一山超えた感じ

 今日、普通に起きて、昨日弁当に入れる小さいハンバーグをヘルシオで作っていたのを弁当箱に詰めて、Noneと母さんにはふつうにお皿に盛って、あとほうれん草のお浸しとか、簡単にお昼の用意をつくって、忘れ物がないように、めっちゃ気をつけて出勤

 のつもりだったが、

 授業に必要な物、通勤中に見るiPad、そして弁当は忘れてなかった。

 お茶、忘れちゃったよ。500mlの水筒ふたつ、一つは昼食用、一つは授業の後の宿題添削のとき用だったのに。

 私の勤めてる学校、市内とは思えないほど店とかない僻地にあるから、(新しい駅なのに、駅にも売店ないし)駅から少し歩いたスーパーでペットボトル二本購入。

 仕事、準備の時間とか、授業後の採点の時間とか考えたら時給安いから、飲み物とかにもお金はかけたくなかったんだけど。

 なんか、ラインとかもらったから、クラス荒れてきてるのかと心配してたけど、別にみんなふつうににこやか。

 っていうか、私のときには、授業の内容がそろそろ生徒のレベルと合ってきているので、そんなに露骨につまらなさそうにされることもなくなった感じなんだけど。

 今回私が用意した余興とか、ちょっと生徒のココロつかみました、みたいな感じだったし。

 私、小学生の時、声優志望だった友達につき合わされて、アニメの音声消して、セリフ感情込めて言う練習とか、かなりさせられてたから、(友達はヒロインの練習しかしないのに、わたしヒロイン以外の役全部やらされてたから、私の方が練習になっとったと思うんだが)会話の練習とか、ちょっとしたアニメの声優っぽく会話文のセリフ言ったら、けっこう生徒、早い目の発話をよろこんで真似するし。

 けっこう、みんな聴解も正しく聞き取れているし、今日は楽しかった。

 って、今まで一つの課を一日でやっていて、ちょうどかちょっと時間持てあます感じだったのに、次から一つの課を二日かけてやるから、ホンマ時間もつんかと今から不安なんだけど。

 今日なんか新出単語、イラスト見せたら生徒即答状態で、けっこう語彙数あったのに10分持たなかったんだけど、この先の時間割で、新出単語だけで2コマ使う予定の日とかあって(幸い側近のは私の授業の日じゃないけど)どうすんだコレ、状態なんだが。

 みんながオチ知っているトークで爆笑とってくださいぐらいの無理ゲーっぽいんだが。

 なんか、テストっぽいのも同時にやる予定も書いてあるから、それで時間をかなり使うものであることを期待するけど。

 って、今盆明けの自分の受け持ち授業見たら、教科書の問題をCD流してするだけとか、そういうクラスがほぼ1か月つづいて、やっとちょっと割のいい仕事になりそうな感じになってる。

 まあ、この間に、自分が受け持たなかったクラスも、教案作れるように勉強しているほうがいいんだけど。

 うわあ、騒がしいって文句言ってた70代新人日本語教師が魔の14課あたってるよ。その人も新人なんで、見学させてくださいとか言う対象にならないから言えないけど、めっちゃ見たいよな。

 まあ、ちょっと生徒が可哀そうな気がしてしまうところもあるんだけど。(絶対楽しい授業とかしてなさそうだから)

 14課の練習ABCを全部4コマでやる鬼のような時間割になってるし。息苦しい授業するのが創造できるので、めっちゃ怖いもの見たさある。

 まあ、自分は、9月末に参加したいイベントがあるから、どこを言われてもすぐ教案が作れるように、今から19~25課の教案作れるように準備しているのが一番賢いのだろうと思う。(っていうことは、今日自分がやった課以降で習う文法項目も目を通さないといけないんだけど。)

 次、盆明け13課あたってて、13課までで習う単語と文法項目で、けっこう言えることが増えているのに感動していて。

 って、今日、「~がいます。」を導入するのに、「教室に生徒がいます。」って言ったら、「生徒って何?」みたいな質問が来て、1課でならった話したら、そんな単語あったっけ、みたいな生徒が何人か居て、けっこう「生徒」と「学生」の違いをイラストで用意して、頑張ったんだがなあ。

 まあ、みん日の、既習語はOKっていうのがちょっと私的には受け付けなくて、このレベルの学習者が、よく見るだろう単語でも、教科書でまだ出ていなければ言えなくて、1度出ただけで覚えてなさそうな、たとえば「ナンプラー」なみの、使わない単語でも一度習ってたらOKになるところが、「そうじゃないだろう。」は思う。

 各国翻訳語版をみんなが持つことになっている学校なら、新出単語のページのちょっと後にある、「参考になる単語」(この部分はその本の言語で書かれているから中国語版ではって関連する単語を追加しているところがあるんだけど、今教える側になれば、生徒にこれを宿題にしたり、新出単語の時間に追加したりして、この単語も使えるようにしてほしい。

 正直、日本の学校の英語の授業のイカンところは、to不定詞とか習うところになると、to不定詞のことだけ考えればいい授業になっていて、それまでに習った文法項目とか忘れても構わない状態になってて、積み上げていっていない気がする。

 たぶん、いっこも目を通してないんだけど、ORTとかそのへんができてそうな気がするな。たぶん、普通にグレイデッドリーダー読むのとは違うんだろうと思う。

 まあいいや。

 明日は市大のオープンキャンパス行くし、日曜はTEAPに行きます。(なんか、あんまりいい成績とりそうにないんだけど。)

 まあ、連休は、日本語教師でいること以外をやっていても大丈夫っぽいんですが。

 正直、この先を馬車馬状態が続くことを想像していたので、(実際、採用決まってから、空いている時間のほとんどを教案づくりに費やしていたから。)今、小手先の教案づくりのノウハウじゃなくて、もっと応用の聞く教授法についてなにか本を読みたかったから、その時間ができたようでホッとしています。(って、絶対買わないでジュンク堂で読むだけだけど。)

 あと、中級の教え方もちょっと今の学校で使っているテキストで対応できる準備をしたい。

 今の学校で、私はもちろん技術的、知識的には未熟だと思われているだろうけど、こういうことをやりたいです、と意見が言える状態にあるし、だいたいの面で意見がとおるので、自分が養成学校で習ったことを、だいたい日本語教師の考え方として間違って解釈してなかったんだと思うことができます。

 今回、雇われた学校に中国語を理解する生徒がいなかったことは逆に良かったかなと思います。新出単語に各国語の翻訳を印刷して用意することとかはあるけど、基本、生徒に知らない単語を聞かれたら、有無を言わさず直説法になるので、外国語学習は関節法(自分が英語を日本語の説明で勉強したり、中国語を日本語や英語で勉強してきたから)だと思ってきたけど、実際今からベトナム語とかろ紙が語で日本語教えられるほど身につけられないし、それどこにあるんですか、みたいな、名前は知ってるけど、そんな国から日本語習いに来るんだ、みたいな生徒を持って、本当に予想もしない国から来る日本語学習者に対応しようとすると、直説法しかなくなるんだ、みたいなことを実感しています。

  実際、養成学校ではあまり説明しない授業を教わるんですが、雇われた学校では、そこまで説明するんですか、っていうか、その日本語の微妙な違い、気にしたことなかったです。みたいな、教えない授業は教えない授業で、学習者のためになると思うし、細かい違いを説明しようとする授業は授業で、ひとつのスキルとして有力だと思います。

 実際、今日教えた、第10課の練習Aの1~3までが「~があります。」で4が「~はあります。」なの、ちゃんと使い方の区別を身につけられてよかったと思います。

 一応、今日、ちゃんと教えられたと思うし、(って、3日したら生徒忘れてるかもしれないけど、聞いてる時は、「なるほど~」みたいな顔して聞いてた。)

 まあ、基本、好かれる先生になれば、生徒授業聞いてくれると思うし、自分でも勉強してくれるもんだと思うんだけど。

 って、明日の準備あるので寝ます。

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ

にほんブログ村

]



けっこういい機械翻訳教えてもらった

 火曜の夕方、自分と一緒に入ってきた、70代女性新人日本語教師からラインが来ていて、クラスが騒がしかったとのこと。

 私が金曜授業していて、めっちゃウケ狙って授業していて、なんとか聞いていてもらっている感じのクラスだったので、二人で研修で授業を見ていたとき、静かなクラスの方が、賑やかにするクラスよりもいいと言っていたあの先生だったら、ちょっと生徒の心が離れて雑談しはじめていてもおかしくなかったなと思う。

 まあ、自分が逆の立場だったら、自国で英語の勉強それなりにしてきて、留学したと思ったら、This is a pen.レベルの英語を何時間もかけてする授業を何の娯楽要素もなく受けないといけないみたいな状態に置かれたら、隣に同じ母国語の生徒とかいたら、雑談はじめちゃうよな、みたいな。

 まあでも、じぶんがめっちゃウケねらっても、外して、生徒が授業聞かなくなる可能性もあるので、私も気をつけます、的な返事をその人にして、

 で、その返事が、一緒にがんばりましょう、とかじゃなくて、「頑張れ」だったので、心の中では「おまえも頑張れよ」だったんですが。

 古い日本の教育を受けていて、そのあととりたてて教育学などで新しい教育について考えたことがないようなひとに、教育について知ったようなことを言われたり、先輩風に言われたりするのは、ちょっといただけないと思っています。(でも、実際、めっちゃそういう人最近よく会う、理想の教育像が尋常小学校じゃないのか、みたいな感じの。)

 翌日、つまり昨日技能実習生の仕事に行って、

 前に話していた障碍者の方、見学に来ていたのは3人だったんですが、そのうちの1人がきていて、この方は、病気をして体力が落ちていて、健康な人のようには働けない人でした。

 知能的には、通常のひとよりよほど優秀で、医療系の進学をめざす予備校で、英語を教えておられたとか。

 英検とか、英語資格は受けたことがなく、ただ、自宅で英検1級の筆記試験を受けたところ、満点だった、ということで、で、ちょっと遠慮しながら、聞いたり話したりすることが苦手な方かなと思いながら話をつづけていると、ネイティブと話していても困ったことないそうで。

 ただ、その方は中学校から英語の成績は良かったそうで、日本の、私の世代より前の英語教育で困らなかった方だと聞くと、あ、学校型の授業のやり方を勧められそうだなあと思って、Noneに向いた英語の勉強の仕方とかは聞いても考えたことないかもしれない、とは思って。

 翻訳とか、通訳の仕事は考えないんですか、と聞いたら、それも今の体力では難しいそうで、

 で、翻訳とか、翻訳ソフトの手直しぐらいの翻訳で安価で仕事を引き受ける人が多いから、翻訳の仕事の賃金が減って負担が大きいそうですね、とか言うと(そのほかにも、SNSで、企業の早期リタイア組が、それなりの質の通訳や翻訳さえ破格で引き受けるので、めっちゃ賃金下がるらしい)

 その話の流れで、いま、すごい機械翻訳があることを紹介してもらって、

 見てみるとgoogle翻訳よりかなりイケてる感じで、帰りiPadでそのページを出して(本来有料サービスなのだけど、短い文章ならお試し翻訳をしてくれる)自分の言いたいことを日本語で入れると、翻訳してくれる英語が、「そう、それ、それ。」っていいたくなるぐらい、言いたかった日本語が、それなりのレベルの英語になって出て来る。(google翻訳では、私の判断では不十分なんだろうけど、でも、なんか違和感のある英語になることが時々ある。)

 英語から日本語にするほうは、ためしに英字新聞の一文を和訳したら、自然な日本語ではあるけど、原文の内容が一部消えてしまっていました。(芸術家の出身地が英文では主語を形容していたんだけど、消えていた)google翻訳だと、日本語としてはずいぶんおかしな文章なんだけど、あるていどの語学力があれば、読みやすい日本語に書き換えられる状態で、なにかが消えている、ということはありませんでした。(って言っても、別の時に、誰かが編集して不十分な内容で上げたのがそのまま出て来ることがgoogle翻訳ではあるのだけど。新聞など、多くの人がgoogle翻訳にかける可能性がある文章で、誰かが編集した、間違った訳が出て来ることがけっこうある)

 昨日は、これ使ってまた、日英中3か国語日記でも書こうかしらと思ったんだけど。

 今日、明日の授業のための添削された教案について、できるだけ手直ししたのと、盆明けにする授業の教案を先に作っていたのをメールしていたのを、上司の授業が終わる午後を待って相談、そのあと午後の仕事に行く。

 「が」と「は」を区別しないといけないところを、混在させてたので、そのへん厳しくチェックされてたりしました。授業の練習をするところでは区別してたんだけど、練習の間にする、生徒との会話例のところで、ちょっと混ざってしまっていて、めっちゃ直されてた。

 ついでに、この「は」と「が」を生徒が混乱しないように、区別できるよう説明することを要求されて、ちょっと楽しませようと娯楽をいれたために、藪蛇ついたかなあ、みたいな感じで。

 まあ、私にとっていい勉強だけど。(わたしがそれをうまくこなせれば、生徒の勉強にもなるんだけど。)

  盆明けにする授業の教案も、だいたい通って、予定していたフラッシュカードの内容も問題なくて、印刷して持って行けば、学校の裁断機で切らせてもらえるので、先日みたいに、カッターで切るだけで1時間以上かかった、なんて事態を避けられる。(2枚を1枚に貼ってマグネットつけてとかで合わせて2時間半かかったし)

 Noneが、京阪神レベルの大学の理学部の授業が受けたいなあ、という話をしていて。

 なんか、私大レベルの理学部の内容と、京阪神レベルの大学のそれとの違いをどこかで聞いたらしく、真剣に悩んでいて。

 で、親子して考えるに、学部での挑戦は無理っぽいから、学部は現在受験の準備ができている大学に行って、大学に行きながら、理学部の院の準備をするのはどうかと。

 で、某大学の理学部の院の入試について調べる。

 TOEICもしくはTOEFL必須。

 None、TEAPもGTECも、受験はさせてあげたけど、受験前、期待したより勉強してなかったからなあ。あれだって、もっと頑張れば、スコアも期待できたし、院にもつながっていくのに。

 って、こうなっていくのが見えてたから、本当に、早くは小学校の時からTOEFLの問題集(と言っても、内容的には英検2級程度の英語で、TOEFLの形式に慣れるための問題集だったんだけど)をしてたりしたのに。

 まあ、たぶん、そうすると卒論も英語で書かないといけなくなってくるんだろうけど。(って、上に書いた、教えてもらった機械翻訳使う?みたいな。)

 教えてもらった機械翻訳見てて、今の子が、4技能とかいうことで、英語が話せる時代になってくるのかもしれないけど、それなりのレベルの会話がポケトークみたいなツールでOKになるのも遠くないような気がして、英語を身につける、ということに、どれだけの負担をかけるか、(遊んでいるから負担じゃないのよ、という意見を言いそうな人がいるけど、2時間映画を見るにしても、母国語で理解できるより高度な内容のコンテンツを見るのとどちらがいいかという選択にはなるし)判断が難しいなと思いました。

 って、日付変わったし、明日(って今日)授業だし、準備とか午前中にちゃんと起きてしたいので寝ます。

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ

にほんブログ村

]