て、音の高さを調節できるのなら、日本語にもアクセントがどうなっているか、見てわかるものがあれば、正しく発音できるんじゃないかと思って。)

このアクセントの線の入ったプリントを配れるようになりたいな、は、思っていて。

漢字も、ホワイトボードめっちゃウケた。一人100円のを用意するのが難しかったから、A4のマグネットのホワイトボードシートを4つに切ったって言ったら、なんか、ほっとしてくれたような感じで、

漢字のなりたちの資料は、ベトナム語と英語だけでいいと言ってもらえて。

ちょい、持ってるその漢字の成り立ちの本、今回はOffice Lensで撮ったもので、見づらいもので、本当は最初から本バラしてPDFにして、そこからの資料づくりにしたかったのだけど、今回は本当に時間がなくて。

って、来週にかけても、来週の授業の教案、いまから用意だよ、みたいな感じで、いやだけどチェックしてもらえる時期に提出するように書くとしたら、詰めないといけないところで。

まあ、今日、日本語学校から帰る前に。ほかの先生に、意見聞いたりとかしたから、方向はなんとなく決まっているんだけど。

「~つつある」と、「[名]を中心に」

まあ、N3とか意識しながらの授業にしなければいけないことは把握したけど

意見聞いた先生とは、やっぱ、ポストコロナとか、今まさに変わりつつあることを「~つつある」だよね、みたいな話をして、「[名]を中心に」は、①は生徒の知っている観光地チェックかな、とか、②は、今なにかブイブイ言わせているものや場所をさがす的な、③がマーケットリサーチ的な、みたいな話をしていて。

もう、どちらかというと、生徒が食いつく話題探しの方に時間がかかるだろうな、みたいな感じで。

今、なんか、話題につながらないかとベトナム語の授業見てて。

って、今日、漢字の授業して、熟語の意味とか、もう、テキストに書いてある英語とベトナム語で説明する形なのだけど、英語は(けっしてネイティブなみの発音ではないが)テキストの該当箇所を見ていない生徒にその英単語を言っても、ちゃんとどの単語であるかは理解してもらえる状態で、で、コレ、発音できそうだな、というベトナム語の単語を、(英語ができる学習者を優先しすぎないという意味で)公平さを考えて言おうとして、1発OKは少なかったけど、軽く直される程度でOK出て。

生徒に、生徒の母語を授業中に習うのは、私はしないほうがいいと思っていたけど、(生徒は私に授業料を払って日本語を習っていますが、私は彼らに給料をもらって日本語を教えないといけない立場ですからね。)でも、軽い訂正でそれなりの発音を教師がしたことで、なにか惹起されたんだろうと思う、2人ほど、完全に漢字の授業を放棄していた生徒が、起き上がって、私が配った単語カード見始めたので、生徒に直されることのない発音を授業中にすることができるようになれば、生徒に対して、「あなたもやりなさいよ」に、なるのではないかと思った。

すぐに、ネイティブの一発OKがとれる発音になれるとは思えないけど、ある程度のレベルで発音できれば、今回のように、生徒のやる気につながるのではないかとおもった。

まあ、それ以外にも、宿題の採点で、「十分」の読み仮名を、文脈から「じゅっぷん」と「じゅうぶん」を区別できていない生徒に、普通にベトナム語を知らない人が電子辞書をひいたら、どちらがどちらかわからないのだけど、チュノムとか、あるていど成り立ちを調べたので、「じゅっぷん」と「じゅうぶん」の違いを、ベトナム語で併記して、説明する採点ができたと思っていますし。

って、今、ABBY(多言語OCRソフト)の10%オフ券を持っていて。

数日有効のお試し版を体験して、自分が使いたい文献がきれいにテキストにできるのなら、買おうかな、と、思って。

ベトナム語が有効なことは確認してるけど、どこまで正確か、一番求めているのが、中越併記されているテキストの、正確な文字化なのだけど。

って、先日TOEIC用のロゼッタストーンのセットが88%オフとかいうので買ったのだけど、ログインできない状態で。(生徒用の教材を編集するのに便利なソフトを探していたら、広告出てきたからポチってしまったんだけど)現状問い合わせとかできなくて、当分できなさそうなのだけど。

まあ、今から、ベトナム語講座見ながら、ダウンロードしているソフトをインストールして、精度を確かめようかなと思います。

って、一番期待するのは、先日買った、ベトナム語と中国語と英語のトライリンガル時点のPDF化したのを、絵を崩さずに、テキストを読み上げできないか、というところで。

あと、北京大学のテキストとか、1巻を、その辞書の販売元から、PDFにしたものがCDに入っている物を渡されて、見ていいものだと思ったから、タオバオで4冊セット買ったけど、2冊目から、ほぼ中国語なくて、ベトナム語だけのテキストみたいになってるし。

って、まあ、今回の授業で扱うネタ探しなら、スマホの言語設定、生徒の母国語にして、そのURLをOCRにかけたら、彼らの最近の関心ごととか、翻訳されてわかりそうだなあ、みたいには思うけど。

明日、中国語教室行くのに、授業で扱う予定の部分は予習していかないといけないし、そんなに余裕はないのだけど。

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です