コロナで閉じこもってるとアタマおかしなるわ

なんか、仕事とか習い事とかみんなお休みで、人と触れ合わないと昔のことばかり思い出すね。

まあ、父のことを思い出していたのだけど、明らかに、大学を出たことが彼の重しになっていた。

大学に出たなりのふさわしい職業につきたいという父の思いが、そして母の、世間知らずで簡単に人気の職業につけるみたいに言ってハードルを上げていることが、あきらかに父の首をしめていた。

小学校の私は、そんなんええから、ふつうの仕事についてや、と思っていたのだが。

母に逃げられた後とか、すでに職業の選択の幅が狭まっていて、そうも言われない職業についていたんだけど、彼の「大卒やで」態度が父の職場での立ち位置を明らかに悪くしていたと思う。

でも、教育を受けてなくてもつける職業で働いていくのが人間らしいんや、みたいな、学問なんかいらん的な、そういう人たちにも、私は人生を通して反感を持ってて。

職業を、大卒かそうじゃないかで分けること自体に疑問を感じていて。

まえに、タコ焼き屋のおやじが大学で勉強しててもいいじゃないか的なことを言ったことがあるけど、

もちろんね、製薬会社の研究室で働く人とか、薬学部の院とか出てないとアカンやろ、みたいなのはあるんだけど、

まあ、コンビニで働いていた時のチーフとか、やたら私に攻撃的やったんとか、学歴をつけてなくても働ける職場の縄張りみたいなのを侵されると思ったのかもしれないけど。(なんか、バックヤードで、高卒のバイトの男の子に、「ここは、中卒でも店長になれるんやでー。」って力説してたし。)

確かに、かつて、大卒しかつけない仕事ってあって、高卒とかの人より待遇がよくて、みたいな状況があったんだと思うけど、

まあ、ピラミッド的に言って、少数の人がそこで働いていたとしたら、大卒の人数が増えたら、そこに入れる人数は当然限られて、全員は入れなくなる。

本来、教育を受けてなかった人が働いている職場に、教育を受けた人が来て、仕事を改善し、教育を受けずにその職場に来た人にも、快適に働ける環境に変えていく、を考えないといけないと思うんだが。

もちろん、その「少数」がその前の高い階層の人の子息に限定されるとかの、固定的なことにならないようにする必要はあるけど。

(これね、実際、電通の社員とか、ほぼほぼマスコミの役職のあるひとの子どもが就職するというし、子どもがいるからCMもらえる、みたいなね、で、親もそのつもりで子ども育ててるから、電通にとっても雇いやすい新人手に入るらしくて、このループが、いいのかわるいのか考えさせられるんだけど)

まあ、まず、教育を受けた人が公平に教育を活かせる職業に就く機会が得られるべきだと思っていて、かつて教育を受けてない人がついていた職業に、教育を受けた側が、なにかメリットを持った状態で就いて、教育を受けてない人を駆逐するとかじゃなくて、共生できるようにしなければならない、と、思っていて。

まあ、実際、給料や働く時間などを変えずに、ただ働く人の負担を減らせる方法を店長に提案したときとか、

「働かなアカンやつは、なんぼでもおるねん。」

言うて、仕事の改善なんかしなくても、働かないといけない生活困窮者をさがしてくればいいんだ、みたいな経営者とかもたくさんいたし。

それだって、国内でさがせなきゃ外国人、みたいになってるし。

ちょっとした経営者の教育受けてないのって最悪だな。

Noneをプールに習わせてた時、子どもの泳ぐの見れる部屋で、経営者らしいお母さんが、ほかのママ友に、

「下請けやのに、逆らうねんでー、どない思う?」

とか言ってるのとか聞こえて、日本の癌ってここだよな、って思った。

あ、None、色恋苦手だったけど、年末にラインで告られて、昔からの友達だった男の子と付き合うことになりました。彼は自頭はいいそうですが、勉強は嫌いで、私が全然知らない公立高校に行った後、大学には行かず、ガテン系の職業につきます。たぶん、平均的な事務員より高所得になると思います。それでいいと思います。

前から言ってるけど、勉強嫌いな人は、社会生活に必要な知識とかを持っていたら、それ以上の勉強とかはしなくていいと思っています。

でも別に、そういうガテン系の職業に、めっちゃアタマいい高学歴の人が混じってもいいし、前に東大卒の大工が、大学で学んだ知識とか活かして、長いこと働いている職人しかできなかった技術を、簡単に製図とか書いてやっちゃうって話あったけど、そういうのもあっていいと思います。だからといって、なんか、学生時代やんちゃで大工になりました、みたいな人をクビにすることはなくて、そういう高い知識の要らない部分というのもあると思うんです。

正直、私の中学の時のヤンキーとか、勉強しないでもなれる仕事がある、という状況が、彼らが勉強しない逃げ場になっていたと思います。

どんな職業でも、教育を受けていた方がよりよい仕事ができる、という状態であれば、関心がまた違ってくると思うんですが。

Noneが大学に行くことで、できればNoneに興味がある分野で働けるようになってほしいと思うけど、よくある高学歴ワープアとか、教育を受けることが彼女の重しにならないか、を、父のことを思い出しながら同時に不安になったりする。

まあ、とりあえず不安だけ、父のことを思い出して抱え込んだ不安を吐き出したので、それを踏まえて前に踏み出さないと

実際、教育を高い教育を受けなくても、収入の高い職業につくことはできるし、そうしたい人はそうすればいい、それは、教育をうけなくてもいい、という証拠ではない。教育を受けたら高い収入を得なければいけないというわけではない。高い教育を受けることの目的は、受けた教育で人生を良くすることにあって、それは必ずしも金銭的利益でなくてもいい、と、思ています。

先日買ったTOEICプラスマガジンは、年間購読じゃないと、思っていたオンラインサービスが受けられないので、返品して年間購読に変えました。早く到着してくれるといいんだけど。

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ

にほんブログ村

しつこいようだけど

沖縄の・・・「ブラク」ねえ・・・

子どものころ、父のいた集落に通ったことがある。父の兄が、父の実家に住んでいて、ピアノを持っていたので、母がピアノ教室に週1回使わせてもらっていた。私は幼稚園に上がる前だったから、一緒に連れていかれていた。

従姉たちは年が離れていて一緒に遊んだ記憶はそんなにないし、伯父伯母ともそんなに話さなかった。でも、伯父は三菱系の企業に就職できていたので、家はりっぱな一軒家だったし、私が行き帰りに見た他の家も、それなりにきれいな家だった。

(追記:三菱系の企業に勤められたなんて、差別されてないじゃないかと突っ込まれそうだけど、父と年の離れた伯父は、戦争の時通信部にいて、タイプライターが打てたので、就職の機会がよかったという。その次の兄も、学歴は低いが、大阪の市バスの運転手になれたので、収入はよかったんだと思う。逆に大学に行った父の方が就職の機会にめぐまれなかったようだ。そういう意味でも、父が教育を受けた意味、について考えさせられているんだけど)

母のピアノ教室は、きっと相場よりは安くやっていたと思うんだけど、高い文化を身に着けられると思って、たくさんの生徒がきていましたよ。

主人と結婚して住んでいたのが、そこから自転車で10分ぐらいのところで、私が記憶する集落より、すこし経済的な弱者がすんでいるのかな、というところで、沖縄出身者の社会的立場を強めようとか書いたポスターとか貼ってるところがすぐ近くにあって、ここもそうなのかなと思ったけど、決してスラムみたいな場所ではなくて、

在日だったと聞いたから、沖縄の出自だと言って、マイノリティー同士だと手を繋げると期待して言っただけに、「ブラク」と言われたのはきつかった。

それも、教育のない人に言われたのではなく、神学を大学院まで学んで、教育機関で長くお勤めになられた方に言われた、在日といっても韓国語が第一言語というわけではなく、日本語として「ブラク」の意味を知っている日本語母語話者に言われた、ということですからね。

神学部では聖書とかギリシア語とかヘブライ語ばかり学んで、現代社会の諸問題は扱われないのかもしれないけど、学生のころ、やっと人権が意識されるようになって、それまでは人権に配慮した扱いを学校で受けられなかった、と腹をたてていらっしゃいましたよね。人権などを気にして、教育を受け、教育に関わる職業に就いた方が、好意的に近づいてきた人のルーツを「ブラク」と言いますか、は、めっちゃ思ってましたけどね。

正直、牧師さんのほうもね、教会のイベントで、知的障碍者のひとがコンサートを開いて社会参加する日に、コメントするとき、「できない子」を無理やり褒めています的な、「できる人」に重心置いて世の中をみていることがわかる発言をしていたのは気になっていたんだけど。

って、久しぶりにインスタ開いたら、めっちゃ中国語学習してる写真UPされてるわ。みんなめっちゃ勉強してる。自分も頑張らな。

追記:なんでブログで書くねん、って思われそうだけど、一緒に話せるようになろう、と思ってずっと隣の席に座ってて、少し会話ができたとか思ったら「ブラク」とかで、あとは、なんか教会内で優先度の高い人ばかり相手にして、ほぼ無視されるを2年間味わって、受験という我が家の一大事の時にも忘れられていた、という結果での話ですからね。

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ

にほんブログ村