やっぱりあらためてボランティア考えてて

腰いいねの試供品来たよ。さすがに一晩で腰快適、とかじゃないんだけど、今までのふとんが寝転んだだけで痛かったから、寝転んで「全然痛くない」的なのが嬉しくてしょうがない。

高いけど、前5000円ぐらいの布団買って、1年ぐらいで痛くて眠れなくなったから、この値段出したらもっと長持ちするんじゃない?腰とか良くなったら、将来からだ痛めてNoneとかに迷惑かけなくてすむようになるんじゃない?みたいに思って、もうちょっと試してみて問題なければ買う方向で。

6月中ならカード払いで5%還元だし。

あとね、自粛の頃損してる、損してるって言ってた株なんだけど、日本株のほうで10万円弱、アメリカの方で10万円弱、儲けている状態で、内心第二波怖いからここで利確するべきか、長期に配当もらうべきか悩んでいるけど、布団は買えるんじゃないかとか思う。

でも、布団、横幅が押し入れの幅より大きくて、部屋の片隅に置いとかないといけない状態なんだけど。

今日も起きて教案書き始めて。

言うて、書いても書いてもダメだしくらいそうで、よかれと思ってやったことが、全部ダメと言われる気しかしなくて、教えないといけない例文とか書いたら、ぜんぜん膨らまないんだけど。

まず、朝起きて、もう教案書くのとかダメやー、たぶん、自分のやりたい教育みたいなのは、したらアカンとこで、給料もらってやるんやから、学校側のコンセプトに合わせなアカンねんけど、ごっつ苦痛、みたいになってて。

朝起きて、ストレッチやって、そのあとボランティアとか探して、見つけたけど問い合わせ先某区役所やったから、開くまでYouTube見てて、開いてから某区役所に問い合わせて、ボランティア募集先から折り返し電話もらえる話聞いて電話おいて、

そのあと、9時半ぐらいから、無理から教案書き始めて、午後3時半までかかって。

そっから先日のCreative Schools2時間ぶっ続けで読んでて、まず、自分がこの速度で音読して内容把握できてること、日本の英語教育が(言うて、今の学校の英語教育とか、自分の覚えてるのとは違うんだろうけど)正しい文法にこだわりすぎて、試験とか受かるけど話せない、みたいなことを考えて、特別な親がお金を払ったり手間をかけたりして、自分の子だけ英語を話せるようにするんじゃなくて、公教育の英語をもっと面白く、使えるものにできないかとか思って。

同様に、みん日とか、学校指定の教材にこだわり続ける授業って、それいくら膨らましてもテキストがヴィンテージだけの英語学習みたいなもんじゃないかと思うところがあって。

まあ、そのへん、日本語学校ってどこも同じようなカリキュラムでやってるんじゃないかと思ったりして。

海外ルーツの子どもたちへの支援って、お給料もらえる仕事ってほぼほぼないらしくて、それどころか、教員免許持ってて、日本語教師の資格持ってて、生徒の高校受験の勉強の補佐もできるのにボランティア、とかもあるぐらいで。

まあ、今日電話したのは、そこまで条件きつくないと思うところだったんだけど。

ある程度こういうボランティアに資格とか言われてしまうのは、外国から来た、たぶん社会的立場が低いような人たちの子どもに、偉そうにしたい人が混じってしまうことって、実際他のボランティア見てても、たまに居たから仕方がないんだと思う。

このブログで前に書いたけど、日本人と仲良くしたい外国人を集める会で、自分の戦争の時の苦労の話だけがしたいお爺ちゃんとか来てたし。

ベトナムからの入国解除とか検討されてるとか言ってるから、技能実習生の仕事のほう、いつ再開されるかわからないんだけど、ボランティアじゃなくて、仕事ですら、日本語教師の養成所とか行ってないから仕方がないのかもしれないけど、助詞の習得がすぐできない実習生に、「きみのアタマの構造がわからないよ」とか言ってるし。

自分自身、養成所に1年通って、仕事もほぼ1年ぐらいなるけど、ぜんぜん経験不足で、ただ、未習語使えないしばりで初級文法教えるのとか、できればもっといい方法ないのか、みたいなことは正直思ってる。

養成学校の先生が、初級から単語たくさん教えてる話とか共感できたし、多くのひとの会話力あげてるのが納得できていたもの。

それとは別に、間接法、みたいなのがアタマによぎるから、英語と中国語の方に重心置きたいなとか思うようにはなってる。

って、Creative Schoolの内容の方は、今日読んだところは、成績がどん底の生徒が、車を設計するとかいうアルタナティブスクールの家庭なら授業についてこれて、大学にも進学できるようになった。みたいな話と、産業革命後公教育が始まって、各階層がどんな生活や仕事をしていたかの話で、そのへんは学校の教科書とあんまり変わらなかったのだけど。

で、今日は、ボランティアから折り返しの電話とか来なくて、もう電話来ない時間だと思ったから、チャリ乗って希望したボランティア先までどのぐらいかかるか見に行って

30~40分かかるところだったけど、もう、見たらすぐ、なんで外国人多いのか推測できるところで。

たぶん、内容は、前に、有償でやれるやつと似ているんじゃないかと思うので、今そのボランティアが必要な子どもがそこにいないのかもしれないとは思ったのだけど。

で、私が見た募集のページは、とくに資格とか言ってなかったんだけど、それは、続けたい仕事をやっている曜日と重なっていたので、他のボランティアないですかと区役所に聞いたら、他にこういうボランティアがありますよとつないでくれた話なので、実はそちらは、私が前に問い合わせたやつと同じやつで、今募集してないのかもしれない。

まあ、そのボランティアは、それはそれで、がっつりカリキュラムがあって、独自の教え方とかできそうにないんだけど。

そのあと、他のを探して探してしたら、自粛の時見つけて、今コロナ自粛だから問い合わせるよやめようとしたとことろが、テレビで取り上げられていたやつが動画見れて、怪しげなところじゃなくて、やっぱ、ここなら曜日いけるから、ここにしようかな、とか思って。

ぶっちゃけ言うと、主催者が韓国系のひとやったら、韓国の人でグループできあがってて、入ってもなじめないような気がしてたの。

やっぱ、他の外国から来た人は、それなりにまた別の国の人とも繋がるけど、韓国の人のソサエティって、めっちゃ排他的、なイメージがあって。

中国の人とか、よその国のひとが来ても、中国の文化とか尊重してたら仲良くなれるし、心の中では自分たちの文化の方が上やと思ってるやろうけど、話している相手の国の文化も、メンツは守ってくれることが多いし。

って、先週今週みたいな時間割だと、これにプラスボランティアとかキツいし、しかも技能実習生の仕事とか再開されるとしたら、まわらなくなる可能性あるな、とか思って。

今年、どのみちコロナで、ボランティア申し込むの、タイミングとしてよくないような気がするし、教育とか、英語とか中国語に力いれてようかなと思う。

実際、教案書くの、前なら今日一日使えるなら、全力出して一日使ってたんだけど、それやっても、たぶんもう無理で、全力出して真っ赤に戻ってくるなら、7割か8割で出して赤くしてもらって、2割3割自分の勉強できたほうがいいなと思って。

彼らの勉強量で、彼らが取りそうな進路を考えると、正しい文法教えるより、グローバル問題とか、格差問題とか考えてた方がみんなが得するんじゃないだろうか的な。

それに、教会の祈祷会出てるより、ボランティアしたほうがよさそうだと思って、ネットググったら海外ルーツの子どもの日本語教育のボランティアがあって、たぶんこういうボランティア、資格問われるで、と思って通うようになった養成講座だし。そちらにしたほうがいいのかもしれない。

自分の教案で、生徒に考えさせる量が少ないとか書かれていて、基本自分は話してる相手に問いを投げるようにしているつもりだから、なんか、もう無理だ、的な気分になってて。

って言って、明日もまた1日かけて教案書く予定で、で、明日は仕事あるから、あと1コマ作らないといけない教案は来週に回さないといけないんだけど。

そのあと3週間ぐらいは、そんな教案教案言わない週だから、本当にキツいの先週今週なんだけど。

まあ、この文法項目1つに1コマかけるんだ、というのが、自分にとって楽で身についた勉強法と違ってて、どうしていいのかわからなくなっているんだけど。

やっぱ自分が外国語勉強してきて、もっと楽で楽しい物あるのに、って、常にアタマの中よぎるから。

英語でも、to不定詞の話しているときに、問題とかto不定詞書いてたら正解できることに時間をかけてもしょうがないと思っていて、文法書とか、1つ1つに時間かけるんじゃなくて、次々進んで文法書何周かしている人の方が英語身についてる話聞くし、その上で自分の好きなコンテンツ見たり、アウトプットしてるように聞いてるんだけど。

クラッシェンとか、古典の知識を持った上で、実際言語獲得している人の話を集めて応用するとかができたらいいのにな、は思う。

確かに教案書いてたら、ネイティブとして日本語話してて気づかなかったことがたくさんあって、それは勉強したほうがいいんだけど。

やっぱ、自分の人生顧みたら、日本で学校に行ってて、家に問題あったりして、できるだけいい進路をとって生活よくしたい海外ルーツの子のために何かできたほうがいいなと思う。

実際、日本語文法の微妙な違いの話より、どうしたら少しでもマシな学校にいけるかとか、大阪で暮らすのに、どこで何が安いとかの話の方が得意やと思う。

って、今日、そのボランティアから連絡くる話で聞いてた場所にチャリで行くとき、スティグリッツ聞いてて、

世界史とか好きやったけど、アメリカ史とかあんまりちゃんと聞いてなくて、世界恐慌の時、アメリカはニューディール政策とって貧富の格差を縮めて景気をとりもどしたらしいんだけど(これ、ネットでは、ニューディールで景気が復活したんじゃなくて、その後の戦争で景気対策したんだって言う人もいるけど)

日本もそうだけど、アメリカ、福祉政策いると思うけど。

めっちゃオモロイことたくさん言ってたのに、オーディブルだから引用ができない。トランプのことはボロクソ言ってる。

マルクス・ガブリエルとかトランプのこと優秀みたいに言ってたから不満だったんだけど。

スティグリッツとか、大きな工場がある地域で生まれていて、それなりにいい進路をとる同級生もいたけど、地元の工場で高校卒業したら働くつもりだった同級生が、不景気で工場に就職できず、警官になったり、軍人になったりして、傷害を負ったり、早くになくなったことを気にしていて、自身は理論物理学が好きだったのに、経済をなんとかしようと経済学者になったとかきいて

一人でも多くの優秀な人に、このような進路選択をしてほしいものだと思いました。

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です