ツイッター見て

投稿連投なんだけど。

ツイッター見てたら気になる投稿があって、文化庁の日本語教育への補助の情報で

地域日本語教育の総合的な体制づくり推進事業

地域の日本語教室って、普通の日本語学校もこれに相当するのかな?(追記:ブログ書いたあとに、読み飛ばしてた細かい字みたら、たぶん相当するんじゃないかと)

支援モデルの中にICTを活用した「日本語指導の実施」とか「ICTを活用した日本語教育人材の育成」とか描いてあって

「ICTを活用した日本語教育人材」とか、なりてー

養成講座とかの中では使えてる方だったけど、SNSとか見てたら、めっちゃ上おる。

今日は前のブログ書いてから、だいぶ先の教案書いてて。

いつもの感覚で書いたから、「~ばかり」教えるところで、「春休み、テレビでコロナのニュースばかりやっていました。」とか書いたんだけど、途中でこの授業6月だよ、コロナ飽きてるよ、とか思って。

まあ、ここはその時期思いついたものに書き換えるか、とか思って。

ボランティアのあとにつなげるつもりだった仕事、実はここで問い合わせればいいと思っていたHPを間違えていて。

似てるんだけど、よく見たら派遣先が思っていたところと違っていて

いつの飲み会だったか忘れたけど、養成講座の同窓会の飲み会で、気になる仕事をしている人がいて、問い合わせ先とか聞いたんだけど。

メモとかできるもの持ってなかったので、記憶して家帰って検索したんだけど。

ずっとそこだと思っていたHPが、違う組織で。

で、飲み会で聞いた情報の記憶を元に、応募先を検索したんだけど、全然ヒットしない。

って、その人にラインで聞こうと思ったんだけど、その人の経歴とか話したこととかいっぱい覚えてるのに、名前が出てこないよ!

っていうか、ラインのグループメンバー、名前見たら思い出すはずなのに、思い出せる名前がないってことは、もう1年以上前に卒業したひとだから、グループから抜けてるのかもしれない、とか思って。

でもわたし、あきらめない

っていうか、その人の勤務先、私の母校だったんだよな。(外大ちゃうよ、そこ務めようとか言うぐらい厚かましくないから)

平日やし、問い合わせたら対応してくれへん?とか思って電話したら、派遣先を教えてくれた。

派遣先は、今は募集してないけど、いつぐらいに募集しますとか教えてくれて

まあ、いろいろ質問して。

ボランティア経験とかあるより、日本語教える力とか、たぶん中国語とかできるほうが有利なんだろうということで。

ということで、ボランティアじゃなくて、日本語教える勉強とか、中国語勉強する時間にしようと思って。

まあ、どのぐらいの倍率で採用されるのかわからないけど。

一応フルタイムではないから、決まったとして、なにをどう調整するかわからないんだけど。

教案書きながら、出口日语のYouTube見てて、だいぶ前に見たときは、台湾語の間接法だったんだけど、日本語での直説法に変わってた。たぶん、N3以上を想定した動画なら、間接法だと台湾人と中国人に限定されてくるけど、直説法ならほかの国の学習者も期待できるからだと思う。

N1とかN2のための動画とかは見ていて面白い。生徒にライブで日本語教える授業とかやってて、その記録動画見たら、こんな質問即答できるんや、って、すごいなと思った。説明は、日本語と台湾語(普通话と同じに聞こえたから普通话かもしれないけど)のちゃんぽんで話されている。

Novaでトラブった人らしくて、そこ台湾語難しくて全部理解できなかったんだけど、推測するに台湾にできたNovaで日本語を教えるために雇われたんだけど、日本のNovaが倒産して、生活困ったんじゃないかと(本当に、推測だけどね)なんか、生活に困ったとは言っていた。

あと、中国の大学で日本語教えている人が、日本語能力テストに出る構文を日本語で説明して例文とその中国語訳が載っている。

日本語教育能力テストの過去問の解答の説明も載っている。(問題そのものは載っていないけど、解答とその解説が載っている)

こういうのはチラチラ見ていこう。

まあ、中国人の留学生とか、日本語学校とかでは減っているし、技能実習生も減っているし、そういう需要はもうなくなってくるんだろうけど、生活者としての日本語なら、ある程度あるだろうと思う。

まあ、N1レベルの中国人がそこに対応する可能性もあるけど。

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ

にほんブログ村

みんなどうしてるんだろうとか思った

きのう寝る前ラインチェックしたら、先生お休みということで、やめたのではないみたいだった。

お休みの理由は、ラインではわからなかったのですが、早く復帰されたらいいなあと思います。

養成学校の授業が、模擬は無理だけど、そうでない授業はオンラインになったそうです。

教えるのは、私が養成学校にいたときはそんなに授業を受けてない先生で、何回か授業を受けた記憶では、おそらく今勤めている日本語学校とは違う教え方(私の記憶では、養成学校の中級は、語彙をもっと多く教える方針だったと思う)なので、受けるのは遠慮しておこうかなあと思います。

昨日、辛い経験に影響されない判断ができるより、辛かろうが楽しかろうが最善の選択ができたほうがいいのかもしれないと書いたことについて、

あたりまえやん、思われた人も多いと思うけど

貧乏に生まれて、親戚とか反社会的な人が多くて、遺伝とか環境とか犯罪に導きやすくて、社会的に隔離されていて、サポートしてくれる人もいいアドバイスをしてくれる人もいない人が、ふつうよりちょっといい人ぐらいになる可能性とか考えてて、

まあ、実際それは難しいから、ふつうに社会的なサポートとか、社会生活をするための訓練が容易されたほうがいいのだけど、 (っていうか、昭和の常識とか、そういう”準犯罪者”とか、さっさと見捨てて、サポートとかいいとこの家の子にすればいいという考えだったから。

まあ、人間が与えられた人生から自由になれるのか、なんだけど、

前はね、多くの人が犯罪者に走りやすい状況に置かれていても、そうしないでいられるかどうか、ということにたいして、もしできるとしたら、「神の愛」っぽいものかなと思っていたけど、

まあ、そういうのは、自分で哲学の分野で考えていったほうがいいみたい。たぶん、そういう話ができる人は、ネットで探した方が早くみつかるみたい。

昨日、あのあと、やっぱり教案、だいぶ先のものを書いていたんだけど、まあ、漫画アニメの話ができないとか、(別に、コアなマニアの見るようなアニメの話がしたかったわけではないし、そのへん遠ざかってる私もあんまり知らないんだけど)面白いだろうと思って書きたいなあと思うことは、きっと「生徒はわかりません」と言って赤で消されるだろうっていうのがわかるし、でも、ほかの日本語教師の人が自分の授業のことを書いていたり動画に上げていたりしているのを見ていると、もし私がこれを取り入れて教案に書いてだしても、やっぱり赤で消されるだろう、というようなものばかりのようで、出口がない気がする。

コナンでアウトだし、

楽しいと思うことを入れられない教案を、時間をかけて書いて、それが真っ赤になって帰ってきて、これがずっと続くのかなあ、みたいに思う。

なんか、ぜんぜん褒めてないわけじゃないんだけど、 どこかは褒めとかないとだめだろう、みたいな感じで、 無理矢理書きました感あったりするし

もっとICT使いたいしな。

できないこと、よくないことばかりチェックされているような気がするのに、できること、得意なことはやめてくださいと言われてしまう気がする。

もっと教案書いたり、中級の勉強するつもりやったんだけど、50課の教案返ってきてから現実逃避して中国語の勉強ばっかりしてるしな。

って、アカン、また暗くなってきた。

ちょっと前買った日本語教師の授業の作り方の本を読んだら、少し取り組もうと思う。

21Lessonsだけど、産業革命の時、人間の労働が機械に置き換わられると人々は慌てたけど、小作農がトラクターの部品工場で働くとか、非熟練労働者が、別の非熟練労働に置き換えられることでそれは起きなかった、けど、今回のAIや機械が働くは、非熟練労働者の多くは職を失うが、今人が足りないのは、高度な知識が必要だったり、技術が必要だったりするもので、現在の非熟練労働社を訓練してそこで働けるようにするのは大変だ、というような話をしていて、

プリントとか作業とか言うひとがいるけど、そればっかりはアカンと思うけど、一定量計算とかしてみて、じぶんでは合っているつもり、が、どのぐらいできないかを把握して、ミスを減らす訓練とかはあったほうがいいと思うのね。

そんなのしなくて済む天才肌の子もいると思うから、そのタイプはしなくていんだろうと思うけど、少数そういう天才肌がいることが、ほとんどの子がそれがいらないという理屈にはならないと思う。

まあ、クリエイティブな教育とか、できたらいいし、将来的にそうなるべきだと思うけど、今現在、そういう高い教育能力のある先生を雇えない一般人が、市販の教材を買って、将来自分の子が非熟練労働社ではなく、技能や知識を使った職業に就けるように動くのは理解できる。

まあ、私の日本語教師としてのスキルが高くないというのは事実なんだけど、できることなら、非熟練労働者を作るのを手伝うような仕事より、それより高い技術や知能が必要な仕事を選べる日本語を教えたい。

技能実習生に日本語を教える仕事を選んだのも、3年間働いて、資本ができたら企業することを考えられるような、そいういうパースペクティブを含んだ日本語を教えたいと思って行きましたしね。

非熟練労働者以外に教える日本語教育ができるまで、時間がどのぐらいかかるか、それとも、大学で言えば阪大の日本語学科とかの人が日本語教師になってくるから、そういう席はもう空かないのかとか思ったりする。

前も言ったけど、非熟練労働者の仕事が機械やAIに置き換えられたら、無理に雇用を作って働いて食べられるようにするより、もう食べるために働くモデルを捨てて、そうしなくても維持できる社会を考えた方がいいと思うんだけど。

養成所一緒やった人たちにどうしてるかラインしたら、さまざまで、ちょっとブラックな日本語学校行っちゃったひとは、ラインの返事がきつくなっていたんだけど、今回スタンプだけで済まされた。オンライン授業始まった人とそうでない人がいて、機械得意じゃやなかった人がZoom授業とかになったらしくて格闘しているらしい。頑張ってるみたい。友達の日本語教師に勧められて養成講座に行って、友達の務めている日本語学校に行った人だから楽しそうだ。Noneと同い年のお子さんがいたひとは、お子さんは大学でオンライン授業だと言っていたから、どことか聞いてないけど、浪人を選んだわけではなさそう。

じゃあ、昼迄日本語教師の授業の作り方の本見て、午後からゆっくり動き出そうと思います。

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ

にほんブログ村