13日の金曜日だけども

今日も、明らかにきつく当たられるような感じをうけつつ仕事。

帰ってから、日本語教師の資格の学校に問い合わせる。

って、電話してて、話聞いてて、あ、これは、私が思っていた公の機関じゃありませんな、良く見たら、ちょっと名前ちがうかもしれない。

と思って、その学校のHPを調べてみた。

たしかに、違ったけど、なんか、悪くない。(っていうか、ある意味わかる範囲のアヤシゲ)

HPに、「春のキャンペーン」授業料半額とある。

電話をもう一度して、まだ「春のキャンペーンやってるんすか?」って聞いたら、HP更新するの忘れてたらしいんだけど、見たんなら半額にしますってさ。

アヤシゲー

学校のことで、気になる話を確かめて、受講することに。

まえは、大手前大学の通信講座を受けようかなと思っていて、大学卒業してたら科目等履修生で比較的安く資格がとれるというもので、(資格にこだわると、人間性をどうでもいいと思っていると思われそうだけど、実質私は、虐待時に対するケアでも、日本語教師でも、教育などについては専門知識をちゃんとつけてない対応はあんまり好きじゃない。)でも平日に10日、コンビニに勤めながらでは休まないといけない日に実習をうけなければならなかったものを考えていた。

今の学校、半額になると、大手前の科目等履修生のプランとほぼ同じ出費で期間も短くなるし、なにより、あのアヤシサが私にとっていい感じだった。

HPを更新したらキャンペーンを終えます、というので、今から言って登録します、と言いました。

就職氷河期の時にインド人の経営する貿易会社で働いていたことがあって、学校の立地はその近く、外国人の働く会社(日本に来ている個人経営者が作っているもの)がたくさんあって、そのビルも、なるほどというアヤシサで、中には日本語を学ぶ外国人の授業が開催されているのが見えた。たぶん、比較的お金のない外国人が、日本で勉強したり、仕事を見つけたりする希望をもってここに通っているんだろうなと思いました。

日本人学校の責任者らしき人が出てきて、話していると日本語は上手だけど、母国語じゃないのがわかる。話の内容とか聞いてて、たぶん韓国系の人なんだろうなと思う。

日本語教師の仕事はみつかるといいと思うけど、なければ日本に来た外国人向けのボランティアの仕事でもいい。(私が最初に、公の機関がやっていると思ったその機関の方でも、日本語教師になると無資格の者はボランティアもできない。)

まあ、資格にこだわるのは、酒飲みの暴れん坊の子だからと社会から疎外された思いが、いまでも「まともなお父さんを持っている」ことの代理になるような自分を守る看板が欲しいんだろうと思うけど。

一生懸命いい子にしようとしても、危険なおうちの家の子、ということで、認められることがなかった期間が長く、しかも私自身を基礎づける幼少期にそういう状態ですごしたもので。

どんなにいい人にしていたって、自分を保障するものがないと認められないと思っているんでしょうね。

実際、自分を保障してくれるかもしれないと思うことを纏うために身につけたことというのが、自分で気に入っているのでいいです。

まあ、明日、仕事の後、中国語教室です。人間性があれば、今はもう何も学ばなくていいという考えもあるんでしょうが、私は生涯学習の思想として、確かに人間としても未熟者でもあるんだけど、学びたいと思うから学ぶ、ということでいいんじゃないかなと思います。

って、今日、日本語教師の学校の契約書書いてて、責任者らしい人と、
「今日、13日の金曜日ですね・・・」
とか言ってました。

まあ、資格取って働ける方で頑張りたいんだけど、あんまり自信ないです。

とりあえずこんな感じです。

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です