外国語をみにつけることについて

すげえ、ネットのつながり悪いっす。前から悪かったんだけど、OCNの機械、直しにきてもらっても、異常がなければ出張代1万円とられるというので我慢してたんですが、こりゃもう末期状態だろうという感じなので、OCNに電話をかけて、担当部署に転送してもらう時点で、混雑でつながらないので折り返しということになって、待っているところです。

先日、スマホ見たらお知らせでWeekly Ochiaiの無料ライブのおすすめが着て、それ見てました。

【シン・ニホン】落合陽一×安宅和人「日本再生を考える」

NewsPicksの動画、めっちゃ健康ドリンク飲まされてるけど・・・

って、ライブの時は全部普通に見れたんだけど、過去の放送見ようとしたら、途中からなんか申し込みとかしなきゃいけないみたい・・・

なんか、今の受験制度で大学生選んでいるのがいいのか、センターとか個別の試験ができるようになった大学生が、同じように受験勉強のような勉強ができる高校4年生に、大学に行ってなってる、みたいな話をしていた。

納得できるところがたくさんあったんだけど。

ライブ中のコメントで、英語なんか先日のレバノンでホリエモンとゴーンが話してたようなのでいいだろうという意見があって、激しく同意だったんだけど。

ホリエモンも、ゴーンも、バリバリ非ネイティブの英語話すし、社会で活躍できている人が、ヘンにネイティブぶった英語を話してないいい見本だなと思った。

まあ、彼らが有罪になったことが、他の脱税等で捕まった人より重い刑になったことが、なにか日本社会の裏社会みたいなのの動きかどうかとか、正直あまり触れる気はないんだけど、実際社会を動かせるぐらいの人の英語でも、そんなネイティブばりじゃない、ということがわかるなと思った。

関係ないけど、「これっくらいの、楽器箱に、カルロス、カルロスちょいとつ~めて」っていう嘉門達夫さんのツイッター面白かった。

って、だいぶ前に見た動画の

見て、世界の英語の話せる非ネイティブは、文法的にも発音的にも、そんなにレベルが高くないと言うことで、日本人の英語もそれでいいんじゃないだろうか、と

(小熊さんは、人物としては興味を持っているけど、小熊さんの用意している英語教育のサービスは、月額料金が不明とか、ちょい怖いイメージを私は持っています。)

私自身は、大きくなってから、語学学習に一定の負担をかけないといけないとしても、幼児の時に、5歳ならば5歳に興味のあるコンテンツではなく、英語力が2歳なみなので2歳の絵本とかを渡して、口から出る言葉が英語になるぐらい、本人の本来興味のあるレベルのコンテンツに触れさせない、というほうが弊害があるんじゃないかと思っています。

私は、5歳なりの好奇心を大事にしてあげるべきだろうと思っていますが。

それを2歳の絵本読まして「かわゆす。」とか言ってる親とか、そういうサービスの人もいるんだろうけど。

まあ、正直、英語指導する側の人が、英語を教えるとかじゃなくて、英語を使う仕事をしたことがあるのかとか、そのへんも気になるよね。仕事で使えるレベルの英語知ってるのか的な。

最強最強言われてもな。

って、それはいいんだけど、今日中国語習いに行って、発音のプライベートレッスンになってたんだけど、

四声をガレージバンドのキーボードで音出す方法、聞いたら、できるようになったよ。

っていうか、キーボードで音出したらどんな音程になるか、あるていど推測できるから(一応ピアノ教師の子だから、自分が習ってなくても、しょっちゅうピアノの音聞いて育ってきてますからね)

授業中でも、それ聞いた後、発音のミス、一気に少なくなるし。

音の、上がっているつもりで上がってない、は、ネイティブの発音聞くより、キーボードの音聞いた方が間違いに気づきやすいね。

あとね、日本語教師の養成講座とか行って、日本語の拍のこととか聞いてたから、

ai、とか、日本語で いうと 「アイ」って2拍だけど、中国語では1拍で、先生の今までの生徒で、たとえば āi を、 āは1声出してるけど、 i で上がったり下がったりして2拍にしてしまう人ってけっこういるらしい。

実際、マーマーマーマーとか言って、四声習うんだけど、そのあとで、母音が二重母音になってるやつとか、母音の後ろに子音ついてるやつどう発音するねんとか、ほぼ教えてもらえないからな。

マーとかじゃなくて、 mǎn みたいに後ろ子音ついても、これで1拍らしい。(追記:日本語でも「ん」は前の音と一緒になって1拍になりますが)

っていうか、今まで、記憶に残っている音を思い出して発音してたのとか、ちょっとクリアにしたほうがよくて、例えば「時間」も「事件」も四声ぬきでピンイン書いたらshijianで、過去に聞いたshijianを思い浮かべたらごっちゃになるから、时は shí、间は jiān って、音の上下聞いてどの漢字か、すぐわかる状態にしたほうがいいなと思う。っていうか、たいてい2つの感じでできている熟語がどういう発音か、覚えるのが早そうだ。

って、そりゃいいんだけど、カリスマパパのところで見たjust dance買うた。

昨日いろいろ忙しかったので、まだやってないけど。

あと、オーディブルのサピエンス全史、だいたい聞いた。

オーディブルとか、読み飛ばしたいとこ読み飛ばせないけど、移動時とか、聞き流すとかはいいかなと。

上巻聞いた時点では、ハラリは差別問題気にしてるのかなと思う。

キリスト教のアメリカ人の知識層にウケてあんなに売れてるんだろうなと思う。

歴史的に文化的に、正しいと教えられてきたもの、正しいと感じていたもの、が、人間が作り上げた思い込みにすぎないんじゃないか、

まあ、紀元前900年の人類の行動とか聞いたら、確かに聖書は人間が作り上げたものだと思わざるを得ないんだけど、

っていうか、実際、私も、2000年ちょっと前に処女が懐胎したとか信じてないし、教会で触れられることはないけど、聖書の中には、現代の人間が見たら、すげえ人権侵害だとか、女性差別だとか言う記述があるのは知っているけど、

ルーマンの「信頼」っていう本があって、全部を熟読できてはいないんだけど、要は信頼されたけければ、自分の行動が、信頼されたい人の予測範囲内にいることなんだと思って

いや、人がやらない新しいこともやりたいし、それを含めて相手の予想の範囲内にいるって難しいな、とか思って

キリスト教の倫理とか、教えに従っていて、じょあんなのやることは、基本、キリスト教の倫理にしたがっている、ということを、自分の信頼にできるのではないか、

まあ、私、人より貧乏に生まれてきただけで、困ったときもの盗むんじゃないかとか、将来犯罪者になるんじゃないかとか、準犯罪者的な扱いを受けて育ってきたので、たぶんそういう「信頼」が欲しかったのかな、と、思います。

言うてね、キリスト教を信じてるわりに他人を許せてないんだけど。

まあね、ハラリとか、英語で読めたらいいんだけど。

これからの人間が、地球上で生きるのに、どういう概念を共有すればいいのか考えていけるような気がした。

っていうか、ユーチューブの本の紹介では、ハラリは最新の作品の21Lessonで、瞑想とかしてマインドコントロールみたいなのを受けないように勧めていると聞いたんだけど、「瞑想?」みたいな。

まあ、サピエンス全史自体も、ユーチューブの紹介聞いてたのよりもっと中身あったから、実物自分であたらないと、そのユーチューブで評価していいのかわからないんだけど。

マルクスガブリエルとかも、今話題だし、ドイツ語で読めないかなとか思ってしまう。

って、今話題の哲学者が、自分より10歳年下とかなってきたよ。

ドイツの哲学者とか言ったら、学生運動とかしてた時代より前の人みたいな認識だったのに。

って、なんか、まとまりなく長くなったけど、あるていど大きくなってから、自分の必要に沿って外国語を学ぶってどういうことかな、幼児期に母国語方式で親にみにつけさせるのってどうなのかなと思って書いてみました。

まあ、晩御飯食べたら、また中国語の発音の練習とかしようと思います。

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ

にほんブログ村